神戸ボードゲームの会へようこそ!

平日昼休み 放課後 見学自由
毎月第4日曜に定例会やってます

World made from WILL 第6話その2  By安綱

2009年10月29日 22時32分13秒 | TRPG関連
気が付いたら3ヶ月近く空いてしまいました。
待ってた人がいたらすみません。

GM「みんな、前の話覚えてますか?」
恭介PL「ちゃんと前の話の記事を見てきました!」
ヨハンPL「大体覚えてます。」
GM「うむ、よしよし。そっちの二人は?」
穂酒PL「すみません、キャラシ忘れました!」
雛PL「俺も俺も!」
GM「うぉい! って雛何回目だそれ!」

・・・何はともあれ、始めます。

混沌という名の雲が晴れ、空には蒼く輝く月が見える。
長く連なる山脈に突き刺さった空に浮かぶ巨大な島と、浮上した灼熱の要塞。
行く先には、無数の魔物が相争う戦場。
ベール=ゼファー率いる裏界帝国軍の陣地はその一角にあった。
見張りの兵に呼び止められたが、きょうじゅが一言二言話すと、
ものすごく困ったような顔で兵士は通してくれた。
陣地の中央の天幕に行くと、そこには3柱の魔王の姿があった。
裏界の大公である大魔王ベール=ゼファー
“秘密公爵”リオン=グンタ
“荒廃の魔王”アゼル=イヴリス
裏界帝国陣営の中核とも言える3柱である。
ベル「あらあんたたち来たのね。 何をしに来たのかしら?」
穂酒「ああ、色々知りたいことがあって来た。」
ベル「ふーん、それでそんな人数で・・・ってマリア、アンタもいるわけね。」
きょうじゅ「あらあら、随分な言い様じゃなくって、この大大(中略)天才の私に向かって!」
ベル「いいからちょっと手伝いなさい!」
きょうじゅ「しょうがないわねえ。(一行に)ああ、(中略)マシーンの方は小さくしておくから気にしなくて
いいですわよ。ここまで完璧だと存在自体が罪ですわね、わたくし。」
ベル「ま、まあいいわ。それで、聞きたい事ね。良いわ、言ってみなさい。」
一行は現状の戦況や、この辺りの様子など、色々と質問をした。
その横で、ジルベルトとその主の会話や、きょうじゅの笑い声なんかが響いていたり。

・戦況

何箇所かで戦端が開かれていて乱戦状態。
全体的には裏界帝国軍が押し気味。
ベル「まあ、魔王の数、軍の質、量どれを取っても負ける要素はないわね。」
恭介PL「(フラグっぽい・・・)」
リオン「・・・」(本で顔を隠している。)
ベル「・・・何よリオン?」
リオン「いえ、何も。」

・この辺りの様子

  2-門-詰  門:蒼の門 1と2:戦場 詰:蒼の門警備軍詰め所
  | |/|
四-空-火 1  四:四魔貴族軍本陣 空:大空洞(どちらも眠れる龍の島内部)
   \|\|  
    誘-帝  火:火術要塞 誘:誘惑街跡地 帝:裏界帝国軍陣地

ベル「警備軍詰め所にはモーリー、大空洞にはアー=マイ=モニカ、
戦場1にイコ、誘惑街跡地にファルファロウが居るわね。
四魔貴族軍は、大空洞にブンブン=ヌー、眠れる龍の島の奥にフォルネーがいるはずよ。
他は、マルコやグラーシャやエリィなんかも見かけたわね。」
恭介「あのアラク=ロナは居なかったんですか?」
ベル「そういえば見てないわね。まあ気にしないでも良いでしょ。」
リオン「・・・」
恭介「・・・」

・スパイ
ベル「それに、四魔貴族軍には大きなスパイが居るわ。それも強力な、ね。」
恭介「スパイ?」
ベル「ええ、四魔貴族であんたたちが唯一分かっていない存在、魔炎長アウナス。」
穂酒「分かっているというのか?」
ベル「ええ、アウナスの正体、それは、“誘惑者”エイミーよ。謹慎状態はカモフラージュ。
実態は向こうにあって情報を色々回させていたのよ。」
穂酒「それだと、一つ疑問点がある。なぜあの炎の魔物は私たちを襲ってきたんだ?」
ベル「あっちの事情は分からないけど、たぶん『幻影』なんでしょ。
『幻影』っていうのは、分体の一種のことよ。普通の分体と違って独立した意志を持っているらしいわ。」
ヨハン「そんな事してメリットがあるのか?」
ベル「まあ長時間遠隔操作するよりはプラーナ消費は軽くなるからでしょ。まあ私の趣味じゃないわ。」
「で、そのエイミーとやらはいったい何をしているんだ?」
ベル「しばらく後に全軍で総攻撃をするつもりだけど、それまでに仕込みがあるらしいから、
今は蒼の門に居るわ。」
穂酒「信用できるのか?」
ベル「ええ、エイミーは誰かに仕える事に喜びを感じる魔王。その対象が私なら、何の問題もないわ。」
恭介PL「・・・」
穂酒PL「・・・」
リオン「・・・」(顔が上げられない)

・伝令
ベル「それにしてもパトリシア遅いわね。もう伝令から帰ってきてもいい頃なんだけど・・・」
穂酒「パトリシアとは、あのバイクの人か、運び屋ではなかったのか?」
ベル「まあついでに伝令も頼んでおいたのよ。」
「どこへ?」
ベル「蒼の門警備軍詰め所のモーリーの所よ。いい加減動きなさいって
発破かけに行かせたんだけどね。
仕方ないわね、ファルファロウにでも聞こうかしら?」
リオン「・・・」(必死に堪えている様子)
一同「・・・」(なんとも言えない様子)

(恭介PL「もういい、もういいです。これ以上喋ったらフラグが、フラグが!」
ヨハンPL「きっともう、手遅れなんだ・・・」)


ベル「それで、あんたたちには適当にフォルネー達を邪魔してもらいたい所ね。」
穂酒「ああ、放って置けないからな。」
恭介「具体的にはどうすれば?」
ベル「まあ可能ならヌーやフォルネーを倒してほしい所だけど、無理そうなら適当に引っ掻き回して欲しいわね。」

(恭介PL「いや、本体倒すとか無理だろJK」
穂酒PL「いや、普通の7LVと、裏界での7LVは違うだろう。でなきゃ普通、魔王の分体すら倒せるかどうか分からないラインだ。」
GM「うむ。でなきゃ本体なんて“絶対の主”(ルールブックに乗ってるサンプルボス。べらぼうに強い。)
以上に強いはずだしね。」

ベル「ところで、あんた達と一緒にもう一人居たわよね、名前は忘れたけど。」
穂酒「ああ、四季邑隼人というんだが、この間の戦いで・・」
ベル「なんで別行動なんてしてるわけ?」
一同「は!?」
穂酒「どこかで見かけたのか!?」
ベル「ああ、この前火術要塞に入っていくのを見たのよ。最近見たのと、あそこにわざわざ入っていく奴は珍しいから、たまたま覚えていただけよ。」
穂酒「あいつはどうなっていたんだ?」
ベル「少なくとも誰かの落とし子にはなっていたみたいよ?」
ヨハン「あいつ、生きてたのか。」
ベル「まあそれはいいわ。とにかく、あんたたちは適当に動きなさい。そのほうが楽しそうだしね。」
リオン「・・・」
アゼル「ベルが、そう言うなら。」


PCが可能な行動は、動いて調べるで一行動。(動かない事も可能)
一行動ごとに1単位時間経過する。
ターン制限はないが、時間によってイベントが発生、進行する。

ここで行動方針にかなり長時間悩む。
早く帰るために門への直行を主張する恭介と、隼人を探したい穂酒に、
ヌーに一泡吹かせたい雛と、何を考えているか分からないヨハン。
火術要塞に向かうか、誘惑街跡地で調べるか。
最終的には、誘惑街跡地でとりあえずファルファロウに情報を貰う方向でまとまった。
(穂酒PL「あれ、さっきファルファロウ来てませんでしたっけ?」
GM「うん、君たちが話し合っている間に帰ったよ。居る間に話しかけたらよかったんだけどね。」
穂酒PL「そうですか、残念。」)

マスターシーン
少し前の話。四季邑隼人は走っていた。
隼人「何とかして、あの事を伝えないと・・・」
魔物「見ツケタ!」
赤いレッサーデーモンなどの何体かが追って来る。
魔法で打ち倒していくが、その度に消耗は蓄積していく。
隼人「ずいぶんと離れてしまいましたね、早く合流しないと!」
隼人は戦場を走り抜けていった。

1行動目
誘惑街跡地

誘惑街、そう呼ばれていた場所があった。
無数の魔物で繁栄を築き上げていたそこは、しかし巨大なクレーターと化していた。
残骸が所々残っているだけのそこには、しかし何体もの魔物が飛び回っている。
ある者はカメラとマイクを持って徘徊し、またある者は残骸の中のプラーナを奪い合って争っている。
一行は二手に分かれて調査を開始した。穂酒と雛がファルファロウに話を聞きに行き、
恭介とヨハンが下級の魔物に聞き込みをするということになった。
ファルファロウ「ん、何や情報買いたいんか? なら面白い情報と交換やで。」
出した情報:モーリーとえいみーの密会の情報、怪しい詩人と、それとの会話内容
一行は、ここで初めて秘密にしていた情報をお互い知る事になった。
(GM「皆互いに信用しあってるわけじゃないからなあ。」)
知った情報
隼人は火術要塞から出て、魔物に追われながらも戦場2を眠れる龍の島へ進んでいること
エイミーが今蒼の門でやっている事は、「誰か客人を待っている」事であること
“魔戦士”アラク=ロナは、眠れる龍の島が門に近づいてくる頃には目撃情報がないこと
「ところで、自分は裏界帝国のために働かないといけない。そのための力が欲しい。」
ファルファロウ「ん? ウチの下僕になりたい言うんか?」
「うむ、力が欲しい。だから契約をしてもらいたい。」
ファルファロウ「なら情報とって来て・・」
(穂酒PL「待て、こいつは下僕になりたいとしか聞こえていないぞw」
ヨハンPL「誤解を解くべきだなw」)
雛「だから契約だ。俺(ひなちゃん)は得た情報を全て渡すから、代わりに力をくれ!」
ファルファロウ「ほんならこのマイク持って行き。」

告発者のレポートマイク
重量1
《告発者の情報収集》 常時
所持者の得た情報は、ファルファロウも同時に得る。
《突撃レポート!》 常時
情報収集、知名度判定の達成値+3
ただし、判定時にレポーター口調で実況しなければ、達成値補正はマイナスとなる。

※ 雛用特記事項 他のアイテム同様捨てれません。

(雛PL「ちっ、しょっぱいな。」)

同時に恭介とヨハンは、四魔貴族軍の魔物のふりをして、四魔貴族軍側の戦況を聞く。
(ヨハンPL「戦場の悲しみを感じていたのさ。」)
四魔貴族軍は全体的に押されており、ブンブン=ヌーがほぼ一柱で戦線を
維持しているためヌーの消耗は著しい。
また、全部はカバーできないため、眠れる龍の島への侵入は不可能ではない。
そのような話が聞けた。

ここでまた一行は非常に悩む。
蒼の門に直行するか、パーティを分けて門に直行する組と
隼人と会いに行く組に分かれるか、などといろいろ案が出てくる。
最終的には、わざわざ2つ目を購入してまで使用した《オラクル》2回によって、
・直接的ではないが、エイミーの行動によって3ターン目終了時に何かが起こる
・隼人に最速に会うには、(獣の欠片を使う以外では)次に大空洞に行けばいい
という事が分かったために、一行は大空洞に向かうのだった。

その途中・・・
恭介は、自分の錬金秘密基地から違和感を感じる。
炎の魔物が動き出し、秘密基地から外に出せと言っていた。
基地のスピーカーから話す恭介(他の人には秘密裏に。)

炎の魔物「ダセ・・・ココカラ・・・ アタシハ・・・オマエヲコロサナイト・・・」
恭介「またその話か。」
炎の魔物「アタシニハ、ナニモナイ・・・ オマエヲコロセバ、トリモドセル。ダカラ!!」
恭介「そういえば、お前にそういった奴はエイミーなんだな? メイド服を着た奴だ。」
炎の魔物「アア、ソウダ・・・ ダセ、ココカラ・・・ 時間ガ、ナイ・・・」
恭介「そういうわけにはいかないな。お前はそこにいてろ。」
そう言い捨てて接続を切ろうとする。最後に、こんな声が響いた。
炎の魔物「オ前ヲ見テイルト、心ガザワツク・・・」
恭介は何も言わず、もう聞こうともすることはなかった。

(恭介PL「それが、恋だ。」(一同爆笑)
GM「・・・・・・」)


2ターン目に続く・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二連続 byエム

2009年10月19日 23時02分03秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
はい、何故か金曜に引き続き書いております。ウメ様のターン止めたら、今度は自分が二連続とか
まあまたウメ様が連続でブログ書くのに期待しますか。

最近ひまがないです。研究室に行かなきゃならんことが多くて、積みゲーがふえる一方で。挙句インターネットで対戦時間が一カ月こえるゲームとかやってたら色々てがまわらない、まわらない。
MTGのゼンディガー買いに行く暇もないし。とりあえず青緑白ビックマナが組みたいので、サイモンクがほしいー

ああ、昼はフラックスをやりました。五枚引く+四枚プレイ+手札0枚制限とかで散々グダグダしたあと、引きがよくて勝ち。まあそういうゲームですもの。ただフラックスは一位がブログなのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マジック・ザ・ギャザリング by み

2009年10月16日 07時50分37秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
とりあえず、ずっとウメ様のターン阻止。阻止しない方が良かったですかねえ?
というわけで昼休み(および3限)はMTGをやってましたよ
ゲームとしての内容はトラックバック参照してください

ちなみに肝心のデッキですが
こちらは緑黒タッチ青赤ビックマナ。血あみ髪のエルフもヒルも入っていない、大渦の脈動も一枚しかないデッキ。序盤を<終止><炎渦竜巻>で凌いで、<天球儀><肥沃な大地>でマナをふやし、<溶岩崩れ><納骨蔵のワーム><空砕きの呼び声>で勝つ。まあ・・・弱い。
あと環境的には前スタン。ZENのカードはかってないので

対戦相手はザンクさん
デッキは三つと闘いました

一デッキ目:黒単ウィニー@2サイクル
<肉占い><走り回るスカージ><カーノファージ>等、懐かしの純正黒ウィニー
序盤からのはやい展開、特に<暗黒の儀式>→<惑乱の死霊>が・・・
戦績は4-1でこっちの勝ち
確かにはやいけど、こっち全体除去も単体除去も多いから有利。マナが伸びれば負けはしない。といって一回負けたのは<憎悪>をたたきこまれたからですが

二デッキ:ターボフォッグ@スタンダード
<吠えたける鉱山><書庫の罠>等でライブラリーを削ってくる。相手クリーチャーは新<神の怒り>こと<審判の日>でさばく
戦績はぼろまけ。こちらのデッキ、ターボフォッグに有効なカードないんです。あげく遅いのでただライブラリーアウトするのを見ているだけでした・・・

3デッキ目:青赤昇天@スタン
紅蓮術士の昇天を核にした最近できたデッキ。<予言><思案>で昇天を起動する。それまではカウンターと軽火力でしのぎ、達成されたら<稲妻>が六点火力になる。
戦績はぼろまけ。一勝はしたけど・・・エンチャントに触れるのが一枚しかない上に除去は腐る。サイドボードもってこれば・・・

というわけでコントロールにぼろ負けしましたよ・・・
次からはコントロールに勝てるようにデッキ調整しますか。具体的には手札破壊とエンチャント・プレインズウォーカー対策。あとZENも買わなくては
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫のアレを・・・ by ウメ

2009年10月12日 18時34分22秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
三連続ブログ担当……だと……?
いくら六甲祭が近いからといってその担当だから、では説明がつかない未曾有の力が働いているような気がしてなりません。

今日はフェットナップでした。
一言で表すなら「地雷がある番号を踏まないように、10から30の数字を往復する」ゲームといったところでしょうか。
途中経過はよく覚えていないんですが、最後はどの数字を出しても地雷番号行きという壮絶な最期を遂げたことだけは覚えています。

そうそう、神戸ボードゲームの会は今年も神戸大学六甲祭に出展しますよ。
場所は六甲台キャンパスの第Ⅱ学舎102教室です。
詳しくは後ほど記事としてアップされると思いますので、少々お待ちを……
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タッチの差 by ウメ

2009年10月08日 18時34分07秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
あと一時間警報の解除が遅ければ、私がこうしてブログを書いている事はなかったでしょう。

講義開始は午後からだったので昼休みではなく、放課後に6ニムト。

自分は普通にプレイしているつもりだったんですが……運が悪いのかなんなのか、出す牛のことごとくが列の6枚目へ行き5枚の牛がこちらに向かってくるという始末で、結果も-25点とぶっちぎりの最下位でした。

まあ、次は頑張りますよ、ええ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風接近中 by ウメ

2009年10月07日 13時18分22秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
明日の神戸の天気は暴風雨だそうです。
雨じゃなくて暴風雨、そんな所にyahoo天気情報のヤケクソ感を感じなくもないですが、今日はノイをやりました。

ひょっぽらさんミドリさんと相次いで沈み、お互い残機フルのままみのるさんとの一騎打ちを迎えたわけですが、カードの引きに恵まれずそのまま二タテ。
「残機フルの相手からまさかの逆転勝ち」フラグに自分は届きえなかったようです、ええ。


あとどうでもいいですけどこの前日本橋のザウルスでソウルシルバー売ってましたよ。
この前といっても某カタログ買いに行った折に見たので二週間は前の話なんですけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポケモン難民 by ひょっぽら

2009年10月05日 23時59分59秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
実はポケモン難民なんです。
いや、発売日に朝から並んで買ったんですよ。
ハートゴールド。
なんでハートゴールドかっていうと、
ほらやっぱりホウオウの方が色々とイメージ合うし。
自分のIDのラティアスちゃん捕まえられるし。
でもやっぱり、諸々の都合上サブロムは欲しいんで、
早くソウルシルバーを書いたいんですよね。
多分、どこで買ってもいいなら、梅田のポケモンセンターとか行けば
余裕で買えるタイミングはいくらでもあったと思うんですよ。
でも、ソフマップのポイントが4000くらいあって、
あ、このポイントは、結局周りで俺以外誰も買わなくて、
マルチプレイでキャッキャウフフできないから
飽きて売っちゃったドラクエ9のおかげで貯まったんですけどね。
まあ、それを使って買おうと思ってるので、なかなか買えないんですよ。
そろそろ俺が買い物に行くタイミングで
入荷しといてくれてもいいんじゃないですかねぇ・・・。
ちなみにハートゴールドは、現在ポケモンリーグ直前で止まってます。
サブロムより早くそっちを終わらせろって話なんですけどね。
今日大学に持って行ったつもりで、電源つけたら
ポケットモンスタープラチナって書いてあって悲しい思いをしましたしね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休みが明けて by ウメ

2009年10月02日 18時24分44秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
B棟3・4階は研究室となりました。

そんなわけで(?)今日もM302にて昼から暇な人で説明練習を兼ねてカタンをやりました。
カタンは個々のルールが相互に絡み合っているので、それを一本の筋に立てて説明するのは結構な技量が要るのではないかと思われます。
その分、得られる経験値的なものは多いのでしょうけれども。

その後はエムブリオマシンのクイックバトルを。
今回は軽のS・S・M対重のS・M・LLと結構、いやかなり偏った編成同士の戦いでしたが、集中砲火を心掛け、ダイスの目にも恵まれたこともあり、何とか軽量機側が判定勝ちを収めました。
やはり攻撃を回避してこその軽量機ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加