敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

cloud-INK

2021年05月13日 | 俳優座

緊急事態宣言が延長されて二日目。

演劇界は「緩和」で胸をなでおろしたのだけれど、

映画館や博物館、美術館、プラネタリウム等は

国は丸、都はペケというヤヤコシイことに。

一早い是正を望む。

 

そんな中進む、俳優座『インク』の稽古。

PCR検査も全員が陰性であった。

検査のほか日々の手指消毒、検温、換気等々も徹底。

そしてクラウドファンディングを立ち上げることを決めた。

過去の公演の際も書いたように、COVID-19禍、

創造活動が厳しいことも勿論大きいが、

足を運びたいが「怖い」という方々と繋がり、

ともに「創る」という面も大切にしている。

 

詳しくはワンダーストリームに掲載されていますので

宜しければご覧ください。

OGPイメージ

withコロナの舞台芸術へご支援を!劇団俳優座「インク」

コロナ禍において行動や活動が制限され、世界中が見えない敵と戦っている状態です。 働き方や生活スタイルにも大きな影響を受け、ソーシャルディス...

Wonder Stream

 

 

ともに、という意味で今回もリターンにはこだわった。

 

3,000円は、ジョイス・ホプカーク役ほかを演じる

山下裕子デザインによるメッセージカードをリターンに。

 

メッセージカードと『インク』オリジナルフォトブックが

加わる5,000円。そして10,000円は選べる3コース。

1)カード+『インク』公演パンフレット、
俳優座オリジナルボールペン。持つのは、

ラリー・ラム役の志村史人(右)と

ルパート・マードック役の千賀功嗣(左)。

 

2)カード+フォトブックに「The Can」ひみつの缶詰め

(出演者直筆ミニカード入り)をアピールするのは、

ペバリー・グッドウェイ役ほかの野々山貴之(右)、

ダイアナ役ほかの安藤みどり(左)。

 

ちなみに作品の主たる舞台となる日刊紙「The Sun」

……の語呂合わせの缶。

 

3)クリストファー・ティモシー役ほかの松本征樹が

デザインした『インク』オリジナルTシャツの、

かつクラファン限定色。

 

そして30,000円は、カード+フォトブック+パンフレット

+缶詰め(出演者直筆ミニカード付)+限定色Tシャツ。

50,000円は缶詰めが大きくなります!

 

明日以降綴る予定ですが、稽古は立ち稽古に入っています。

6月11日~27日、劇団俳優座5階稽古場にて。

写真は、まだ前公演『雪の中の三人』のセットの残る

第一稽古場での、稽古はじまってすぐのころの写真。

コメント

たまにはフォト中心で。

2021年05月09日 | 身辺雑記

 

 

藤沢駅南口のバスターミナルに

ポストがふたつ。先を急いでいたので、

よく見ないでパシャ なので用途は謎。

それから柿生育ちの私には、

北口に認めたスポーツショップもカシャ。

B&D町田店には中学時代お世話になった。

 

 

検索したら中野区に本社があり、

23区では渋谷と上野に店があるのだけれど、

他は吉祥寺、立川、調布、ひばりヶ丘と

前述町田の23区外が中心で、かつ、

我が神奈川に東京と同数の七店舗ある。

重ねて個人的な話になるが、

青葉台、あざみ野に小杉と僕的商圏に

町田含め四つもあるから凄く身近だった。

 

 

突然、藤沢の話を書いたのは

打ち合わせがあり、出向いたから。

昨日の長野出張の前々日のことだ。

という流れから駒ヶ根行の写真もいくつか。

 

 

高速バス、休憩の双葉サービスエリアには

まだ鯉のぼり。それから、目を……いや耳を

引くのは「鰺の唐揚げ」の曲。

海なし県で小田原名物をイチオシしている。

 

 

展望台からの山脈。

やがてバスは高速を降りて南信の街。

伊那市から駒ヶ根市へ天竜川沿いを走る。

 

土曜日ながら人はほとんど歩いていない。

ステイホームが守られている。

 

今回は会議まで少し時間があったので

サクっと蕎麦とソースかつ丼を食した。

 

以上、こむずかしー話はなしで終わります。

 

 

コメント

2021GW回顧録…とまでいかない雑感

2021年05月08日 | 身辺雑記

過日「ステイホームチャレンジ」と題して、

私のゴールデンウィークの一日を記した。

 

ある知人は、明大前か自由が丘、

どちらかでのマッサージがGW唯一の

私的外出になるかな~と、肩を回していた。

前者は男性の店舗……というか、

依頼があった日のみ「とある事務所」の

一隅を借りて、揉んでくれるそう。

後者は花の自由が丘で普通に営業する

女性の施術師だと言っていた。

……さて、どちらを選択したのだろう?

 

とある営業マンは、東京に隣接する県の、

かつマンボー発令下でない所に向かい、

午前中で商談を終えた。

黄金週間中ゆえ、上司にはLINEで報告。

そんな昼下がり、遅いランチに入ったのは、

一手にCOVID-19の皺寄せを負っている感の

居酒屋さん。応援の気持ちも大いにあって、

一番高額の定食・・・とはいえ1200円、

がしかし、次の春受験の息子のいる彼には

奥様には決して告げられない値段・・・を

オーダーしたのだった。

片付け忘れたのか、アルコールのメニューが

カウンターに立っている。

「あれ、まさかお酒飲めたりする?」

「はい、うちは線の外っかわなんで」と大将。

「じゃ、生を追加で」

 

昼の酒は回ると言うけれど、ましてや

外呑みなんて随分久しいからナマラ旨かった。

と、北海道出身の彼は言った。

 

確かに、外呑みができずに辛いという声は

私のまわりの呑兵衛から複数聞いている。

同時に、我慢しなきゃとも同じ口が言う。

 

と、書いているのは高速バスの中。

GWは終わったようだが、すぐ週末。

(なんなら明日までが黄金週間なのか?)

再び長野県駒ヶ根に向かっている……。

PCR検査は陰性。

 

昨日、緊急事態宣言等の延長及び追加が出た。

我々の業界は「緩和」されて安堵の吐息。

かたや飲み屋さんには変わらぬ措置だ。

 

バスは三鷹。

政府はいま何を見て何を見ない。

 

 

 

コメント

GONIN余話

2021年05月06日 | 鑑賞

COVID-19禍、緊急事態宣言が発出され、

劇団俳優座演劇研究所夜間部一期生の

修了公演は無観客上演とはなったが

無事に閉幕できたと、過日報告した。

 

 

その際、たまさか研究生が五人だったので

映画『GONIN』にも少々触れたのだけれど、

研究生は全て女性であった。あ!

ってことは、佐藤浩一、本木雅弘、

根津甚八、竹中直人、椎名桔平による

95年作品ではなく、翌年ロードショーの

大竹しのぶ、余貴美子、喜多嶋舞、夏川結衣、

西山由海の『GONIN2』を挙げればよかったと

アップしたあとで後悔した。

ちなみに『~2』の製作は衛星劇場という、

配給の松竹の関連企業だから、まあ頷けるが、

第一弾は5月2日も触れたように「ぶんか社」。

 

テレビ東京の『浅草橋ヤング洋品店』に、

足の裏が飛び出てきて、そこに社名の

文字およびナレーションが入るとゆー

インパクトがグンバツのCMが流れていた。

 

 

朝ヤンは、のちにオーディション番組

『ASAYAN』となって、モー娘。はじめ、

CHEMISTRYらを生んだのは周知の通り。

それがミレニアムの頃。

おニャン子クラブ(1985~87年)の短くも濃い

熱狂から約十年後のことだ。

 

そういえぱ最近、グループオーディションが熱いと

風の噂で聞いている。

スマホを使って、誰もが投票できちゃうとか。

様々なブーム同様に、繰り返すのだな…。

少しく形を変えながら。

 

欽ちゃん司会の『スター誕生』だとか、

ホリプロタレントスカウトキャラバンだとかは

ピンが中心(ピンだと芸人みたいかな?

それにスタ誕はソロ歌手以外に

ピンクレディーを生んでもいるし)。

 

 

毎度のことながら、話が大きく逸れた。

たまには強引にでもまとめてみよう。

 

「大きく逸れた」に似ている「大沢逸美」は

前述ホリプロキャラバンの第7回グランプリだ。

花の82年組(小泉今日子、中森明菜、早見優ら)の

翌年デビューで松本明子、森尾由美、桑田靖子らが

同期生。そんな大沢は95年に写真集を出版。

・・・それが「ぶんか社」。

コメント

ラン

2021年05月05日 | スポーツ

ゴールデンウィーク。

緊急事態宣言下の都市では無観客試合も。

そんな中でも、躍動するアスリートたち。

 

 

1/藍

 

まずは筆者と同姓の高橋藍(らん)。

バレー界の新星が「東京チャレンジ2021」で

全国区に名乗りをあげた。

 

柳田将洋から石川祐希へ主将がかわった

龍神NIPPON。しかしその二人が欠場。

若きエース西田有志の左腕に勝負の行方が……

と思いきや、髙橋藍が大爆発

 

京都・東山高校を初の日本一に導いた

188センチは、今は日体大二年、19歳。

若くして代表入りする選手は、

攻撃力を注視し、守備には目をつぶり

経験を積ませるパターンが多いけれど、

リベロの経験もある高橋はレシーブ力も高い。

期待以上の活躍をみせた!

 

2/乱

 

若いといえば。飛込の玉井陸斗。

W杯東京大会兼東京五輪最終予選では

着水が乱れて、4本目終了時は24位と

オリンピックが遠のいたいが、5本目で19位、

ラストで91.80点を叩き出し15位迄順位を上げ

準決勝進出とともに事実上の五輪切符を手中に。

 

TOKYO2020の延期がなければ、

夏の男子最年少記録「13歳10カ月」を

歴史に刻んだはずの天才は、

この種目での日本初メダルを目指す!

 

3/run

 

最後に陸上。

ポーランドでの世界リレー大会。

今やお家芸と云える4×100ではなく、

4×400での銀メダルは驚きだった。

一走の伊東利来也の出遅れを、

鈴鹿市立創徳中教員の川端魁人が挽回、

ベテラン佐藤拳太郎はトップでアンカーへ。

本来なら、この種目のエースであり、

富士通のチームメイトでもある

ウォルシュ・ジュリアンに渡るはずが、

今大会は故障による欠場。

しかし鉄紺魂の後輩・鈴木碧斗(東洋2年)が

一度は四番手に下がりながら、後半粘って

オランダに次ぐゴール!!

 

ほかにも女子中距離の熱い戦い

これにも降れないわけにはいかないが、

長くなるので別の機会に・・・。

 

 

冒頭、そして一行前に絵文字……。

本文と関係ないのが残念だ。

バレーも飛込もトラックもないんだもの。

 

コメント

ステイホームチャレンジ

2021年05月03日 | 身辺雑記

そーいえば。「ブックカバーチャレンジ」が

SNS上で多くアップされたのは昨年だったか?

正確を期せば「7日間」がつくのだろう。

さておき、2021年のゴールデンウィーク半ばの

5月3日に「ステイホーム」に挑んでみた。

 

※※※※※

 

朝、洗濯

と言っても種分けしてネットに入れて、

三菱のMAW-600QPのボタンを幾つか押すだけ。

水位、洗い、濯ぎ、脱水を選んで。

コーヒーを淹れる。

と言ってもカリカリと豆を挽くわけじゃなく

市販の中挽粉を、これまた定番中の定番、

メリタ社の茶色い一つ穴のプラスチック製の

ドリッパーをマグカップに乗せて、

(ちなみにマグはキリンの絵のお気に入り)

フィルターは、無漂白と書いてあるけれど

安価のやけにゴワゴワした紙製だ。

そこに使い古したやかんから直に湯を落とす。

・・・今日は苦雑味が少し強かった。

蒸らしに繊細さを欠いたのが敗因か?

洗濯機が終わりを告げ、ベランダに外干し。

斜め向かいのスーパーは休まずに営業。

連休が連休にならない人々が沢山いて、

我が家の台所側の工事現場からも音がする。

 

※※※※※

 

一時期、弊ブログに我が家周辺で

二棟同時にマンションが建っていると書いた。

それも割と頻繁に

大手ゼネコンが手掛け、大通りに面した方は

大型重機が使えた上に短期で済む工法だったので

既に入居が始まっている。

かたや罵声も飛び交う(?)昔ながらの造りで

緊急事態宣言下も休まず働いた「台所側」は、

数日前にようやく防音シートが取れて、

濃茶タイル張り四階建ての姿を現した。

さあ、もう一息!

(大手は緊急事態時は完全休止)

 

※※※※※

 

遅い昼。

ピザを頼もうと電話をしたら、

ランチとディナーの間でオーダーできず

少ししょんぼり。

だが、しかし。働き方改革が叫ばれる昨今、

思いを改めた。「休み」は大事。

米を炊く

計量カップで三合。

とてつもなく半端に生米が残り、しばし逡巡。

それも入れて水量を増やすか……三合でいくか。

結果、後者を選択。

テレビをつけたら梅津が投げていた

東洋大学からドラフト2位でドラゴンズへ。

怪我もあり、力を発揮しきれていないが、

今季から背番号が28から18に。

中日のエースナンバーは言わずもがな

杉下~権藤~星野~小松と背負った20だが、

球団の期待の大きさは感じるナンバーだ。

梅津は今季も出遅れて、今日が「開幕」。

内容も濃いナイスピッチングだったが、

負け投手に・・・しかし光明は見えた

 

※※※※※

 

むしろ光明がないのが、この文章だ。

一歩も家を出ずに完全なるステイホーム成る。

が、ただただ怠惰に過ごしただけだ

明日は劇団に赴く予定だし、明後日は……。

なので、たったイチンチの在宅が

まるで収束の見えないCOVID-19に

イクバクの効果があるのやら。

メモ

東京都=新規感染者708人。

(月曜日700人は1月以来)

直近一週間=大阪、兵庫、福岡、奈良、東京

(10万人あたり感染者数上位5都府県)

 

 

コメント

五人で。

2021年05月02日 | 俳優座

1995年公開の映画『GONIN』は

石井隆監督、製作総指揮に奥山和由。

なんと製作には「ぶんか社」の名前も。

・・・アサヤン世代にはCMもあいまって

ツボだろうが「今」には響かないか

 

機会があればジックリ書きたいけれど

今回は我慢して、先に進む。

 

劇団俳優座演劇研究所に昨年生まれた

夜間部の栄えある第一期生の修了公演は、

昨日と今日、五人によって上演された。

講師やスタッフなど加えると軽く二桁になるが

出演は、杉崎智子、髙橋沙友美、中川由香、

濱上沙奈、萬家江美の五人。

 

 

冒頭引用した映画は、社会から弾き出された五人

・・・借金まみれのディスコのオーナー、

リストラされたサラリーマン、元ボクサー等々

(このパンチドランカーを演じた椎名桔平が

圧倒的な存在感を見せるのだけれど本稿では省略)

・・・の、凄惨なバイオレンスだったが、

夜間部の五人は日本舞踊(指導振付:藤間章吾)、

うた(指導・演出・ピアノ演奏:天野眞由美)、

演劇(指導・演出:森一)の三部構成による

瑞々しく爽やかな一時間四十分であった。

 

茨城、千葉、神奈川、愛媛、鹿児島と

出身地も異なれば、音大に初等教育学科卒、

ヨガ、フォトグラファーなどの顔を持つ者……。

 

昨春の入所式が二か月遅れ、レッスンも

感染拡大のたびに止まる苦難の一年だった。

 

五人それぞれの未来に期待する!

まずは修了おめでとう!!

 

 

 

コメント

read-INK

2021年05月01日 | 俳優座

劇団俳優座No.346『インク』は

読み合わせ中……というわけで

readingを模してのタイトル。

ちゃんと訳せば、read throughですが

そこはそれ、察してください。

 

(プレ稽古の一葉。於:第二稽古場)

 

本日は、4月29日付のブログで紹介した

俳優座演劇研究所夜間部の修了公演初日につき

場所を「アクト飯倉」に移している。

 

宣伝材料…いわゆるチラシは以下。

 

と。

今更になるが「インク」は印刷の墨の「インク」。

 

部数低迷にあえぐ日刊紙「The Sun」を買収した

ルパート・マードックが辣腕編集者のラリー・ラムに

「大衆の新聞を作ろう!」と声を掛ける……どころか、

世界最大発行部数の「The Dayly Mirror」超えに挑む物語。

 

詳細は、明日以降おいおい書くとして。

4/30にはキャストを紹介したので本日はスタッフを。

脚本/ジェイムズ・グレアム

翻訳/小田島恒志、演出/眞鍋卓嗣、

音楽/鈴木光介、振付/菅尾なぎさ、

美術/杉山至、照明/桜井真澄、音響/木内拓、

衣裳/山下和美、映像/新保瑛加、

舞台監督/八木澤賢

 

お馴染の眞鍋組に、音楽と振付も加わった座組。

スピーディーかつスリリングな舞台になります。

 

6月11日(金)~27日(日)

俳優座5階稽古場

 

コメント

start-INK

2021年04月30日 | 俳優座

劇団俳優座2021-22シーズン第一弾

『インク』が始動しています。

というわけでstartingを模してのタイトル。

 

 

稽古初日後、この瞬間のみマスクを外した出演者。

加藤佳男、山下裕子、志村史人、千賀功嗣、

椎名慧都(以上前列右から)。

松本征樹、渡辺聡、安藤みどり、宮川崇

(以上中列右から。以下後列右から)

八柳豪、野々山貴之、塩山誠司、河内浩。

撮影は4月27日。緊急事態宣言の2日後。

 

ただ、そんな政府発出にかかわらず、

役者中心のプレ稽古の頃から、

COVID-19への対策は出来うる限り施して

読み合わせに臨んでいた。

既に一年以上の経験の蓄積がある。

勿論、そこに胡座をかき油断しては無意味。

そしてまた、安易に不要不急とも言わない。

 

週明け6日にはチケット発売も控えている。

けれども今日は、粛々と稽古を開始したとだけ、

伝えてキーボードを叩くのを終えよう。

 

昨日、東京都の新規感染者1000人超。

この事実を受け止めて、怯むことなく、

同時に冷静に。

戯曲の一文字一文字を読み砕くように……

連休も関係なく万全を期して稽古を重ねる。

状況によっては幕が開かないことも覚悟して。

 

コメント

夜間部の修了公演のこと。

2021年04月29日 | 俳優座

1944年2月に創立した劇団俳優座。

青山杉作、千田是也、東野英治郎、小沢栄太郎、

東山千栄子、岸輝子ら10名の同人にて出発し、

49年、俳優座演劇研究所付属俳優養成所を開設。

のちの日本の俳優養成の礎となった。

桐朋学園大学短期大学部芸術科の演劇専攻にその任を移し、

千田のほか田中千禾夫、安部公房が教員となったのが66年。

大学における専門俳優を養成する最初の学科となる。

現在も同校卒業生は俳優座の門を叩くが、

親和性は当時より現在低く、俳優座演劇研究所を再興した。

 

 

と、突然に硬い文章が続いたが、いまある研究所が

時勢をとらえた中で、夜間部を作ったのである。

その一期生の修了公演がCOVID-19禍に既に延期を重ね、

このゴールデンウィークにまでずれ込んだ。

そこに、緊急事態宣言の発出である。

苦渋の選択となったが、無観客公演とした。

 

歴史ある研究所の、新たな試みと言える夜間部の、

一等最初の修了公演に、電話問い合わせも多く頂いたが。

一番辛いのは言うまでもなく一期生だ。

講師、研究所職員など少数関係者のみ見守る中、

5月1日、2日に幕は上がります。

 

添付のチラシも研究生の手作り。

また『雪の中の三人』で使用した美術を、

デザイナーの乗峯氏の許諾を頂いて使用するので、

まさしく「先輩」と同じ板に立つ。

……演目の中に「雪の中の」が奇しくもある奇跡。

 

つつがなく終わることを願います。

無観客とはいえ、万全の対策で臨みます。

 

コメント