ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

昭和40年代前半の鉄道写真(91・中央西線電化の記録㉚)

2016-02-25 | 昭和40年代の鉄道(中央線他)

中津川以北   雪の木曽谷

落合川からは、坂下・田立・南木曽・十二兼・野尻と進む。
坂下までは中津川市、その先十二兼までが南木曽町で、南木曽は昭和43年10月に三留野から駅名変更された。

落合川・坂下間6.1キロは、延長1110mの新瀬戸山、1138mの第1高峰山等3基のトンネルを掘削し下り線を建設、
南木曽・十二兼間5.5キロは、1485mの第1羅天、1325mの第2羅天等4基のトンネルを掘削し上り線を建設して、
各々43年、44年に複線化された。

坂下から南木曽間の複線化は遅く、48年の塩尻電化完成の直前であった。
坂下・田立間2.8キロに新上鐘山、田立・南木曽間6.3キロに2551mの島田、1015mの兜トンネルの計3基を複線で建設、
田立駅は坂下寄りに移設され、田立・南木曽間の別線は旧線から離れた路線となっている。
落合川から南木曽間では、撮影する機会がなかった。

45年3月6日、雪の落合の峠で撮影後、中津川10:36発の松本行827レに乗り野尻に向かった。
ディーゼル機関車牽引のため、度々移動に利用した列車である。50分程乗って野尻到着は11時半頃。

車窓から下見した地点を念頭に、十二兼に向かって歩いた。十二兼・野尻間3.7キロは単線区間である。
この日、この区間が中央西線の最後の撮影になった。

下り、上りの急行をやり過ごすため、827レは野尻に10分以上停車。駅を出ると下り急行が入線してきた。

キハ91系下り803D急行"きそ"4号の後部から、右奥に58系上り804D急行"きそ"2号が交換待ちで停車中

1970.3 野尻駅

雪を踏みしめて約30分歩き、街はずれで下り貨物列車をを待った。
2時間以上前に中津川・落合川間で撮影した669レが坂下で約1時間停車してやって来る。

12時10分頃、S字カーブの先の林の中からD51が姿を見せた。期待どおりの煙で坂を登ってくる。
この地点から野尻まで20‰の上り勾配であったと思う。

D51-249[中]牽引の下り貨物669レ






約40分間、列車が来ないので歩を進める。先のS字カーブに到達して、上り勾配を来る下り列車を待つことにした。
12時50分になる頃、まずはDC急行が来た。この区間にトンネルはないが、前照灯を点灯している。

キハ58系下り2801D急行"赤倉"


13時頃、2駅先の大桑で下り急行と交換した上り貨物列車が坂を下ってきた。

半戦時型煙室戸上部切欠き、変形ドーム、長工式デフD51-862[木]牽引の上り貨物656レ


回送のC56を連結


南木曽を過ぎるといよいよ谷が深まり、心なしか冬の天候もがらりと変わる。
この日は体の芯まで冷え込んだが、追い打ちをかけるように、突如視界を遮る吹雪になった。

吹雪のピークの頃、突風に耐えながら13時10分頃の下り臨時貨物6671レを待った。
しかし、いつまで経っても来ない。無情にも運休であった。
上り1802D急行"ちくま"1号、DLの830レは見送り、1時間程の避難を余儀なくされた。

吹雪が去って谷に日が射し込んできた。一転して逆光の悩み。十二兼14:20発の下り旅客列車を待ち構えた。
列車は5分遅れで、回復運転のD51が速度を上げて16.7‰勾配を駆け上がってきた。

D51- 274[中]牽引の下り長野行829レ






しばらく歩いて、15時過ぎに来る下り貨物列車を待った。
16.7‰の連続勾配を素晴らしい煙を吐き上げてやって来た。この日一番の煙に満足。
朝の中津川・落合川間で後補機を務めていた851号機の牽引であった。

煙室戸上部切欠きのD51-851[中]牽引の下り貨物653レ




15時15分頃、野尻で下り貨物と交換待ちの上り貨物列車が坂を下ってきた。

D51牽引の上り貨物694レ


十二兼に近い谷を見下ろす地点に立ち、十二兼で上り貨物と交換する下り貨物列車を待った。
この時間帯は、効率よく1時間にD51が4本やって来た。

D51牽引の下り貨物673レ

1970.3 十二兼・野尻

十二兼に到達した。南木曽・十二兼間は、既述のとおり当時既に複線化が完成して、複線運行されていた。
新線は大半がトンネル区間で、上り列車は十二兼を出るとすぐトンネルに入る。

十二兼16:00発D51重連牽引の上り旅客列車の出発シーンを撮影した。
前照灯を点灯して発車。本務機は黒煙を吐き、この先が下り勾配とは思えない力強さであった。

D51-267[中]先頭のD51重連、上り松本発名古屋行832レ



1970.3 十二兼駅

十二兼から旧線の十二河原トンネル坑口まで南木曽寄りに数百m走った。
先程の上り旅客と複線区間で行き違う下り旅客列車が数分で来る。十二兼の発車は16:10。

南木曽・十二兼間は下り列車にとって最大20‰の上り勾配が続く。
山々にドラフト音が響き、やがてトンネルに入る汽笛が聞こえた。緊張の一瞬である。
爆煙とともに181mの短いトンネルからD51が飛び出した。この区間で撮影した唯一の写真である。

この後、16:53上り名古屋行普通気動車に乗車、雪の木曽谷を後にした。

D51-777[中]牽引の下り塩尻行831レ

1970.3 南木曽・十二兼

コメント

昭和40年代前半の鉄道写真(90・中央西線電化の記録㉙)

2016-02-20 | 昭和40年代の鉄道(中央線他)

中津川以北   弥生の雪

昭和45年3月6日、中津川・落合川間で一年振りに撮影した。
大学受験を終えて、早速D51の撮影に向かった。

801D急行"きそ"2号で中津川に8:36到着。ホームに降りると、3月というのに雪交じりの風が吹き付けた。
落合山トンネルへの上り勾配を目指して歩く。雪が激しく降り続く道中、まずは上り貨物列車が坂を下ってきた。

D51-171[中]牽引の上り貨物652レ


丘に登り、9時10分頃に中津川を発車する下り貨物列車を待つ。幸い雪が弱くなってきた。

発車の汽笛が聞こえ、やがて煙が見えて期待に胸が高まる。素晴らしい白煙にしばし寒さを忘れた。
吐き上げる煙が一段と勢いを増して子野川橋梁に差し掛かる。橋梁の前後は25‰の上り勾配である。

D51-501[中]牽引の下り貨物691レ




中津川以北は貨車の編成が短くなるが、タンク車4両の重量貨物列車がゆっくり進んでくる。





本務機は、北陸線米原・田村間の繋ぎ役で活躍した長野工場式デフの501号機、久し振りの出会いである。
43年10月に無煙化された米原から、中津川機関区に転属されていた。


半戦時型変形テンダーのD51ー851[中]の後補機が押して登っていく


43年10月のダイヤ改正で登場した中央西線初の特急"しなの"、下り11Dは名古屋を8:30に出発して中津川まで約1時間。
中津川発車は9:34、落合トンネルの上まで辿り着いて待った。

キハ181系下り特急"しなの"


特急通過後、10数分待ちで下り貨物列車が続行する。凍えながら待つ間、再び雪が激しく降ってきた。
D51がサミットのトンネルを目指して25‰を力行してくる。後補機は視界に入らない。

D51-249[中]牽引の貨物669レ






10分程で雪はおさまり、落合川で解放された先行691レの後補機が逆向きで坂を下ってきた。

峠の落合川側は複線化工事が始まっていたので、この後は中津川から下り列車に乗って野尻に向かった。

半戦時型煙室戸上部切欠きD51-851[中]上り単機回送

1970.3 中津川・落合川

コメント

昭和40年代前半の鉄道写真(89・中央西線電化の記録㉘)

2016-02-17 | 昭和40年代の鉄道(中央線他)

中津川以北   落合川の旧線

中津川・落合川間は、たすき掛け線増により複線化され、上下線の25‰の上り勾配が緩和されている。

中津川から下り線は、新設した下り勾配の中津川、緩い上り勾配で延長1138mの新落合山第1トンネルを経由、
新線で峠を越えて旧線に入り、急勾配を下って落合山第2トンネルを抜け落合川に着く。
落合川から上り線は、新設した新落合山第2トンネルを経由して旧線と並行する最大勾配20‰の新線を通り、
旧線の延長450mの落合山第1トンネル内で峠を越え、旧線の急勾配を下って中津川に向かう。

新旧の落合山第1トンネルから落合川間は、上下線が捻れるようにして複線化された。
旧線のトンネルは電化に向け拡張工事が施され、最終的な複線化完成は昭和48年に至った。

44年3月9日、中津川電化開業後、中津川・落合川間、峠の落合川側で撮影した。

43年10月の電化開業により、中津川機関区のD51の30両のうち10両は相前後して転出及び廃車され、
米原機関区から2両を迎えて22両体制になった。
木曽福島機関区のD51についても、12両のうち6両が転出及び廃車されて6両に半減された。
この頃は、中央西線を走行する全てのD51に集煙装置が装備されていた。

写真は複線化着工前、落合川から落合山第1トンネルへ向かう旧線である。

落合川を出発した上り貨物列車が落合川を渡って25‰のS字カーブを登ってくる。
まだシャッターを切るのは早いが、一番ときめく時だ。

D51-249[中]牽引の上り貨物










D51-827[中]の後補機




本務機がトンネルに入る。トンネル内も上り勾配が続き、トンネルを出てから絶気する。




1969.3 落合川・中津川

コメント

昭和40年代前半の鉄道写真(88・中央西線電化の記録㉗)

2016-02-13 | 昭和40年代の鉄道(中央線他)

中津川以北   落合の峠

中津川・落合川間3.8キロは、落合山トンネルを頂点に前後が25‰の勾配であり、中央西線の難所の一つであった。

下り列車のD51は、木曽路の導入部にあるこの峠を先ず越えて、鳥居峠まで延々と続く上り勾配を行く。
一方、長距離をほぼ惰行で来る上り列車のD51は、落合川から上り勾配のトンネル内まで目一杯力行することになる。
この区間の貨物列車には、上下線ともD51かC12の後補機がつけられていた。

昭和43年6月30日、中津川近辺で撮影後、初めて落合山トンネル上の峠まで歩いた。
この地点からD51を撮りたかったが、気温が高く煙が写らないので撮影したのはDC急行のみである。

トンネル上から、落合川方面を望む。左手に木曽川の落合ダムが見える。落合川駅はダム湖の左岸にある。

キハ58系上り急行"第2しなの"


キハ58系下り急行"赤倉"、後方から


峠の中津川側に戻り、線路脇で下り貨物列車を待った。中津川からトンネルまで25‰勾配が1.5キロ以上続く。

13時頃、D51がゆっくり坂を登ってきた。後補機は付いているものの短い編成。
完全燃焼で煙はスカスカで見えず。煙は期待していなかったとはいえ、あまりにも拍子抜けであった。

半戦時型カマボコドームのD51-902[木]牽引の下り貨物653レ


D51-825[中]の後補機、逆向きで押していく


D51-825[中]、落合川で解放された先程の補機が上り単機回送


次の下り、中津川13:35発の旅客列車を撮影して、暑過ぎたのかこの日は終了。

D51牽引の下り長野行829レ、子野川のアンダートラス橋梁を行く

1968.6 中津川・落合川


記憶は定かでないが、43年3月19日、おそらく初めてこの区間に行った時のことと思う。
線路伝いに歩いていると、落合川に向かっているはずの補機が猛スピードで坂を下ってきた。
この頃、後補機を走行中解放していたことを知らず、危うく轢かれるところであった。

D51-200[中]の上り単機回送、その後、梅小路機関区に転属、動態保存された

1967.3 落合川・中津川

コメント

昭和40年代前半の鉄道写真(87・中央西線電化の記録㉖)

2016-02-08 | 昭和40年代の鉄道(中央線他)

中津川以北   中津川のC12

中津川・塩尻間は奈良井以北では撮っていない。
写真は昭和45年まで、記録は
48年の塩尻電化開業を待たずに終了する。

中津川から先、落合川・坂下・田立と進む。
坂下・田立間で岐阜と長野の県境を越す。坂下まで名古屋鉄道管理局、その先が長野鉄道管理局の管轄であった。
まずは、中津川から坂下間の旅客列車牽引と落合川間の貨物列車の後補機等で活躍した中津川のC12の写真。

撮影当時、中津川機関区には4両のC12が配属され、恵那起点の明知線の貨物列車、本線の旅客列車1往復、
中津川構内の入換の他、製紙工場への引込線の仕業に就いた。本線では恵那から坂下間を走行した。

昭和43年6月30日、中津川橋梁の上り貨物列車を撮影して駅方向に戻ると、引込線にC12がやって来た。
これを目的に行ったのか偶然なのか記憶にないが、10時頃、逆行で中津川に単機回送中であった。
引込線は、美乃坂本寄りの中津川手前から南下し本州製紙中津工場に行く。翌44年に廃止された。

C12-42[中]、単機逆行で中津川に戻る 


25分程して、貨車の入換作業が始まった。







約20分間の入換作業を終えて、引込線を出発。貨車は7、8両であった。



中津川機関区のC12とD51、左が美乃坂本方向で、駅構内から25‰の上りとなる標識が見える。

C12-166[中]

1968.6 中津川駅


43年3月19日の写真。鳥居峠で撮影した帰り、中津川で途中下車した。

夕暮れ時、中津川17:49発、坂下18:04到着で3駅間を客車3両で走る列車があり、C12が牽引していた。
日没前、C12が逆行で25‰を登ってくる。

C12-209[中]牽引の下り坂下行623レ






複線化後、上り専用にされた旧線を落合川に向かう。橋梁を渡ると再び25‰上り勾配である。右は国道19号線。


1968.3 中津川・落合川

コメント