トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

トルコ政府はロックダウン延長は考えていない

2021年05月07日 | 国内
5月8日 政府は現行の17日間のロックダウンの延長は考えていないと、政府高官らが言いました。

 Hurriyet

1日の感染者数が目標の5000まで減らなかったら、政府は現在のロックダウンを延長するかという質問に答えて、フアト・オクタイ副大統領は、「5月19日(若者とスポーツの日)までつづく現行のロックダウンの延長は、現在、議題になっていません」と、5月6日、NTVテレビのインタビューで語りました。副大統領は、内閣は感染拡大関連のデータを受け取り、これらの数字を考慮して決定したと言いました。

スレイマン・ソイル内相も、オクタイ副大統領同様、ロックダウンの延長はないだろうと言いました。「現時点で、5月19日までのロックダウンをもっとのばすことは考えていません」

「われわれは内閣と科学委員会が行った決定に従って対処してゆきます」と内相は言いました。1日の感染数は、部分的ロックダウンが行われる前は、6万3000くらいで低迷していました。

「対策が導入された後、1日の感染者数は2万9000~3万くらいに減少しました。現在は2万4000まで減っています。この数字はわれわれの対策がまちがっていない証拠です」と、ソイル内相は言いました。

  「ときどきダイアリー」ヘ







コメント   この記事についてブログを書く
« 1000万人以上の人々が2... | トップ | いまも昔ながらのライフスタ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内」カテゴリの最新記事