ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

ミルンヤンマ 2014<8月②>

2014-08-31 | ミルンヤンマ

<8.23>

再び翻弄されて

2日前にミルンヤンマの産卵を見た鎌倉の谷、再び出かけました。空模様が怪しく早朝勝負です。
前回は、産卵を始めると相当敏感な一方、目の前でホバリングを見せられ、翻弄されています。
コシボソヤンマの産卵はある程度撮れているので、ミルンヤンマ一本に絞りました。

前回のポイントを目指して下流に進むと、首尾よく産卵個体を発見しました。
ところが、曇天のため谷の片側はいつもに増して暗く、姿が判別できない状態です。カメラを向けても捉えきれません。
少し明るい場所に出てきた瞬間、1回だけシャッターを押した後、あっさり見失いました。

辺りを探しても見つからず、1時間もすると雨が降り出して撤退。追い詰めながら取り逃がす失態で再び翻弄されました。

♀ 産卵


産卵個体を探している時、足元から羽化した個体が飛上りました。高い崖にへばり付いていた個体です。

♂ 羽化直後 静止

2014.8.23 神奈川県


<8.24>

三度目の正直

前日は、帰ってから結構降ったようで、雨上がりのこの日こそ狙い目とみて、同じ時間に出かけました。最高気温は32℃。

そろそろこの谷一番の産卵スポットに現われる頃と期待、9時前に同所に向かうと、朽木に産卵する個体がいました。
前日と異なる個体のようです。すでに産卵に集中しているのですっかり落着いています。約6分間、産卵が見られました。

♀ 産卵








一旦飛立ち、10分程で戻ってきましたが、上空を飛び高い梢に止まりました。

待つこと約20分、再び先程の朽木に降りてきて産卵体勢になりました。ところが、今度はなかなか落着きません。
流れに沿った湿地をやや広く飛び、他の産卵場所を物色し始めました。







一巡して、結局例の朽木に戻って来ました。警戒する様子がなくなり、約20分間産卵に専念。10時になる頃に飛び去りました。
三度目にして、やっと思う存分撮らせてくれました。昨年も同じ朽木でゆっくり撮る機会がありました。ここに来ると落着くようです。




















2014.8.24 神奈川県


<8.31>

8月も晦日

8月の最終週は、停滞する前線により関東では殆ど青空を見る時がなく、低温が続いて足止めされました。
最終日は漸く晴れ間があるようなので、鎌倉の谷の様子を見に出かけました。

10時頃、気温が25℃に上がり、やっとコシボソヤンマが飛び始めました。3頭の♂が広範囲を往来して探雌します。
同じ頃、ミルンヤンマの産卵個体が現われましたが、過敏な個体でした。そのうちコシボソヤンマに追払われて消えました。
産卵に集中する個体にそうそう巡り会うことはできません。

♀ 産卵

2014.8.31 神奈川県

コメント

ミルンヤンマ 2014<8月①>

2014-08-30 | ミルンヤンマ

<8.21>

割に合わず

8月中旬、コシボソヤンマの産卵を撮りに行く谷でミルンヤンマの♂を見ています。今年も産卵が期待できそうです。

この日、早くも産卵場所を探して谷筋を下る個体が現われました。一瞬止まりましたが、行方を追いきれずに見失いました。

♀ 産卵


探索しているうちに現われたコシボソヤンマの産卵を撮影して、改めて周辺を探ってみると、不覚にも近くで産卵していました。
気が付かずに飛ばしましたが、幸い近くの低木に止まりました。この個体を見逃すわけにはいかず、産卵再開まで持久戦です。
しかし、30分経っても降りてきません。

♀ 静止




しばし目を離すと姿がなく、慌てて産卵場所を探しましたが、再び撮影前に飛ばれました。先程の枝付近に止まり、仕切り直しです。

♀ 静止


今度は10分程で飛立ちましたが、想定外の方向。探し回って産卵個体を見つけましたが、かなり敏感であっという間に飛立ちました。
シャッターは切ったものの、長時間待ちのワンチャンスでは割に合いません。

♀ 産卵


もう一度同じ木に休止しましたが、風が吹いて遂に飛去ってしまいました。

♀ 静止

2014.8.21 神奈川県

前週、高い梢に止まっていた♂です。今年見る当所の止まりは、コシボソヤンマ共々高い位置ばかりです。

♂ 静止

2014.8.16 神奈川県

コメント

コオニヤンマ 2014<8月>

2014-08-29 | サナエトンボ科

<8.17>

交尾態

コシボソヤンマの谷、一方の縄張りの主はコオニヤンマです。
この日は何時もいる場所で見かけず、頭上を見ると交尾態がいました。それ程高くない位置に3時間以上止まっていました。

交尾態

2014.8.17 神奈川県

後日、曇天の朝に現われた産卵個体です。この日は日射しがなく、殆ど♂を見かけませんでした。

♀ 産卵



2014.8.22 神奈川県

その翌日もほぼ同じ時刻、同じ場所に産卵個体が現われました。♂の個体数は確実に減っています。

♀ 産卵







2014.8.23 神奈川県

コメント

コシボソヤンマ 2014<8月②>

2014-08-27 | コシボソヤンマ

<8.21>

やっと落着く

コシボソヤンマの産卵は、前回、前々回とも敏感過ぎて撮った気がせず、3回目の鎌倉の谷です。
暑い日が連続しているので朝が狙い目、♂が活発でない分、産卵が期待できそうです。最高気温34℃でした。

着いた早々、探雌行動する♂を見ましたが、すぐに止めて梢での休止。今回も見上げる位置でした。

♂ 静止


産卵場所を見回ると、ミルンヤンマが産卵していましたが、不覚にも見失い、入替わってコシボソヤンマがが飛来しました。
複眼が緑色がかった美しい個体です。約8分間の産卵、今季、漸く落着いて産卵する個体に出会いました。
昨年、スズメバチの攻撃にあった地点なので無気味でしたが、今年はそれ程発生していないので安心です。

♀ 産卵








予想どおり探雌の♂が殆ど出て来ず、交尾態は期待薄です。次の産卵個体を探し、遠くで産卵中の個体を察知しました。
接近すると飛ばれましたが、退避先は近くの笹藪で、再び産卵する様子です。

♀ 静止






15分程待つと、辺りを飛び回った後、橋の下に潜り込んで産卵を始めました。

♀ 産卵








こうした場所では落着いて産卵します。約15分間産卵後、橋桁で休止。その後は、産卵再開とはいかず飛び去りました。

♀ 静止 産卵休止

2014.8.21 神奈川県

コメント

クロスジギンヤンマ 2014<8月②>

2014-08-26 | クロスジギンヤンマ

<8.15>

また来た

ヤブヤンマの池では、ショウジョウトンボが見られなくなり、ネキトンボが時折姿を見せています。
シオカラトンボ、オオシオカラトンボの生殖活動はピークのようですが、池端で絶命している姿も見られます。

そうしたなか、クロスジギンヤンマが産卵に飛来しました。2週間前に生残りの個体を見て驚きましたが、今回は新鮮な個体。
♀が去った後には♂が現われ、30分以上池を飛回りました。季節感覚が異常になってきます。

♀ 産卵







2014.8.15 東京都


<8.22>

まだまだ続く

1週間後、最高気温34℃の暑い日、今度は再び老熟個体が産卵に現われました。まだまだ産卵が続いています。
クロスジギンヤンマ最盛期に、この池はどうなっているのか気になります。狙っていたネキトンボは姿を見せませんでした。

♀ 産卵







2014.8.22 東京都

コメント (2)