敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

J1死守とかKYとか。

2018年12月10日 | スポーツ
昨日は
ウインタースポーツについて
ウダウダと綴り散らかしたのだが。

その流れでサッカーの雑文。

まずは我がジュビロが辛うじて
J2降格を免れた件から。

史上空前の「降格」に絡む乱戦で、
最終節、磐田は引き分けでも残留と
可能性としては低い位置にいたのだが、
相手はリーグ連覇を為した王者・川崎。
「簡単ではなかった」。

少し話は逸れるが・・・
「簡単ではない」「しっかり準備」
などはサッカー界でよく使われ、
他のスポーツにも伝播したフレーズ
って印象だなぁ、と。
へたな流行語より、地味だけれど、
確実に根付いた「新語」では?
と個人的には思っている。



さて。
J2の優勝と2位は自動昇格。
3位以下がトーナメントで当たり、
磐田(J1の16位)とぶつかる
昇格プレーオフトーナメント。

勝ち上がったのは6位の東京V。
選手やスタッフには敬意を払うが、
別の次元で「ほんと読売はKYだな」
と。(いまやKYは「死語」か?
……それはともかく
野球ではなりふり構わず人を買い、
サッカーでは無駄に勝ち上がった。

昇格プレーオフにおいて、
5位大宮に勝ったのはいい。
キングカズvs古巣ヴェルディは
サッカー好きのみならず、
興味を抱くゲームだ。
ただ、そこで勝っちゃ駄目。

3位の横浜FCに軍配があがって
三浦知良と名波浩、中村俊輔が
同じスタジアムに集う。
それを多くの者が望んだはずだ。

    

結果、ドリームマッチならず。
ヴェルディにサックスブルーは
2-0で快勝! 来季もJ1で闘う。

てな感じで、リーグ戦は終結。
と。
その翌週には早くも「天皇杯」の
決勝が・・・元旦じゃなくあって。
浦和レッズ、7度目の戴冠

会場は埼玉スタジアム2002。
若干フェアじゃない感も、
なくはないけれど・・・素直に
おめでとうございます

お正月のほーが盛り上がるけど、
アジア杯を見据えた前倒し。

ちなみにジュビロ。
天皇杯ではベスト8まで。
来年はさらに上を目指します!
コメント

42195と4981

2018年12月09日 | スポーツ
本日は、さいたま国際マラソン。

  

題名は口座番号と暗証番号みたいだが、
マラソンの距離42.195km(前者)と
弊ブログの開設からの日数(後者)。

で、まずはマラソンから

第4回さいたま国際マラソンは、
「ドーハ2019世界陸上競技選手権
日本代表選手選考競技会」と
「МGCシリーズ2018-2019
東京2020オリンピック日本代表
選手選考競技会」を兼ねた戦い。

МGCは略称で「マラソングランド
チャンピオンシップ」のことである。
幾つかの大会で規定をクリアした
ランナーが結集して、五輪代表を
一発勝負で決める
(一発と云いつつ、決定は三分の二、
最後の一席はファイナルチャレンジで
決まったりするのです……)
閑話休題。

で「さいたま」の日本人トップは
全体四位・今田麻里絵(岩谷産業)。
タイムは2時間29分35秒。
規定に届かず、МGCは逃した。
残念

男子は・・・さる今月二日開催の
第72回福岡国際マラソンで、
服部勇馬(トヨタ自動車)が
日本勢14年ぶりの優勝を果たし、
見事、MGC切符も掴んでいる。
ちなみに。
全体四位の設楽悠太(ホンダ)が、
日本人では二番目だったので、
東洋大OBのワンツーフィニッシュに
結果的になった。
・・・この流れを「箱根」にも。
頑張れ! 鉄紺!!

闘いは、氷の上でも。
フィギュアのグランプリファイナル
(カナダ・バンクーバー)で
紀平梨花(関大KFSC)が優勝。

浅田真央以来のGPデビュー年の
戴冠なのだそうだが、なんと、
それは2005年……13年も経つ?

紀平は自己ベストを更新して
233.12点での初優勝なのだが、
時の流れに驚いた、わたし

スピードスケートでは、
小平奈諸(相沢病院)が500Mで負け知らず。
三季にわたり国内外で無敗。
連勝は30に。また、1000Mと合わせて
ワールドカップ優勝が20の大台に乗った。

もう少し、騒がれていい気がするが……。
いずれにしろ、ウインタースポーツは
好調な日本である。

おっと。「まずは」の49195で
終わるところだった……。
ブログ始めて4981日で2860本
(途中に休載期間もあるが)
そのうち「スポーツ」は126本、
なんだそーだ。
コメント

温故知新と栄枯盛衰

2018年10月15日 | スポーツ
きのう。
柏原元年、つまり2009年開催の
第85回東京箱根間往復大学駅伝競走
で、東洋大学が67回目の出場にして、
初めて大手門のゴールを一番で切った
ことを書いた。
前年10位で辛うじて予選会を回避した
鉄紺が、往路・復路・総合を制した。


その一方で、前年覇者の駒澤が13位と、
まさかのシード落ちをした大会。
それから。
学連選抜の六区を走った川内優輝
(学習院四年)が、区間3位の好走。
往路13位から順位を押し上げると、
アンカー佐野(麗澤三年)も区間2位等
健闘し、復路3位(総合9位)に入った。

ちなみに青学はこの大会22位。
一校棄権したので完走中の最下位。
予選会もドンベで、14位と6秒差で
箱根の切符を手に入れていた。
かつては。
東洋も似たような戦績だった(T_T)

時は巡り。
2018年、駒大は箱根で12位に沈み、
85回大会以来九年ぶりに立川に回った。
だが嘗ての常勝軍団は、さる土曜の
予選会でブッチギリの首位通過。
そんな藤色軍団も全日本はシード。

一方。日体、法政、城西、帝京の
箱根シード組は伊勢路出場権がなく、
六月の予選会を勝ち上がった。

ちなみに順天、国学院、明治は
両大会とも予選を経ている。
・・・群雄割拠
大学駅伝は熾烈を極めている。

そうそう。
往路と復路のある箱根において、
復路のみの優勝が実に解りにくい。
そんな中、84回大会を最後に
総合Vから遠ざかっている駒澤だが、
86、89回の二度、復路を制している。
さらにいえば、四連覇を成し遂げた
78~81回で完全優勝は一度だけで
三回は往路2位からの逆転V。

選手は入れ替わるのに、戦い方には
脈々と繋がるものが生まれる不思議…。

さて。
三大駅伝の開幕に不参戦だった駒澤。
全日本は2011~14年の四連覇のあと
3位、4位、4位と安定感をみせる。
今年は?

ストップ・ザ・青学の一番手は
やはり東洋大学なのか。
出雲を回避した渡辺奏太(三年)が
エントリーされはしたが……。
関西勢ながら7位に食い込んだ
立命館の走りにも期待したい。
昨年の覇者・神奈川の連覇は?

と、自らを鼓舞してはみるのだが。
出雲圧勝のフレッシュグリーンには、
その一冠目に走らなかった林、小野田
(ともに四年)が加わるという。
層の厚さがハンパないって!
(@_@)(@_@)(@_@)
「青学の時代」は勿論、永遠ではない。
ただ・・・
とにかく「ドラマ」を望む。

コメント

黄金世代は、このまま幻に終わるのか?

2018年10月14日 | スポーツ
駒沢、順天、神大、国学、明治、
東国、大東、中央、国士、山梨、
そして上武・・・いわずもがな、
第95回箱根駅伝予選会突破校。

  

今月あたまに「出雲」が終ったのに
ウンともスンとも言わないから
高橋は病気なのか?と、
ご心配の皆様、安心してください。
書きますよ

というわけで題名の「黄金世代」は
小野、稲本、高原、遠藤らの
サッカーのそれではなくて、
東海大学の現三年生、つまり、
鬼塚、關、館澤らを指している。

2017年の出雲駅伝で優勝した
「湘南の暴れん坊」は、
全日本は2位と健闘するも、
箱根5位は不本意な結果。

黄金世代が三年になる今年は、
出雲連覇を目指すとともに、
史上初の「二度目の三冠」を狙う
フレッシュグリーンの野望を
いきなり打ち砕く任も負っていた。

結果は、鬼塚、松尾、三上らの
主力を使えず3位に甘んじた。
三強として最低限の結果は出した。
が、前述の繰り返しになるが、
スピードレースで青学を叩くのは
東海の仕事だったはず。

翻って。
三強の一角と言われつつ、
前評判は高くなかった我が東洋。
ロングディスタンスの箱根には
驚愕の強さをみせる鉄紺が
もっとも不得手な出雲。

加えて、エース山本は故障明け。
その穴を埋めるはずの西山は
二区で、まさかの個人6位、
総合順位を一つ下げるなど
前半勝負で臨んだオーダーで
三区を終え3位は想定外……。
しかし。
ここからが東洋の真骨頂!
粘りの走りで五区、六区を区間賞。
12秒差の2位でフィニッシュ。



さあ、この勢いで全日本
と、綴る予定が・・・
ご存じの方も多いでしょうが、
東洋駅伝部でトラブルの報。
現状「文春」のスクープに対し、
大学も一早く対応。他社は静観。

暴力は、あってはならないこと。
そこに一切の言訳は存在しない。
その上で、事実がつまびらかになるまで
性急に言葉を発することも危険だ。

08年の不祥事の際、監督辞任、
集団応援禁止という中、
柏原(一年)を擁して箱根で
初優勝した「天国と地獄」を
思い出さずにはいられない……。

その前に。
五十回目の伊勢路が11月4日。


コメント

平成の流星~もしくはマナーとエチケットの一考察

2018年10月03日 | スポーツ
輝く銀の鉄球が流星のごとく飛び散り、
やがてさらなる目映い光を放つ遊具。

それが並んだ店外の道路と店の、
僅かな高さの違いを椅子に見立て、
熟年の男性が煙草を吸っていた。

このあとの闘いの策を練っていたのか、
明日に控えた本業の商談に心砕いたか、
はたまた偉大な元横綱の電撃退職に
やはり納得が行かないゆえの渋面か。
・・・心中は知らねど、
ついに火を段差のへりで消し、
雨溜まりの道端にそっと吸殻を置いた。

恐らく彼に悪気はない。
いや、むしろ、万が一消え切らずに
火事になるのを防ぐために
水の貯まった凹みに収めた、
いわば「心配り」であったのだろう。
彼なりの、マナー。

煙草ではなく、コロッセオの中央で
松明のように燃えた角界随一の名門
花田家の灯は兎にも角にも消えた。

騒動のまださなか、貴師匠の支援者が
突然の部屋解体を記者会見で知り、
吃驚するやら哀しいやらが混じった
涙を流したテレビ画像が印象的だ。

そのあたりのエチケットが
平成の大横綱には欠けていた。
が。
そもそも「相撲道」とエチケットは
相容れないものかもしれない。
貴乃花部屋に子供を預けた親御さんが
「何も知らされていない」と答え、
「残念」とこぼした同じ口から
「らしいとは思った」とも。

次々に関係者が彼について語り、
真っ直ぐ、不器用、孤独など
キーワードを挙げてくれた。

唐突に自分事に引き付けて言えば、
花形の俳優や演出のそばで、
主に雑事をこなしながら、
時に花形を誉め、ある時は叱り、
内なる声を聞き先回りする仕事を
一寸かじった視点からは、
そんな側近がいなかった彼を
少しだけ残念に感じたりした。

「孤高の革新王」だけではなく
協会にも同じことが言える。
どちらも結局は「表の人」。
裏で支える者達はいたはずだが、
バランスが良かったように見えない。

縁の下の力持ちなどと謂う。
上にいるのが、あの重さだから
(単に体重だけではなく、伝統や
しきたりなど考え方も重い)
そんじょそこらの力持ちでは
務まらないのでしょうが……。

1988年、初土俵。
つまり昭和の晩年に角界に入り、
2018年に親方を退職。
偶然ながら「平成の大横綱」を
正に務めあげたとも言える。

流星というには余りに巨大、
かつ、とてつもない光度の恒星。
本来なら、自らの星を砕いて
ビッグバンを起こしたかったはず。

それが、音もなく沈むとは…。
巨星に、酸素とは言わない、
せめて窒素ほどのエチケットと
マナーが含有されていたら……。

本当におつかれさまでした、光司くん。
コメント

阪口、酒井もしくは大谷

2018年07月27日 | スポーツ
なでしこジャパンは現在、
四カ国対抗国際親善大会を
戦っている(於カンザスシティ)
    

高倉監督以下、怪我等による
数名の選手変更を経た22名。
初戦、世界ランク1位の米国に
2-4で敗れ、黒星発進となった。
ただ。
DF熊谷紗希、M阪口夢穂選手(MF)は
というチームの中核
今大会に
元から未招集。前述の招集回避には
海外組の宇津木瑠美(DF)、
猶本光(MF)が含まれ、つまり
ベストメンバーではない。

けれども、これは本題ではない。
エースナンバー10を背負う阪口は
不在だが、同じくボランチの
背番号15・阪口萌乃がアメリカ戦で
代表初ゴールを挙げた。

佐藤、鈴木、高橋というような
絶対数が多い名字ならいざ知らず、
879位の阪口が20数名の中に
二人もいるのはかなりの確率だ。

名字ランキング4番目の田中は
辛うじて一人いるがベスト3は零。
そうそう。
ロシアW杯でのサムライブルーには
日本に241000人いると言われる
65番手の酒井が二人いたが、やはり
ベスト3は零だった。

甲子園出場を決めた西千葉代表の
中央学院にはエースで四番を打つ
大谷拓海がいた(決勝は登板せず)。
MLBで「二刀流」として活躍する
大谷翔平と重ねられ、話題だ。
わりと聞く姓だが157位。
松浦、熊谷とともに約132,000人。
内藤、黒田もほぼ同数らしい。

    

日本時間30日にブラジル、
同8月3日にオーストラリアと対戦する
なでしこは未だチャレンジの時期。
若手はアピールチャンスだ。

一方、ついに決定した森安J。
全国に僅か700人程度の珍名だが、
面白いのは、出身と公称する長崎に
最多の約240人がおり、高卒後入社の
マツダ(のちのサンフレッチェ)の
広島に二番目に多い約190人の森保姓。
これは単なる偶然だろうか……。

余談だが、転勤族の父の仕事により
生まれたのは サッカーどころの
静岡県掛川市、その後名古屋、
横須賀、唐津と廻り、長崎定住は
小学校1年からだという。

いずれにしろ。ポイチジャパン!
A代表と五輪代表の兼任。
長い目で我慢強い起用を期待する。


コメント

優勝予想

2018年07月11日 | スポーツ
公演に関するブログが続いている。
まぁ仕事だから当然である(^_^;)

知らぬ間にプロ野球のオールスターが
始まるらしいと知った。
ε=ε=┏(・_・)┛

でもフットボールからは目を逸らさず、
準決の、フランス対ベルギー、
イングランド対クロアチアは
どちらも楽しみにしている。
\(^^)/\(^^)/

5大会ごとに初優勝が生まれる、
とゆー過去のデータに加えて、
日本との激戦を制して、さらに
V候補ブラジルを倒した
ベルギーが頂点に立つ!と
期待する声が回りには多い。

そうなれば・・・
初代王者ウルグアイには、
準決でハットを決めたセア!
ブラジル初Vの時は王様ペレ!
アルゼンチンにM・ケンペス!
98年フランスにはジダン!
と、優勝に相応しいスター
・・・という流れで言えば、
2018は「ルカクの大会」だったと、
後世に語り継がれることだろう。

まあ。
FIFAランキングも最上位だしね。

そのためには、19才エムバペと、
エースn0グリーズマンを擁する
フランスを仕留めねばならない。

ただ、そういう流れになると
天邪鬼の私は俄然クロアチアだ。
(ん? 5大会毎のジンクスには
何気に乗っかっているあたりに
我ながら弱さを感じます(@_@))

それはそれとして。
ユーゴスラビアから1991年に
独立したバルカン半島の、
波瀾の歴史を持つ国。
ランクも人口も、ベスト4中
一番低い(少ない)国に栄光が
降り注いでも良いだろう、と。

受けて立つのは、国家として
余りに長い歴史を持つ英国。
けれどもチームは篦棒に若い。

恐らく、暫くはイングランドを
中心にサッカー界は回っていく。
他の強国の多くが、これから
世代交代に着手するなかで、
二歩三歩先んじている女王の国。

だから逆に今回の優勝はない。
ただ。
我がクロアチアはここまで
延長PKを二戦続けて戦っている。
(T_T)

そうそう、予想といえば。
ベルギー主将のアザールが
開幕前に、GL突破のベスト16中、
12チームを的中させ、さらに
8強中6チーム、ベスト4の3国を
当てるという驚異的な「予言」で
べつの意味で話題になっている。



まずは今夜。
・・・明日、制作の一員として
関わる芝居の初日なのだが
(((((((・・;)








コメント

てのひらがえし

2018年06月29日 | スポーツ
それにしても、これほどの
「掌返し」はなかなか見られない。
僕を含め、西野ジャパンに対する
ブーイングは初戦3分の「ハンド」。
PKのみならず一発退場から、
結果、ひっくり返ったわけである。

守護神の「パンチング」失敗で
失点しても崩れずに、踏ん張って
アジア勢唯一の予選突破!

基本「足」を使う競技だけれど、
「手」と縁のある蹴球世界杯2018。
ベスト16を手繰りよせたのも、
西野監督の「ハンドリング」だ。

さて。
ポーランドのW杯予選2連敗後、
必ず勝って帰るというデータが
随分言われていたけれど。
あくまで結果論だが、
サムライブルーは勝ち上がる
巡りの年だったのである。

1998年、初出場のフランス大会
三連敗で敗退。

2002年は日韓共同開催。
二勝一分で決勝リーグ進出!
開催国の面子を保った。

2006年のドイツでは
一敗一分でブラジルに挑み、
1対4の惨敗で散った。

2010年、南アでもベスト16。
が前回ブラジル大会は
グループリーグ敗退。



そして三度目の正直になるか、
二度あることは……になるか。
決勝トーナメントは一勝、
の前に、まだ一点が遠い。

立ちはだかるのはFIFA3位。
「赤い悪魔」との異名だが
漢字で書くと「白耳義」。
ベルギーとの対戦成績は
決して分は悪くはない。
が、99年の初対決のとき
ベルギーは33位だった。
三度目の09年は66位と、
「あの頃」とはまるで違う。

今大会、3-0、5-2、1-0の
勝点9の首位通過。

いずれにしろ眠れない夜が
もう一日増えたわけである。

少年記者タンタンと、相棒犬
スノーウィが世界を旅する
漫画『タンタンの冒険』は、
ベルギーのエルジェの作品。
久々に開いて、対策を練ろう。



とその前に、土曜日には
フランス対アルゼンチンもある。




コメント

勝ってシンガードをストッキングにきっちり納めよ

2018年06月21日 | スポーツ
勝ってシンガードをストッキングに
きっちり納めよ・・・は勿の論、
「勝って兜の緒を締めよ」の
サッカー版であり、シンガードは
「すねあて」のことである。



これはコロンビア戦の「前」の、
地下鉄コンコースに特設された
サムライブルーのグッズ販売店。
後ろから写したから余計寂しげだが、
実際に足を止める人は少なく、
盛り上がりに欠けることは
一目瞭然であった……。

奇蹟の一勝で俄然、風は吹くのか?

多くの日本人が引き分けの勝点1で
御の字だと思っていたところで
・・・あ、この「御の字」は
〈大いにありがたい〉の意味っす。
文化庁の調査によれば、誤用の
〈一応、納得できる〉が50%超で
前者の40%弱を上回ったそう。
データは10年前のものなので、
さて改善されたのか、誤用増……
どころか、もう〈一応満足〉が
正しくなっちゃってるのかしらん。

話を戻します。
勝点1で大いに満足と思っていたら
な、なんと、まさかの勝点3。

となると日本は残る二試合を
分け分けの「一勝二分」勝点5で、
と皮算用しちゃいがちですが、
歯を食い縛って積極的に!!

特に次戦は、FIFAランクが
グループH最上位のポーランドを
破って勢いに乗るセネガルだけに、
アグレッシヴにいかねば。

いや~、しかし。
短期決戦恐るべしだ。

コロンビアはエース「ハメ・ロド」を
日本戦では温存したかったのに、
投入せざるを得なくなった上に
彼がイエローを貰っての敗戦。
後がないから次のスタメンは必至。
ただ、また熱くなってカードが出ると
累積で三戦目は欠場となる。
それを意識して消極的に行けば、
レワンドフスキ率いる「赤い閃光」
(ポーランド代表の異名)に
黒星を付けるのは難しく、結果、
予選敗退が決定してしまう。



盛り上がりに欠けると言われながら
コロンビア戦の後半は約50%まで
視聴率を伸ばした西野ジャパン。
時間も21時~と見やすかった。

次は深夜。ただ日曜。さて?
視聴率なんぞより結果が大事。
それは言うまでもない。

ちまたでは「サランスクの奇蹟」と
早くも命名されちゃっているが、
韓国語のサランは「愛」。
まさに「愛の奇跡」か・・・

いざ、シンガードをストッキングに!
愛の力で予選突破を!!!
コメント

一度冷静になってみる。

2018年06月18日 | スポーツ
FIFAロシアワールドカップに
臨む23人のサムライの
初戦がいよいよ迫った。



代表メンバー発表前に綴った
弊ブログで名を挙げた
井手口、浅野、三竿が
「まさか」の落選・・・。
あ、あくまで「個人的には」
と注釈つきでだが……。

逆にそのブログで触れた
私的に「不要」と記した選手が
選ばれる予感は強くあった。

その発表会見を《まるで某大学の
謝罪会見のようだった》と
書いた記事は言い得て妙だった。

それから、辛辣なセルジオ氏の
《部活みたい》は流石!
大学なら四年生、高校なら三年生を
温情でメンバーに入れることを
五音で表したのは凄い。

5/30に僕は「功労」と言った、
それと合致している。



1996年の「マイアミの奇跡」から
もう20年以上が経った。
当時U-23だったロベカルと
ロナウド(ただのおっさん体型で
開会式に登場した姿がまさに
時の流れを痛感させてくれた)
さらにオーバーエイジのベベット、
リバウドらを加えたブラジルを
破ったのは、確かに「若き西野朗」。

歴史に「たられば」はないけれど、
あの功績のタイミングで、
A代表監督に日本人という舵を
協会が切っていたら・・・
「朗らか」を名に持つ彼が、
土壇場で重責を担い、結果、
あんな陰鬱な会見をせずに済んだ。

子供の頃足が速かったというだけで
運動会の保護者リレーに出ても、
歳を重ね体重も増えて、何より
体を動かしていないパパだとしたら、
そりゃコーナーで転ぶのは自明の理。

だけれどテレビは。
視聴率のこともあり、懸命に擁護?
てか、選手同様に「前を向く」体で、
「マイアミの奇跡」最大の功労者
川口能活をスタジオに呼んで、
西野ジャパンの可能性を煽る……。

その隣には、セルジオ。
巧みに、西野Jの肯定はせずに、
ゲストの槇野に「サッカーの二刀流
(守備の要として機能しつつ、
セットプレーでは得点する)になれ」
と、個人的なエールを送るという
大人なテクニックでギャラを得ていた。

ちなみに。
ブラジル戦のシュート28に対して、
日本はわずか4本で勝ったのが
アトランタ五輪。スコアは1-0。

得点とW杯の関連でいえば。
出場を決めた試合でゴールを決めた
選手が本大会メンバーから
外れたのは「初めて」らしい。
ロシア行きを決めた昨夏の対豪戦で
得点したのは浅野と井手口。

こういうデータに個人的には
意味を見いださないけれども、
W杯に至る道程で輝くのは
「その大会」とフィットする
プレーヤーな気はする。



と、遠い昔の話が続いた。
W杯は開幕し、前回は覇者独国が
初戦を落とした。
ワールドカップでメキシコに
ドイツが破れたのは「初めて」。

そう、何が起こるかは分からない。
直前の試合で「待望の勝利」を得、
乾、香川が活躍した・・・。
二人をスタメンでと多くのサポは、
願うというより、香川だけに、
シンジて疑わないだろう。

さて、西野監督はどうするか?
コメント