トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

1000万人以上の人々が2回目の接種を受けた

2021年05月07日 | 国内
5月7日 トルコでは1000万以上の人々が2回目の対コロナウイルス・ワクチン接種を受け、1440万人が1回目の接種を受けたと、ファフレッティン・コジャ保健相が発表しました。

 Hurriyet

トルコは1月14日から、対コロナ・ワクチン接種プログラムを開始しました。現在までに、2回目を含めて、2440万回分のワクチンが、市民に接種されました。

トルコは中国のシノヴァク、ファイザー/バイオンテク、ロシアのスプートニクVが開発したコロナワクチン2億4000万回分の契約に調印していると、コジャ保健相が、5月5日、科学委員会の会合後に語り、これはトルコの人口の3倍になると付言しました。

現在までに、トルコは、中国のワクチン1億回分、ファイザー/バイオンテクのワクチン9000万回分、スプートニクVのワクチン5000万回分の契約に調印しています。トルコは中国とファイザー・バイオンテクのワクチンを使用してきました。

コジャ保健相はまた、ウイルスの1日の感染者数は、コロナ拡大阻止のために実施された対策と規制によって、この15日、減少してきていると言いました。この減少傾向は入院の減少にも見えはじめているということです。

政府は、コロナ感染が記録的に増え、1日の感染者数が6万人に達したため、4月29日から5月17日まで、完全ロックダウンを導入しました。


市場は土曜日オープンする

市場は5月8日と5月15日にオープンするが、フルーツと野菜のみの販売とすると、内務省が発表しました。

 Hurriyet

内務省の5月5日の指令によると、これは農産物の供給増加で、捨てられる農産物を出さないための決定です。市場は土曜にオープンしますが、内務省は衛生用品、衣料、オモチャ、ガラス器のような他の商品の販売は禁じています。

最近、内務省は、スーパーマーケットは完全ロックダウン中は基本的な商品のみ販売が許可されると発表しました。禁止の理由は、スーパーが混雑するのを防ぎ、コロナ抑制に寄与するためだと、内務省は言っています。

内務省の指令によれば、スーパーは5月7日から、基本的な食品と、衛生用品、ペットフードのみを販売することになります。電子機器、オモチャ、文具、衣料、家庭用布類、金物類、自動車部品、ガラス器を含む広範な商品の販売が禁じられます。


   「ときどきダイアリー」ヘ


コメント   この記事についてブログを書く
« スーパーマーケットは基本的... | トップ | トルコ政府はロックダウン延... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内」カテゴリの最新記事