ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

カオジロトンボ 2019<7月>

2019-07-19 | トンボ科

<7.11>

木道の主

魅力があっても撮影機会が少ないカオジロトンボ、生息環境が同じルリイトトンボと同時に見るので、やはり6年振りの撮影です。
当所でも木道の主はカオジロトンボ、そこそこ見られました。交尾態も飛び回って、結局は木道上に着地。興ざめですが、仕方ありません。

交尾態 ♀は♂型


交尾態 別個体


♀ ♂型 静止 捕食






♂ 静止



2019.7.11 岩手県

コメント

ハッチョウトンボ 2019<6月>

2019-06-17 | トンボ科

<6.13>

例年どおり

グンバイトンボの撮影が順調に進捗して一区切り。例年どおりハッチョウトンボの湿地に向かいました。環境に変化はありません。
縄張りの♂が何時になく多く、♀の飛来は少ない状況で、小さいうえ素早い相手に交尾、産卵はより厳しい撮影になりました。
この日のピークは正午前の10分間で、一旦湿地が静寂を取り戻すと何故か♀が全く飛来しない時間がしばし続きます。

交尾態








♀ 産卵










卵塊が見える




産卵と警護の♂


♂ 警護飛翔 


産卵休止と警護の♂




♀ 産卵休止




♀ 未成熟 静止


♂ 静止



2019.6.13 岐阜県

コメント

ヨツボシトンボ 2019<4月>

2019-04-27 | トンボ科

<4.21>

羽化始まる

ヨツボシトンボが生息する都区内の池、早い年であれば生殖活動が始まる頃ですが、予測どおり羽化が遅れています。
2日前に羽化した1♀を見ていますが、この日は羽化中の個体が2頭見られ、さらに見えない所から2頭が飛立ちました。
前回なかった羽化殻が数個見られ、これから羽化が本格化するようです。最高気温22℃、最低気温14℃でした。

朝から気温が高く9時少し前の到着では遅過ぎでした。見つけた個体は羽化がかなり進行済みです。

♂ 羽化




開翅


飛立ち草叢に着地


羽化中の♀です。撮影中は気付いていませんでしたが、すぐ横で羽化したイトトンボがいました。アジアイトトンボ♀と思われます。

♀ 羽化




開翅


2019.4.21 東京都

コメント

シオヤトンボ 2019<4月②>

2019-04-24 | トンボ科

<4.20>続編

バロメーター(その2)

羽化を撮影していると、10時半過ぎに産卵が始まり湿地は俄然賑やかになりました。羽化中の個体よりこちらが気になります。
縄張り♂は数頭、産卵する♀は直ちに捕捉され交尾態で飛回ります。交尾時間は段々短くなり、着地するとすぐに交尾を解く状態です。
♂の警護があっても産卵はままならず、産卵より交尾態を狙って連射。シャッターを押しまくり少し気晴らしになりました。

羽化はしばらく続きそうで後寄せなのは間違いないのですが、先発組の生殖活動が盛んでバロメーターにはなり得ませんでした。

交尾態 飛翔


交尾を解いた瞬間


交尾態 静止


♀ 産卵







2019.4.20 神奈川県

コメント

シオヤトンボ 2019<4月①>

2019-04-22 | トンボ科

<4.20>

バロメーター(その1)

タイミングが合わず、狙ったトンボは空振り続きです。シオヤトンボを撮る気分ではありませんが、鎌倉の湿地に出かけました。
毎年行っているだけに、トンボの出方のバロメーターになります。羽化殻は多数見られ、一方ですでに生殖活動が盛んでした。
この日の羽化の目撃は3♂、1♀。他に見えない所からの飛立ち2頭。それ程の遅れもなく羽化が始まり、まだ続いている状況です。

まずは羽化の撮影。10時頃、休止中の3頭を見つけました。朝の気温がやや低く、これから羽化を始める個体が期待できます。
10時29分、定位するヤゴを発見しました。最高気温19℃、最低気温11℃でした。

♂ 羽化 定位


裂開 定位発見時から約12分後


以下、複眼が出て後肢が抜ける直前まで約6分間の状況です。







休止期間 約24分間


脱出直後


定位から開翅まで2時間8分。やや遅い時間帯の羽化ですが、所要時間は平均的でした。

開翅


上の個体より約30分早く、同時進行で羽化を開始していた3頭を撮影しました。2♂、1♀です。

♂ 羽化 休止




脱出 一時停止して約15秒を要す


脱出直後


別の♂です。撮影時はすでに脱出していました。11時半頃、最初に開翅した個体です。

♂ 羽化 脱出直後


腹部伸長後


開翅


♀ 羽化 休止




脱出後


翅の伸長


飛立ち草叢に着地





水路のカワトンボは辛うじて1頭の羽化を目撃。こちらは、通常どおり羽化はこれからのはずです。

<カワトンボ> ♂ 羽化

2019.4.20 神奈川県

コメント