ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

ルリボシヤンマ 2018<9月②>

2018-09-28 | ルリボシヤンマ

<9.23>

今度こそ

ルリボシヤンマの産卵が撮れていません。1週間前、大概は産卵が見られる小池でも♂が陣取っていて♀の飛来がありませんでした。
今度こそは撮りたいもの。別の池に行きました。最高気温は28℃まで上昇しましたが、秋晴れのすがすがしい一日でした。

11時半頃、♂が飛んでいない池に♀が何頭か続けて飛来しましたが、撮る前に♂が樹上から降りたち10分程で2頭が捕まりました。
この間、撮影できたのは一瞬産卵体勢になった1頭のみ。♂の気配を察知したのか数秒で林に飛び去ってしまいました。

♀ 産卵


その後、急に探雌行動が盛んになり、とくに1頭は水面すれすれを飛んで隅々まで探し回ります。やはり♀は全く現われません。
このままでは先週の二の舞、不安が募ってきた13時50分頃、全ての♂が一時姿を消すと、約5分後に♀が飛来しました。

この個体を逃すわけにはいきません。産卵場所を偵察するように飛び、池と林の間を広く周回した後、戻ってきました。

♀ 飛翔


数ヵ所でホバリングしてから、産卵を始めました。後は撮影できる場所にくるかの駆け引きです。まずは30秒程で草陰に入りました。
草のなかに潜り込んで落着くとお手上げですが、愛想のよい個体で、度々外に出てくるので様々のパターンが撮影できました。

♀ 産卵










約7分経過 ここでは落着いて約2分間産卵






この後、草のなかで完全に落着き約23分間出てきません。縄張りの♂が戻ってきて探し回りますが、見つかりませんでした。

約32分経過 何故か一瞬外に出る


再び草のなかに姿を消しましたが、今度は♂が見逃すはずがなく、まず捕捉されるとカメラを構えました。
14時29分、♂が浴びせ込み連結して7秒で飛立ちました。そのまま当方に向かって突進、避けきれず接触しました。
その影響があったか、一旦交尾態になったものの上空で♀が離れて逃げました。結局、産卵時間は約35分でした。

連結態


上の♀が産卵を初めてから約10分後、次の♀が飛来。しばらく追いましたが、いやに敏感で2分程で池から姿を消しました。

♀ 産卵 別個体




♀ 飛翔 産卵移動


探雌の♂です。正午頃がら数頭が現われバトルを展開、ホバリングを見せるのは限られた♂で、短時間でした。

♂ 飛翔











2018.9.23 東京都

コメント

ルリボシヤンマ 2018<9月①>

2018-09-19 | ルリボシヤンマ

<9.16>

邪魔者

ここ1週間、天気予報で滅多に晴マークを見ることがなく、しかも予報は日替わり。これでは、遠くに行く決断がつきません。
降られても諦めがつく東京のルリボシヤンマの産卵撮影に出かけました。午後遅くから晴れて最高気温は27℃。

11時頃の到着時は今にも雨が降りそうな天気でしたが、♂が小さな池の隅々まで♀を探して飛び回っていました。
一度飛来した♂としばらく争った以外、15時頃に帰るまで不在の時間は長くて15分程で、同じ行動を繰り返します。
これでは♀の飛来は期待できそうになく、単なる邪魔者。ホバリングも一瞬でした。

♂ 飛翔 探雌行動







2018.9.16 東京都

コメント

ルリボシヤンマ 2018<8月>

2018-08-30 | ルリボシヤンマ

<8.29>

風強し

今年も高原のルリボシヤンマを見てきました。ワンパターンですが、本種のホバリング撮影が一番の楽しみなのです。
炎天下の撮影であった昨年より気温が低く、風があって比較的凌ぎやすい天候でした。現地の気温は29℃で推移。

午前中は個体数が少なく、風に流されてホバリングが安定しません。撮影していてピントを合わせきれていないのが分かります。
やや心配になりましたが、13時を過ぎて風が治まると個体数が増えて長いホバリングをする個体が現われました。

♀を目撃する機会が少なく、草陰に潜り込まれるので産卵は撮影できていません。交尾態は高く林の樹上に消えるばかりでした。

♂ 飛翔














以下、ストロボで撮影してみました。









争って水没した♂

2018.8.29 静岡県

コメント

ルリボシヤンマ 2017<9月>

2017-09-09 | ルリボシヤンマ

<9.4>

最後の最後に

ルリボシヤンマの生殖活動を期待して、好天が予測される関東北端の沼まで出かけました。予て行ってみたかった所です。
ところが、天気予報が外れて一日曇天、21℃前後で推移する肌寒い天候で、最高気温は一瞬の23℃でした。
これでは活動が鈍いのは当然。広い範囲を執拗に探雌する♂2頭を目撃したのみで、個体数の状況すら判定できません。

徒労に終わっての帰り道、午前中にオオルリボシヤンマが飛んでいた一角に立寄ると、ルリボシヤンマが産卵場所を探しています。
♂を全く見ていない場所に何という偶然か、最後の最後にチャンスが到来しました。しかし、見失しなってしまいます。

約10分間の暗転、14時30分、いよいよ諦めの境地で、ふと木道の足元を見ると産卵する個体がいました。
約6分間、狭い範囲で数ヵ所を移動して余裕で産卵。沼にいたのはこの個体のみです。

ルリボシヤンマの産卵なので、毎度すっきりとは撮れませんが、様々な角度で撮影ができ、遠方まで来た甲斐がありました。

♀ 産卵






1分程で草の間から出てきました。


















2017.9.4 栃木県

コメント

ルリボシヤンマ 2017<8月>

2017-08-27 | ルリボシヤンマ

<8.25>

炎天下の高原

ルリボシヤンマが確実に見られる高原に、今年も出かけました。ざっと見て20頭近い♂が湿原を飛交っていました。
ところが、日が殆ど陰らずホバリングがあまり見られません。日光直撃で、標高のある高原でも平地と変わらず最高気温は32℃。

暑さで♂の個体数が減ると、♀が何度も池に入って来ますが、草陰の産卵個体を探す前に♂が現われて持っていってしまいます。
交尾態の目撃は数回、いずれも樹上高く消えるばかり。産卵の撮影はできず、炎天下で時間を費やす結果になりました。

♂ 飛翔















2017.8.25 静岡県

コメント