神戸ボードゲームの会へようこそ!

平日昼休み 放課後 見学自由
毎月第4日曜に定例会やってます

収支麻雀報告 兼 ゲーム会のお知らせ byオト

2018年10月31日 21時53分21秒 | その他の活動連絡・報告

1.収支麻雀報告
2.お題消化
3.ゲーム会のお知らせ
4.次回のお題

こんばんは。はじめましての方ははじめまして。
久しぶりにブログ書くことになりました。オトです。
正直、もう2度とこのブログに書きこむことはないと思ってましたが……手が自然とidとpassを入力してくれました。忘れられないもんですね。
歴代ブログダービー1位の座はまだ私なのでしょうか。シゲヨシ君には期待してるよ!

では、諸々書いていきます。


1.収支麻雀報告

サークルでは2012年頃から不定期ではありますが【収支麻雀】というものを開催しています。
一定期間、サークル内の麻雀の成績を記録し1位を決めるという形式ですね。
去年からはOBや有志がスポンサーとなり成績優秀者に賞品が出るようになりました(今回も有志に特別賞を出していただきました。この場を借りてお礼を。ありがとうございます)

OBと現役が一緒にゲームできる数少ない(?)機会なので、ぜひ今後とも存続してほしい習慣ですね。
夏に限らず、後期期間とか冬期休暇とかもやってほしさ(過去にも後期期間中ずっと、とかありました)

今回は残念ながら18年度生の参加者0人でしたが、賞品もあるのでぜひ積極的に参加してほしいです。
現役生からの次回幹事、絶賛募集中。


2.お題消化

お題は…初ブログなんで「自己紹介」ですね。こんなぬるいお題でいいのか不安になります。
OBのオトって言います。大学を卒業してそろそろ2年になりますね。
クマ君のちょっと前に皇帝なんかもやってました。

このサークルに入ってから人生ががらっと変わり、今ではボードゲームにかかわる仕事についています。
入学前はこうなるとはまったく思いませんでした…驚きです。
仕事柄、OBの中では比較的現役生と絡むことが多いと思います。機会あればぜひ一緒に遊んでください。目指せインストおじさん。
あともし探してるボードゲームとかあれば遠慮なく教えてください。大抵は見つけてこれます、多分。


3.ゲーム会のお知らせ

ついでに宣伝を。

まず11月18日(日)にゲーム会を開催します。
以下、詳細

日時:11月18日(日)10:00~23:00 ※途中入退場自由
場所:ボードゲームショップDDT
料金:通常営業料金(30分200円 / 最大1,500円)

また、12月24日(月・祝)にはクリスマスゲーム会も開催します!
予定のない方はぜひ一緒にボードゲームして過ごしましょう。
ケーキや軽食を用意しますので、人数把握のため以下のツイプラにできるだけご協力お願いします。
https://twipla.jp/events/346943

え?予定ある?はいはい、お幸せに。


4.次回のお題

次回のお題ですが、初ブログの方はお約束の「自己紹介
2回目以降の方は「冷蔵庫の中に入ってるものすべてを使って切ないラブストーリーを考えてください(※実家生の方は最大10品まで)」でお願いします(※出典はこちら)
嫌だという方は「『冷蔵庫~(略)』よりも鬼畜お題と感じるお題を2つ過去記事から見つけてきて、次の人に提示する」でも可とします。

コメント

5/20 定例会活動報告

2018年05月21日 17時03分38秒 | その他の活動連絡・報告
三寒四温に苦しめられた春もいつの間にか過ぎ去り、半袖で過ごせる季節がやって来ました。

重いボドゲを持ち歩くだけで汗が滝のように流れ出す厄介な季節です…



そんな夏が私は大好きなのですが…








5月20日日曜日の定例会報告です。
定員超過が懸念されましたが、メーリスの登録が上手くいっていなかったのか、
いつもより少ない人数の定例会でした。
参加してくださった皆様ありがとうございました。
メールが届かなかった方は今一度メーリス登録の確認をお願いいたします…。



が、しかし!!他大学の方々や、お久しぶりな方々のおかげで
普段回らないゲームや、日本に無い珍しいゲームができました!!
有難いですねえ〜




☆回ったゲーム☆

・ラミーキューブ ツイスト

・マンハッタン

・beasty bar

・テストプレイなんてしてないよ 黒

・スーパーマリオレベルアップ

・ヒトとイロ

・アルゴ

・平成終了のお知らせ

・アンドロイドネットランナー

・これは贋作じやないか

・ブルゴーニュ

・ファアナ

・コンプレット

・ギャングスターパラダイス

・おばけキャッチ

・quiz いいセンいきましょう 恋愛編

・BANG!

・ごいた

・小早川

・マジョリティパーティ

・たぎる論理




隣の部屋ではTRPGも行われておりました。↓↓
https://blog.goo.ne.jp/shindaisfken/e/639b48dbb7c15bb5e66a0792c088dd5a





次回の定例会は6月24日日曜日です。

メーリスの他にもツイッターや、ブログで定例会の日時の連絡はしておりますので、
そちらでもご確認ください。


皆さんのご参加お待ちしております!!!
コメント

pptq 参加報告

2018年05月21日 15時56分53秒 | その他の活動連絡・報告
こんにちわ、じゅぴたーです。
海事科学部なのであまり活動に行けないのでこの場で自己紹介もしておきます。 現在3回生で今回報告するmtgというカードゲームとハースストーンというdcgを好んでプレーしています。どちらもサークル内に専用のライン部屋があるので興味がある方は是非声をかけてください。

5/20日にドラゴンスター新京極で開催されたmtgのpptq(プロツアー予備予選)に参加してきたので報告したいと思います。
プロツアー予備予選とはrptqと呼ばれるプロツアーの予算である全国大会に出るための権利を得るための大会です。
今回のフォーマットはスタンダードで、mtgの最も一般的なフォーマットで直近約2年以内のカードが使えるフォーマットです。

<デッキ選択>




今回使用したデッキは赤黒アグロです。
赤黒アグロは前週にアメリカで行われたgpという数千人規模の大会でtop32のうち約半数、その他の大きな大会でも結果を残している、トップメタです。
メインボードは名前の通り赤黒のアグロデッキですがサイド後は約10枚前後入れ替えて相手より少しゲームスピードをおとしミッドレンジに変更することができる非常に柔軟性が高いデッキです。
青白系のコントロールデッキを使うかこれを使うか悩みましたが相手の事故やもっさりした行動につけ込んで勝ちきれるこちらのデッキにしました。あとコントロールはミラーがダルすぎるのと時間がかかって疲れたり引き分けることがあるのもマイナスポイントでした。


<大会本戦>
今回のpptqは参加人数約40人でスイスラウンド6回戦ののち、SE3回戦でした。

今回の会場であるドラゴンスター新京極で開催されたpptqには過去3度出て毎回全く勝てず、その上、ストレージに入れていたモダンのデッキの貴族の教主というそこそこ高額なカードがスタンのデッキケースに踏まれて折り目がついてしまっていて最悪の気分からスタートしました。

1回戦 黒単
1ゲーム目
ロングゲームの末、霰炎の責め苦をかなりのx数で打たれてしまい敗北
2ゲーム目
相手の除去ハンドキープから3ターン目ハンデスでヴラスカの侮辱を抜き4ターン目チャンドラでマウントを取りそのまま勝ち。
3ゲーム目
相手の手札にヴェスがあることを確認したので鎖回しを温存しながらカーンでアドバンテージを取りヴェスの返しに鎖回し二体で勝ち。
2-1

2回戦 青白コン
1ゲーム目
残骸の漂着を、ケアしながらちびちび殴って相手が我慢できず打った第2メインにチャンドラ定着させ相手がテフェリー を持っていなかったので勝ち。
2ゲーム目
ハンデスで相手の妨害をしながら6枚入ってるpwを連打したら3枚目が通って勝ち。
2-0

3回戦 青黒ミッドレンジ
1ゲーム目
それほどライフが削れていない状態でスカラベが出てきてやばかったものの第1メインでチャンドラでスカラベに4点与えてパワー3と1で殴ったら通ってx2のバリスタでエンドステップに殺して勝ち
正直ブロックされてたら負けてた。
2ゲーム目
収集者、機知の勇者という相手のぶんまわりを鎖回しで返して勝ち。
2-0

4回戦目 青白コン (海外の方)
1ゲーム目
相手に綺麗に捌かれテフェリー で負け。
2ゲーム目
ハンデスからのpwで勝ち。
3ゲーム目
相手がダブマリで勝ち
2-1

5、6回戦
4回戦目終了時点で全勝者2人だったため2-4位に入れるので2戦連続でID(合意上の引き分け)

スイスラウンドは4-0-2の3位抜けでSE進出
デッキ分布は、5人が赤系のアグロで青白コン、バンドミッドレンジ、緑黒ガルタが1人ずつ

準々決勝
1ゲーム目
1ターン目ラノワールのエルフをアブレード、2体目を鎖回し、返しの鉄葉をチャンドラマイナスとお手本のように返して勝ち
2ゲーム目
先手2ターン目鉄葉が止まらず、無許可の分解も弾かれ瞬殺
3ゲーム目
中々のロングゲームになるものの相手の格闘除去に合わせて分解で一気に流れを掴んで勝ち
赤黒と緑の除去の強さの差が出た結果に
2-1

準決勝 同型
1ゲーム目
こちらが先手だったため押し込んで勝ち
2ゲーム目
相手が先手の上、相手はフェニックス入りのため相性が悪く瞬殺
3ゲーム目
こちらが先行で有利な上、相手がマナソース9枚に対してスペルを4枚しか引けずに勝ち
2-1

準々決勝の青白コンの卓が長引いていたので一時間ぐらい待つことに

決勝 青白コン (4回戦で当たった海外の方)
1ゲーム目
たかり屋とキラン号でチクチク殴ってギリギリ押し込んで勝ち
2ゲーム目
相手が5ターン目にテフェリー を出して引いた後に相手がタップインの土地をアンタップで出していたことに気づいてジャッジ言ったところ前のターンのハンデスで見えていなかった2枚のうち1枚をランダムにトップに戻してターンの最初からやり直すことになり、前のターンハンデスでタップインしかなかったのは確認済みなので運を天に任せたところ勝負の女神は相手に微笑み島が手札にいって負け
3ゲーム目
ボーマット、たかり屋、強迫たかり屋勝ち
2-1

というわけで優勝しました。
運に恵まれた部分も大きいですがついにpptqを抜けました。因みに相手が海外の方だったので賞品のスプリットの交渉をせずにやったので8000円の金券も手に入り爆アドでした。



コメント

第30回DoI参加報告by戌亥

2018年05月01日 13時28分41秒 | その他の活動連絡・報告

初めましての方は初めまして。4月29日BIGAGICなんば店で開催されたZ/X(ゼクス)のBox争奪戦第30回Day of Ignitionに参加してきました。今回はその報告記事になります。


Z/Xとはなんぞや?

この記事でZ/Xのことを初めて聞くという方もいるでしょうから、簡単に説明をば。
Z/Xはブロッコリーが発売しているTCGで、ルールはデュエルマスターズに近いです。特徴は盤面が3×3で共有なこと、メインフェイズとバトルフェイズが1つになっていること、イグニッション(以下、IG)という小型の踏み倒し手段(運次第ですが)がシステムとして用意されていることがあります。

以上のことと、ライフが4点であることを把握してもらえれば最低限のルールは抑えられると思います。


デッキ選択

私が今回試用したのは青黒白緑の「4cベイン」。前の環境で猛威を振るったものの、禁止の影響をもろに受けたデッキの焼き直しで、序盤はエクストラデッキを大量にめくる(レベルを上げる)ことに専念して、中盤で盤面を埋め尽くして殴り切る速攻寄りのミッドレンジデッキです。

もともと私は好きなカードで勝利を追求したい派の人間だったのですが、3月に考えを変える出来事がありました。デュエマの全国大会2017のメメントモリ神宮入りのドギラゴン剣の試合を見たことです。このデッキは最終的に優勝を果たすのですが、環境を定義づける骨太のビートダウンに、あらゆるデッキへの対応策が入っていてなおかつそれを使いこなすプレイングに見惚れました。この試合を見てから環境に存在する速くて骨太のビートダウンを握って、なおかつそれに勝てるように調整することに興味が湧いたんです。

同時にZ/Xの今の環境もこの考えを後押ししてくれました。というのも、最近感じていたのは"攻め”の力が強いということです。盤面を共有するというZ/Xの性質上先に面を埋めるということはそれだけで相手の展開を妨害することになるため、後手に回るというのは単純に先手の倍の力が必要で、最近はそれが顕著です。要するに、攻めるにしても守るにしても相手の始動前に一度マウントを取ることが重要だと感じでいました。何を今さらと言われるかもしれませんが、普段から“受け”のデッキを使っていたのでこの単純な事実に気づけていなかったんです。

以上を踏まえてデッキの調整を始めました。前提として最速で面を埋めつくすことができるデッキにすることにしました。前述のとおり、面を埋めるというのは相手の展開を妨害することに直結し、1面でも空いているかどうかは、盤面処理の面からもエクストラなどで展開し返す面からも盤面復帰の難易度が格段に変わるからです。候補としてはとしては2つ、「ベイン」と「ディンギル」です。ここから①IGで初動のレベル上げをケアしやすい②面を埋めるカードがより大型で除去されにくい③火力が高くよりキルターンが短い④今まで使ってきたデッキにより形が近く比較的回しやすい の4つの理由から「ベイン」にすることにしました。


次に黒の「ベイン」に組み合わせる色です。デッキの回転率と盤面を整理しキル能力を高めるため青は確定、リソースの加速と一時的な水増しで1ターンでも早くマウントを取るために緑も確定。最初はこの3色で調整していたのですが、1つ大きな問題が生じていました。相手の除去持ちが抜けない。確かに面を埋めることはできるものの、デッキの性質上大型→小型の順に展開せざるを得ない関係で一度攻撃を始め相手に優先権を与えてしまうと大型を除去され、後続が続かず点も取れず面も取り切れないという状況が頻発しました。

そこで事故率は上がるもののやはり白も必要と判断。エクストラにルルを採用することで火力と展開力を確保することに決めました。白を1枚だけにする構築も試しましたが、枚数を取ってエクストラにアンシャル・キシャルを採用するほうがチャージメタ兼マウントをとれると判断。唯一の懸念事項だった事故率も、最新弾でキジトラを採用することができるようになり、白の枚数が確保できたため4cで行くことに決めました。


1回戦

青黒緑アニムスループ〇
身内。1回戦が見知った相手だとリラックスできますよね。
墓地を大量に肥やして最速7リソでループするデッキ。今回はLO型。
初手マエロルから最速スティカで展開する度にハンデスされる状態にしかも処理ができず7まで生き残る。レベル上げだけでターンが過ぎ、7リソに到達。墓地も十分ありループ決まったかと思ったもののエクストラを捲るために望外の1ターンがもらえる。返しに全力で展開し殴り続け4点貫通して勝ち。本人曰く「悠長した」トトでスティカの上から大量に手札補充できていたのがよかった。

2回戦

白黒フォスフラム〇
身内その2。ひたすらライフの中を弄くり回すデッキ。こちらが攻めに全力、相手が守りながらでルルを立てて殴りあう展開に。相手がライフを計10回以上弄くった結果ライフリカバリーとヴォイドブリンガー(シールドトリガーみたいなもん)を幾度も踏み抜くもルルをすべて吐き出して火力の差で押し切って勝ち。

3回戦

青白黒ベイン×
緑を採用してないタイプのミラーマッチ。3色なだけあって事故の確立が低く、相手が先手。2コストの枚数も相手の方がおそらく多かったと思います。こちらがアッパー事故り、苦し紛れにバニラビートで特攻するも1手足りず。相手が順調にIGでアッパーを出し、負け。全くデッキが動かないで負けるとメンタル乱れますね。

4回戦

青単ローレン〇
5リソでウェアキャットでマナ加速→アンシャル・キシャル降臨のブン回り。相手の5、6のIGOBもなんのその。手数の差で轢きました。

ここで階段が崩れて全勝者が1人になったので予選終了。3-1で8人の決勝トーナメントへ。

準々決勝

青白黒ベイン〇
予選のリベンジ。こちらが先手でアッパー事故もなく順調に滑り出す。予選の時点で緑がないことは把握していたので、相手の5リソのターンに若干動きが緩慢になったとこを咎め、先に緑で加速してエクストラを叩き付け、リトルガーディアンでリソを水増して手数の差で殴りつけて勝ち。
途中ライフに死廃の胎動があるのを把握していたのにエクストラをめくりすぎてしまい、ライフの有効牌を減らしてしまうミス。相手のライフの取り方次第では負けてた試合でした。途中盤面処理もミスが多く、このマッチアップはまだまだ練習が必要だと感じました。

準決勝

白緑フィエリテ〇
エンジェル軸に緑の加速を組み合わせた形。切り札のウリエルはIGが小型だけでなく全部のカードが踏み倒せるようになるとかいうバケモノ。相手が序盤レベルを上げれず、ビギナーズパックで登場したフラーマの効果を使ったら全部緑のカードとかいうすさまじい下振れをしてる間にリトルガーディアンを3回使って勝ち。毎ターンリトガ撃ってたら3リソブしてるのと変わらないなって。

決勝

モエガネケットシー〇
白のウィニーを得意とする種族単に青赤のリソースリンク(リソースでセットをそろえると効果を発動するカード)を採用して自壊手段を確保し、得点力を上げた形。こちらは緑で5から6へジャンプして始動なのに対し、あちらは5が標準始動ターン。先手を取られ、5で順調に動かれるもこちらも5までに死廃の胎動を2枚打ちレベルを上げ終え、5→6ジャンプでアンシャル・キシャル降臨するブン回り。互いに1点2点と取りあう殴り合いに。
こちらのウェアキャットを利用してタビーキャットの条件を満たすよう誘導するなど本当にプレイングが上手いと思いました。しかし肝心のメインクーンのガチャを外し足が止まる。ガムビエルでチャージ上限を減らしルルをケアされ、アルパインでこちらの手数を減らしてくる。ライフから出た小型でアルパインを処理、IGで出てきた小型とハンドのアルダナブでガムビエルを処理した後はルルを絡めたいつもの展開で8面埋め+キジトラでリソリンを完全にケア。ライフが弱くそのまま殴りつけて勝ち。


というわけで箱争奪戦優勝してきました。私が対戦した以外にも緑系のコンボデッキ(コンボリーファーやコンボコヨーテ)がいたようですが決勝トーナメントの反対側で猫に狩られた(刈られた?)ようです。

また同日名古屋で行われたCS、タングステン杯では「ディンギル」が大隆盛を起こし、新弾の赤のSRヤシギが64人中62枚使用されたと思いきや、緑系のコンボデッキが上位に入りまくるなどといった大波乱が起きてたようですがその辺は誰かがレポート書いてくれるでしょう。

GW中も多くのCSが行われ、その内のいくつかに参加する予定です。またいい結果が出せれば筆をとるかもしれません。

正直完全にZ/Xのことを知らないサークル員向けと、知識のあるZ/Xの民の両方に向けて手探りで書いてますので読みにくいのは勘弁してください。

それでは。

コメント

ふるよに第2幕全国大会報告 byトクP

2018年04月08日 14時03分43秒 | その他の活動連絡・報告
※注意!
これは2018/4/7のふるよに全国大会の報告です!だけど中身は出来るだけ、可能な限りふるよに分からなくても読めるようにしているよ!新入生も是非ゆっくり見ていってね!








男と生まれたからには
誰でも一生のうちに一度は夢見る
「史上最強の男」

「ミコト」とは
「史上最強の男」を目指す
決闘者のことである!!


テテッテレテーテテッテレテーテテッテレテーテテッテレテー(神イントロッ!!!)




はい、こんな全然通じないだろうネタは置いといて、どうも、気がつけば3回生になっていてこの大学2年間ボドゲ関連のことしかしか成長してなくね?と悲しみを背負ってるトクPです。

冒頭に書いてある通りふるよに第2幕全国大会の報告です。





まずはふるよに知らない人に向けてふるよにを紹介しよう!

・ふるよにってな〜に?






ふるよに。正式名称、桜降る代に決闘を

君はミコトと呼ばれる、特殊な力を持ち、その力で決闘をおこなうものだ。
その特殊な力ってのはメガミっていう神様の力の一部を一時的にその身に宿す力のこと。
一度に宿せるメガミは二柱まで。
さあ選びなよ。どのメガミの力を借りるのか、そしてその力をどう使うのか。
それが出来たら君も立派な決闘者だ。
いざやろう、桜降る代で、決闘を。



という感じでふるよにっていうのは1体1のボードゲームのことです。

1:まず14柱いる個性豊かなメガミから、お互い2柱づつ選択します
2:メガミ1柱につき11枚のカードがあります。つまり自分のメガミ2柱のカードが合計22枚枚あります。その中から10枚選択しデッキを構築します。
3:これで準備は完了!あとは桜降る盤面で決闘を行うだけ!


詳しいルールが知りたい、実際にやりたいって人は是非隙間や放課後活動にいらっしゃい!そしてただ一言、「ふるよに」って呟こう!それだけでそこにいるふるよにプレイヤーがやってるボードゲームをほおり投げてすぐさま君の元へ駆けつけてくれるだろう!
君もレッツふるよに!











そて、そろそろ大会報告をば


・ふるよに全国大会報告

今大会は各地の予選を突破した精鋭合計70人参加という大規模な大会でした。

大会の形式はスイスドロー、簡単に言えば毎度シャッフルするトーナメント。負けてもその後同じ戦績同士で戦いますが、決勝戦にいくには1度の負けも許されない。
さらにメガミの選択形式が、三拾一捨という、あらかじめ3柱選んどいて、相手にその3柱の組み合わせのうちどれで戦うかを決めてもらうという形式。もちろん自分も相手の組み合わせを選択すする。メガミ選択段階でも読み合いが発生さ、その分事故(ありえんくらい不利な組み合わせとあたるとか)が減る。






今回私が選んだ3柱はユリナ、シンラ、トコヨ(刀書扇)
それぞれの組み合わせを説明すると、


ユリナトコヨ(刀扇)

言わずと知れた強力コンビ。ユリナの超火力にトコヨの守りや盤面コントロール力が加わった、まさに知恵を得たゴリラ
圧倒的有利を取れる相手は少ないが、逆に不利を取られる相手もあまりいないという安心感あふれる2柱。盤面の主導権を握りやすい。ただしその分使用者の実力が問われる。

ユリナシンラ(刀書)

天地反駁からの浦波・圧気・反論によって強制的にライフダメージを与える強力コンボ軸と、立論反論扇動による強制オーラダメージを利用し普通に殴る軸の強い2通りの戦い方が出来る二刀流ゴリラ
上の2通りの戦い方は大抵の相手に強い構築を無理矢理押し付けられるのでホントにゴリラ。

トコヨシンラ(扇書)

圧倒的対応力と相手の邪魔力で硬い守りの城を築くのかと思いきや森羅判証(+皆式理解)からの付与4枚即時破棄によって突然対応不可の5点をたたき出す(初期ライフは8)とんでもない突発性ショットガンゴリラ
弱点となる相手は多いものの逆に圧倒的有利を取れる相手も多い。三拾一捨では相手がこの組み合わせを選んでくるかどうか読むことが大事となる(ここすごく重要)


こんな感じで、トコヨシンラ以外は有利不利がほとんどなく、トコヨシンラは逆に有利不利が尖ってるという組み合わせ。よって相手のメガミの抜き方さえ間違えなければ事故ることが少なく、安定して戦える3柱です。

まあ、それでもハガネ(大地砕きヤメテェ!フレア奪わないでぇ!)とかウツロ(全てのカードが刺さるレベルできつい...)とか大きなネックは存在します。
トコヨとオボロ相手はかんがえること気をつけることが多くてしんどい。あとクルルも個人的に戦いたくない。何してくるかわかんないんだもの。ほんと。




・1回戦 vs刀薙騎(ゴリラゴリラゴリラ)
刀薙:圧倒的高火力によるゴリラゴリラ
薙騎:圧倒的手数によるゴリラゴリラ
刀騎:ゴリラゴリラ

どう足掻いてもゴリラ

まあこの組み合わせなら扇書が返ってくると考えて、まあ刀薙が1番読みやすいし受け流しやすいので刀薙かな。まあフレアをしっかり気をつけて殺されるラインを見極めれば大丈夫でしょうしんどいけどやるしかないよしいくぞ!ってうわっ刀書返ってきたんだけど(困惑)

まあ読み間違えましたが天地反駁を完璧なタイミングではり、浦波と森羅万象で詰ませて何とか勝ち〇




・2回戦 vsユリナトコヨユキヒ(刀扇傘)
2回戦できてしまった1番当たりたくない組み合わせ。ユキヒがいる時点でどう足掻いても地獄の戦いになる。まあ相手は扇書を返してくるので、どれが一番マシか。扇傘はおそらく中距離ではらりゆきなどて殴られ続けられるとダスト溜まるしキツい。刀傘は一閃だけでなユキヒの1/1攻撃2回もライフで受けざるを得ない(そうしないと月影が序盤で飛んでくる)のでキツイのではないだろうか。速攻仕掛けてワンチャンといった感じ。こうなったら、結構不利ではあるけどついこの前戦って勉強した対刀扇でどうにかする方がましであろうと考え刀扇を返す。やってやろうではないか!不利な戦いほど燃えるんだyうわっ刀書返ってきたんだけど(困惑)
えっ......今までの読みは???


というわけで刀書 対 刀扇
有利でも不利でもない(おそらく)
こっちは天地反駁を完璧なタイミングで貼る必要があるが、相手がトコヨである以上待ってるだけじゃそのタイミングは来ない。なので全力で相手の構築を読み、全力でそこまで誘導する。そのためならすき流しの1点も雅打の1点もライフで受けようではないか。無窮のケアも忘れないぞ。
そしてなんとか天地反駁を早めに貼ることに成功し、圧気即時破棄に久遠を吐かせてあとは浦波と森羅判証の二重拘束で詰みまで持っていけました。
勝ち〇




3回戦 vs忍鎌刀
ウツロがいるううぅぅ帰りたいいいいいぃぃぃ!!!
刀忍:ゴリラオブゴリラ、トップオブゴリラ、ゴリラの化身
刀鎌:火力は微妙なもののおそらく扇書では月影を受けきれない
忍鎌:戦ったことがない組み合わせ

刀書が返ってきたならまだやりやすいのだけど流石にここは扇書を返される。こっちは1番マシと考えた忍鎌を返す。
結果としては負け●
敗因は忍鎌対策不足、扇書練度不足、ではあるけれどそういうのはいつもの事。最もな原因は構築段階で読みが一歩足らなかったこと。オボロウツロ相手には対応が一切効かないと考えたがそうではなかった。しっかり反論と雅打ちを構え、虚偽もなんとか耐えて長期戦に持ち込むべきであった。結果としては森羅万象もうまく使えず2点差もついて負けました。




4回戦 vs絡騎忍
3回戦時、横で私と全く同じ組み合わせの相手に負けていた方。

絡忍:以外と速度がある組み合わせ。あと初見殺しが多い
忍騎:守りもクソ強い上に高火力。機動するゴリラ
騎絡:決して雑魚い訳では無いが速度が足りない。びくご黒箱空開けルートでもシンラに邪魔されるか、ユリナに殺される。つまり、こっちの組み合わせに対してどう足掻いても不利マッチになる。哀れ...

ということで扇書 対 騎絡
干渉装置で森羅万象を奪われてしまうと詰むのでそれだけ気をつけながら詭弁と要返しで少しづつアドをとる。
最後は付与即時破棄5点ショットガンでオーバーキル。
どうやら騎絡にはぱらどくすナーガによる2/1連打というものがあったらしいが、それでも速度が足りないでしょうので、相手は本当にどうしようもなかったと思う。哀れ...
勝ち〇



5回戦 vs銃薙絡

銃絡:強いと噂だけど全然知らないので却下
薙絡:確かえれきてるが強いはず。詳しくは知らない、なので怖い。却下
銃薙:ということで残った銃薙。こっちはどの組み合わせでも不利にはならない。同時に大きな遊理でもない。その中でも扇書は結構キツい。その上自分の練度も足りない。それがどうしたのだと、私はさっきの2戦で最大限扇書の調整したのだ、やってやろうではないか、お互い4勝1敗にいくかどうか分かれ目の最後の戦い、いくzうわっ刀書返ってきたんだけど(3回目)


(どうやら相手方は扇書はあまり知らず、刀書はよく知っているからこっちだとのこと。)


というわけで刀書 対 銃薙
相手の攻撃のコントロールと、天地反駁の打つタイミングが全てを決める。
などと思っていたら一ターン目でフルバーストを受ける醜態。しかもびっくりしすぎて間合い9なのに反論使いますとか言い始める始末。やめたらこのゲーム?
仕方ないじゃない...フルバーストとか一年近く見てなかったんだもん...

そんな始まりでしたが、そこからはマグナムを上手く打たせたりオーラだけをうまく削ったりしてして相手にフレアを貯めさせず、天地反駁のタイミングを見逃さずいつもの浦波森羅万象の二重拘束で詰み。
勝ち〇








というわけで、第2幕全国大会は4勝1敗という結果になりました。悔しい1敗でしたし、前回よりは下ですが健闘はできたと思っています。それに色々な人と戦うのはやっぱり楽しかったです。今回は確か対戦相手の地方は岡山、九州、関東、関西、関西だったと思います。色々な人から地方お土産も頂きました。本当にありがとうございました。

軽い大会などはよく開かれているので、みなさんも是非気軽に行ってみてはいかがでしょうか。色々な人と色々な話が出来ると思います。

それでは今回はここまで。最後までご覧頂きありがとうございました。
コメント

GP京都2018参加レポート3 by God

2018年04月01日 17時08分01秒 | その他の活動連絡・報告
おはこんばんちはなら。
約4年振りに記事を書きました。
2011年度生のGodと申します。
今日で社会人4年目です。

先週、京都パルスプラザにて開催されたMTG(マジックザギャザリング)の大会に参加してきましたので、そのレポートを投稿します。
すでにヒミコくんとペコくんがレポートをあげていますが、同じような内容になります。
いろいろと専門用語が出てくると思いますので、各自調べてください。

今回はチーム構築(という名のほぼ個人戦)というフォーマットでした。
チームとしては、イサムくん(スタンダード:青白王神)、サミー(モダン:緑白カウンターカンパニー)、God(レガシー:ANT)という面子です。
非常に重要なデッキ選択の経緯を簡単に書きます。(イサムくんとサミー、間違ってたら訂正してください)


・イサムくん
アブザンコントロールにすると聞いていましたが、前日に王将で晩飯を食べているタイミングで正気を取り戻したため、青白王神に。

・サミー
神ジェイス解禁を受けてグリクシスコントロールを調整していたが、冷静な環境分析により、カウンターカンパニーに。

・God
デッキがこれしかない。


ご覧の通りの紆余曲折を経て、それぞれが自分の信じるベストデッキで大会に挑みました。


それぞれ対戦したデッキと戦績、コメントを書いていきます。
それでは本編へ。


・0回戦
ここで遅れたらチームメイトに迷惑がかかるため、難なくクリア。


・1回戦(チーム勝ち 1-0)

イサム:青白副陽◯◯
アブザンコントロールでは一生勝てない相手に初戦から当たり、前日に正気を取り戻したことを喜んでました。

サミー:エスパーコン◯◯
根強いファンのいる純正エスパーコンでした。(エスパーチャームとか入ってた)
相手の方が細いデッキのため、殴りきって勝ち。

God:グリクシスデルバー××
現環境トップメタのグリクシスデルバー。
打ち消しにハンデス、早いクロックと、序盤、中盤、終盤、隙がないデッキです。
ANTとしてはメイン五分、サイド後微不利くらい。
お互いフルFoilということで、負けられない戦いがここにはあるという気持ちでしたが、普通に捌き切られて負け。
ヤンパイギタ調セラピー強すぎ。


・2回戦(チーム負け 1-1)

イサム:グリクシスミッドレンジ××
削剥でメインからアーティファクト割られる厳しい相手。
相性はそんなに悪くないようですが、青単王神になったため、負ける。

サミー:親和◯◯
メイン最強と名高い親和ですが、カウンターカンパニーは壁にできるクリーチャーが多い上に、ライフゲインされてもコンボで勝てるので相性は良い寄りとのこと。
サイド後、親和絶対ころすマンと化したサミーの勝ち。(禍汰奇、RIP、再利用の賢者)

God:スニークショー××
G1は先手で山→ペタル→ゴリラと動かれたため、赤単プリズンかあと思っていたら、ショーテルからのエムラクール。
レガシーの闇を体感して投了。
投了したら対戦相手に「実はwillもあるんすよ」と手札見せられる。
G2は白力線と墓地対策に対抗するため、バウンスを2枚投入。
ゲーム開始時に白力線を置かれ、後手1ターン目に檻も着地。
何でも持ってるマンには敵わず、敗北。


・3回戦(チーム勝ち 2-1)

イサム:グリクシスミッドレンジ◯◯
きちんと平地を引き込んだため、難なく勝ち。

サミー:バーン◯××
ライフゲインとしてはウーズとクル狩なので、こいつらを早く着地させるのが鍵。
G1は相手の速さが足りず、勝ち。
G2は相手が速くて、勝ち。
G3はクル狩着地でロングゲームになるかと思われたが、手札4枚で綺麗に13点焼き切られて負け。

God:グリクシスデルバー◯×◯
G1は相手トリマリのため、勝ち。
G2はヤンパイギタ調セラピーで手札ボロボロ。
G3はギタ調でブレスト、will、デイズ、フラスターが見える。
こちらのセラピーに対応してブレストで隠されるがフラスター宣言。
will、デイズ、ボルト、土地になっていたので打ち消し1回をいなしながらテンドリル。


・4回戦(チーム勝ち 3-1)

イサム:スゥルタイ蛇◯◯
詳しくは分からんですが相性良い?

サミー:緑トロン◯×-
幽霊街と廃墟の地でウルザ土地を割り続けるゲーム。

God:ニックフィット◯×◯
死儀礼、タルモ、ヴェリアナと見えたのでジャンドかな?と思っていたが、「スクラブあるしアブザンじゃないっすか?」とサミーに言われて、なるほどとなる。(盤面見えてないおじさん)
ふんわりサイド後に相手からベテラン出されて、ニックフィットと判明。
さっさと決めなあかんところに返しでセラピーからのエーテル宣誓会の法学者出されて負け。
G3はむかつきをハンデスされた後、LED3枚からチューターした時に適当にマナを出したため、テンドリルで決めきれず恥ずかしの巣穴からの総出ストーム7。
湿地での被災や毒の濁流で負けてたからこのプレミはほんまあかんかった。


・5回戦(チーム負け 3-2)

イサム:赤黒アグロ◯××
詳しくは分からんけどグローリーブリンガーを叩きつけられていた。
機体も見えました。

サミー:青白コン◯××
純正な青白コントロールですが、クリコマにめちゃくちゃされてました。
結局、延長になってカンパニーからロナス、徴募兵、ウィットネスめくれれば勝ちのところでバッパラ2枚。クリコマヴェンディで負けたんですが、相手のプレイで一悶着あり長引きました。
上告してもよかったんですが、勝ち目はなかったのでそのまま負け。
ここで崖っ淵に。

God:土地単◯◯
対戦相手はなんと、はま屋の店長さんでした。
相性差で勝ち。
ANTに当たらんだろうということで、サイドのチャリスを買わなかったとおっしゃってました。


・6回戦(チーム勝ち 4-2)

イサム:赤緑モンスター◯-
削剥あるから相性悪いと言ってましたがなぜか勝ち。

サミー:親和◯×◯
相手はBIGsかなんかの方でした。
親和絶対ころすマンと化して勝ち。
幽霊街で土地を割るのも良いゾイ。

God:青白奇跡
相手先手で青白フェッチ置いてGO。
こちらは1ターン目むかつきできる手札だったので、willやピアスないの期待でブッパ。
無事に通ったのでテンドリル。
G2はwillハンデスの返しにフルタップでメンター出されたので、チューターからパストでそのままフィニッシュ。


・7回戦(チーム勝ち 5-2)

イサム:グリクシスコントロール◯×◯
グリクシスってカラー多いんですかね?
ロングゲームになりましたが、ここで天使落ちんと厳しいってところできちんと墓地に落とせたのはさすがイサムくん。

サミー:親和××
相性良い相手ですが、トリマリ?でG1落とし。
G2も相手の飛行止まらず負け。

God:デスタク◯◯
迷宮の霊魂出されたので、イかれた…?と思い、念のためテキスト確認すると「ドローできない」とのこと。
むかつきは「手札に加える」って書いてあるため、問題なくストーム稼いでテンドリル。
サリアか法学者出されるのが負けパターンなんですが、都合よく引けたギタ調セラピーでサリア落とす。
石鍛治2枚見えたので両方出てくるの待ってから紅蓮地獄で流す。
そのままパストルートで勝ち。


・8回戦(チーム負け 5-3)

イサム:青白副陽×◯×
詳細記憶にないですがけっこう接戦でした。
イサムくん追記してください。

サミー:ドレッジ◯××
墓地対策がウーズとボジューカのみのため、相性良くないマッチアップ。
燃え立つ調査入りの形だったので、手札ボロボロにされてたのがキツかったですね。
けっこう接戦でしたがやっぱローム燃焼強い。

God:グリクシスデルバー×◯×
G1は後手2ターン目にむかつき打ったところ、打ち消しされず無事に通る。
ペタルかダリチューのどっちかがめくれれば勝ちのところでテンドリルめくれてアド死。
G2は先手1ターン目にむかつき打ってそのままテンドリル。
先手1キル気持ちいい。
G3は重いとこしか引かん上に死儀礼2体出てきて
隙なく負け。


あと一歩が届かずに初日敗退でした…。
個人は負け負けでスタートしたので今日はあかんと思ってましたが、そこから怒涛の5連勝で楽しかったです。
先手後手で1キル出来たのでANTってデッキの強さを改めて実感しました。
3ターン以内に決められるのがANTの強みなんで、毎ラウンド早めに終わってて気が楽でした。
個人戦もいいですがチーム戦だと盛り上がれるので別の面白さがありましたね。
私は今回で構築と距離を置くことになりますが、今後もリミテのGPやキューブドラフトは機会があれば参加していきたいです。

新入生のみなさんへ、MTGに興味ある方はツイッターやブログにコメントお願いします!
私はOBですが現役生のプレイヤーがいろいろと教えてくれると思います。
どこかでご一緒する際はよろしくお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
MTGに限らず、学生のうちに死ぬほど遊んでください!!
それでは次のGPでお会いしましょう!!

コメント (1)

GP京都2018参加レポート①

2018年03月28日 01時30分36秒 | その他の活動連絡・報告

~新入生の方へ~
この記事は、TCGであるマジック・ザ・ギャザリングの外部大会参加記録になります。
平素の活動とは異なりますが、このサークルの顔の一面としてお楽しみ頂ければ幸いです。
初心者に容赦なしの専門用語だらけの記事ではありますが、雰囲気だけでも伝わりましたら幸いです。

お久しぶりです。東北ヒミコです。
GP京都に参加してきましたので報告です。
今回はチーム構築戦。
スタンダード、モダン、レガシー1人ずつの3対3のチーム戦になります。
あと今回から1日目が8回戦になり、2日目進出が2敗までになりました。
まあ3敗で2日目行っても8入れないし9回戦は相当きつかったんで妥当かなと。

メンバー紹介
スタンダード担当:じゅぴたー
16年度MTG勢代表。
もはや関西のPPTQにおいてトップ8常連と化したニット帽。
前週でもトップ8入賞を果たしたデッキを持ち込んだ。
(なぜか前週は62枚デッキだったのはここだけの話だ!)
使用デッキ:青黒ミッドレンジ
初速は遅いが中~低速に対して強い。
弱点は序盤から攻められると脆い点。
他候補のグリクシスエネルギー(つよいけど事故る)と比較すると事故りづらい、青黒コントロール(つよくて遅い)と比較すると勝負を早く決めれるメリットからこのデッキをチョイス。

モダン担当:ミズノ
17年度MTG勢代表。
競技レベルの大会は今回が初。
しかし赤青ストームの習熟度は本物のモダンスペシャリスト。
環境的にはやや不利な立ち位置だが、やり込みでまくれるか。
使用デッキ:赤青ストーム
シャド〇バースで説明するとめっちゃ早いリノエルフ。
最速3ターンで勝てるモダン最速級コンボデッキ。
マナ軽減クリーチャーからマナ加速を連打し、ストーム呪文をキャスト。相手は死ぬ。
弱点は主に手札破壊と墓地対策。


レガシー担当:ヒミコ
OB。戦績は過去ブログにちょいちょい乗ってるんで探してください。
土日休めない仕事な上に青森というマジック辺境の地から来たため若干の不安あり。
レガシーGPは過去2回とも2日目進出を果たしているが、過去の栄光再びなるか。
使用デッキ:赤青デルバー
速くて相手の妨害もできて強いけど使い手によっては器用貧乏に終わるデッキ。
知らない人にこの概念を説明するの難しいんで検索掛けたら遊戯王だと六武衆とか剣闘獣が近いらしい。
デルバーを使うデッキは環境トップのグリクシスデルバーをはじめ、カナディアン・スレッショルド、パトリオット、BUGデルバーといろいろありますが、使い方が比較的簡単・基本土地が使える・速い・何より安い赤青デルバーを選択。
赤青デルバーは土地16枚で火力偏重な顔面焼けば人は死ぬタイプと不毛の大地を投入した他のデルバーデッキに思想が近いタイプがありますが、私は後者を選択。

以下大会の戦績報告になります。

0回戦
ミズノくんと当初連絡がつかず、会ったことすらなかったため「まさかミズノくんもいろはさんと同じ体質の持ち主では……」との疑念を抱いたくらいでこのチームに関してはそこまで問題なく進行。

1回戦

じゅぴたー
機体××
序盤から攻勢を仕掛けるデッキなので相性はあんまり良くない。
相手が両ゲームとも最速最高の動きをしたため初速の遅いデッキでは太刀打ちできず。
理論値毎回出されたらどうしようもないね。

ミズノ
ランタンコン○○
初戦からコンボ対ロックと濃いマッチアップ。
私はちらっとしかみえてませんが、神聖な力戦と罠の橋貼られて厳しそうやなと思ってたところに罠の橋バウンスしてゴブリントークンで殴り切って勝ってました。つよい。

ヒミコ
デッドガイエイル〇×〇
ギタ調で見てハンド見て「なんでこんなデッキおんねん」みたいな顔をしましたが不毛の大地と目くらましのハメ技が決まったり秘密を掘り下げる者と火力で押し切れました。
バター出されても空から殴って相手焼けばええねん。

ひとまず勝って一安心。ここから勢いをつけたいところ。

2回戦

じゅぴたー
赤単××
いないと読んでいたため当たってはいけないマッチアップ。
あかん。

ミズノ
ヴァラクート1-2
シャド〇バース的に言うとリノエルフVS超越ウィッチなマッチアップ(byペコ君)。
MTGだとどっちが先に決めれるかの速度勝負ですが、最後は一手食い違って間に合わず。

ヒミコ
バーン○×○
マナの寝かせ方を間違えたせいで灼熱の血を打ち消せずその3点でゲームを落としたりしましたが、さすがに過去二回つかってるデッキなので勝ち方は心得ています。
個人的にこのマッチはデルバー側にとって打ち消したいカードが多いのでやや厳しいですが、大歓楽の幻霊や紅蓮光電の柱を定着させないのが第一、自分のクロックを守るのが第二(特に焼尽の猛火や灼熱の血)、PoPと火炎破を通さない・喰らわないようにするのが第三です。

サークルの全チーム1-1で神戸ラヴァマンの会になりました。

3回戦

じゅぴたー
赤単××
いないと読んでいたため(ry

ミズノ
ヴァラクート1-2
速度勝負ですが(ry

ヒミコ
スニークショー×〇〇
皆さんおなじみレガシー特有のファッティ踏み倒しコンボ。
1ゲーム目はスニークをWillしたらトップから引いたWillでかわされエムラクールがゴールイン。マイライフ15。俺は死ぬ。
2ゲーム目と3ゲームはカウンターを構えながら殴り切る典型的なクロパ。狼狽の嵐って強いね……。

オイオイオイ1-2でいきなり崖っぷちやんけ。
まあここから5回勝てばええねん!なんとかなるやろ!ワイ3連勝やし負ける気せえへん!
と思ってました。

4回戦

じゅぴたー
蛇○××
当たると嫌だなーというマッチアップ。いや少数だと思ってたんですよねこいつら。
物事はおおむねオッズ通りに進行します。
欲張らなければ……とはじゅぴたーくんの弁。

ミズノ
ジャンド1-2
赤青ストーム的に最悪のマッチアップ。ハンデスと墓地対をナチュラルに仕掛けてくる畜生です。復権の陰謀の中心にいるちあみんを許すな。
炎の中の過去は使えないもののパズルの欠片からぶどう弾と巣穴からの総出ダブルルートで意地を見せるも、最後はハンデス連打からアンガー、墓地対策と三重の包囲網を前に膝をつきました。

ヒミコ
スニークショー〇〇
1戦目まさかのエムラに殴られたのにライフが残ったため最後押し切り成功。
2ゲーム目はショーテルショーテルスニークにWill3枚切って相手からキレられました。
いやーブレストで引いてキマシタワー。引きが若い。

ここで2日目進出はなくなりましたが、せっかくなので最後まで続けることに。

5回戦

じゅぴたー
グリクシスエネルギー 〇〇
読んでた相手とようやく対戦。
一応ジュピター君自身使うプランはありましたが、土地基盤がぜい弱なため無しに。
読んでる相手なら勝負はこっちのもの。
初勝利を獲得。

ミズノ
アドグレイス2-1
コンボデッキ対決。呪文を1ターンに十数回連打するデッキと自分のライフをマイナスにしつつ自分のデッキを空にして勝つデッキ、どちらがよりアンフェアなんだろうか。
最後は相手の土地が伸びず、白マナを枯らしつつ非生を差し戻しして勝負あり。
バラルのアタックが生きた試合でした。

ヒミコ
カナディアン・スレッショルド××
土地嵌め系デルバー対決。
敏捷なマングースってカードに手出しできないんだよねこのデッキ。
マンドリルが着地したりフェッチスタイフルされたりといいとこなしでした。
というかマンドリルまで入るとティムールデルバーといったほうがいいんでしょうか。

6回戦
岡山からいらっしゃった3人組。私はモダン担当の方と共通の知人がいることが判明し、ちょっと盛り上がりました。
こういう話ができるのもGPの魅力ですね。

じゅぴたー
同型 〇〇
同型はどのくらいお互いを意識してたかや先手後手もありますが腕が大事です。
見事ストレートで勝利。

ミズノ
ヴァラクート2-1
ようやく早さが追いついた
止まるんじゃねえぞ

ヒミコ
URデルバー(果敢型)〇×〇
相手「ボルカから僧院の速槍」
私「ボルカからデルバー」
双方「同じタイプのスタンド……!」

同型っぽいですが構成が若干違います。
相手はもっと攻撃に特化した形。個人的には爆発力はすごいけど安定しないのであんまり使いこなせなかった。
お互いのいいところ見せ合いの後は真の名の宿敵を出すまでに削ったライフの差で辛勝。
相手は火炎破引けば勝ちだったんですが、サイドアウトしてたとのこと。助けられました。

7回戦
お相手は富山からの3人組。

じゅぴたー
緑白トークン 〇〇
このマッチアップの相性差はわからないんですが、普通に勝ってるところを見ると特に問題はないんでしょう。

ミズノ
ジャンド1-2
このマッチアップは無理 ダメ

ヒミコ
アルーレン〇〇
最近レオヴォルドのせいで上がってきた激しく出し入れして吸い取るコンボ。通称新田美波。最近はコンボにこだわらずレオヴォルドで強制合意する方向になってますね。
1ゲーム目私「断片無き工作員入ってるけど今ちょっと評判聞こえてるBUGコンかなあ、まあアルーレンかもしれへんけどマイナーコンボやしたぶんちゃうやろ」
2ゲーム目相手「寄生的な大梟(※コンボパーツ)」
私「アルーレンじゃねえか!」
とはいえ内容としては相手の動きが今一つだったんで向こうのクリーチャーを捌いて殴り切るだけ。簡単!
悪意の大梟2枚を二股の稲妻で焼いてデルバーで攻勢に出た瞬間が気持ちよかった

8回戦
お相手は韓国から遥々参戦してきたチームでした。

じゅぴたー
機体 ○×○
初戦で負けた相手でしたがリベンジ。
機体はもろい部分が多いので最速ムーブでなければなんとかなります。

ミズノ
グリクシスシャドウ1-2
自分のライフを削りつつ戦ってくるのでぱっと見有利に見えますが、ハンデスと打ち消しを一定数積んでるため実は意外と厳しい相手。
最後はどうやっても1点足りず投了。

ヒミコ
エルドラポスト(ほぼフルフォイル)〇××
相手ダブマリにデルバーで殴り切り。コジレックに殴られるも次のターンでデルバー2枚が裏返り削り切れました。
が、そのあとはお相手がきっちり三玉チャリスで嵌めてきて死亡。
最後は土地1枚にデルバーブレスト粉々があったのでキープしたらトップ10枚土地がなくエルドラージの群れに押しつぶされました。
エルドラージ相手にカウンターも不毛もないハンドをキープしてはいけない。
最後は「Have a nice staying!」「You too!」でお別れしました。

そんな感じで総合4-4でした。
3人中2人以上勝つことの難しさを感じましたし、違うフォーマットのチームメイトへアドバイスすることの難しさもありました。
レガシーとスタンは物理的にも遠くてアドバイスするの難しかったです。
そんな中全力を尽くしてくれたチームメイト2人に感謝です。
私個人としての戦績としては6-2なんで担当として最低限の仕事はしたかなと。

そのあとは烏丸でサークルのマジック勢14人で飲みました。
飲み屋でブースターブリッツしたりミズノ君をもりーちぇくん私O保方くんのきたないトライアングルで囲んだり、アイスじゃんけんで時間を食ったせいでじゅぴたーくんが京都の久遠の闇に飲まれたりみのるさんと仲良くくいな橋まで寝過ごして京都駅でイサム君と再会したりしました。
そんなわけでGP報告1チーム目でした。
あと2チーム報告があるらしいんで、楽しみにしてください。

コメント

遊戯王大会開催の告知

2017年12月05日 17時30分00秒 | その他の活動連絡・報告

大会の日程、ルール等を以下のように決定いたしましたので参加希望者は

一読した上で奮ってご参加ください。

・日時 12/5(火) 参加受付  4限終了~17:30頃

         大会開始  17:30頃

・場所 当日の活動場所

・ルール 2本先取の3本勝負(要はマッチ戦)

     当日使用可能なカードは17/10/1以後から公式大会で規定されている

     リミットレギュレーションに準じるものとします。

     但し、その中から禁止カード1枚のみ(ヴィクトリー・ドラゴンはやめて(懇願))

     メイン・サイド・エクストラデッキのいづれかに加えて良いことにしましょう、

     そうしましょう。

     実物が無ければプロキシでも可、デッキに禁止カードを用いなくともok

     これら以外のルールはマスタールール4と同様でございます。

優勝賞品はありまぁす!

参加資格等はございませんので、どうぞお気軽にお越しください。

コメント

「しらねーのかっマヌケッ!『3』という数字は縁起が悪いんだ!」byトクP

2017年11月13日 20時36分18秒 | その他の活動連絡・報告
こんばんは、コラで終盤3番手で家なし家族が空いてるのに見落として、そのせいで3位になってダイスを振ることになり、出目3を出したトクPです。
「や...やはり最悪だった...縁起悪ィーぜ...『3』の数はいつも最悪なんだ...」



ついでに私事なのですが、12/2のゲムマに行く人がいればおつかいを頼みたいのですがいらっしゃらないでしょうか...
ゲーム代+1万円くらいは出しますのでもし頼まれてくださる方がいらっしゃったら言ってください。






11/13の放課後活動ほうこ...ってここにも3があるじゃねーか!!やめろォーー!!




・アグリコラ(5人)
私、そすさん、ひーろ君、水野君、赤君の5コラ。
赤君が飯を大量生産し石と葦を無限に買い付けたせいで、終盤そすさんが石一個取るために二手消費することになっていました。それでも1位とるプロ農夫こわい。

・ごいた
上宮さんが馬角角王(2枚)で100点取ってました。まあごいたならよくあるよくある......のだろうか...

・おねマス(お願いマストフォロー)
ビンゴ大会委託でもらった中の唯一の良心。
ビンゴ大会の賞ひ...粗大ごみ×10を六甲道まで取りに行かされ握力を奪われ(ダンボール2箱と傘ってめっちゃ握力奪われるんすよ)次の日の漫研のシフトに支障きたしたこととか処分に時間とられてることとか本当にキレそうなのですが、まあこのアイマスのゲームがあるから半分位許そうかなと思っていました。しかしこれはポルカ君が見かねて取ってくれたものと今日知り、ゴミを押し付けた人間を許す気持ちは0になりましたね。

このゲームは14枚のトリックテイキングゲームです。
場に3枚出た時点でその3枚の内、真ん中の数字を出した人がそれを受け取るというちょっと特殊なトリックテイキングです。得点になるのはニュージェネの3人(5,7,10)のみで7点先取です。

4人プレイだとパスすることができ(1巡に1人だけ、1リシャッフルにつき1人1回のみ)、その時に手札を1枚変えれるので案外ゲームとして成り立って面白いです。かかる時間も昼に回すのに丁度いいくらいです。
ただし3人プレイになると選択肢が無くなり、点数カードが自分に来るよう祈りながらマストフォロー色を出すだけの作業ゲーになります。やっぱ『3』はクソ







お題回収
・「今年の六甲祭の過ごし方を嘘を交えて教えてください。」または「ビンゴ大会でヤバいブツが当たった際の対処法」


今年の六甲祭は1日目朝ボドゲの部屋にボドゲを置いて多少の作業をし、その後全力でオタ芸を打っているところの一部始終を親に録画され、ビンゴ大会の日にちを勘違いしそのまま三宮に行ってふるよにして疲れて帰ったら急に六甲道まで呼び出され粗大ごみを押し付けられ、握力が死んだまま2日目朝からずっと漫研で魔剤タピオカをつくり、一旦休憩しようと思ったら寝落ちして気づいたら6時になっていました。
書いてて自分でなんやこのクソの詰め合わせみたいな2日間はと思いましたがきっとみんな嘘です。ここに書いてることはきっとみんな嘘になるんです。だから全然辛くないよ。嘘じゃないよ。

ビンゴ大会でヤバい物があたったらどうするかって?ここにゴミ袋があるじゃろ?明日はゴミの日じゃろ?後はわかるな?






次のお題
「超絶可愛くJK風にブログを書く」

もしくは

「好きなアグリコラの職業(コラやったこと無ければ好きなボドゲのカードや役職)を語る。
と、ともに以下にあるのお題の半分を受け継ぐ」
(『受け継ぐ』というのはそのお題を回収するのではなく、次お題出す時に追加でそれも出すこと、とする)


追加お題
ビンゴ大会でダンボール1箱分以上の賞品を誰かに押し付けた方達(共謀者含む)は追加で以下のお題も回収すること


「自分の顔の画像を用いたコラ画像を10個以上制作しここに貼る」
もしくは
「ビンゴ大会の委任で押し付けたゴミの数だけ好きなエロ画像やエロ本、エロゲを語る」
コメント

10時まで待つと言ったな あれは嘘だ byトクP

2017年11月09日 20時14分39秒 | その他の活動連絡・報告
こんばんは、久しぶりにピンゾロ出してブログ書くことになったトクPです。

はいそこの煽ろうとしたあなた、よく考えてみましょう。私はシゲヨシ君の所有ダイスで振ったんです。シゲヨシ君の所有物がピンゾロを出したんです。つまり実質シゲヨシ君がピンゾロ出したようなものなんです。なので煽る対象はシゲヨシ君です。間違えないでください。




ところで「間違えないでください」ってサイネに言われてみたいですよね。言われてみたくない?

えっ、見下されて「キモいです」の方がいいって?
それはちょっと......悪くない



ドSといえば今期はブレンドSっていう色々なフェチを刺激するいいきらら系アニメがあるからオススメするよ
黒髪ロングおさげの優しい和風少女に白ニーソをはかせて蔑んでもらうアニメだよ
きらら系にしては珍しいNLだよ


NLといえは恋愛ラボっていう素晴らしい(ry





11/9(木)の放課後活動報告です。

・テラフォーミングマーズ
詳細は知りませんが結構面白い重ゲーだそうです
きっと肉体を改造して様々な地球の動物の能力を手に入れて火星の人間型ゴキブリと戦うゲームと見せかけた人間同士の策略のはりあいを楽しむゲームと思いきや結局動物の能力を見るのが一番楽しいゲームなんだと思います。


・ごいた
将棋の文字が書かれたカード(もしくは札や竹駒)を出し合い、2対2で点取り合戦をするゲームと見せかけた能力ゲーです。
ごいたは130対140とか接戦になる時に限って最後能力ゲーで終わる気がする


・ニムト(7人)
1~104(やっけ...)のカードを手札から1枚みんな同時に出して、場にあるカード基準で並べ替え、溢れたら溢れさせた人がカードをマイナス点として引き取るといったゲームです。
場をよく見ずやってるとミスって無駄に引き取って絶望します。絶望します。


・クイックス
知ら ないですごめんなさい
空白を開けた理由はとくに ないです

・コヨーテ
インディアンポーカーみたいに配られた自分のカードを自分だけ見えないように頭にかかげ、他人の様子を伺いながら全員のカードの数字の合計を推測し、数字を大きくしながら左の人に「オラもっと大きくしていけよ」と挑戦権を押し付けていくチキンレースです。
みんなのライフは3(自分+身代わり人形2つ)です。
そして3人ほど死んでみんな身代わり人形がなくなったあたりのKate君のライフが7です。

おかしいなぁ

メガロベルを何回も撃つのはハガネクルルの特権ですよ







お題回収

そういえば今日の昼ブログはシゲヨシ君って言ってたなぁ今お題変えるのも悪いしとりあえず10時くらいまでシゲヨシ君待つことにしyヒャッハー!!!!!待ちきれねぇ!!!!!!!!!鬼畜お題を出してやるぜ!!!!!!!!!


前回のお題「好きな人狼の役職」or「好きな食堂のメニュー」

人狼は最近やりませんが占い師とか狐とかパン屋とか魔法使いとか単体で色々な情報を持てたり場を面白おかしくできる役職が好きです。

食堂のメニューで好きなのはたまに出てくるチーズハンバーグでしょうか。というかチーズが好き。あと柚子も好き。柚子胡椒ハンバーグとか柚子唐揚げとか秋刀魚のタタキ柚子たまねぎのせとか。
ついでに下の画像はデレマスの柚ちゃんです。カワイイ。


次のお題

いやー今回のお題楽だったから少し優しくしようか
次のお題は
「六甲祭で何回もインストする時に出来るだけ体力を温存してかつ楽しみかつ彼女を作る方法」

もしくは
「テスト期間中で勉強がどう考えてもめっちゃやばそうなのにボドゲの活動に行こうとする人達になにか一言言うとももに彼女の惚気話をする」
もしくは
「ふるよにのユリナサイネについて語る」
でお願いします。
コメント

ねこねこファンディスク4

当サークルはねこねこソフト様を応援しています。