ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

ムスジイトトンボ 2019<6月>

2019-06-30 | イトトンボ科

<6.28>

都心のイトトンボ

天気予報は1週間先まで雨マーク、全く予定が立ちません。待機を決め込んでいたところ、都区内は午前中が晴予報に変わりました。
行ける場所は限られ、都心の公園で生息するムスジイトトンボの様子見です。初めて行った公園で思いがけず多数の個体を目撃しました。
しかし、近寄れず撮影には不向き。とくに産卵する連結態は岸から離れて行くのでなかなか撮れません。蒸暑く、最高気温は30℃超え。

交尾態


連結産卵


連結態


♀ 静止 連結産卵中に♂が襲われた模様




♂ 静止

2019.6.28 東京都

コメント

オオモノサシトンボ 2019<6月>

2019-06-28 | モノサシトンボ科

<6.22>

雨降り

天気予報ばかりを気にかける今日この頃。梅雨らしいというべきか、今季はなかなか梅雨の晴れ間がないので出かけられません。
待機するのも限界、晴れ間がありそうな北関東のオオモノサシトンボの様子を見に行きました。個体数の減少傾向が心配です。

予報は外れ、日が射したのは短時間で昼前から雨。♀は未成熟しか目撃できず、多分時期も早かったようです。最高気温は26℃。
目的の交尾、産卵には厳しい状況でしたが、縄張りの♂は大粒の雨をまともに受けながら動じません。珍しく雨中の撮影です。

♂ 静止









♀ 未成熟 静止








到着時、一番多く見たのは未熟のコシアキトンボでした。少ないながらも成熟したコフキトンボもちらほら。

<コシアキトンボ未成熟 アキアカネ未成熟>


雨は降りやまず、別の沼の様子を見て帰りました。悪天候で個体数の多寡は判定できませんが、ここも一応健在。雨宿りする♂です。

♂ 静止



2019.6.22 群馬県

コメント

ホンサナエ 2019<6月>

2019-06-25 | サナエトンボ科

<6.18>

余裕

久々にホンサナエの卵塊造りを撮影しました。岸辺で縄張りする♂をくぐり抜けて♀が後方の草原に止まりました。卵塊を造るはず。
着地して直ちに卵を出し、約1分間で沖に向かって高速で飛立ちました。風に揺られる葉の上ですが、撮り易い場所なので余裕あり。

♀ 静止

卵塊造り 18秒経過


47秒経過


♂ 飛翔 ホバリング


♂ 静止





2019.6.18 群馬県

コメント

オオトラフトンボ 2019<6月>

2019-06-22 | エゾトンボ科

<6.18>

忍耐

撮りたくても撮る機会が極めて少ないオオトラフトンボ、毎年新たな産地を探しに行っていますが、殆ど空振りに終わるのが実情です。
今季は5月下旬に羽化を撮影した湖畔に行ってみました。時期が合っていないのか、快晴ながら♂が全く飛ばない嫌なムードでした。

一番の目的は卵塊造り。♀が来そうなポイントを2時間程行ったり来たりしましたが、全く気配なし。しかし、トンボ撮影は忍耐です。
11時頃、遂に♀が現われました。どこに止まるか緊張の一瞬。草間から姿が見える位置ですが、風が吹くと草に隠れて撮れません。

♀ 卵塊造り 着地後44秒経過


1分23秒経過


この位置では埒が明きません。約2分後、卵塊が大きくなるのを待って反対側への移動を決断。しかし、敏感で動いた途端に飛ばれました。
飛んでも遠くには行かないので数m先に着地。幸い前よりは撮り易い所ですが、やはり全身が見えるのは風次第、隙間を見つけて右往左往。

2分9秒経過


2分36秒経過


約3分経過 


最初の着地から3分15秒の卵塊造りでした。岸辺近くで産卵すると思っていましたが、沖に向かって一直線に飛んでいきました。
卵塊造りを見たのはこの1頭です。改めて周辺を見ると、この時期でも数個体が羽化していました。目撃したのは全て♀です。

♀ 羽化




♀ 羽化 別個体


クロサナエ♀が飛来して近くに止まり、珍しい組合わせになりました。



開翅


飛立ち直前


♀ 羽化直後 別個体の飛立ち

2019.6.18 群馬県

コメント

キイロサナエ 2019<6月>

2019-06-20 | サナエトンボ科

<6.16>

雨上がり

埼玉のキイロサナエ、6月初旬に2回行きましたが、産卵の目撃がありません。縄張りの♂も少なく生殖活動が遅れ気味のようです。
この日は雨上がりで気温が上がる予報、挽回には絶好の条件です。ここで外すわけにはいきません。快晴で最高気温は30℃。

10時40分頃、前回は飛来しながら産卵しなかった水路に♀が現われ、今回は産卵。漸く今季初の産卵が撮影できました。
静止して卵塊を形成して打水、そのままホバリングして再び打水して飛び去るパターン。やや物足らない約2分間の産卵でした。
狭い水路なので上からしか撮れず、焦っているうちに終わってしまいました。

♀ 産卵 約40秒間ホバリングして行ったり来たり

草の下に止まり約20秒間卵塊造り


飛立ち数秒後に打水


ホバリングして約1分間卵塊造り




打水して飛び去る


数分後、10m程離れた草陰に♀が潜り込んだようですが、探しきれずにいると10時52分、葉上に姿を見せました。
約30秒間静止して卵塊を形成しましたが、目立つ大きさになる前に草陰で打水して消えました。

♀ 産卵 静止して約30秒間卵塊造り


これまで1日に3回の産卵を目撃したことはありませんが、気温が上昇しても♂が時折降りてくるので期待できそうな雰囲気です。
縄張りの♂が姿を消した12時40分頃、明るい水路の水面すれすれでホバリングしている♀を見つけました。

今度は落着いた産卵で、長いホバリング、静止を繰り返します。これで前2日分の挽回ができ、やっと充実感が得られました。

♀ 産卵 ホバリングして約30秒間卵塊造り


打水後、約50秒間静止して卵塊造り




飛立って6秒後に打水、その後ホバリングして23秒後に2回目の打水、さらにホバリングを続行して再び止まりました。

ホバリングして約40秒間卵塊造り 途中で1回打水






飛立ってから約45秒後に止まり約40秒間卵塊造り


約30秒後


約40秒後 飛立ち直前 


何故か打水せずに上空に飛び姿を消しました。約1分して戻り、短いホバリングの後に打水しましたが、撮影できていません。
姿を見せてから最後に打水して飛び去るまで約3分40秒のやや長い産卵でした。

♂ 静止







2019.6.16 埼玉県

コメント