敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

新劇と団子坂

2020年01月25日 | 制作公演関連
そもそも「薬屋さん」と
「ドラッグストア」が同じなのかを
門外漢の私は知らない。
(昨日のブログの続きになってます)



いわゆる薬局のまま役目を終えた店舗も
たくさんあるわけである。

また別の見方をすれば。
新劇も小劇場も2.5次元も、
世の中の多くの人々にとっては
同じ「演劇」にほかならない。
(多少の差異は感じつつも…)

昨日久しぶりのオフ。
眼鏡の度が合わないので直しに行った。
隣が書店だったので、ふらり。

文庫本なのにタイトルと作家以外に
キャッチらしきものが派手に散った
シリーズに目を奪われた。
・・・なるほど。例えば演劇のチラシ。
型にはまりすぎていたな~なんて。

買いもしないのに服飾のレイアウトを
眺めに眺めて、足が草臥れた。
そーいえば。
インプットを完全に怠っていた。

バスにも久しぶりに乗った。
池袋東口と浅草寿町を結ぶ都営。
巣鴨や三ノ輪を経由するのだけれど、
母校のある白山もルートに含む
個人的に思い入れの強い路線だ。

そうそう。
今はなき三百人劇場のあった千石を横切り、
数多くの文学作品に登場する団子坂も下る。

芝居の底無し沼にはまる切欠となった
吹けば飛ぶような劇団時代に
アルバイトしていた会社も、あった。

そのT社以外にも今はなき商店、学校…。

郷愁を抱きながら向かったのは、
弊団の渡辺聡が客演する稽古場。
(…これは仕事になるのか?)


渡辺(右)と演出の篠本賢一氏(左)
奥には尺八の設楽瞬山氏。

駄目だしを聞く出演者の皆さん


場所は台東区の「たなか舞台芸術スタジオ」。
作品は遊戯空間『仮名手本忠臣蔵』。
第二回江戸まち たいとう芸楽祭参加作品。
1月29日(水)~2月2日(日)※30日休演

この作品の話は、機会があれば改めて。
コメント

匿名/希望/0

2019年11月11日 | 制作公演関連
いよいよ明日『インコグニート』開幕である。
何度か売切や残席僅かの情報を書いてきたが、
劇団俳優座第339回公演は、11月12日から
俳優座5階稽古場にて、24日まで。



さて。「匿名」という意味を持つ
インコグニートを語る前に、週末のことを。
最近は、毎週どこぞの街に行き、
演劇鑑賞会の総会に出席しているけれど
(一部は代表者会議だったが……それも
演鑑の会議にはほかならない)
11月9日~10日は仙台で、
東北ブロックの総会でした。

一枚目の写真はJR仙台駅前。
そこから地下鉄で一駅、
「青葉通一丁目」あたりでは
音楽フェス真っ盛り。



アーケードのあちこちで、ライブ。
ゴスペルが心なしか多かったけれど
思えば、クリスマスも近いのだった。
そんな歌声が十二分に聞こえる会議室で
土曜昼過ぎから始まった。

東北に限らず、全国各地で会が休会や
解散に追い込まれている昨今、
弘前市民劇場という歴史ある団体が、
今年三月になくなったショックを
会冒頭に、ブロック事務局長は嘆いた。

父が五所川原人の私も、青森、
とりわけ津軽の者だから、津軽の雄
弘前から文化の灯が消えたことは哀しい。

ただ、下を向いていても始まらない。
酒好きな東北ブロック・・・夕食交流会では
自慢の地酒を持ち寄り語るのが定番だが、
土曜日は「忘れた」団体めちらほら。
でもそれは。
酒を、呑んでいる場合じゃない!といい
ささやかな決意ではないか、と思ったりもした。



そうそう。
劇団の、話もしなければ。

大変よい仕上がりです。
スタイリッシュでスピーディーで
灰色の脳細胞に働きかけてくる
大人な舞台です。




詳しくは明日以降じっくりと。


コメント

間と硲と新しい年号

2019年04月04日 | 制作公演関連
きのうの弊ブログのタイトル。
「新年号~」は時節柄、それを
「新・年号」と読んでくれると
何のためらいもなく付けたのだが。
たまさか頁を開いた自分自身が
新年に発行される雑誌等の
「新年・号」と一瞬読み止めて、
複雑な心境に陥ってしまった4月4日。

それから。
「新元号」とすべきでもあったと
少々反省はしているのだけれど…
明治以降は確実に「元号」ながら、
大化以来「年号」が多くあるから
……みたいな思いからの「新年号」。

      

タイトル後半の「~狭間」は、
文末に俳優で演出家でもある男の
苗字と連関して稿を閉じた。

さて、はざま姓でいうと・・・、
くだんの間天憑のほかに、硲兄弟が
私の人生においては大きな存在だ。

兄ひろゆき、弟ふみお。
小学校低学年の頃遊んでいたので
漢字までは知らない。いや、
名前すら間違っている可能性がある。

兄が「はーさん」、弟は「ふー」。
これは間違いないのだが……。

はーさんは僕の一年上で、
ふーは一つ下だった。
少年地区野球とは別の、
近所のガキが集まって作った
いわゆる草野球チームは、
五年生のたっちゃんが率いていた。
はーさん四年、僕が三年の頃だ。

はーさんは捕手で、凄く上手だった。
また温和で、チャンスでも打つし、
僕の憧れの「選手」であった。
その草野球チームで僕はショート。
やりがいのあるポジションだったが、
六年のソフトボールの授業では、
はーさんへの憧れから捕手を務めた。

一方、ふーはすぐ泣くし、
お兄ちゃんの後について歩く、
そんな印象だったのだが、
高学年になって始めた吹奏楽で
才能を発揮して、中学では
やたらモテていた

名前の一文字目の「ふー」に加え、
少し豚顔で「ブーちゃん」とまで
言われることもあった男が……

かたや兄は。
地味ながら端正な顔立ちで、
もともと真面目ではあったが、
中学からは運動から一切足を洗い(?)
いわば「ガリ勉」になって、
地味さに拍車をかけていた……。


いよいよ「令和」になる。
中学から高校……
あるいは小四から小五のクラス替え…
もしく一学期から二学期……
さまざまな転換期で人は変わる。
言い方をかえると、
変われるチャンスがある、とも。

硲兄弟のチェンジをたまに思い出し、
僕は、そのことを噛みしめる。

二人とは四十年弱会っていない。
どうしているかしら?

はーさんが、ある時から弾けて、
今やサーファーやヘビメタ……
そんな変貌も可能性としてはある。

平成と令和のはざまの妄想。



コメント

『血のように真っ赤な夕陽』完売御礼

2019年03月25日 | 制作公演関連


劇団俳優座第338回公演
『血のように真っ赤な夕陽』は
お陰様で、全ステージ完売となりました。
心より御礼申し上げます。

また、大変有り難い御言葉を、
直接ロビーで、或いはアンケート、
さらにはSNSなどでお寄せ頂き、
キャスト・スタッフ一同、
それを真摯に受け止めて
残るステージを務めたいと存じます。

本日は休演日。
しっかりと心身ともに休めて、
六回を駆け抜けたいと!!



気づけば桜の花が美しい季節。
イチロー引退、フィギュア世界選手権
などなど大きなイベントの続く
(あ、センバツも開幕したのだな…
中で、決して派手とは言えない
満蒙開拓というテーマに対して、
多くのお客様が足を運んで頂けた
・・・この点にも勇気づけられます。

「満蒙開拓」と画数の多い漢字を
四つ並べると、より重くなります。

もちろん、実際重い問題なのですが、
この手の「歴史劇」が陥りがちな
「資料のコピーペイスト」を
本作『血のように~』は免れたことも
ご高評の一因かと考えています。

土と近い距離に生きる家族の
具体的な暮らしと結びついた、
その向こうにある「何か」を
観客の一人ひとりが想像頂ける、
そんな「余白」のある舞台の評判が
拡がった結果なのではないかと。

本日もたくさんのお電話。
お断りするのが辛かったですが…
小さな、僅か百席の稽古場ゆえ。

早くも「わが町にでも上演を!」
「再演はありますか?」との声。
・・・善処したいと思っています。

      

ネットニュースによれば。
「世界の果てまでイッテQ!」の
視聴率を「ポツンと一軒家」が超えた、
と。これで三度目らしい……。

「池の水ぜんぶ抜く」も好調。
・・・世の中は、そういうものを
求めているのかしら?





コメント

から騒ぎ

2019年03月21日 | 制作公演関連
劇団俳優座第338回公演
『血のように真っ赤な夕陽』は
好評のなか上演が続き、一週間になる。

実は並行して、演劇研究所の公演が
19日に幕を開け、今日まで。
赤坂区民センターでシェイクスピアの
『から騒ぎ』を上演した。

昨夜のBキャストに何とか滑り込む。
Aも観たかったが…無理だった(T_T)

研究所の二年三年の合同公演で、
28期は本作で卒業となる……。
座に残る者は数名で、去る者もいる。

 

そういえば、世の中はそんな季節。
東京の桜は四輪が開いて、
まもなく開花宣言となると聞いた。
街には、着物や袴姿が散見される。

俳優座制作部は現在、高橋と山家谷の
二人体制ゆえ、インターンとして
一人学生を入れているのだが、
その日野さんも25日が卒業式だ。

淡路島出身で、四月から俳優座に入る。



さて『から騒ぎ』。
忠実な時代設定は外して、
かといって今に置くこともせず、
ところが身に纏う衣裳は現代で……
という、その意味では「現代的演出」。
そしてテキストは小田島訳にほぼ忠実。

俳優にとって不可欠な台詞を学ぶ。
劇団の歴史を担う「若手」にとって
大切な「肝」は外さない作りだ。

スピーディーかつフレッシュな
『Much Ado About Nothing』(原題)
に仕上がっていた。



と、これは俳優座本公演
『血のように~』の稽古写真。
明日は仲日となります。

アフタートークあり

元最高裁判事の才口千晴氏をゲストに、
出演の岩崎加根子、河野正明と、
演出の川口啓史がマイクを握ります。

…ただもう完売しております。
お買い上げ(ご予約)の方はお楽しみに。

既報のとおり・・・
26、28日が売切、23日残席僅少。
加えて30日も僅少になりました!

他の日にも余裕のない回が多いです。
29日(金)15時が狙い目です。
コメント

近くて遠い国が、また少し遠い

2019年01月29日 | 制作公演関連
日韓演劇交流センター主催
「韓国現代戯曲ドラマリーディング9」を
今回は一観客として楽しんだ。

隔年開催のvol.5~8(11,13,15年)と、
昨年初めて「エクストラ」と銘打った
谷間の年のスペシャルな公演、
計4度、制作末席で参戦させて頂き、
大いに思い入れのある企画だ。

演出家も三人のうち二人は旧知。
役者にも見知った顔が多いのだ。

さて23日から座・高円寺で開幕したが、
かたや赤坂レッドシアターでは
24日から『花の秘密』が幕を開けた。

日韓演劇交流センターも関与した
「日韓演劇フェスティバル」
(09年東京、11-12年東京大阪福岡、
日本演出者協会主催)の第二回で
三都市を巡演し、好評を博した
『トンマッコルへようこそ』の作者
チャン・ジンの最新作を、
2016年の小田島賞に輝いた洪明花の訳で。

そう。
第9回の日本の翻訳賞の「最高峰」を、
明花は、パク・グニョンの『代代孫孫2016』
(脚色・演出/シライケイタ
主催/流山児カンパニー)と、
チャン・ジンの代表作
『トンマッコルへようこそ』
(演出/東憲司、主催/NAPPOS UNITED他)の
新訳で受賞したのだった

彼女は、日韓演劇交流センターの
役員でもあるのだが……公演が重なり、
今回は高円寺の千秋楽に少し顔を出した。



その高円寺。
国と国とはギクシャクしているけれど、
会場には多くの観客が集まり、
草の根の文化交流においては、
熱を帯びていることが実感された。

タイトルは消極的だけれど、
少なくとも杉並の中心はそうではなかった。
27日、盛況に幕。

来年はソウルで「現代日本戯曲リーディング9」。
再来年は、10回目の東京。
そして10回目のソウルで20年にわたる企画に
幕がおろされるのだそうだ。

一部ではあったけれど、参加できて良かった。


(撮影/宮下文子)

最後にvol.9のラインナップを。

『刺客列伝』
作/朴祥鉉(パク・サンヒョン)
翻訳/木村典子、演出/川口典成

『黄色い封筒』
作/李羊九(イ・ヤング)
翻訳/石川樹里、演出/中野志朗

『少年Bが住む家』
作/李ボラム(イ・ボラム)
翻訳/沈池娟(シム・ヂヨン)
演出/大澤遊
コメント

中野誠也の夜

2018年12月15日 | 制作公演関連
俳優座LABO公演vol.36
『女と男とシェイクスピア』は
おかげさまで満員御礼続きで
上演も今日をいれて残り二回。

そんな公演のさなか。
本日は、昼の芝居ののちに、
《俳優伝説第一弾/中野誠也》
を開催いたします。
これはアフタートークのような
作品に連動した企画ではなく、
俳優座の後援会会員さま限定の
スペシャルなイベントとなります。

運営も、劇団制作部ではなく、
後援会委員の企画立案。

実はLABO公演も「LABO委員会」の
仕切りなのですが……先月、
制作部に二人が加わり、まもなく
二人が去る転換期なので研修を兼ね、
制作部が前面に立っている、
ように見えているだけで……
委員会の頑張りが連日の完売にも
一役買っていることを述べておきます。

創立74年。総勢100名超。
様々な部署があり、団体名のとおり
「俳優」の集う劇団。もちろん、
役者だけでは芝居は成り立たないので
演出部、舞台部、そして制作部もあり、
さらに映画放送に総務と経理から成り
民主的運営で多くのことが動いています。

まぁ正確にいえば「動いている、
らしいっす(^_^;)」としか言えない
状況だったりするんだけれど。



なかのせいや
1938年 9月16日、千葉県生まれ
早稲田大学~俳優座養成所10期
1961年入団。

◇おもな出演作品◇

劇団俳優座
『しまいこんでいた歌』03年
『タルチュフ』04年
『喜多川歌麿女絵草紙』06年
『リビエールの夏の祭り』07年
『赤ひげ』08年、『どん底』09年
『リア王』11年、『巨人伝説』15年
『病は気から』16年ほか多数

外部出演
『ヴェニスの商人』『冬物語』
(以上、日欧舞台芸術交流会)
『美しきものの伝説』新国立劇場
『ちいさな歳月』ル・テアトル銀座
『殺しのリハーサル』ピュアーマリー

◆受賞◆
2002年度読売演劇大賞優秀男優賞
『ヴェニスの商人』シャイロック役

さて、どんな会になるのかしら?

来年には第二弾、三弾も企画…
されていると聞いています。
コメント

小さな窓から覗く秋空が薄い青。

2018年10月31日 | 制作公演関連
日韓演劇交流センター主催
「韓国現代戯曲ドラマリーディング
vol.9」のオーディションは、
九回目にして初めて、参宮橋の
国立オリンピックセンターにて。

とはいえ、vol.5からの参加。
かつ今回は「制作」として
関わることができないのだが、
今日だけお手伝いにきた次第。



さて。
毎回思うのだが、俳優は無数だと。
今回も、初めて出会う役者多数。
オーディションでの佇まいも
百者百様だ(実際は延べ87人)

来年1月23~27日、座・高円寺1で
上演の三編と演出は・・・

『少年Bの住む家』大澤遊、
『刺客列伝』川口典成、
『黄色い封筒』中野志朗。

・・・演出の進め方も三者三様。

大澤はシアターゲーム型。
身体を動かし、絵本を使った
ディベートも組み込んだ。
川口はオーソドックスに読み主体。
それについてサジェストはなし。
中野は読みに細かく戯曲解釈を
割り込ませながら進めた。



あ、そうそう。
窓から差し込む秋の日射しに
照らされる役者を見つめつつ
〈巧いなぁ…、でも刺さらないな~〉
〈下手なんだけど、何だか魅力的〉
さらには〈芝居、好きなんだな~
ただ演じる側じゃなく、演出部で
力はむしろ発揮されるなぁ〉
等々、心密かに思ったりした。

それから。
アトランダムに組み合わされる
初めての役者の読み合わせで、
抜群のフィット感を醸す時がある。
ほんと、たまにだけれど、
とても「メッケモノ」をした気に……。

41Rには、グランドピアノが一台。
広い板張りの部屋は天井も高く、
高い場所にある窓から副都心。
晴れた空を見ることができた。

ま、10時から始まり、
終わりは19時だったから
途中から夜景に変わったけれど。

以上。
10月29日にしたためたけれど
PC不具合により、やっとアップ。
コメント

JJCとMBEの千秋楽

2018年10月28日 | 制作公演関連
10月最後の週末を下北沢と両国で過ごした。

劇団ジャブジャブサーキット
第59回公演『ビシバシと
叩いて渡る イシバシ君』が
シモキタのザ・スズナリにて。

私が主宰するTHEATRE-THEATERに
かつて所属していた女優で、
今は藤枝で暮らす愛が観に来て、
地元の銘菓をくれた。



話を本題へ。

あえて大仰な芝居を嫌う、はせ作品。
今回の『ビシバシ~』は、
いつにも増して何も起こらない系
・・・いや実は、物語は深いのだ。
ただ、見た目の派手さはないし、
筋だけを追えば「え? 何??」と
思うのは確かな・・・舞台。

来年60回記念公演を控える
JJCは創立から30年超。
その間にスタイルも変わったし、
長い歳月のなかでメンバーも
入れ替わってきた。
最近は達者なベテランと
フレッシュな老若男女幅のある
若手(?)を融合した座組で、
その調理の仕方が絶妙な、
「はせシェフ」の演出が冴える

特に今回の『ビシバシ~』は、
サラダ感の強い芝居だった。
お洒落なカフェで出されるような
素材を生かした野菜に、
カリッと揚げたベーコンや
炒った豆類を組み合わせたサラダ。

かたやM.B.Eプロジェクト
『喪服の似合うエレクトラ』は
二つのカンパニーの初ジョイント。
俳優陣もバラエティに富み、
これも料理に例えるなら、
血の滴る牛のステーキ。
しかも輸入の歯応えの凄いやつ。

とにかく対照的な作品ではあった。
他にも・・・上演時間は
一時間半ちょいと四時間。
現代日本と南北戦争時のアメリカ。
ネオミステリーと家族の愛憎
・・・というように。

それはそうと。
ハロウィンは終わりましたか?
公演中、そこかしこに血まみれな
仮装をした人々を見かけた。

JJCの劇中に登場する、
映画製作をするチームも、
ハロウィンみたいないでたち。
今年、大ブレイクした超低予算の
「アレ」を意識しているのは明らか。
そしてM.B.Eの演出家が、近々
「映像甲子園」・・・字面から
判るとは思いますが、高校生の
「映像の全国大会」・・・の
審査員で、くだんの映画監督と
御一緒するらしい。

話がズレたところでおしまい。
それぞれの作品について、少しく
詳しく書くのは改めて……。

末筆ながらご来場やご支援頂き、
まことにありがとうございました。

コメント

JJC初日とMBEゲネ

2018年10月26日 | 制作公演関連
10月25日、ドラフト会議。
無風というか、うまくバラけて。
かつ根尾は地元のドラゴンズ、
小園は野球の質が合致するカープ、
そして輝星は、甲子園のスターを
次々に獲得するファイターズと
収まるべきところに収まった。

個人的には一番プロで活躍すると踏む
藤原が弱小マリーンズ……
逆に伸び伸びできていいのか?

我が東洋大学からは大阪桐蔭と
同じく四人が指名された。

外れ一位の上茶谷はDeNA。
我がヤクルトと競合の末。
ああ、残念((T_T))
外れ外れ一位で甲斐野がSB。
梅津は「根尾様」に次ぐ二位で中日。
以上、投手三羽烏は揃って上位で。

キャプテン中川の七位は意外。
だが順位は関係ない。プロ入り後、
東洋の先輩の今岡や鈴木大地に
負けない活躍をすれば良い。

ちなみに今岡はPLの先輩でもある。
ただ甲子園ベスト8に対して、
中川は不祥事で監督が辞任し、
野球経験のない校長が後任に。
事実上、キャプテン中川が監督
…という「稀有な経験」を持つ。
地元関西のオリックスへ。



10月26日、ザ・スズナリ(下北沢)
劇団ジャブジャブサーキット
初日・・・ん?
公開プレビューだから初日は明日?

ま、いずれにしろ今夜から
お客様がやってきます。

只今、場当たり中。
場当たりといえば、両国の
シアターΧではM.B.Eプロジェクト
『喪服の似合わうエレクトラ』も
場当たりをしているはず。



こちらも明日、初日。
四時間の芝居ゆえ11時開演だ。
ソワレは17時から。

かたやJJCの『ビシバシと
叩いて渡る イシバシ君』は
一時間四十分なので土曜は
14時と18時半と「普通」の設定。
・・・なにが普通???



いつものスズナリ外観。
ひさしぶりに来たら、
ロビーの天井の下に
本棚ができていて、吃驚。



今はなき、演劇専門誌「新劇」、
今も頑張る「悲劇喜劇」に
「テアトロ」・・・本作が
掲載されていま~す(^-^)v・・・
などなど。ただ、落ちてきそうで
少々心配だったり、する。
コメント