ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

オツネントンボ 2019<3月>

2019-03-22 | アオイトトンボ科

<3.20>

水ぬるむ

いよいよ気温が20℃に達するとの予報。オツネントンボの産卵が見られるのは間違いなさそうで、例年の4月始動を前倒しです。
この時期はとくに気温と天候次第、都下の公園に行くと、この日を待ちわびたように11時頃から連結態が一斉に池に集まってきました。
最低気温は4℃半ばでしたが、朝から晴れて最高気温は21℃。桜の開花宣言は持ち越されましたが、ぽかぽか陽気になりました。

10時半に到着して、まずは交尾態を探します。丁度活動が盛んになる時間で、池端で♂が素早く♀を連結しました。即刻移精です。

連結態 移精






移精は約1分で終わり交尾に移行します。石の上なのですんなりとはいかず、1分半かけて交尾態になりました。





交尾態




少し移動、交尾時間は4分少々でした。交尾を解くと、近くでは産卵せず猛スピードで飛び去りました。





連結態 交尾後


午後になると、交尾を見ることは難しくなりますが、正午を回ってから1対発見。この後、別の♂に干渉されて移動、交尾は成立しています。

連結態 移精


初日の第一関門、交尾態を撮影して次は産卵です。思いも寄らぬ個体数で撮影機会は十分でしたが、照り返しが強く撮るのは大変です。
ガマの産卵痕を見ると、この日より前に産卵が始まったようです。産卵のピークは正午前後で、13時過ぎから徐々に姿を消しました。

産卵に飛来した連結態から。上の画像と同じ枝ですが、別個体です。以下、連結産卵と単独産卵の様子です。

連結態 産卵に飛来


連結産卵


















単独産卵は初めて撮影。この時期でもたまに見かけます。同じ個体と思われますが、多数の連結態に交じって長時間産卵していました。

♀ 産卵






♂ 静止 ♀を待つ個体


林縁では、成熟待ちなのか水辺に出ていない♂がちらほら見られましたが、♀は見当たりませんでした。

♂ 静止



2019.3.20 東京都

コメント

アオモンイトトンボ 番外編

2019-03-10 | イトトンボ科

敢えて撮らないトンボ(その3)

関東平野で一番多く見られるイトトンボはアオモンイトトンボ。やはり敢えて撮らないトンボですが、交尾態だけは何度も撮っていました。
個体数が多いので交尾によく遭遇するばかりでなく、交尾時間が長いので自然にカメラが向くのでしょう。

交尾態の♂に襲い掛かる♂


動じることなく交尾を継続

2009.7 都区内

交尾態 ♀は♂と同色型

2008.7 千葉県松戸市


2018.5 都区内

同色型で青色の♀ 明らかに青味が強い個体

2017.5 都区内

交尾態 ♀は異色型

2009.6 千葉県野田市


2008.8 都区内

異色型で褐色味が強い♀

2017.6 都区内

交尾態 ♀は未成熟

2018.4 都区内

♀ 同色型 産卵

2008.8 都区内


2007.7 都区内

♀ 異色型 産卵

2016.5 都区内

獰猛さで知られるアオモンイトトンボがイトトンボを捕食するシーンはたまに見かけるものの、殆ど撮影していませんでした。
画像は羽化して飛立ったイトトンボを♂が捕えたシーンです。襲われたのは同種のようですが、不詳。

♂ 静止 捕食



2018.5 都区内

♂ 静止

2007.9 都区内


2008.6 都区内

胸部の青味が強い♂ ♀程多くないが時々見かける

2012.5 横浜市

以下は♀の静止画像です。同色型の♀は単体でいるとフィールドでは♂と識別が困難です。

♀ 同色型 青味が強い個体 静止 捕食

2018.6 都区内

♀ 異色型 静止

2008.9 都区内

異色型の♀未成熟は鮮やかなオレンジ色で、アジアイトトンボの♀未成熟によく似ています。アジアイトトンボは2017年12月に掲載。

♀ 未成熟 静止 オレンジ色から緑色に変化過程の個体

2016.5 都区内

♀ 未成熟 静止

2014.6 都区内



同 捕食

2018.6 都区内

コメント

ホソミオツネントンボ 番外編

2019-03-01 | アオイトトンボ科

思い出のトンボ(その5)

春が待ち遠しい今日この頃です。10年程前に撮っていた冬から春に至るホソミオツネントンボの画像です。

当時、越冬個体がトクサに集まることで知られていた千葉の自然公園で2009年、10年に撮影したものから。
以後その時期に行っていないので現在の状況は知りませんが、3頭も見られればよい方でした。

♂ 静止




♀ 静止

2009.2 千葉県市川市

♀ 静止

2010.1 同

♀ 静止

2010.12 同

4月上旬、ほぼ色づいた個体が見られました。この一角から姿を消す直前です。

♀ 静止



2009.4 同


2010年のGW快晴の日、当てもなく谷津の水の張られた田圃を見て回ると、ホソミオツネントンボが産卵していました。
面白いことに隣接する田圃には全く飛来しませんでしたが、近隣のいくつかの田圃を巡ると簡単に産卵が見られたものです。
ところが、数年前に当所に立寄ると、全く見られなくなっていました。この地域でも年々個体数が減っているようです。

連結産卵 田圃の畔の下で産卵


産卵場所を巡り小競り合い




時折風が吹き荒れて


完全に捻じれる♂








珍しく単独産卵する♀を目撃しています。

♀ 産卵




♀ 静止


♂ 静止


同じ田圃で1頭のみ見られたオツネントンボです。

<オツネントンボ> ♂ 静止

2010.5 千葉県印西市

同じ年、初夏になって目撃した連結産卵です。この後、2018年4月の記事に至るまで殆ど撮影機会がありませんでした。

連結産卵

2010.6 栃木県宇都宮市

コメント (2)