ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

9月のトンボ  リスアカネ 2013

2013-09-30 | トンボ科アカネ属

9月中旬、カトリヤンマのいる林から出ると、近くの草叢でリスアカネが連結産卵を始めました。

連結産卵




♂ 静止 産卵後


♀ 静止 産卵後

2013.9.12 栃木県

コメント

ミルンヤンマ  2013  その3

2013-09-28 | ミルンヤンマ

よく出会う

ルリボシヤンマの飛来を待つ林内で、少し先の空間を猛スピードで往来するトンボを目撃しました。ミルンヤンマの摂食飛翔でした。
しばらく目で追っていると、近くの枝に休止しました。やや明るい所で、格好の時間潰しになりました。今年はよく出会います。

♂ 静止







2013.9.19 東京都

コメント

ルリボシヤンマ  2013  その1

2013-09-27 | ルリボシヤンマ

これを撮らねば

オオルリボシヤンマ、マダラヤンマを撮影して、残るルリボシヤンマ属はルリボシヤンマ、出会うタイミングが難しく撮れるかどうか。

9月中旬、昨年初めて撮影した都内の池に出かけました。到着早々、池を窺うと産卵中♀が飛出しました。
しばらく待つと戻り、産卵の撮影を始めると、突如現われた♂に簡単に見つかって交尾態で高い樹上に消えました。

その後も♂がたまにパトロール、やがて2頭目の♀が飛来しましたが、ほぼ同時に♂が現われ再び連れ去られました。
ゆっくり産卵を撮影する暇がありません。タイミングが悪過ぎます。

♀ 産卵








一応産卵は撮りましたが、♂のホバリングを撮らずに帰るわけにはいかず、ひたすら待ちます。
パトロールの頻度が上がり、時折♂同士のバトルも見られ、しばらくして、秋海棠の花が咲く池端でホバリングが始まりました。

正面の木々の間から日が射し込んで逆光になり、撮るには大変でしたが、30分程楽しませてくれました。
15時を少し過ぎるとぱったり出なくなり、見切りをつけました。これで、関東一円に生息するヤンマ科13種が揃いました。

♂ 飛翔







2013.9.19 東京都

コメント

オオルリボシヤンマ  2013  その2

2013-09-25 | オオルリボシヤンマ

都内に生息

オオルリボシヤンマが、都内でも生息していることを耳にしていましたが、まだ目にしていません。
先月の信州で堪能できなかったので、この際探索してみることにしました。

9月中旬、当たりを付けていた西多摩の谷戸田に出かけました。小さな池に着くと、いきなり♂が♀を追っています。
期待が膨らみましたが、すぐに日が翳って全ての♂が姿を消してしまいました。

小さな池には産卵中の♀が少なくとも5頭いました。蒲の茂みに隠れていて、時折産卵移動して飛上がります。
なかなか姿を見せませんが、何頭かの産卵を撮影しました。兎に角、予想を超える個体数が生息していて驚きでした。

♂ 飛翔


♀ 飛翔 産卵移動






♀ 産卵












午後、晴れてくると漸く♂が飛び始めました。ところが、縄張りのギンヤンマに繰返し蹴散らされてしまいます。
別個体が飛来して立場が逆転、優勢に攻撃を開始しました。他の♂も寄せ付けず、追払われた2頭が上空を旋回していました。

夕方になり、縄張りのこの♂が開けた水面上で蒲の茂みに向かって突然ホバリングを始めました。その後、茂みの中で探雌行動。
この時間、殆どの♀は立ち去った後で不可解な行動でした。

♂ 飛翔









2013.9.14 東京都

コメント

マダラヤンマ  2013  その1

2013-09-20 | マダラヤンマ

シーズン到来

9月も中旬になり、マダラヤンマのシーズン到来です。気温が高過ぎても低過ぎても飛ばないので厄介ですが、狙いはホバリングです。
30℃を超えそうでしたが、このところ天候が不安定、晴予報の日が少ないので思い切って出かけました。

栃木の生息地では今年も健在、高く伸びた葦原の上を飛び回っています。時折止まりますが、殆どが葦原の中で姿が見えません。
珍しく、一瞬池端の枝に止まる個体が見られました。

♂ 静止






夕方まで待って、葦原の視界の開けた空間で極短時間のホバリングが見られました。

♂ 飛翔



2013.9.12 栃木県

コメント