ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

タイリクアカネ 2015<10月>

2015-10-30 | トンボ科アカネ属

<10.29>

連結産卵

播磨のオオキトンボの溜池では、タイリクアカネの生殖活動が見られます。
他にはコノシメトンボ、昨年そこそこいたキトンボはどうしたことか全く見ませんでした。

メインのオオキトンボの飛来と重ならなければ、タイリクアカネの連結産卵を撮りたいもの。
昨年は、逆光でまともに撮れていないので尚更です。

この日、♀待ちするタイリクアカネの個体数はオオキトンボとほぼ互角でした。
気温の上りが遅いのか、想定時間より遅い10時半になって縄張りの♂が出てきました。

♂ 静止


♂ 飛翔




11時20分頃、水辺で交尾態を見つけましたが、回り込んで2回飛ばしました。逆光でこれが限界、同じ個体です。

交尾態




最初の連結産卵は11時15分、オオキトンボより早く始まりました。約2分間の連続打水産卵でした。

連結産卵














11時半、2組目の連結産卵、多分先程の交尾態が飛来したと思われます。産卵時間はやはり約2分。
待機する♂の個体数の割には連結産卵が見られず、これが最後でした。


















2015.10.29 兵庫県

今シーズンのトンボはこれにて終了です。

コメント

オオキトンボ 2015<10月>

2015-10-30 | トンボ科アカネ属

<10.29>

播磨の秋

今年も終盤、いよいよ最後の遠征です。播磨の溜池にオオキトンボの連結産卵を撮りに出かけました。

活動するのは短時間なので、1箇所を決め打ちして待つしかありません。
昨年撮った溜池がベストとは思えず、いくつかの池の環境を見て回りましたが、結局同じ池に決めました。
天候には恵まれ、秋晴れで最高気温はやや低い20℃でした。

10時前、まずは草叢で♀を見つけました。

♀ 静止




昨年は♂が集まり交尾態も見られた堤を探策しましたが、10時半を過ぎても殆ど姿を見せません。
来るのか来ないのかオオキトンボには不安にさせられる時間帯がつきもの。他に移動するわけにもいかず、産卵時間を待ちます。

♂ 静止




・・・捕食


11時を過ぎ、漸く池端で待機する♂が数個体見られるようになり、♂が見張る一角に狙いを定めました。
今年は水落ちの進行が早いようで水辺の形状が昨年と異なり、産卵場所によっては順光で撮れる期待があります。

♂ 静止


11時15分、タイリクアカネの連結産卵が始まり、20分後、オオキトンボの最初の連結態が飛来。
正午までの25分間に7組の連結産卵が見られました。産卵時間は水面を飛回って大概は3分前後です。

微妙に時間をずらして産卵に来るので殆ど待機時間はない一方、同時に2組が出てきたのは離れた場所に1回のみでした。
正午を過ぎて飛来した連結態はいません。

同じ溜池でも産卵環境は様々、打水産卵するものと打泥産卵するものがいます。

連結産卵








最初に現われた連結態から順に、連続打水産卵の様子を追っていきます。



















・・・縄張りの♂が干渉






産卵が終わって連結を解くと♀は上空高く舞上がり消えていきますが、上の♀は極短時間、単独産卵を続行しました。

♀   産卵


連結産卵








連続打泥産卵する連結態です。



















7組とも林の方から連結態で飛来したので、この日は残念ながら交尾態が撮れませんでした。

相当な時間をかけて撮りに来て30分足らずの撮影、厳しいものがありますが、昨年の連結産卵は1組なので成果ありです。
ただ、2組を同時に撮る目論見はチャンスがありませんでした。時期が少々遅かったかも知れません。
因みに、翌日は下見もして保険を掛けていた大阪の溜池に出かけましたが、不発で♂1頭を目撃したのみでした。
遠征先の旬の時期の見定めはとくに難しい。そうそう思い通りにはいきません。

さて、正午を過ぎると連結態の飛来は全くありませんが、しばらくは池を飛ぶ♂が見られました。

♂   飛翔


♂   静止・・・午後



2015.10.29   兵庫県

コメント

カトリヤンマ 2015<10月⑤>

2015-10-27 | カトリヤンマ

<10.22>続編

所変われば

例年カトリヤンマの産卵を撮っている谷津では、多数の産卵個体が一斉に田圃に現われて一斉に姿を消します。
時期にもよるのでしょうが、所により行動パターンはかなり変わるようで、当地では様々な時間帯、地点に産卵個体が現われました。

まずは正午前、明るい湿地に産卵個体が飛来しました。縄張りのリスアカネに追立てられ、しばらく飛回ります。

♀   飛翔


漸く着地、移動しながら産卵して約2分間で姿を消しました。

♀   産卵










約10分後、おそらく同じ個体が再び現われましたが、枯れ葉に潜り込まれて撮れません。大概はこのパターンです。





この後は15時前、一頻り縄張り飛翔していた♂が消えると産卵個体が飛来。しかし、飛回って姿を消してしまいます。
消えた方向の隣接する湿地を見に行くと、産卵を休止した個体が枝に止まりました。

♀   静止


真下に産卵中の個体がいましたが、枯れ葉のなか。産卵ポイントのようですが、撮れそうにない場所でした。

♀   産卵


16時前、メインの産卵ポイントと推察しながら、これまで全く飛来していない暗い湿地を確認しました。
踏込むと、産卵中の個体が驚いてすぐ上の枝に静止。やはり産卵に来ました。再開が期待できそうです。

♀ 静止


待つこと5分、産卵を始めました。

♀   産卵












約2分間産卵して休止。一旦姿を消しましたが、3分後に再び産卵を始めました。ここでの産卵は、結局1頭のみでした。

明るい湿地、暗い湿地それぞれで♂のホバリングと産卵が撮れてまず満足できました。
まだ綺麗な個体ばかりで心残りですが、今年のカトリヤンマはこれにて終了です。

♀   静止


♀   産卵



2015.10.22 埼玉県

コメント

カトリヤンマ 2015<10月④>

2015-10-27 | カトリヤンマ

<10.22>

シーズン最後のヤンマ

10月も下旬、微妙な時期ですが、今シーズン最後のカトリヤンマに出かけました。まだ活動しているはずです。
秋晴れで最高気温23℃。山間に近い産地は終盤ですが、当地では生殖活動の時期が後寄せで綺麗な個体が主流でした。

正午前、干上がった明るい湿地に産卵個体が現われ一安心。しばらくして、探雌する個体も見られました。
12時半頃、少し移動してメインの産卵ポイントと推察した暗い湿地に移動すると、縄張り飛翔が見られました。

♂   飛翔




しばらくホバリングしながら飛回ると、地面から50cm程の枯れ枝に止まりました。
寝てしまったようで、探雌の別個体が突っかかってきても無視。それにしても蚊が異常に多い場所で閉口しました。

♂   静止




約45分の休止後、縄張り飛翔を再開しました。どんどん接近してきて、約15分間ホバリング。

















産卵個体は現われず、14時過ぎに明るい湿地に移動すると、探雌していた個体が一瞬休止後、飛立ちました。

♂   静止


30分程すると、再び♂が現われてホバリングを交えて縄張り飛翔を始めました。日を浴びて輝く複眼が印象的でした。
約10分で姿を消しましたが、その5分後に産卵個体が飛来しています。

♂   飛翔















2015.10.22 埼玉県

コメント

ナツアカネ 2015<10月②>

2015-10-27 | トンボ科アカネ属

<10.18>

交尾態の飛翔

この日、谷戸の休耕田に産卵に飛来したのはアキアカネ、コノシメトンボ、マユタテアカネ、ヒメアカネ。
隣接する湿地の草叢には少ないながらもリスアカネも見られ、ナツアカネが次々に交尾態で飛来しました。

産卵場所を見定めるまで、交尾態のまま長い時間ホバリングしながら飛回る個体が目立ちました。

交尾態


















連結産卵











2015.10.18 東京都

コメント