ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

アオモンイトトンボ 2016<5月>

2016-05-31 | イトトンボ科

<5.31>

2型の単独産卵

アオヤンマの産卵個体の飛来を待っていると、足元でアオモンイトトンボの異色型、同色型それぞれの♀が産卵していました。
異色型の産卵は目を凝らしていないと見落としがちです。

♀ 異色型 産卵




♀ 同色型 産卵





2016.5.31 東京都

同所で過去に撮影した交尾態です。

交尾態 ♀同色型

2015.5.15 東京都


2015.5.18 東京都

交尾態 ♀異色型

2014.6.18 東京都

交尾態 ♀異色型未成熟

2014.6.10 東京都

コメント

アオヤンマ 2016<5月④>

2016-05-31 | アオヤンマ

<5.31>

5月の交尾態

ヤンマの中では交尾態に出会う機会の多いアオヤンマですが、5月中に撮影できる年は余りありません。
探雌行動は盛んでも、この時期は葦原から飛出す交尾態を見ること自体が少ないようです。

そうは言っても、早く撮影して一段落したいのが本音。何度か目撃しているので気がせいてしまいます。
5月の最終日、漸く交尾態にカメラを向けることができました。

前日は雨で、最高気温は25℃。朝から交尾態を3回見ましたが、すべて葦原の奥に消えています。
気象条件のよいこの日、何としても撮るつもりで探し回り、葦原の中に止まっていた交尾態を発見しました。
見通せる角度は厳しく、例によって風が吹いて姿が見える瞬間を待っての撮影です。

交尾態


 



♂の止まりも葦原の中ばかりでしたが、探せば抜ける場面があるというもの。探雌行動の一時休止です。

♂ 静止


♂ 静止 捕食


♀は時々見かけるものの、相変わらず♂が見つけられずにいます。

♀ 静止



2016.5.31 東京都

コメント

サラサヤンマ 2016<5月③>

2016-05-31 | サラサヤンマ

<5.26>

断念か

サラサヤンマの産卵をじっくり撮影したく、1週間ぶり3回目の湿地に出かけました。
前回、前々回ともに産卵個体の撮影は1頭のみで一瞬でした。満足感を得るには程遠い状況です。
何度も泥まみれになるのは避けたいものの、仕方ありません。

数日間続いた晴天で湿地の水が引いてコンディションは上々、今度こそ期待が持てそうな雰囲気。
午前中は曇りがちでしたが、午後は蒸し暑く最高気温は27℃に達しました。

11時過ぎに到着すると、2箇所の産卵場所にそれぞれ縄張りの♂が待機していました。
当所では長時間♀待ちする♂をあまり見かけませんが、いずれも持場を離れず交尾への気合を感じさせます。

待ち疲れた14時過ぎ、気温が最も高くなった頃、やっと♀が姿を見せました。
ところが、着地する前に隠れていた♂に捕えられ、連結して周回し交尾態になって上空に消えました。

約30分して2頭目の♀が飛来します。30秒程産卵場所を選定して着地するその時、後を追ってきた♂の影。
産卵を始めた直後に♂に気付き、飛上がったところを捕えられました。

♀待ちの2頭がともに交尾に成功したようです。かくして、この日も長時間待って一瞬の産卵に終わりました。
交尾態が近くに止まることは稀ですが、今年は産卵との相性も悪いようで、当地はこれで断念するつもりです。

産卵場所を探して湿地を飛ぶ2頭目の個体です。

♀ 飛翔




♀ 産卵


縄張りの♂の様子です。

♂ 静止






♂ 飛翔








もう一方の湿地の♂です。

♂ 静止







2016.5.26 千葉県

コメント

ホンサナエ 2016<5月②>

2016-05-31 | サナエトンボ科

<5.26>

終盤

その後のホンサナエの様子を見てきました。曇天の10時頃、川に入ると丁度2頭が産卵中でした。
産卵場所を争うように飛び交い、1頭は産卵後上空へ、もう1頭が目の前に止まって再び卵塊造りを始めました。

上旬に来た時は縄張りの♂が多数いて、卵塊造りはすべて草叢の中に潜り込まれています。
前回までの苦労は何だったのか、注文どおりの位置で落着きました。この時期が卵塊の撮影向きなのかもしれません。
ただし、産卵個体を見たのはこの後1頭のみ。打水産卵の撮影は失敗です。

♀ 卵塊造り 卵を出し始める


約2分後、産卵に飛立つ直前


いよいよ終盤で♂は全く見かけません。産卵後の♀は林に消えますが、川岸にいた翅が傷んだ老熟個体です。

♀ 静止



2016.5.26 千葉県

コメント

ダビドサナエ 2016<5月>

2016-05-30 | サナエトンボ科

<5.24>

援助

ムカシヤンマの産卵を撮影しての帰り道、ふと先を見るとサナエの姿。近寄るとダビドサナエの連結態でした。
全く逃げる気配がなく、この体勢では交尾態になれないので手乗りさせて手助けすることに。

連結態


別角度から、これでは♀が動けません


飛上って交尾態になりましたが、援助の甲斐なく止まった場所が悪過ぎました。

交尾態

再び飛んで梢に。


2016.5.24 岐阜県

コメント