ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

アオハダトンボ 2024<6月>

2024-06-24 | ・アオハダトンボ

<6.20>

今が盛り

グンバイトンボを探しで巡った3ヵ所の水路では、どこもアオハダトンボが多く見られ、生殖活動の盛りでした。
川に流される♂の求愛ディスプレイ行動も久々に目撃しましたが、グンバイ探しに必死で撮りませんでした。

交尾態


潜水産卵 複眼が水中に入っていく


複眼、胸部の大半が水中に


<オナガサナエ> 未成熟♀ 羽化不全かも 羽化殻数個を確認

2024.6.20 栃木県

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

グンバイトンボ 2024<6月>

2024-06-21 | ・グンバイトンボ

<6.20>

初めての水路にて

長年行っていない栃木のグンバイトンボ。知人が昨年に生殖行動を目撃していた水路を案内してもらいました。
ところが、水位が高く産卵適所が見当たりません。かねて知られた生息地に移動すると、ここも1♂の目撃のみ。
13時半頃、諦めて本流に向かう道中の3ヵ所目の水路で♂数頭を目撃して、2対の連結産卵に巡り会いました。
行く時期が少し早かったようですが、ポイントは年々変わります。当地域では健在で何より。最高気温30℃。

連結産卵 産卵場所は水路の1ヵ所に限られた 早く到達すれば交尾態の撮影もできたか




一方の連結態の♀は体色が異なる






1時間半以上の連結産卵後、単独産卵する♀




産卵ポイント付近に2♀が静止していた 産卵後なのか不明


♂が接近すると交尾拒否行動をして、飛び去らずに再び静止 よく見るパターンで何故留まるのか不思議


何度も交尾を仕掛けていた♂


草叢の若い♂





2024.6.20 栃木県

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キイトトンボ 2024<6月②>

2024-06-19 | イトトンボ科

<6.17>

羽化の進捗

昨日、キイトトンボの羽化撮影に行くと産卵が始まっていました。時期の認識不足で、急ぎ都下の公園に出直し。
草叢で未成熟が多数見られ、やはり羽化のピークは過ぎていた様相です。炎天下、定位のヤゴを探し回りました。
しかし、発見できず、脱出後の個体を見つけるのが精一杯。翅伸長の初期段階の進行が急速で撮影に焦りました。
腹部の伸長後の進捗は遅く、これまでの目撃の大半はその段階でした。今季一番の暑さを体感。最高気温31℃。

♀羽化 暑い盛りの13時頃 脱出直後で発見があと一歩遅かった 


翅の伸長は兎に角早い 発見から1分半


3分でここまで伸長 体色の黄色が美しい


左側にも羽化殻があった


発見7分後 翅がほぼ伸びきる


同12分後 腹部の伸長過程


同16分後 よく見る羽化ステージ ここからが長い


♂羽化 腹部の伸長後


未成熟♂ 腹部先端の背面に黒色斑が出始めた段階


交尾前と思われる連結態 簡単には交尾しない


胸部が完全に緑色になる前の若い♂


連結産卵 まだ少ないが所々で2、3対が集合していた





2024.6.17 東京都

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キイトトンボ 2024<6月①>

2024-06-18 | イトトンボ科

<6.16>

蜘蛛に捕まる

朝方のヤブヤンマの羽化を撮影後、昼でも羽化するキイトトンボの池に移動しました。気温が急上昇して29℃。
羽化個体が見られる一方、すでに産卵が始まっていて、撮影を開始した途端に連結態の♀が蜘蛛に捕まりました。

羽化を撮影していると近くに連結態が飛来 


蜘蛛に襲われて連結態で飛び上がるも振り払えずに落下 ♂は逃げて♀が捕まった






♀羽化


♂羽化 大半は羽化殻から離れている


連結産卵 蜘蛛に襲われた個体を含め3対を目撃




単独産卵後、休止する♀

2024.6.16 東京都

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヤブヤンマ 2024<6月>

2024-06-17 | ヤブヤンマ

<6.16>

朝方雨の日

朝方までの雨で遅れるとみて、ヤブヤンマの羽化撮影に行きました。現地では知人2人が先行して観察中でした。
羽化をしっかり見る方々で、探す手間なく2♂、1♀を撮影。どれも開翅後で、期待した遅い時間の羽化はなし。
雨にかなり打たれたか10時半を過ぎても飛ぶ気配がありません。10時から晴れて最高気温29℃まで上昇。

♂羽化後 8時には開翅していた


池中の石で羽化した♂ 日陰の個体は翅や複眼に雨滴が長らく残っていた




♀羽化後 水面から30㎝位であるが草のなかを這い上がっての羽化




<オオアオイトトンボ> ♀羽化 同じ小池に生息

2024.6.16 東京都

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする