ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

オオルリボシヤンマ 2018<9月>

2018-09-10 | オオルリボシヤンマ

<9.6>

連結態

たまにはゆっくりオオルリボシヤンマでも撮影しようと、3年ぶりに信州の高原に出かけました。現地到着は12時半。
ところが、強風が吹き荒れて産卵個体が殆どいません。本番予定の翌日は雨でどうにもならず、結局、短時間での撮影になりました。
14時過ぎから3頭程の産卵を目撃したのみですが、♀が少ない分、面白いシーンに出会いました。最高気温は23℃止まりです。

14時半頃、♀を追尾飛行する♂2頭に1頭が加わり、♀は猛スピードで広く池を逃げ回った後、草陰で産卵を始めたようでした。
♂1頭がホバリングしているので駆け寄ると、真下で♀を叩き落として連結した♂が暴れています。

産卵終了後の♀を追尾の♂が捕捉するシーンは見たことがありますが、産卵移動を含めて産卵中の連結の目撃は初めてです。
産卵開始前の♀を追尾していたのかもしれず詳細な状況は不明ですが、♀が2頭しか見当たらない時間帯での出来事でした。

連結態


♀は草を掴み抵抗




発見して約3秒後 次の瞬間に飛立ち交尾態になって上空に消える


というわけで、産卵個体は探し回らないと撮影できない状況でした。尤も天候の他、時間帯の影響があると思われます。

♀ 産卵








この個体は♂が姿を消した15時頃から16時過ぎまで、悠々と産卵を続けていました。







♀ 飛翔 産卵移動





2018.9.6 長野県

コメント

オオルリボシヤンマ 2018<8月>

2018-08-30 | オオルリボシヤンマ

<8.29>

いつもの光景

ルリボシヤンマの高原、毎年決まって同じ池塘にオオルリボシヤンマが現われます。何故か産卵個体はいつも1頭しか見ません。
縄張りの♂も1頭で、11時過ぎに姿を消し14時半頃、再び飛来しました。動きが少し緩慢になってきたところを撮影。

♂ 飛翔 縄張り行動


9時50分頃の到着時、すでに産卵中の♀と追尾の♂がいました。産卵は11時過ぎまで続きましたが、追尾は数分間で終わり。
♀が移動するとたまに後を追いますが、侵入するルリボシヤンマを追払うのに余念がありません。産卵後の♀にはあっさり逃げられました。

追尾する♂と産卵する♀




♀ 飛翔 産卵移動




♀ 産卵







2018.8.29 静岡県

コメント

オオルリボシヤンマ 2017<9月>

2017-09-10 | オオルリボシヤンマ

<9.4>

水面を独占

最後にルリボシヤンマの産卵を撮影した沼の一角では、午前中数頭のオオルリボシヤンマが飛回り、産卵個体も目撃しています。
しかし、午後に再び見に行くと全く飛んでいませんでした。どんより曇っていては仕方なし。朝見られたのが不思議なくらいです。

開けた水面まで行くと、暗いなかで1頭が産卵していました。他に産卵個体は見られず、広い水面を独占。♂の飛来もありません。

♀ 産卵










♀ 飛翔 産卵移動





2017.9.4 栃木県

コメント

オオルリボシヤンマ 2017<8月>

2017-08-29 | オオルリボシヤンマ

<8.25>

追尾飛行

ルリボシヤンマの湿原では、一番大きな池塘1ヵ所のみに、毎年オオルリボシヤンマがやってきます。
この日はなかなか姿を見せませんでしたが、14時過ぎに縄張り飛翔が始まりました。ルリボシヤンマが来ると勢いよく追払います。

気が付かないうちに♀が入り、池の隅で産卵。縄張りの♂が追尾飛行を始めました。♂、♀とも目撃はこの個体だけです。

産卵する♀と追尾する♂


♀ 産卵 ♂を警戒中




産卵する♀と追尾する♂




♂ 飛翔



2017.8.25 静岡県

コメント

オオルリボシヤンマ 2016<9月>

2016-09-07 | オオルリボシヤンマ

<9.2>

期待外れ

1週間前、オオルリボシヤンマの産卵を片手間に撮影しましたが、今度は本命にして北関東に出かけました。
初めて行く場所なので期待と不安が交差、目的の池に到着すると♂が飛び回っていて一安心です。

3頭の♂が代わる代わる飛来してゆったり飛び、何度も通過するオニヤンマをその都度追いかけます。
ところが、産卵個体はなかなか現われません。場所により産卵時間は異なるようですが、全く気配なし。

待ちくたびれた15時前、やっと1頭が産卵に入り何とか撮影してきましたが、この日の産卵は2頭のみでした。
日が悪かったのか残念ながら期待外れ。最高気温は30℃です。

♀ 産卵












飛来してから数分間、忙しなく移動して、池の奥に落着きました。ここで1時間以上産卵。





最初の個体に続いて飛来した2頭目です。



3頭の♂が一斉に現われて、♂同士争いながら激しく♀を追回します。2頭目の♀は数分で逃げてしまいました。
個体数が少ないとこうなります。先に産卵中の個体に♂は目もくれません。

バトルしながら♀を追う2頭の♂。ピントは♀で0.2秒間の雰囲気のみです。







産卵待ちの間に撮影した♂の飛翔、水面が反射してすっきり撮れません。最後までホバリングを見せずに終わりました。

♂ 飛翔










時々高い梢で休みますが、すぐに飛立ちます。

♂ 静止



2016.9.2 茨城県

コメント