ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

ショウジョウトンボ 番外編

2019-01-14 | トンボ科

敢えて撮らないトンボ(その2)

ごく普通に見られるショウジョウトンボは、一般的に馴染みのあるシオカラトンボよりむしろ出会う機会が多いようにも感じます。
真っ赤な成熟♂が兎に角目立つせいかもしれません。敢えて撮らないトンボですが、池の環境変化で全く見られなくなることがあります。

過去の画像を探してみました。始めに羽化の様子。ショウジョウトンボの羽化は2015年6月に掲載しています。

♀ 羽化





2015.6 東京都稲城市

♀ 羽化


♂ 羽化

2016.5 都区内

空中での僅か数秒間の交尾後、♀は直ちに近くで産卵します。交尾はカメラを向けた途端に終わるので狙って撮ることができません。
開けた水面に出てきて産卵する♀、障害物がなければカメラが向きます。大概はアオヤンマの交尾待ちの間に撮影していました。

♀ 産卵

2008.9 都区内


2014.6 都区内








2014.5 都区内



若い♀の産卵

2014.6 都区内

交尾後、産卵警護する♂を見ることがありますが、大概は他の♂と争いになり上空に舞い上がってしまいます。画像は巡回飛翔です。

♂ 飛翔

2013.5 都区内

複眼まで真っ赤に成熟した♂は真夏の日中、炎天下でも盛んに行動するので水面に出れば大抵撮影できます。
しかし、日射しが強烈で思うように赤色が撮れないので気力が萎えてしまい、暑さに耐えてまで敢えて撮る気になれません。

♂ 静止

2007.7 都区内




2013.6 都区内


2015.6 都区内

♂ ほぼ成熟 静止

2013.6 都区内


2008.7 都区内

赤くなる前の成熟過程の♂は、♀と同じ様な体色です。真っ赤になる直前から未成熟まで♂の画像を並べてみました。
羽化後間もない個体は♂、♀とも翅が薄く色づいて輝き独特の美しさがあります。

♂ 半成熟 静止

2016.5 都区内



同 捕食

2015.5 都区内

♂ 未成熟 静止

2009.5 静岡県磐田市


2013.5 都区内


2015.6 都区内

以下は、成熟から未成熟の♀の画像です。

♀ 静止



2014.6 都区内

♀ 半成熟 静止

2014.5 都区内

♀ 未成熟 静止



2015.5 都区内

コメント