ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

オニヤンマ 2018<7月>

2018-07-30 | オニヤンマ科

<7.30>

受難の産卵

ハネビロエゾトンボの水路、明るい場所で待っていても、産卵個体は直ちに♂に捕捉されてしまい撮影不能の状況でした。
代わりに現われたのはオニヤンマ。産卵を始めるとハネビロエゾトンボが攻撃を仕掛けるので中断を余儀なくされます。
産卵意欲は旺盛なようで、邪魔される都度飛立って広く場所を変えて産卵していました。

♀ 産卵




ハネビロエゾトンボが連結を試みるような動作をしたので、絡むシーンをしばし狙ってみましたが、全く撮れませんでした。








2018.7.30 栃木県

コメント

ハネビロエゾトンボ 2018<7月②>

2018-07-30 | エゾトンボ科

<7.30>

今が旬

台風一過も不安定な天候が続いています。天候にあまり左右されず、外れがない北関東のハネビロエゾトンボを見に行きました。
水路では多数の♂が縄張りしていて、産卵は暗い場所の草の間に隠れるようにして行われ、いつになく激しく動き回る印象でした。
到着した正午頃から3時間で交尾態4組を目撃しましたが、すべて高い梢に消えました。最高気温は32℃。

♀ 産卵




別個体の数々です。産卵に飛来する頻度は高いものの、♂に追われたり草陰に入るので、打水はなかなかヒットしません。











明るい場所の産卵個体は、すぐに♂に捕捉されます。連続打水産卵する個体を初めて目撃しましたが、近寄る前に♂に捕まりました。



♀ 静止 ♂から逃がれて水路脇の草原に倒れ込んだとみられる


♀ 飛翔 産卵に飛来した個体


縄張りの♂の様子です。

♂ 飛翔














♂ 静止 水路脇の木で一時休止

2018.7.30 栃木県

コメント

ネアカヨシヤンマ 2018<7月②>

2018-07-28 | ネアカヨシヤンマ

<7.23>

ここまで暑いと

ネアカヨシヤンマの産卵撮影、今季は苦戦中で4日前も外しています。そろそろ落着く頃とみて同じ湿地に出かけました。
前回に続き交尾態を目撃しましたが、藪のなかに姿を消した産卵個体を縄張りの♂が捕捉して飛出し、見失う最悪のパターンでした。

この日、観測史上最高の気温を熊谷で記録、当所も最高気温は39℃。産卵を待機した木陰でも34℃を下回りませんでした。
ここまで暑いと通常の産卵パターンは通用しないのか、♀は滅多に姿を見せず、飛来しても相変らず敏感で気が滅入ります。

到着早々、林内に踏み込むと♂が飛出し、改めて慎重に探すと暗がりにもう1頭が止まっていました。♂の止まりにはよく出会います。

♂ 静止






11時半頃、ぎこちない飛び方の♂が現われて、日が射す枝に止まりました。





複眼は綺麗な個体ですが、左の前翅と右の後翅が大きく破損した歴戦の勇です。



蟷螂が標的にして忍び寄ってきます。この体勢のまま約1分間、少しづつ距離を詰めて飛びかかりました。



肉眼では全く分かりませんでしたが、画像では蟷螂が襲いかかった瞬間、逆に噛み付いたように見えます。





撃退され蟷螂は去っていきます。この♂は直ちには飛ばず、一呼吸置いて姿を消しました。余裕なのか動作が鈍いのか。





産卵の目撃は14時半頃の1回のみ。草藪に入られて、この日もまともに撮影できませんでした。
産卵場所のすぐ上に止まっていた別の個体です。あるいは見逃したかもしれませんが、産卵はしていないはずです。

♀ 静止


飛立ち 発見して約2分後、産卵せずに姿を消す

2018.7.23 埼玉県

コメント

マルタンヤンマ 2018<7月④>

2018-07-26 | マルタンヤンマ

<7.20>

産卵の当り日

マルタンヤンマの産卵、夕方を目指して昨年と同じ池に出かけました。最高気温は33℃で高湿度。
昨年の7月は全く飛来のない日が3回連続して、8月に漸く1頭を撮影しましたが、今年は1回目で数頭の産卵が見られました。

17時過ぎ、2頭がほぼ同時に産卵に飛来しましたが、縄張りのオオシオカラトンボに追い回されて1頭はすぐに姿を消します。
残る1頭を撮影していると時間の経過とともに次々に飛来。潜り込まれるので正確に確認できませんが、最低4頭が産卵しました。

昨年と一体何が違うのか不思議です。気象条件は大差なく、結局、行った日次第というしかありません。
画像は18時半頃までの撮影順です。ピークは18時頃、後半は、同時産卵でどの個体を撮るか迷う状態でした。

♀ 産卵






♀ 飛翔 産卵移動




♀ 産卵




♀ 飛翔 産卵移動




♀ 産卵











2018.7.20 神奈川県

コメント

ヤブヤンマ 2018<7月④>

2018-07-24 | ヤブヤンマ

<7.17>

猛暑日の交尾と産卵

前回から1週間後、暗い池のヤブヤンマを見に行きました。正午前に現地に着くと、ぶら下り状態の♂が見られました。
あまりの暑さで不活性を危惧しましたが、正午を過ぎて産卵が始まり、13時頃から探雌行動が活発化しました。最高気温は35℃。

14時20分頃、林内から交尾態が飛出し、開けた空間を旋回して高い梢に止まりました。運よく着地点を見届けました。
斜面を登って撮影可能な位置を探しますが、角度は限られました。終了前に帰りましたが、交尾は1時間20分を超えていました。

交尾態






到着時から1時間以上ぶら下がっていた個体です。

♂ 静止




別個体 林内を執拗に探雌して休止


最初の産卵個体です。飛来当初はかなり神経質でしたが、落着くと産卵に専念。約45分間の産卵でした。

♀ 産卵








♀ 飛翔 産卵移動


♀ 静止 産卵後休止




2番目は、複眼が完全にブルーの個体でした。最初の個体が産卵を終えてから約20分後に飛来しました。
産卵中に交尾態が飛んできたので、終了まで見届けていませんが、1時間以上産卵を続けました。

♀ 産卵






15時10分頃から30分頃までに3頭が続いて飛来して産卵しました。うち4番目の産卵個体です。

♀ 飛翔 産卵に飛来


♀ 産卵




♀ 飛翔 産卵移動


♀ 産卵 5番目の個体


3番目の産卵個体は、老熟のためなのかよく分かりませんが、複眼が黒化していました。ここまで黒いと不気味です。
動きが鈍く衰弱している様子でした。それでも産卵します。

♀ 産卵


♀ 静止




前回、未成熟♀に珍しく度々遭遇した旨を記しましたが、不思議なことにこの日も現われました。今季3頭目です。
これまで見たなかで一番成熟度が低く、複眼がまだ灰色の個体です。

♀ 未成熟 羽化後間もない個体



2018.7.17 東京都

コメント