ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

クロスジギンヤンマ 2019<4月②>

2019-04-30 | クロスジギンヤンマ

<4.28>続編

羽化の記録

前回の続きです。定位から飛立ちまでを見届けることができた♀と近くにいた♂の羽化の推移を記録しました。
定位から開翅まで、♀は約4時間20分、♂は約3時間55分でした。遅い時間帯の割には時間を要しています。

♀ 羽化 9:12 定位


9:30 裂開


9:32


9:34 複眼が抜け始める


9:36 複眼がほぼ抜ける




9:38


9:39




9:40 後肢が抜ける


9:47 


10:23 休止 後肢が抜けてから脱出まで約44分


10:25 脱出開始 完了まで約50秒


10:26








10:36 翅の伸長


12:10 腹部の伸長


13:32 開翅 定位から約4時間20分後


13:38 飛立ち 開翅から約6分後


近くで羽化した♂です。♀より10分程早く裂開が始まったようで、他の個体を見ているうちに複眼が抜けていました。
時間差はあったものの、♀をメインにし撮影していたため、羽化のステージの記録に多少ずれがあるかもしれません。

9:28 裂開後




9:30


9:31


9:32 前、中肢が抜ける


9:46 


10:02 休止 後肢が抜けてから脱出まで約41分


10:16 脱出 約30秒で完了


10:17 脱出直後




12:10 翅、肢の伸長後


13:06 開翅 定位から約3時間55分後


13:12 飛立ち 開翅から約6分後





2019.4.28 東京都

コメント

クロスジギンヤンマ 2019<4月①>

2019-04-30 | クロスジギンヤンマ

<4.28>

異常気象

クロスジギンヤンマの羽化が遅れていますが、いくら何でもそろそろ出揃う頃です。昨日、多摩の池の様子を見に行きました。
雨天続きで日中は小雨。羽化は見られませんでしたが、羽化殻は20個を軽く超え、何時の間にか羽化が進んでいました。

羽化待ちのヤゴをちらほら見ているので出直しです。夜間の気温が低い予報で、遅い時間の羽化が期待できるかもしれません。
9時頃の到着時点で、休止2、定位3個体が見られ、その後2個体が定位、発見が遅れた休止中の3個体を目撃しました。

季節外れの冷込みで朝方は1℃台まで気温が下がり、9時頃から一斉に羽化が始まりました。合計3♂、7♀の羽化を確認。
この時間帯でこれ程の羽化を見るとは驚きで、久々に撮影対象に悩まされずに済みました。最高気温19℃、最低気温1℃半ば。

♀ 羽化 休止 ♂ 定位


♀ 休止


♂ 定位


♂ 裂開


♀ 脱出後 ♂ 裂開










♀ 翅の伸長後


最初に羽化を開始した♀。9時前後に定位していたようです。開翅は12時45分。身を隠すものがない池の中央で羽化しました。

♀ 羽化 裂開


複眼が抜ける


肢を抜く




休止


脱出


脱出直後


翅伸長


腹部伸長


開翅


飛立ち直前


水面際で羽化していた2個体です。いずれも発見時は休止期でした。

♂ 羽化


♀ 羽化


最後に羽化した♀。10時28分、日陰に定位しました。気温は15℃を超えていますが、異常に遅い時間の羽化開始です。

♀ 羽化 上陸したヤゴ


定位


裂開






肢を抜く


休止




11時41分に脱出開始。定位から1時間13分後です。

脱出


脱出後




正午時点でこの状態です。他の個体もまだ飛立っていません。


2019.4.28 東京都

コメント

ヨツボシトンボ 2019<4月>

2019-04-27 | トンボ科

<4.21>

羽化始まる

ヨツボシトンボが生息する都区内の池、早い年であれば生殖活動が始まる頃ですが、予測どおり羽化が遅れています。
2日前に羽化した1♀を見ていますが、この日は羽化中の個体が2頭見られ、さらに見えない所から2頭が飛立ちました。
前回なかった羽化殻が数個見られ、これから羽化が本格化するようです。最高気温22℃、最低気温14℃でした。

朝から気温が高く9時少し前の到着では遅過ぎでした。見つけた個体は羽化がかなり進行済みです。

♂ 羽化




開翅


飛立ち草叢に着地


羽化中の♀です。撮影中は気付いていませんでしたが、すぐ横で羽化したイトトンボがいました。アジアイトトンボ♀と思われます。

♀ 羽化




開翅


2019.4.21 東京都

コメント

シオヤトンボ 2019<4月②>

2019-04-24 | トンボ科

<4.20>続編

バロメーター(その2)

羽化を撮影していると、10時半過ぎに産卵が始まり湿地は俄然賑やかになりました。羽化中の個体よりこちらが気になります。
縄張り♂は数頭、産卵する♀は直ちに捕捉され交尾態で飛回ります。交尾時間は段々短くなり、着地するとすぐに交尾を解く状態です。
♂の警護があっても産卵はままならず、産卵より交尾態を狙って連射。シャッターを押しまくり少し気晴らしになりました。

羽化はしばらく続きそうで後寄せなのは間違いないのですが、先発組の生殖活動が盛んでバロメーターにはなり得ませんでした。

交尾態 飛翔


交尾を解いた瞬間


交尾態 静止


♀ 産卵







2019.4.20 神奈川県

コメント

シオヤトンボ 2019<4月①>

2019-04-22 | トンボ科

<4.20>

バロメーター(その1)

タイミングが合わず、狙ったトンボは空振り続きです。シオヤトンボを撮る気分ではありませんが、鎌倉の湿地に出かけました。
毎年行っているだけに、トンボの出方のバロメーターになります。羽化殻は多数見られ、一方ですでに生殖活動が盛んでした。
この日の羽化の目撃は3♂、1♀。他に見えない所からの飛立ち2頭。それ程の遅れもなく羽化が始まり、まだ続いている状況です。

まずは羽化の撮影。10時頃、休止中の3頭を見つけました。朝の気温がやや低く、これから羽化を始める個体が期待できます。
10時29分、定位するヤゴを発見しました。最高気温19℃、最低気温11℃でした。

♂ 羽化 定位


裂開 定位発見時から約12分後


以下、複眼が出て後肢が抜ける直前まで約6分間の状況です。







休止期間 約24分間


脱出直後


定位から開翅まで2時間8分。やや遅い時間帯の羽化ですが、所要時間は平均的でした。

開翅


上の個体より約30分早く、同時進行で羽化を開始していた3頭を撮影しました。2♂、1♀です。

♂ 羽化 休止




脱出 一時停止して約15秒を要す


脱出直後


別の♂です。撮影時はすでに脱出していました。11時半頃、最初に開翅した個体です。

♂ 羽化 脱出直後


腹部伸長後


開翅


♀ 羽化 休止




脱出後


翅の伸長


飛立ち草叢に着地





水路のカワトンボは辛うじて1頭の羽化を目撃。こちらは、通常どおり羽化はこれからのはずです。

<カワトンボ> ♂ 羽化

2019.4.20 神奈川県

コメント