ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

コヤマトンボ 2015<5月>

2015-05-31 | ヤマトンボ科

<5.28>

産卵

この日の狙いの一つはコヤマトンボの探雌飛翔ですが、飛行ルートが変則で撮れませんでした。
産卵は滅多に出会えず偶然を期待するしかありませんが、アオハダトンボを撮っていると、少し先に♀が入りました。

慌てて追って射程圏に到達、間に合いました。待機していたヤマサナエの♂が邪魔をして時間が稼げたようです。
数mの範囲を移動して飛回っていました。

♀   産卵






草陰に入って打水産卵したようですが、見失いました。そうそう簡単には撮れません。

・・・草陰から出てきた

2015.5.28   埼玉県

この日、♂はまともに撮れず、数年前の当地の画像です。

♂   飛翔

2011.6.4  埼玉県

コメント

カワトンボ 2015<5月>

2015-05-31 | カワトンボ科

<5.28>

交尾態と産卵

圧倒的な数のアオハダトンボのなかで、カワトンボの生殖行動が見られました。交尾はよく目にしますが、目立たない産卵を撮るのは難儀です。
特徴からすると二ホンカワトンボのようですが、アサヒナカワトンボかもしれず正確には分かりません。

橙色翅型の♂が♀を捕えました。産卵するまで♀の動きを観察することにしました。

交尾態




・・・交尾後、なかなか産卵を始めない♀に産卵を促す♂


♀   産卵・・・数十分後








・・・すぐに中断


・・・♂ は クリーニング行動を開始






♂   静止・・・橙色翅が綺麗な別個体


♂   飛翔


無色翅型♂の♀捕獲です。

・・・縄張りの♂

連結


交尾態


・・・交尾を解いた直後


・・・そのまま産卵開始、♂は警護


♀   産卵

2015.5.28   埼玉県

コメント

アオハダトンボ 2015<5月②>

2015-05-31 | カワトンボ科

<5.28>続編

産卵

この日は交尾態もさることながら、至る所で産卵が見られました。アオハダトンボの産卵光景です。

♀   産卵・・・2頭が接近して産卵


・・・睨み合い、この後争って手前の個体が飛び去る












・・・潜水産卵する個体






産卵個体を狙って♂が飛回りますが、交尾に持込んだ例は見られません。

・・・産卵個体を狙う♂


・・・交尾を仕掛ける










・・・産卵続行の♀にアピール




・・・水面に浮かび流されるパフォーマンス


・・・逃げる♀を追う♂

2015.5.28   埼玉県

コメント

アオハダトンボ 2015<5月①>

2015-05-31 | カワトンボ科

<5.28>

生殖活動の盛り

埼玉の河川中流域、例年になく多数のアオハダトンボが発生していました。
一地点に密集して、正午過ぎをピークに夕方近くまで交尾、産卵が続きました。

時にパフォーマンス見せながら♀を誘う♂の行動は、毎度のことながら見飽きません。
この日は格別、次々に交尾が成立していました。

まずは、草叢の♀に交尾を仕掛ける♂の様子です。

・・・♀に接近する♂

・・・♀が逃げないと分かるや連結に持ち込む






連結


移精


・・・交尾に持ち込む




交尾態


やや強引に交尾に持込む♂の例です。

・・・いきなり掴み掛かる♂


連結


移精


・・・交尾に持ち込む


この日見た様々な交尾態です。

交尾態











2015.5.28 埼玉県

コメント

サラサヤンマ 2015<5月③>

2015-05-30 | サラサヤンマ

<5.28>

飛翔

この日は、サラサヤンマ目当てで出かけた訳ではありません。
埼玉の河川中流域に向かう前、例年立寄る湿地でタイミングよくサラサヤンマが飛回っていました。

前回、満足に飛翔しなかったので、これ幸いに撮影に専念。ここで数十分足止めを食うことになりました。
10m程のテリトリーで数頭が摂食をしつつ縄張りしています。
当所でサラサヤンマをまとめて見たのは初めて、産卵個体が入るルートで待伏せしているようです。

明るい場所ですが、1頭がホバリングを交えて飛び始めました。

♂   飛翔

















2015.5.28   埼玉県

コメント