神戸ボードゲームの会へようこそ!

平日昼休み 放課後 見学自由
毎月第4日曜に定例会やってます

今回のNMR活動報告(後編)  by日林

2007年06月30日 23時25分05秒 | TRPG関連
今回の調査員紹介と前編内容はここを参照。

古き町K都の滅亡を防ぐため、三体のUMAに立ち向かうNMR調査員達。 その相手とはジャージーデビル、モスマン、そしてチュパカブラ!!!
戦いあう三匹に対し、こちらもそれに便乗する形で攻撃を加えることにするNMR。 そうするうちにまずはチュパカブラ、そしてモスマンの撃退に成功する。
ここまでは予言どおり順調にことを進めていたが、ここで予想だにしなかったことが起きる。 なんと一匹残ったジャージーデビルがチュパカブラの死骸を喰らい、力を取り込んだのだ。 さらにはモスマンの死骸をも喰らい、一匹の巨大な生物へと進化したのだ!!!

さすがは某国国防総省の技術によって生み出された生物兵器。 そして三体が組み合わさることによってより強大になった力で逆に我々を追い詰めていく。

そしてもうだめかと思われたその時、脳裏に驚愕の未来が予想されるのであった。(PL注釈:日林暴走しました。)

三体のUMAはいまや一体の生物となり、K都を壊滅の危機に追いやろうとしている。 恐らくこれにより歴史の大部分が失われ、日本は大きな変化を迫られるだろう。
そしてこれこそまさしく、前総理が発言していた三位一体改革!!
前総理はひたすら「聖域なき構造改革」を強調していた。 これは逆に取るとむしろ今まで聖域とされていたことを打ち砕くことが目的だったのだと考えられる。 そう、今までの日本の歴史を。
さらにこのままではUMAとアライグマによってK都は死の町となり、それに乗じて明王朝が復活しK都を侵略し、K都は明の支配下に置かれるだろう。 死の国、つまり幽霊の世界になったK都を明が支配する。 つまりこれこそ幽世明営化(ゆうせいみんえいか)!!!
つまり前総理の目的はK都を崩壊させて歴史を消し去り、それに呼応する形で改革派を台頭させるつもりだったんだよ!!!

このまま倒れては日本は保守派と改革派の対立が激化し、東西に分裂してしまう!! そのような破滅の未来を回避するためにもここで倒れるわけには行かないのであった。 そしてそれに応えるかのように予言書が力を生み出した。
そう、相手の力の一部を吸い取り、己が力としていたのだ!!! まさしくこの力は万物の理を書き換え、意のままに操る錬金術の、ひいてはノストラダムスの力。
そしてこの力を使い、三体のUMAの集合体と下水道に潜んでいる(に違いない)アライグマたちを一掃することに成功する。
一部始終を見守っていたノストラダムスはUMAが倒されたのを見届けると、ふわりと浮き上がり、夜の空に消えるのであった。
こうして、日本の、ひいては世界全体の破滅を回避することに成功したNMR。

しかし数日後、NMRに一通のお便りが届けられる。 なんとその住所はNMRからみてほぼ(カモフラージュのためか若干の誤差が見られたが)エリア51の方向にある住所から来ていたのであった。
やはり彼らはまだあきらめてはいなかった・・・しかし今の我々にはノストラダムスから託された予言書がある。 そのような絶望の未来を回避するためにも、我々は日夜戦い続けるのであった・・・・・
コメント (1)

久しぶりの昼休みブログ  by急須屋

2007年06月28日 22時25分10秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
何かここ最近は全く昼休みのブログ書いてなかったようなきがするなぁ・・・
今日も今日とてみんなが適当に集まって誰かさんが家からわざわざパソコンを持ってきてみんなにニ○ニ○動画を見せていたり、とある人がゴン太君の携帯のストラップを見てどっかの予言者に見えてしかたがないので何かしら危機感を感じたりしてました。
そして今日の活動用にゴン太君が取り出してきたのは東方のトランプ。 そしてそのトランプで遊ぶのはババ抜きならぬバカ抜き。
ルールによるとババはジョーカーではなく9の札(チルノの絵が書かれてる)。 そして基本はババ抜きと同じ。 ただし負けたらバカ
いやもうこんなに心にくるようなゲームは初めてだよ。 ある意味闇のゲームだよねこれは。

そんなこんなの昼休みでした。
ちなみになぜ自分が久しぶりに活動記録を書くことになったのかは・・・・・・・お察しください。
コメント

デモンパ小坂シリーズ36話 byミドリ

2007年06月28日 22時10分49秒 | TRPG関連
ついに最後の五大四天王登場となりました。というわけで

デモンパ小坂シリーズ 第36話 最後の五大四天王登場 人影だけの登場ですが...

で、今回の面子は

文楽座 瑠璃(ウォーコイト・ドラグーン/ゴンタ)
小坂市最後の砦、文楽座一家の主。今回、猫を被りますなんて発言したおかげで...口は禍の元です。今回の苦労人?

文楽座 瑪瑙(ファランクス・カラドボルグ/GHETTA)
今回は瑠璃を止めるどころか、むしろ瑪瑙が好き放題。ばっちり?瑠璃をコーディネイトしていました。

日森 篤(クレイモア・バルディッシュ/朱雀)
苦労性の現人神兼高校生にして、数少ない突っ込み要員。今回は暴走役PCとは別行動が多かったため、そんなに苦労はなかったはず?

東郷 征斗(ドラグーン/東 京)
Under Groundを仕切る自由人。今回はヒロシは無事でした。
最近暇つぶしというより自分から苦労を背負い込みにいっている気が...

犬次郎(バルディッシュ/急須屋)
ご存知7つの傷を持つ北斗神犬。熱い(暑い?)友情で結ばれたジョーさんですが、さすがに今回は犬次郎からもダメだしを食らいました。

朝峰 燈馬(アルバレスト/00doll)
宇宙人やら日林先生やらが絡まなければ、至って真面目で優秀な探偵であるということを実感。普段は実にまともに働いてくれますね。

小坂某所、五大四天王による会合が開かれる予定だった。
30分前、千呪印到着
15分前、資料等を用意した釣二が到着。
開始予定時刻ちょうどDr.某到着。
神童15分遅刻して到着。
取り敢えず会議を開始。「金を返せ」だの、「もっと内密にやってくれ。」という切実な声と、すっとぼけた答えの応酬。
会議終了間際、「で、これからどうする。俺の仕事は?」と言う声。四人のうち誰の声でもない。最後の四天王、屠山殺鬼部屋の隅より姿を現す。一応会合開始1時間前から居たらしい。が、「参加しなければ居ても意味がないだろう。」と千呪印に突っ込まれ、不毛な遣り取りを繰り広げる。
千呪印、釣二お疲れ様。

一方、突然ジョーさんに呼び出されたPCたち。
先日殺害された瓜ヶ崎の後任が見つかるまでのつなぎとして、一般人の諜報員を数人雇ったらしい。(新聞の広告欄とかで...)ジョーさん曰く「一般人なら見つかっても記憶を消されるか、最悪でもヘアスタイルが気の毒なことになる程度で済むとおもった」とのこと。
で、案の定その内の一人でR.O.P社に潜入していた片山と連絡が取れなくなったので、心配なので調べてほしいとのこと。
PCたちから非難を浴び、白石さんに尋問部屋へ連れて行かれるジョーさん。

日森、燈馬は片山の自宅へ。部屋の中を調べるも特にめぼしい情報はなく、わかったのはここ2,3日帰っていないらしいということ。

東郷、犬次郎は聞き込み。わかったことは自宅組みと大体同じ。

文楽座姉妹は何を思ったか「幸福の真理学会」へ。しかし信者の中にはおらず、勘違いに気付いて、範囲「忘れろ~攻撃」の後、今度はR.O.P社へ。しかしただでさえ一人は派手な服の上行ったのはあの文楽座姉妹。気付かれないはずもなく、「片山に渡すものがある」と面会を求めるも受付で足止めを食らい、撤退。

翌日、前日の反省を生かし?瑠璃に普通の服を着せだす瑪瑙。瑠璃自分の姿に悶え苦しむも、瑪瑙の統率で大人しくさせられる。

東郷、犬次郎は聞き込みにより通勤する片山を見たという目撃情報を得、再び片山宅に赴いた日森、燈馬も片山が帰宅した痕跡を見つける。

今回は電話で瑪瑙が声を変えて片山を親戚の家出少女と偽って街中に呼び出すことに成功。瑠璃はそれに対するR.O.Pの通信を盗聴、片山に尾行がつけられることを確認。

待ち合わせ場所には瑠璃が向かい、瑪瑙は少し離れたところから尾行を探す。瑠璃は片山と接触に成功。一方瑪瑙、尾行を発見するも衝動で絶叫、周囲の注目を浴び当然片山の尾行にも気付かれ逃げられる。そのどさくさに紛れて瑠璃は片山を拉致。計画通りというのかこれは...

その後、セラフィム事務所にて集合、片山に話を聞くと、どうもジョーさんに雇われた記憶はなく、自分をR.O.P社の社員であると思い込んでいることが判明。彼の所属部署は現在相当な修羅場状態らしく、取調べの途中に早く戻って来いと同僚より電話がかかってくる始末。片山をセラフィムの施設で治療、記憶を取り戻させようかという話に。

そんななか、事務所に1枚のFAXが届く。差出人は撤退命令を出したはずの諜報員の1人、両沢流平という男。
内容は「五大四天王の1人が帰ってきたらしい。詳細は追って連絡する。P.S撤退とはどういうことだ。仕事をしているんだから、金をよこせ。」というもの。こちらから連絡を取ろうとするが、当然つながらず、代わりにR.O.Pより「両沢の身柄は預かった。返して欲しければ、金と共生武装を持って来い。」という連絡が入る。

同時刻、報告を送る両沢、それを見つける屠山。「貴様、何をしている。なぜこちらの情報を流している。」 「許してくれぇ、何でもする。役に立つから命だけは...」

受け渡し場所はお馴染み倉庫地帯。取引に入る直前、日森サーモレーダーにより両沢が悪魔憑きになっていることに気付き、そのまま戦闘に突入。
そこそこPCたちを追い詰めるも、マグネティックプレッシャーを何度も忘れたために誰も暴走させられずに散っていくR.O.P。

キャプチャー後、両沢はR.O.Pの情報を教えるからとPCたちに命乞いを始める。そんな中、突如放たれた1発の銃弾。気付いたのは燈馬と犬次郎。しかし為すすべなく両沢の頭部に命中、即死。銃弾を放った影は「役立たずが...」とつぶやき消える。

というわけで、最後の五大四天王、屠山殺鬼何とか登場できました。結局誰にも姿も名前も知られなかったわけですが...あとやるのを忘れていたのですが一応、両沢はジョーさんの広告に気付いたR.O.Pから送られたスパイ。で、お金に目がくらんで二重スパイに手を染めたわけです。spyは重罪です。二重はもっとやばいです。南無さんです。

報告遅くなってすいません。そしてジョーさん、マジで御免なさい。
コメント

今日も今日とて byGHETTA

2007年06月27日 22時24分39秒 | TRPG関連
懲りる事無くデモンパです。とっとといきましょう。

デモンパラサイト第三十五話
「まやかし・幻・酒の夢」


以下、今回の参加面子です。

“大口”ゴン(カラドボルグ・ショーテル/ゴンタ)
きっとPC1。独りで潜入捜査し、コピー機を使い、必要な書類を手に入れ、車を投げ、大活躍。
戦闘能力とは別の力が彼にはあるんですよ。


逆鬼 妖九(クレイモア/急須屋)
きっとPC2。今日も直球。何時でも直球。OPにてジョーさんの背後の壁を破壊して登場。
今回は色々とあれだった日森に変わり、頑張った人。


日森 篤(クレイモア/朱雀)
きっと忌日だったのでしょう、最終能力でファンブルを三連続し、振りなおす為の衝動を限界まで使って攻撃出来なかった人。レッドブレイクのタイミングを間違えたそうです。
衝動代わりにエナジーを減らしても戦えます。やっぱり結構強いです。


朝峰 燈馬(アルバレスト/00doll)
きっと探偵の力は着実についている筈。今回は指紋取りを頑張りました。
此の子の最終能力が無かったら、きっと誰かが暴走してました。そんなバランスでは組んでないのに……


東郷 征斗(ドラグーン/東京)
きっとかなり頑張った攻撃力担当。でも特殊ダメージは、たとえ巨大化していても嫌いです。
今回の調査に関しては、割りと観戦していた模様。


OPにて、今から三ヶ月ほど前、金を返せと迫る千呪印に対し、一枚の資料を渡すDr.某(それがし)。
「機嫌を損ねないように注意さえすれば、多少の資金ならば簡単に集めれるようになるだろう」

酒造メーカー『紅馬』の会計担当の人から、セラフィムに手紙で依頼がきた。
「最近うちの会計がおかしい。どうにも不正が行われているようなのだが、実態が摑めない。ROP社に調査を依頼したのだが、結果は何も問題は無かったと言われてしまった。どうにも納得がいかないので、出来れば調査してもらえないだろうか?」
電話で確認しようとするも、差出人の赤ノ戸鉄治は、そんなものを書いた覚えが無い、と首を傾げる。

ゴン、会社の入り口にて待ち伏せしていると、三人のボディーガードに囲まれた人を発見。車を追いかけるも、当然追いつける筈も無く、あえなく消沈。
夜に差出人の家に行き、手紙を見せるも、自分の文字だとは言うが、やはり記憶が無い模様。
調べてゆくと、『紅馬』を経営する一族が、どうも『幸福の真理学会』に入信したとの事。さらに、其の時からボディーガードを雇ったようである。
ゴン、単独で会社に潜入。工場の錠前を破壊したりした後、会計管理室に入り込み、ここ半年の会計をコピーして持ち帰る。
帰り際、二日前に赤ノ戸真佐子という人物が会社に訪問している事を知る。
監視カメラの映像をハッキングして覗いてみると、其処にはかつて、雨傘揶闇と名乗っていた少女の姿が映っていた。

翌日、会社のほうは何者かが夜中に入り込んだと騒ぎに。
赤ノ戸の家に、社長のボディーガードをしていた筈の男が現れ、家に入り込もうとするのを不意打ちする日森と朝峰。
見事に捕え、尋問した結果、どうやらボディーガード達が社長を催眠能力で操って、大量の資産を真理学会に寄付させているらしい。(因みに、彼らは神童配下の快軍所属のようである)

会社から幸福の真理学会への行き道で待ち伏せるPC達。其処に現れるボディーガード達。
「ふははははは!掛かったな!貴様ら程度、此の俺が軽く倒してくれよう」
「貴様らを倒さねば我等とて首が危ないのだ!」
戦闘へ

最終能力でファンブルを振りまくり、外す日森。
車を持ち上げようとしてファンブルするカルトロップ・アスリート。
車をローパーで持ち上げ、ぶつけるゴン。
アヴォイドと飛行で達成値32というよく分からない数値で攻撃を避ける朝峰。
日森に代わり、クレイモア成分で暴れる逆鬼。
黙々とダメージを与える東郷。

其れ程奇妙なバランスで組んだ覚えが無いのに、何故か衝動的にもエナジー的にもぎりぎりな結果となりました。不思議ですなぁ……

EDにて、千呪印に叱られる神童。其の隣で胃も頭も痛める釣二。


いやぁ、ダイスって凄いですねぇ……最近、再認識しましたよ。
皆さん、御疲れ様でした。


次は洞窟シナリオしてみたいです。割りとトチ狂ったバランスの。
コメント (1)

pass打ち込むたびに恥ずかしい (下と合せてby東京<アズマ キョウ>)

2007年06月27日 01時47分07秒 | TRPG関連
お待たせしました。本当にお待たせしました。
私が担当した第32話。ようやく書きます。

<夜道、疲れた足取りで帰宅する人の姿が。その人が何かにぶつかり、とっさに謝った。しかしそれは人ではなく、特撮ヒーロー物の宣伝看板だった>
デモンパラサイト第32話「ヒーローになりたかった者達」

木曜に突如として行われたセッションです。にもかかわらず参加してくださった方々には頭が下がります。

そんな方々はといいますと

<文楽座瑪瑙-ファランクスLv6カラトボルグLv4・GHRTTA>
最終兵器瑪瑙。戦闘において彼女の攻撃を防ぎきれるものは殆どいない・・・。弱点は無差別範囲攻撃だとか。しかしその行動値はめったに抜かされない…。今回は因縁の水泳相手と決着?

<海間留衣-ブリガンダインLv6・安綱>
水泳少女留衣。とにかく水泳大好き。そのためにメイルシュトロームを取った生粋の水泳っこ。水泳部の関係で瑪瑙と一騎打ちに。結果はいかに?

<日林進-カラトボルグLv6ウォーコイトLv3・急須屋>
NMR編集部進。彼の行う未来予知は妄言を超えて最早捜索手段に(こう言うと日林は怒るだろうが)。調査、戦闘とそつなくこなす彼だが、流石に一般人をいきなり催眠状態にするのはやめてくれ。

<朝峰燈馬-アルバレストLv6・00doll>
日林の弟子燈馬。中の人はGMに無理やり呼び出された人。ほんとにごめん。

内容をかいつまんで
・ヒーロー気取りの悪即斬な事件多発。調査開始
(この間に瑪瑙の高校の水泳部と留衣の高校の水泳部による因縁の水泳対決。瑪瑙は助っ人参加で、留衣はいつものように泳ぎに来た。結果は留衣に軍配。伊達に水泳技能を持っていない)

・現場にて瑪瑙の高校の水泳部が作成した勧誘ビラ発見

・犯人が水泳部の主将であることが判明。主将誘拐後4時間にわたる日林のお説教&洗の・・・いやマインドコントロールが続く。止める者なし
(日林←国家の陰謀なんだよっ!!!)
(朝峰←先生の邪魔をしちゃいけないな)
(瑪瑙←放置)
(留衣←取り付く島なし)

・事件は解決したかと思いきやまた発生。しかも被害が悪化

・調査の結果、風邪で休んだ瑪瑙の担任義本正守が怪しいのではないかと行き着く

・義本の自宅に本人はいなかった。代わりに日記を発見。新しい事件を示唆する内容が
・不良のたまり場にて義本発見の報告が入り、現場に急行。暴走状態の義本が襲い掛かってくる
(見た目はブリガンダインだが、氷のようにかっちりしているのではなく炎のような装甲や雰囲気を醸し出す。つまるところブリガンダイン・クレイモア)

・戦闘終了後、事件の動機を告白する義本
(既婚者である義本は、妻もまた教育関係者であったが生徒のいじめ問題を告発した際周囲から逆に責められてしまい、退陣恐怖症から入院していた。元々熱血漢でもあった彼は、この一件と、さらに水泳部主将が起こした一連の事件に触発され犯行に及ぶ)

・留衣と義本の会話
「私は、まだ教師になれるだろうか?」
「何を言っているんですか?『これから』なるんですよ」
「・・・そうだな」

事件解決。

いつものように世界の真実を追い求めるNMR二人。いつものように授業でうとうとする瑪瑙。そしていつものように水場で泳ぐ留衣。そんな留衣の元に一人の女性が小包と手紙を携えて接触。手紙と小包を渡して去っていった。手紙には義本からのお礼の手紙と、小包からはスポーツ用タオルが入っていた。

こんなとこです。

やはり先にあげたように、話の展開やら敵の作りが甘くて恥ずかしいところが多かったです。
こんな話でも楽しんでいただけたら、こちらは非常に嬉しい限りです。

またGMやりたいな。
今度はちゃんとブログ更新をしt(ry
コメント

遅くなりました…

2007年06月26日 22時07分33秒 | TRPG関連
大変遅くなりました。すいませんorz
経験値・レベルなど他データでの時間も押してるのでサッサと書き込みます

<あらゆる困難が科学で解決するこの平成の時代・・・人々の閉ざされた心の闇に蔓延る魑魅魍魎が存在していた。科学の力ではどうしようもできない奇怪な輩に立ち向かう神妙不可思議にて胡散臭い男が一人・・・その男の名は・・・>

―デモンパラサイト小坂シリーズ第31話―
『レッツゴー!パラサイト』
ほぼタイトルで全てがオ㍗ルセッションでした。

そんなシナリオに参加してくださった皆様(敬略称)

<西田愛鈴/ショーテルLv5・海老しゅうまい>
小坂の大食アイドル☆数少ない実戦型ショーテルであり、且つ強力な援護攻撃が可能な彼女。今回はあまりお仕事がなかった模様。大丈夫かしら。

<犬次郎/バルディッシュLv3・急須屋>
小坂の北斗神犬ヒーロー。彼がひとたび轟と吼えればモヒカン(通称カルトロップ・モヒ)が哭くという・・・。そんな彼も今回はあまりモヒを倒していなかったり。最後の最後で変身が解け、不幸にも一撃死したのは北斗の巡り会わせか・・・。

<文楽座瑪瑙/ファランクスLv5カラトボルグLv4・GHETTA>
小坂の最後の砦文楽座家の次女。PC本人も言っている事だが、彼女が万全のときは生半可な相手ではマッタク歯が立たない恐ろしき娘。透明化してからオーバーキルダメージは防ぐの無理。勘弁。

では内容をば。

 最近マイト・ウィシャス・カルトロップ問わず低レベルの悪魔憑きが何者かによって襲撃される事件が発生。被害は広く、セラフィムや警察特殊九課、果てにはRoPからも犠牲者が。
呼び出された愛鈴・瑪瑙、それと小坂にまた舞い戻ってきた犬次郎に、ジョウさんは注意を喚起する。
時間に余裕のあった三人はその事件について調査を開始。調べていく内についに事件がほぼ今発生した現場に遭遇。そこには魔種吸引されたカルトロップが二名。どちらも頭のモヒカンが抜け落ちていた。
現場にて事件の犯人が手がかりを残していないかと調べようとしたとき、先程魔種吸引されたカルトロップの増援が三人に襲い掛かった。
三人は軽く敵をのすと現場に古めかしいお札が落ちているのを発見した。なんとそのお札、愛鈴が近々取材する廃寺の代紋と一致した。
三人が早速そこに乗り込み、待ち伏せすると5人の男女が寺に入ってきた。
 寺の中で待っていた犬次郎に対し、リーダー格(名:芦屋陽介・クレイモア)が「貴様、悪鬼が取り憑いておるな!!」と叫び、五人(男4女1)はどことなく見慣れた格好から変身し、どことなく聞き慣れた曲とともに戦闘開始。
とはいえ元々低レベルを中心に戦っていた5人がPC三人に敵うわけもなく撃沈(その時の愛鈴の名言『成仏しろよッ(*・∀・)b』。PCが悶絶しとりました)。しかし不幸なことに衝動の結果変身が解除されてしまった犬次郎が平坂晴(ヴォージェ・坊主弐号)の一撃で崩れ去った。
 その後セラフィムにて芦屋に事情を聞くと、彼らは以前お祓いの際カルトロップ化した少年が衰弱死する様を目撃しており、全ての悪魔憑きがそうなってしまうのだと誤解。何とかして衰弱死を防ごうと、所謂『善意の悪』状態で活動していた模様。悪魔憑きの正確な知識を教えられた芦屋たちは今までの罪を償うことを誓い、この事件の幕は閉じた。

ラスト。自身の作戦に自信を持つ神童と、作戦に慎重性を求める参謀・豊田のシーン。それは一体何を意味するものなのか・・・

こんなところです。PCの皆様お疲れ様でした。

こちらの反省点として
「話の引っ張り方がぐずぐず」
「敵がPCのレベルに合ってない」
など、あともう一回にも共通する痛いところが目立ちました。そんな私のセッションでもがんばって下さった皆様には大変感謝しています。

あともう一つのセッションは、あと少しだけお待ちください…orz
コメント (1)

6月25日の昼休み Byてーしお

2007年06月25日 23時46分43秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
 今日はいつもの月曜日より部員が集まってたかと思います。今日主にやったことは、GHETTA氏が持って来たTRPGのルールブック(天羅WAR)を見てみたり、えびさんが持って来たカードゲーム(マイクロ王)をやったりしました。
 今回は自分がやった「マイクロ王」について触れたいと思います。ゲームの説明を書こうと思ったのですが書くとややこしくなるので止めます。私の感想は「どんなカードがあるかもう少し知っておかないと厳しいかな?」という感じでした。結果は・・・なんだかよくわからないうちに私が負けちゃいました。
 そんなこんなで今日の報告でした。
コメント

今回のNMR活動報告(前編)  by日林

2007年06月23日 22時20分39秒 | TRPG関連
あらゆる超常現象や陰謀を究明する団体、NMR。 そして今日もいつものように調査に乗り出すのだが、そこに待っていたものは・・・

NMR調査ファイル
(デモンパラサイト小坂シリーズ第三十四話)

「ジャージーデビルvsモスマンvsチュパカブラ!!私的アメリカ三大UMA大決戦!!!!」

以下、今回の調査メンバーを紹介する。
日林 進(ファランクス・ウォーコイト/急須屋)
NMRリーダーとして日々、「彼」の予言や世界の陰謀を調査する者。 今回は「彼」と思われる謎の人物からとある一冊の本を渡されるが、その本は、そしてあの人物は一体・・・ 

朝峰 燈馬(アルバレスト/00doll)
最近助手としてNMRの手伝いをしてくれている好青年。 今回も世界の危機を察知し、ともに調査に乗り出す。

猿渡 次郎(ヴォージェ/ミドリ)
NMRの読者にしてわれわれの警告を理解してくれた人物。 彼には新入調査員として、これからも調査に協力してくれるだろう。

〆張 八策(モリオン・ブリガンダイン/GHTTA)
燈馬君がこんな時もあろうかと拾ってきてくれていたたセラフィムメンバーの一匹。 UMAの調査において、われわれ人間が行くよりも彼のような動物が調べてくれた方が警戒心を持たれづらいだろう。

海間 留井(ブリガンダイン/安綱)
どうやら彼女もUMAに興味を持って独自に調査していたらしい。 今回は彼女の力も必要だと思い、危険かも知れないが調査に協力してもらうことにする。

佐藤 唯(アルバレスト/mono)
探偵としての勘が働いたのか、調査に来た我々NMRを待っていた人物。
どうやら彼女も今回の事件に何かしら危機感を持っていたらしく、NMR調査員として我々と同行することになる。

今日もNMRに届いたお便りを整理する我々NMR。 そうするとそこに気になる一通のお便りが・・・
「最近ジャージーデビル、モスマン、チュパカブラが出現しているみたいです。 調査してください。」
読者の皆さんはお気づきだろうか?
ジャージーデビル(Jersey Devil)のl≒R。
モスマン(Mothman)のO。
チュパカブラ(Chupacabra)のP。
それらをあわせるとROP!! つまり今回もROPが絡んでいる事件だということを表しているんだよ!!!

恐らく事態は一刻を争う事態になっている恐れがあるのでNMR調査班は手分けをして情報を集めることにした。
モスマンの情報を求めて練門大橋に行く途中、朝峰君が動物調査用に〆張君を拾ってきてくれていた。 さらに猿渡次郎君に出会い、練門大橋にて恐らくモスマンのことを調べに来たのであろう海間君と佐藤君にも出会う。 本来、このような危険な調査に一般人が関わるのは非常に危険なのだが、今回は人手が足りない。 さらに言うなら調査をしにわざわざ鳴門大橋まで来たその熱意に押され、協力してもらうことにする。

この場所での調査の結果、どうやらジャージーデビルはすでに飛び去ってしまった後らしい。 ひとまずこの場での調査はあきらめ、一度NMR本部に戻ることにする。

次の日、ジャージーデビルが見つかったK都、チュパカブラの見つかった二良を調べつつモスマンが向かったと思われる古狭湾に行くと、紛れもないジャージーデビルとモスマンの争う姿が!! しかし、驚愕する出来事はまだ終わったわけではなかった。
その後行方をくらました二体を探す我々の前に、一人の人物が姿を現す。 その人物とはこの世のあらゆる全てを見通す伝説の予言者、ノストラダムス!!!
わが目を疑うNMR調査団。 そして現れたノストラダムスは我々の力を試すと言い、フラットウッズ・モンスターを呼び出す。 ノストラダムスは自宅に望遠鏡を作り、よく夜空を見ていたという。 恐らくそれはカモフラージュで、実際は地球外知的生命体と交信していたとしてもなんら不思議はない。

人知を超えたオーバーテクノロジーに苦戦しつつ、かろうじてフラットウッズ・モンスターを倒した我々に対し、彼は一冊の本を残して去っていく。 そしてそこに書かれていたのは・・・

  かっての都にて、天使と悪魔と
  異界の獣が宴を催す。
  蝋燭の火は消え、羊達も姿を消す。
  宴に遅れし者たちはラスク(RASK)の怒りに
  滅びるだろう。

そう、これは紛れもないノストラダムスの四行詩!!! そして、これを解読するにつれて驚愕の未来が待っていることを我々は知るのであった。

かっての都とはまさしくK都。 そして蝋燭とは紛れもないK都タワーを示している。 つまり、前半は三匹のUMAがK都タワー付近に集結することを予言したものである。 しかし、重要なのは後半の部分である。
RASKの怒り・・・このうち、Aはノイズなので取り除くとRSK。 つまり、劉備(yuubi)、曹操(ousou)、孫権(sonen)!!!
つまりこれは、三匹のUMAが出会うと三つ巴の戦いとなることを表すと同時に、隣の某国がこのUMAを用いた軍事実験に脅威を感じ、全てを消し去ろうと実行にうつすことを表している!!! そしてその方法とはラスカル、つまり大量のアライグマを送り込んで病原菌を媒介させようとしているということも表している!!!

驚愕の未来に絶句する一同。 しかし我々には物思いにふけるような時間はない。
即座にK都タワーに向かい、UMAを待ち伏せる調査員達。 そしてその前に再び現れるノストラダムス!!! 

しかし何か違和感を感じる。 そうして現れた彼を問い詰めると今度のノストラダムスは偽者であり、ROPのメンバーである狐狸狗であった。
狐狸狗から聞いた話(と我々の独自の解釈を組み合わせたもの)によると、五大四天王の五大とはつまりペンタゴンを表す。 そう、ROPの背後には某国の国防総省、ひいては第一次・第二次世界大戦を画策し、そして近い将来起こるであろう第三次世界大戦をも目論んでいる影の権力者集団が控えているのであった!!!
そしてどうやら今回のUMAは彼らの技術によって生み出された実験体の戦闘訓練を行っていたものが逃げ出して暴れているものであった。 そして三対のUMAは西大寺に向かっていることを言い残し、狐狸狗は去っていった。

ようやくROPの実態がほんの少し浮かび上がる中で、一つ腑に落ちない情報があった。 ROPの連中はUMAは西大寺に向かっていると言った。 しかし我々にはUMAはここK都に向かっているという確信がある。 これは恐らく、彼らの持つ予言を解読する技術はまだ不十分であり、それが誤差を生んでしまったのであると考えられる。 

そしてしばらく待つこと一時間、ついにK都タワー上空にて争うジャージー・デビルとモスマン。 さらに二良の方からチュパカブラが姿を現す。
やはりノストラダムスの言っていたことは本当だったんだ・・・ しかし我々には時間がない。 いまだ姿は見えないが、恐らく下水道には数千匹のアライグマが待機して、今にも病原菌をばら撒こうとしているだろう。 そのような破滅を回避するためにも、我々はUMAに立ち向かっていくのであった・・・・・
  
続く
コメント (3)

連続三日目 byGHETTA

2007年06月22日 23時32分55秒 | TRPG関連
というわけでデモンパで御座います。今回は低レベルの方々を多めでお届けします。

デモンパラサイト小坂シリーズ第三十三話
「深淵から帰る者」

死んだ筈の者が帰ってくる。
扉を叩き、中に呼びかけてくる。
「兄さん。私だよ。中に入れてよ」
「外は寒いよぅ。温めてよぅ」
耐え切れず、男は電話に手を伸ばし…………


というわけで、今回の参加者です。

西田 愛鈴(ショーテル/えび)
今回のチーム引率係。且つ、主力其の一。
取り敢えず、コンビネーションから打ってくる妨害系は勘弁してください。ボスが凄い勢いで役立たずになってしまいます。

上条 樹(ウォーコイト/朱雀)
今回の波紋係。且つ、雑学担当。
アシッドミストは強力です。デモニックハウルも強力です。でも何より強力なのは、時たま真価を発揮するその頭脳なのだろうか。

紅 麗美(ファランクス/ゴンタ)
今回の不幸人其の一。紅家の当主様。でもお嬢様で、今回はピクニック気分で参加。
しかし、色々とGMの奇妙なダイス目により、技(弾幕?)を見切られてしまったようです。

北国 早紀(ブリガンダイン/東 京)
今回の不幸人其の二。恐らく巻き込まれ系。東郷の家の家政婦らしい。十七歳。
水圧弾をホースのようなものから打ち出す人。大事な常識人。頑張れ。

八咫(モリオン/ミドリ)
今回の鳥一号。第二十六話にて登場した鴉。小坂には重要なモリオン要員。
鳥は飛んでいるので行動が早く、回復が早めに打てるし、待機すれば最後に行動なので、実は便利な方。

横太郎(ドラグーン/00doll)
今回の鳥二号。雀のドラグーン。口は悪いです。エナジーも少なめ。
でも飛んでいるので行動も早い。知覚も探索も中級。尋問でクリティカル。射撃も出来るし、実は万能か?


シナリオとしましては、

セラフィムからの依頼。七甲山の奥地に一軒家があるのだが、其処の住人が行方不明らしい。しかも、其の周辺でヴィシャスがうろついているとか。しかも、其のヴィシャスはキャプチャー後にすぐ死んでしまったらしい。
朝に行き、犬を一匹捕まえる。尋問で、近日姿を見ていなかった知り合いの犬に襲われたとの事。
家の探索。大したものは見付からない。
家の近くの崖へ行くと、地面が少し崩れた場所が。
絶えず知覚で達成値20以上出し続ける鳥コンビ。
崖下まで移動中、茂みの中にルームスイーパー(ヴィシャス仕様)を見つけ、思わず近づこうとする麗美。
結局上条の人形が茂みの中に突撃し、ルームスイーパーがそれに群がったところを一掃。
崖の下の辺りまでやって来たところ、木の枝に服の切れ端を発見。女物の服のようだ。
其処に現れる獣の群れ。戦闘。
次に近くの滝の下へ行った時、上条が滝の裏側の壁が一部、奇妙な事を看破。小さな穴を見つける。
穴の奥をプレデターセンスで探すと、どうやら巨大な蝙蝠が何匹も中にいるようなので、今回は捜索断念。
川の反対側に渡り、其処にある巨木を調べようと、愛鈴が木を登ろうとすると、枝からドラゴンセンチピードが現れ、慌てて木から下りる。
うっかりドラゴンセンチピードに肉弾攻撃してしまい、反撃で追加エナジーを失くしてしまう麗美。
夜になりそうなので、家まで帰ろうと移動していると、日が暮れた頃に森の中から行方不明になっていた人(兄)が一人、ゾンビとなって襲い掛かってくる。
倒し、警察に連絡した後、遺体を家まで運ぶ。
夜道を行くパトカー。しかし、ゾンビとなった獣達の襲撃にあい……
夜中に家の扉を叩く音。「もし、もし、道に迷ったものです。入れてもらえませんか」
「兄が来ている筈なのです。会わせて下さい」
次第にノックから殴りつけるような音になってゆくのに焦りながらも、戦闘準備を整えるPC達。
そして一斉不意打ち。
ボス(ゾンビ、妹)がクリティカル連発で避けまくる。(主に麗美)
衝動が限界になりつつも、何とか撃退。

といったものでした。つまり、アンデットシナリオです。
本来は遭遇判定を乱発し、五、六回は雑魚との戦闘をしてもらうつもりだったのですが、私の出目があまりに平均的だったため、たった三回に終わってしまいましたとさ。衝動の蓄積量から言うと、恐らくそのくらいがちょうど良かったのでしょうが。

滝の裏側の洞窟については、また後日にやろうと思います。恐らく五、六レベル推奨。

というわけで、参加して頂いた方々、御疲れ様でした。
コメント (5)

これが第30回ですが何か by mono

2007年06月21日 02時04分59秒 | TRPG関連
「そろそろGMやろうかなと思ってるんですが」
「じゃあやってみれば?」

…ぇ?GM自体やった事無い人に軽々しくそんな事言っちゃっていいんですか?では趣味に走っちゃいますよ。ふむ…キャプチャできない問題はフロント○ッションネタで解決して、今まで触れられていなかった組織を出して、敵役は…あ、ちょうどいい設定があるじゃないですか。うん、決まり。

で、
デモンパラサイト小坂シリーズ第三十話
「鋼鉄の鼓動」
(“鋼鉄”は「くろかね」と読んでくだされ)

今回の参加者は

猿渡 次郎(ヴォージェ・ドラグーン/ミドリ)
最強の知力0を誇る眠り姫ならぬ眠り王子(?)
今回の知力0発言は
「お上って何?」
「お上にかちこみじゃあー!」
(駐屯地ゲート前にてゴミバケツを開けて)「ここかな~?」(おーい
戦闘では属性付き射撃攻撃に苦しめられた模様。追加エナジーが飛びかけるという状態に。で、EDでジョーさんを拷問しようとする瑠璃に
「俺がやろうか」
そんな彼は今回の話の中身は理解できていたのだろうか…

日森 篤(クレイモア・バルディッシュ/朱雀)
苦労人。…うん、説明終わり(こら
今回は寝ている二人のPCを起こして(!)セラフィムに集合させる事が最初の仕事であった。他のPCはおろかGMからも丸投げされたのはどうなんだ。そして戦闘では宅急便攻撃及び人形輸送担当。30mも飛んでくるんじゃない。が、衝動表にて変身解除。GMの強引な演出もあり、不意打ちで飛んできたディフレクション(何だそれは)の援護を受けるというシーンも。
やはり彼は苦労人である。全てはこれに尽きる。

文楽座 瑠璃(ウォーコイト・ドラグーン/ゴンタ)
文楽座一家のゴットファーz…マザー?(マテ
今回はROPやお上の情報戦部隊と死闘を繰り広げた。尚、被害はHDが一つ真っ白になった事とDr.某8000円分(何
戦闘ではメインウェポンだったが距離の遠さという名のGMの陰謀が炸裂し、一時人形と別行動状態となった。尚、今回初めて彼女のコンバットナイフが敵に向けられた事を追記しておく。ま、かわされましたけど。
で、EDにて次郎に拷問を習おうとする辺り彼女はゴットファ…マザー決定でいいんじゃないだろうか。ちなみに今回は人形は無事。(ディフレクションを本人の意向につき瑠璃ではなく人形に撃ったので(笑


冒頭からマスターシーン連発。
裸電球の部屋で復讐の成就と元の地位に返り咲くことを確信する白衣の男。陸上自衛隊小坂駐屯地(あったのか)の一室での怪しい会話。

個別導入。
夜中にゲーム(仕事じゃないんですか?)に耽る瑠璃。
こんな深夜にキャタピラーの音。でもゲームに夢中。

翌朝、寝起きの次郎にマサの「お耳に入れたいこと」が。
何でもお上(政府関係機関)の動きがおかしいらしい。
次朗「お上って何?」
マサ「政府の事でございます。若」

その夜。例によって信者と話をする日森。
おばさん「昨日は工事車両のキャタピラーの音がうるさくてねぇ。深夜なのに」
軍事オタク「昨日の夜は自衛隊の車両を見たよ。市街地に出るなんておかしいな」

翌日、土曜日の朝。セラフィムに召集…されたはずの三人。
次朗→爆睡、瑠璃→爆睡。…まぁ、いつもの事ですね。日森は寝ている次朗を抱え、文楽座家に電話。瑪瑙がフライパンを叩いて(フライパンとお玉ではなくフライパン二枚)瑠璃を起こそうとし、嫌な予感がした日森は文楽座家へ「次朗を抱えたまま」急行。例によって瑠璃の不興を買った刃字忌がフライパンで殴られそうになる場面に登場し、まだ寝ていた次朗を投げる(!)次朗も起き、一件落着。いいのか、それで。あの、もう11時なんですけど。

で、召集された彼らはジョーさんから話を聞くことに。
「ROP社の社員が社内で自衛隊員らしき迷彩服の一団を見たと相談の電話をかけてきた(その後、連絡が途切れている)」「小坂駐屯地の警備が異様に強化されている」
関連性があるとみて調査してほしいと頼み、気前よく昼食をおごる(!)普段と違うジョーさんと白石さんの挙動にPC達は不審感を持つ。

屋外組の日森と次郎。出がけに白石さんの忠告。
「小坂駐屯地には強力な悪魔憑きがいるから面倒は起こさないようにね」どの位の強さかと訊く日森に白石は小坂支部では手に余る相手と答える。

PCでの検索担当は瑠璃。
サクサクと衝動をためつつ情報をもサクサクと入手していく。正直、高めの設定でGMが戦々恐々していたのは秘密。途中、ROP社のハッカーに反撃を受けるも何故かそのハッカーは自爆(ピンゾロ)。所詮は彼らである。ROPのDr.某(それがし)の前任の五大四天王で現在は左遷されているMr.アイアン(マスター、修士である)という元兵器技術者の存在が浮上する。駐屯地の情報を調べる中、対悪魔憑き部隊である「特別警務隊」の存在が浮かび上がる。Dr.某の支援の下、神崎誠という女隊長が強力な悪魔憑きらしいという情報を得るも、お上の情報戦部隊の反撃を受け、HDを破壊される。直後の衝動表の結果、Dr.某(なにがし)に襲い掛かり、8000円弁当分吸血。何をやってるんですか、あなたたちは。

屋外組は移動中にキャタピラの跡を見つける。
ROP社の第3ビルの裏の私有路を舗装している建設会社のおじさん「工事車両より幅の広いキャタピラ跡があったんだよ」また、警備員の中年男性からは「なんだか昨日の夜の記憶がない」という証言も。
話を聞いた日森、中年には愛されているらしい。
小坂駐屯地では次朗の知力0トークに幻惑されたか警備に立つ隊員が「特別警務隊の隊員が警備に加わっている」との情報を漏らす。
尚、ROP社へ向かう途上、日森は尾行に気付く…というより尾行している女性が「妙に隠れ方は上手なのに途中で躓いたりしていて」気付いた。彼女は気付かれていることを悟り、一瞬で姿を消す。

屋外組がセラフィムに戻ろうとすると、軍用トラックが黒服の男たちを捲いてROP社第3ビルに向けて逃走。が、彼らは銃の扱いが下手で攻撃すらできずに蹴散らされる。戦闘後、裸の次郎は黒服の上着を譲り受ける。黒服「あ、どうぞ。いや、これ俺のじゃないし」彼らはROP社社員で、第3ビルにいたらしい。Mr.アイアンの部下もいたが、彼らはPC達を襲った事を含め、(というか、銃口を向けただけで発砲すらできずに全滅)何も覚えておらず、「残業続きで疲れていたからか」と勝手に自己完結。記憶操作の必要なし。いいのか、それで。

その夜、問題の第3ビルをPC達は襲撃。裏口で待ち伏せていた高機動車、軍用トラックと迷彩服の一団を蹴散らす。こっそり隠密で近付こうとしたPC達がピンゾロx2で二人見つかったのにはノーコメントで。彼らは陸自の一般部隊の隊員で、夜間訓練中にMr.アイアンの襲撃を受け、その後の記憶がないらしい。黒服たちと同じく、PC達を攻撃しようとした事も覚えていない彼らに一般人を攻撃した責任を取れと迫ろうとした瑠璃、彼らが一太刀もあびせられずに全滅(高機動車はエスケープで離脱)していたのに気付く(泣いていいですか?)トラックには運転手が直結させられていて、彼の脳を使って操作していたらしい。PC達、二度の戦闘が起こったのにも関わらず、どちらも全く民間人に目撃されず刑事部9課も駆けつけない事に疑問を抱く。

そんな中、ジョーさんからの呼び出し。
“鉄の白衣”と名乗る人物からの「果たし状」を見せ、昔、ROPにはDr.某(それがし)の前任として「悪魔憑きと兵器の同化」を研究する“鋼鉄(くろかね)の白衣”というコードネームの男がいたことを語り、「果たし状」通り、彼が再び駐屯地を襲撃し、戦力を強化してセラフィム小坂支部を襲撃する事を阻止するため、
駐屯地の訓練場に行き、彼らを迎撃するように頼む。陸自の方は自分で抑えると自信ありげに言い、更にPCの不審感を煽る。問いただすも、はっきりと理由を語らず、白石さんも目を逸らして誤魔化す。不審を持ちつつも、PC達は「少なくとも二人は嘘はついていない」ことから日付が変わった午前二時にセラフィム事務所を後にする。
そしてマスターシーン。ジョーさんと白石さんの謎めいた会話。
ジョーさん「また、いいように使われたか」
白石「敵わないわね。彼女には」

そして向かった訓練場。
装甲車やトラック、高機動車の群れがやって来るが、突如として飛来した砲弾により、吹き飛ばされる。発砲音や、着弾音はしなかった。残った車両は理不尽にもPC達に照準を向ける。激しい交戦の中、突如として一体の悪魔憑き(アルバレスト)が現れ、PC達を援護する。PC達は何とか車両部隊とその搭乗兵たちを倒すが、戦車や対空砲を含む部隊に包囲される。その車体には「特別警務隊」の文字。指揮官らしき男(駐屯地前でPC達に情報を伝えた隊員。立木宏彦、特別警務隊副隊長)は高圧的な態度をとるが、PC達を援護したアルバレストが変身を解除し、退くように言う。容姿は違うが、声でPC達(屋外組)は尾行していた女性であることに気付く。彼女が特別警務隊隊長の神崎誠(PC達にはバレバレだったが)だった。そして車で現れたジョーさんと共にPC達は事情を訊く為にセラフィム事務所へ。

神崎はジョーさんや白石の現役時代を知っている人間で、互いに面識があった。調査の発端となった電話は神崎の部下がかけたもので、事件をセラフィムの「協力」の下に解決させる為に神崎が指示したもの。その後も動向を探る為、PC達を時には自ら尾行していた。(彼女が消えたのはクロックアップ、容姿が違うのは(PCに見せた顔も素顔とは限らない)カメレオンアーマー)
※尚、彼女は幸運0である為、不幸である。隠密上級の彼女をPCが見つけられないと思ったGMは今回、2D6で5以下を振ったら見つかるという「不幸判定」を行っている。で、二回目に見事にピンゾロを振った。完璧。
神崎の真意は、ジョーさんと白石に資金面、二人の仲の両方について協力する事。
自衛隊内部で解決すべき問題を扱う特警の隊長である以上、表立ってはセラフィムに協力を要請できなかった為、こういった回りくどい手を使った。また、PC達との正体を晒した接触をぎりぎりまで避けたのは、あくまで「善意の第三者としてのセラフィムの協力」を演出する為で、調査費用の中からセラフィムへの口止め料込みの資金を提供する口実として必要だった事である。一連の戦闘は事件が発覚する事を好まない特警が「一定の空間内の光景、音を保存する」機材を用いて隠蔽していた。尚、その後も事件は公にはなっていない。
ジョーさんと白石は彼女の差し金だろうと推測してはいたものの、確証が無かった為に、PC達に伝える事を避けていた。もっとも、資金提供が慢性自転車操業の彼らにとって魅力的であったのも事実だろう。

で、ジョーさんを縛り、コンバットナイフを取り出し(尚、今回の戦闘で初めて味方以外への攻撃に使用。が、あっさりとかわされている)拷問しようとしてやり方を知らない事に気付く瑠璃。
次朗「俺がやろうか」(マテ
むしろ教えろと迫る瑠璃。あ、いや、今回はジョーさんも被害者だから見逃してあげて下さい(汗
服代を迫った瑠璃に対し、神崎はあっさりとお金を渡す。
うん、口止め完了(をい
というか、今回の黒幕はある意味彼女だった気がするんですが。矛先違う。って誰もアルバレスト9↑ブリガンダイン4↑になんて手を出したくないか。尚、白石と同じく、年齢の話題は地雷なので注意。1km先からグングニルで狙撃されても知りません。

で、裸電球の下で一人の男、もといMr.アイアン。
「覚えていろっ!」(机殴打→レッドアウト
…痛かったんだろうなぁ。ダメ悪役決定か?というか、鋼鉄=更迭というダメフラグに誰も気づいてくれなかったのが悲しい…(ぇ


時間が押していたため、結構ED部分がいい加減になっていた為、補足です(汗 初GMでしたがPLの皆さんどうでしたでしょうか。正直、すっきりとしない話になったので楽しめていただけたか心配です、はい。と・い・う・か。自分で言うのもなんですが、初GMで話でか過ぎ。以上。

妄言で始まったROPの隠れ蓑(になってない)ROP社設立に続いて小坂最強の組織「特別警務隊」を作ってしまった新人GMの明日はどっちだ!

・・・明後日ですねぇ(おーい

まぁ、記事長過ぎとかPlay時間長過ぎとかなんとなく長過ぎとかいろいろ長過ぎなコメントをどうぞ(ぇ

コメント (4)