敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

軍隊解散者日報5月23日

2018年05月23日 | 制作公演関連
劇団櫂人『女の平和』は、
自前のアトリエに始まり、
立ち稽古に入ると少し広い場所へ
……ただそれはいずれも板橋区。
総仕上げは北区の廃校を再活用した
一室を借り、詰めの稽古になる。
そして本番は台東区上野の劇場。

つまり二十三区の城北から城東へ…。

ある場所で暫く過ごした遊牧民が
次の地へ移ろうように、櫂人も
本公演のたびにそれを繰り返す。

遊牧民は生活に不可欠な水、
家畜の食む植物の生育等々の
多面的な要素で「人生の旅」を
繰り広げているが、櫂人は
より良い創造の「追求の旅」を
西から東へと展開している。

日本の南から北へ、旅芸人が巡る
小屋はわりと決まっているように、
「追求の旅」も概ね四年、
「アトリエそら」から公民館を経て、
「ココキタ」「上野ストアハウス」
というルートを繰り返してきた。
(概ね、であり全てではない)

さて劇中。
主人公で「アテーナイ」の女・
リューシストラテーの呼び掛けに
呼応した「スパルタ」の女を
〈輝くような桃色の肌、
鋼のような筋肉〉と称賛する。

また「スパルタ」のリーダー・
ラムピトーが帯同するのは、
ボイオーティアやコリントスの女達。

主人公の片腕カロニーケーは
〈さすが芸術と文化の都から…〉
とコリントスの女に言う。

異なる国や都市から集まる女は、
その土地土地の気質を纏っている。
そんな古代ギリシャ喜劇に出演する
現代日本の女と男も色とりどり。

1954年結成の伝統ある劇団の
中核男優から初舞台の女優まで
キャリアやプロアマの違い、
あるいは、櫂人に至る道程も
出演者の数だけある。



豊富な人生劇場を紹介したい
気持ちもあるが・・・
気づけば板橋での稽古を終えて、
本稿の前半に書いた「ココキタ」に
今日から五日連続で籠る。



既に音楽の高屋敷さんも入って、
芝居としての精度は上がっている。
心配は、なんたってシニアなので、
連日の稽古にコンディションを崩す
役者が続出していることだ。
・・・工夫として。
稽古着に「DL」とテープを貼り、
無理をしないようにしてきた。

ダウンロードではありません
大リーグによって馴染みになった
「故障者リスト=Disabled List」
の「DL」である。

芝居を高めつつ、体調管理にも
ウエイトを置く初日一週間前だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軍隊解散者日報5月21日

2018年05月21日 | 制作公演関連
きのう、肝に銘じる三つの禁忌を挙げ、
さらには「フリーゆえ、その手の舞台を
仕事として受けることもある」と、
早々に逃げを打った……というか、
実状も吐露したわけだが(^_^;)

今本番が一番近い制作担当作品の
劇団櫂人『女の平和』(※)が
まさに「エロ」を扱っていたりする。



ただ、生チューもほんとの裸もなく
「演劇的」にしっかり処理されている。
演出家に、私的な「三つの禁忌」を
伝えたことはないのだが、
恐らく彼も似たようなイメージで
芝居を創っているのだろう……。
長年組めている理由の一つが
このあたりにあるのかもしれない。

そんな演出家が『女の平和』で
心を砕いているのがコロスだ。

ブリタニカ国際大百科辞典では、
コロスをまず「合唱舞踊団」と称す。
さらに「ギリシア劇において、
筋の直接の展開から離れ解説や批判を
展開する俳優の一群」と綴り、
「初期には劇の主要部分を占めていたが
後期には重要度を減じ名目的なものに」
と、役割の盛衰にも触れている。
また具体的な人数についても、
「テスピス時代の 50人から、
紀元前5世紀末には 15人となり、
ローマの劇作家時代に姿を消した」
と書かれている。

確かに、役割の変化した「コロス」。
現在の演劇界では、その他大勢を
差すと思っている者は多いだろう。
(その意味で使う場合も実際ある)

しかし、篠本演出におけるそれは、
古き善き時代の「筋から離れた場所で
解説や批判を展開する俳優の一群」に
近く、そこから更に発展して
《筋を展開しつつ、解説も担い、さらに
観客の批評や批判を誘う俳優の一群》
にまで昇華した役割として
コロスを重要視している。

文字にするとシャチホコばるので、
観るのが一番早いわけだが……。
繰り返しになるが、初日と仲日の
ソワレ以外は完売しており、
その30日夜と1日夜も、それぞれ
残数はなんとかフタケタ程度だ。

「新聞を見て興味をもった」とか
「めったに掛からない古典劇だから」
等々のチケット購入の電話を、
ここ数日は断ってばかりである。

この場を借りてごめんなさい。
   

※本番が一番近いのは『女の平和』。
それは間違いない。
何故なら『首のないカマキリ』は
好評公演中なのだから。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年05月18日 | 制作公演関連
四月四日の弊ブログ「く」
で始まって、今回の「り」までを
繋げると『首のないカマキリ』。

本日開幕いたします。


ゲネを待つ舞台の一部。

初日祝のお赤飯。
後援会の方から。


ゲネには、iaku公演中にも関わらず
作者の横山拓也氏も駆けつけてくれ、
プランナーもほぼ勢揃い。
いよいよ千穐楽に向かい、
二週間超の公演がスタートです。

【以上14:12記】



芝居創りでお世話になった
日本骨髄バンクの松本さん、
日本篤志献体協会の佐藤理事長
はじめ多くのお客様を迎えて、
1時間50分の幕が無事降りた。

ささやかな初日乾杯。

そうそう。乾杯といえば、
おめでたい初日が誕生日だった
後藤佑里奈を、
ゲネ終わりで祝った。

16日、東京新聞「この人」欄に
取り上げられ、24歳と表記された
後藤は、この日で25歳ということ。

稽古初日からここまでの47日で
三人目のhappybirthdayでした。

私は、ここまでを見届けて、
別の現場へ移るのだけれど、
なんとか時間をこしらえて
少しは顔を覗かせたい……。

6月3日まで俳優座5階稽古場。

おかげさまで売切日が多いです。
ツイッターのチェックや、
劇団へ電話で問い合わせ
(3470ー2888)くださいませ。

【以上23:45記】

俳優座さんお世話になりました。
待っていろ、櫂人!!!

・・・はじめての劇団と
慣れ親しんだところとの
距離が呼称に反映(^_^;)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軍隊解散者日報5月16日

2018年05月16日 | 制作公演関連
劇団櫂人はシニア劇団でありながら、
一般の方々のイメージするそれとは
一線を画した集団である。

趣味と健康を両輪にして
近くの公園や河川敷を走る
「市民ランナー」と、
中高年カテゴリーの大会で勝負する
「市民アスリート」がいるように、
いわゆる「シニア劇団」も、
自分達が愉しむことが第一義の処と、
「アーティスト」に分かれる。

櫂人は、後者である。
それを客観的に証明するように、
東京新聞「Shou!!劇場」※欄に
今回も掲載される。旗揚げ以来、
すべての公演が取り上げられた。

※「小劇場へ行こう!」から改題

愉しむ「シニア~」は演じやすく、
また観に来られる友人知人にも
わかりやすい有名な作品を選びがち。
対して、常に噛み応えのある戯曲に
櫂人は挑戦し続けている。

日本においては残念ながら、
マイナーな芸術といえる「演劇」。
とは言いながら、東京においては
毎日大小様々な上演があり、
その個々が宣伝にも必死である。

マスコミに公演が紹介されるのは
かなりの難度を要する。
高校球児が皆甲子園を目指しながら、
その椅子が限られているのと同じ。
その例えに乗っかれば・・・
劇団櫂人、四年連続四回目の出場!
・・・となり、その「偉業?」が
伝わりやすいのではないか……。



そんなこんなで全六ステージ中、
まだチケットを残すのは、
初日30日夜と仲日1日夜のみ。
前者は20枚ほど、後者は30枚ほど。

開幕まで二週間。
ん? てことは、こりゃ、
幕開き前に全日完売か~
(@ ̄□ ̄@;)!!

多くの方々の期待に応えるべく、
稽古に熱・・・というか、
演出は最初から高熱を放出して、
JCCCA(全国地球温暖化
防止活動推進センター)から
注意勧告されそーなほどだが
・・・を入れて、汗をかき、
汗かきながらも細かい精度に
心を砕いて……。

或いはまた。

隣の分断された国のことや、
本来「平和の町」という意味の
都市を巡る混乱にも思いを馳せ、
『女の平和』という舞台に臨む。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年05月15日 | 制作公演関連
き。
木、気、喜、基、危、機、騎、忌……
もっとたくさんあるけれど、
『首のないカマキリ』においての
「き」は、黄色の「き」だ。

チラシのカラーにも使われている。
台本もそれに倣ってレモン色に。



本作を書き下ろしてくれた横山氏が
主宰するiakuが『カマキリ』と
ほぼ同時期に公演を打つのだけれど、
そのチラシにも黄色が使われていて、
実はiakuのイメージカラーが「黄」。

そんなiakuとのコラボ企画
「スタンプラリー」もあります。



『iaku演劇作品集』
5月16日(水)~28日(月)
こまばアゴラ劇場

・「粛々と運針」
・「人の気も知らないで」
・「あたしら葉桜」と「葉桜」
・「梨の礫の梨」

4演目の日替上演
(詳しくはiaku公式HP。
「葉桜」のみ岸田國士作。
他はすべて横山拓也作品)



上記4演目の中から2演目と
俳優座『首のないカマキリ』
をご覧いただき、指定のカードに
スタンプを貯めたら5戯曲セット
(「葉桜」除く)を全員にプレゼント!



贈り物といえば。
少し前にバナナが届いたと書いた。
12日には「チーズケーキ」

さすがに伝統ある劇団は
支えてくださる方々の力も厚い。



お「気」づかいいただき
「貴」重なものが届くのは
六本「木」の稽古場。
「嬉」しい限りであります。
これも「輝」かしい歴史の賜。

そんなsince1944の俳優座
第336回公演は開幕まで三日。
今日で稽古はおしまい。
明日からはテクニカル。
照明や舞台の仕込となる……。

ちなみに以下がチケット現況。

18金:19:00(残僅)
19土:売切
20日:14:00(残僅)
21月:19:00(残僅)
22火:19:30(残僅)
23水:売切
24木:休演日
25金:売切
26土:14:00(残僅)
27日:14:00
28月:19:30
29火:売切
30水:14:00(残僅)
31木:売切
6月
1金:19:30
2土:売切
3日:14:00

そして、本日稽古最終日。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つきじdeふと思ったこと。

2018年05月14日 | 制作公演関連
母の日も終わり・・・
五月ももう半ばです。

先週末(5月12日)がん研で
骨髄移植に関する市民講座があり、
「築地場外」の周りも掠めた。
土曜の昼時でもあったので、
大変たくさんの人、人、人…。
勿論、外国人観光客の割合高し。

大通りに面した所がそうだから、
露地筋はさらに賑わっていたろう。
時間もなく、対岸から眺めたのみで
あくまで想像に過ぎないけれど。

てなわけで。
食事もサクッと某天丼チェーン。

さて「天丼てんや」といえば、
たれを適量にかける用具を開発する
など企業努力に長けている。
小そばセットを食した際に
テイクアウトの器に施した工夫も
バッチリ発見しちゃったぞ

お新香を乗せる部分の面積を、
「それ」を乗せる以外はカット。
つまり上部に対して下部が小さく、
やや安定にかけるような形に。
でもきっと、この小さな削減が、
原価上昇に対するディフェンスになり、
我々に提供される時の値段に
寄与しているのだろうと思いつつ、
海老のしっぽを食べるか否かを、
また別の脳味噌で判断していた。

「チーズチキン南蛮天丼」の
新メニューが壁にドドーン。

肉、チーズ、タルタル・・・
最近の日本人の味覚も狙いつつ、
インバウンド対応ではと勘ぐるのは
私だけでしょうか……。

「宮崎」大好きなんだけれども、
私は「チキン南蛮」よりも
「地鶏炭火焼き」派です
「冷や汁」もいいけどね。

平成元年。丸紅のグループ企業として
原価のかさむ天丼のファストフードに
挑戦した「テンコーポレーション」が
展開する「てんや」の一号店は
八重洲地下に誕生している。
(本社は築地が最初で、のちに上野、
さらに浅草と転じている)。

ファミレスのロイホ、シズラーほかの
外食チェーンのロイヤルHDの
完全子会社になったのは2010年。
まさに「平成」を駆け抜けて、
今年創業30年を迎えた。


そうそう「どんぶりチェーン」の
ちょい呑みもすっかり定着。
先陣をきった「吉呑み」の
インパクトは強かったな~。
最近は、ボトルキープもできる
ファミレスも増えたと聞く……。

コンビニの「カフェ」化といい、
垣根を越えた仁義なき戦いが
激化しているわけだ。

そういう中で。
闘いを好まない優しい演劇人
お金は二の次の貧しき演劇人は、
果たして生き残っていけるのか?と
お金を払い、50円引きのクーポンを
受け取りながら、思った。

さらに馳思する。
劉備玄徳ならどうしたか?と。
1797年前の今日、彼は蜀を建てた。

諸葛亮の知恵が演劇界にも欲しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軍隊解散者日報5月12日

2018年05月12日 | 制作公演関連
劇団櫂人『女の平和』
2018年5月30日~6月3日
上野ストアハウス

出演/
青木恵、東條将孝、向後正枝、
鈴木里花、田中淳子、小池恵子、
宮下文子、服部次郎、佐藤陽子、
金井賢一、鈴木智美、高田邦子
(以上劇団員
・以下客演)
柘植英樹、永野和宏、鈴木寿和、
丸谷朱澄、緒方美浮、森美穂子、
住吉ひろ

本公演だけ取ってみても、
イヨネスコの『犀』に始まり、
『谷間の女たち』、そして前回
『ブルーストッキングの女たち』
と硬派な作品が続いた櫂人が、
初めて挑む「喜劇」である。

てか、偶然だろうけれど
三作連続で題名に「女」が……。

実際メンバー構成も女性上位。



唐突に「セクシーチャーハン」。
これは六本木の居酒屋「美豚」の
名物メニューの一つなのだが、
『女の平和』という作品は、
こんなテイストの舞台なのだ。


まったく個人的な話になるが、
下北沢演劇祭の中に、区民参加で
芝居を創る企画があって、
わりと長い間関わったのだけれど、
その一本に『女の平和』があった。

女性参加者から、かなり強めの
ブーイングが出たことを
昨日のことのように覚えている。

2009年2月21~22日、
北沢タウンホール
(演出/鷲田照幸)

ええ9年も前か…。

あの年は、演劇祭に西沢栄治率いる
「JAM SESSION」も参加していて、
その演目が『女の平和』だった。

こちらは区民だけにたった二日の上演、
向こうは、確か10日ほどの打日。
21と22は公演も重なって、
幕末ものやシェイクスピア等、
よく掛かる演目ならいざ知らず、
『女の平和』がシモキタの、
しかも50メートルほどの距離で
二本も上演されたのだった。



さて、時計の針を現在に戻します。

稽古も進行させつつパンフの準備など
多角的に詰めに入っている櫂人の
チケットは、6ステージ中、
5月31日昼、6月1日昼、
2日昼の3回が完売しております。

男どもに戦争を辞めさせるために
女たちがセックスストライキを起こす!
という大枠の舞台は、お客様が
「芝居を観る」ためのシート争いも
熾烈な戦争となりつつあるのだ・・・。

そして、今日は16時~21時半と
5時間ほどの稽古(火、木~土は同じ)
だが。
明日明後日は13時~20時の長丁場。
さらに20日(日)以降は全日、
この時間帯での稽古に突入する。

劇場入りまで約二週間となった……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワークショップ

2018年05月11日 | 制作公演関連
5月9日、10日に俳優座では
ワークショップ「も」行われた。

今月18日に開幕を控えた舞台
『首のないカマキリ』の稽古後、
初心者も参加可能な演劇のWSを
18:30~21:30の3時間。

そう、我々演劇界の者にとっては
「演劇体験」「技術向上」など
様々な用途で展開できるツールとして
ある時急速に広がり、今や定着した
ワークショップなるもの。

その黎明期、我々は並行して
日常生活も営んでいたのだけれど
そこでは出会う機会はなかった。
それが最近。
演劇に限らず、多くの業界で
見掛ける「ワークショップ」。

と書くと。

芝居が元祖と言い切るようだが、
日本以外の世界各国では、
国語や算数などと同じくくりで
「演劇」という授業があるので、
元祖説は間違いじゃないかも、
と調べてみたら、やっぱり!
p(^-^)q

20世紀初頭、米ハーバード大学の
戯曲創作の授業に起源・・・
というようなデータが散見された。

話がそれた(>_<)
俳優座のワークショップの件だ。

公演前に行うのだから、ぶっちゃけ
プロモーションを意識しない訳はない。
てか(^_^;)
はなっからチケットとWSの
お得なセット券も用意していた。

さらには芝居のワンシーンも見せた。
実際の「プロの稽古」を見ていただく、
というメニューの一環として。

一方。
演劇への入口として、まず触れて貰い、
広い視野での「演劇の拡大」にと
ワークショップのみの参加もありだ。

それがなんと1000円とゆー破格
ε=ε=┏(・_・)┛
ジャ○ネットも吃驚である。

ここ数年、このWSは続いている、
と聞いた。HPやTwitterでも発信
……しているそう。
興味のある方は、次回是非(^-^)v

と、薦めておいてなんだが。
いや、実に数多く開催されている。
しかも高額なものが多い。

手元に「物」として残らない。
でも実際、行動に影響を及ぼし、
大袈裟にいえば「人生」すら
変えるほどの力を持つ。

主催側としてはテクニックに加え、
場所代など経費も掛かる訳である。
にしても。
それで「ウン万円」はないよな……
と、たまに憤慨することもある。

現状、JISマーク的な品質保証はない。
あの手この手で善いものを見つけ、
日々の清涼剤に活かして欲しい。

ああ、でも。
WSの「ミシュラン」的なものは
あってもいいよな~、絶対。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年05月09日 | 制作公演関連
本番まで10日を切った
『首のないカマキリ』は、
本日、装置が一部入った。



稽古場が本番の会場でもあるから、
公演で使うセットのある「劇場」で
残りの時間を過ごせるわけだ。

なんと贅沢な……。
「劇団アトリエ」での上演ならでは。


仕込の打ち合わせをするの図。

道具を5階に吊り上げるの図。


そんな劇団俳優座の、336回目の
公演は、繰り返しになるけれど、
骨髄バンクや献体が劇中に出てくる。

ディカプリオにストリープ、
デ・ニーロ、ダイアン・キートンと
豪華出演陣による映画
『マイ・ルーム』(96年12月。
日本公開は97年2月)。

舞台『マーヴィンの部屋』として
世に産み出された作品である。
僕の古巣の劇団が、2007年
本多劇場で上演した際にも
骨髄バンク様にはお世話になった。

白血病の姉が妹に骨髄移植を依頼、
しかしむべない返事。ただ、
妹の子供で施設帰りの長男が……
というのが大枠であった。

かたや「献体」に関していえば、
さだまさしという……歌手であり、
近年は小説も多く発表し、
何よりも漫談家として著名な(?)
タレントがいる。彼の小説
『眉山』(2004年、幻冬舎刊)
・・・映画、ドラマにもなり、
さらに舞台にもなっている・・・
で、初めてその語や意味を知った
という人が多いのだろう。

献血や献検(アイバンク)は
知っていたとしても……。

さて。
そんなマルチタレント好きが
俳優座制作部にいることを、
最近にわかに知ることとなった。

8月6日の「ヒロシマ忌」に、
あえて長崎で平和について考える
野外のフリーライヴを開催した
(87年~06年、稲佐山ほか雲仙等)
ナガサキ生まれのさだだが、
その頃、大学生だった私は毎年、
その祭典に詣でていた。
「まさしんぐワールド」という
秘密結社(?)の会員ゆえ、
教徒が祈りを捧げるのと同じで、
当然「メッカ巡礼」は欠かさない。

が、なんと彼女は小学生にして、
そのコンサートに行っていたという。

ちなみに、さだ氏はファンから
「まっさん」と呼ばれている。

・・・そんな「ま」の回fでした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軍隊解散者日報5月7日

2018年05月07日 | 制作公演関連


最近『首のないカマキリ』の
話題が多い弊ブログですが、
相変わらずフリーの演劇制作を
生業としている私は、劇団櫂人
『女の平和』も担当しています。

古代ギリシャの喜劇作家である
アリストパネスによる戯曲は、
原題が『リューシストラテー』
( Lysistrata)と言い、意味は
「リューシス」(解体)と、
「ストラトス」(軍隊)を合成、
つまり「軍隊解散者」である。
と、Wikipediaに載っている。



これが、ブログタイトルの由縁。

さて。劇団櫂人及び客演陣は
昨日の「GW最後の日」も集結。
てか、いよいよ水曜定休以外、
週六の稽古に突入した、
その初日が5月6日であった。

話が前後するけれど。
原題はまた主人公の名前でもある。
リューシスラテーという女性が
長く続く戦争を終わらせるには、
女性が団結して「ストライキ」を
敢行するしか手がない!と
呼び掛ける場面から芝居は始まる。

そう。
冒頭「古代ギリシャ」と書いたが、
紀元前431~404年に実際にあった
ペロポネソス戦争を材にした物語。

アテナイを中心としたデロス同盟

スパルタ中心のペロポネソス同盟
という謂わば当時の「世界戦争」に
作者が問いかけた戯曲。

なんというか……愚かにも人間は
ずーっと戦ばかりしているのだな。
トホホ。


(稽古場風景)


【公演概要】
劇団櫂人第4回公演『女の平和』
原作/アリストパーネス
翻訳/佐藤雅彦
演出・美術/篠本賢一

5月30日~6月3日
上野ストアハウス

前売3800円 当日4000円
中高大学生2000円

⭐31昼、1昼、2昼は完売。
その他詳細は劇団櫂人HPにて。

http://www.gekidankaito.com





コメント
この記事をはてなブックマークに追加