パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

俺はまだ本気出してないだけ ★★★

2013年06月17日 | あ行の映画
小学館「月刊IKKI」で連載されていた青野春秋の人気漫画を実写化したコメディー・ドラマ。何となく会社を辞めた42歳のバツイチ中年男が、漫画家になると宣言したことから巻き起こる騒動を追い掛ける。『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの堤真一が、ゲームに明け暮れ、娘に借金し、グズった果てに家出するという、父親にも大人にも成り切れていないダメな主人公を怪演。メガホンを取るのは、『コドモ警察』シリーズなどの福田雄一。共演には、『さよならドビュッシー』の橋本愛をはじめ、生瀬勝久、山田孝之らが名を連ねる。

<感想>予告で観て面白そうなので、それに主人公のダメ人間をあの真面目に見える堤真一が演じるのだから。この主人公は、バブリーな80年代に多感な時期を過ごし、遊ぶことがどこか人生のステータスになっている今の40代~50代は、ある意味もっとも世間を舐めている脆弱な世代といってもいいのかもしれない。60年代の高度経済成長期の男たちと比べれば、単身赴任とか会社のために残業も多くひたすら家族のために働いた。だから時代のひとつの追い風になっていたような気もするが、シズオの世代にはそれは無理というもの。
一方で周りを見渡せば、取り敢えず生きていくために必要なものは何でも手に入る。お金がなくてもインスタントやファーストフードで飯は食えるし、100円ショップで生活必需品も大方まかなえるのだ。都会に住んでいる限り中年でもバイトはあるし、本当にお金がない時は、それこそ飯も食わずにTVゲームでもしていれば、そのうち疲れ果てて寝てしまうだろうから。それはそれで経済的なのだ。
もちろんそこには将来性などは微塵もないわけで、だからこそシズオも「本当の自分探し」などといい加減なこと言って誤魔化して、ついには「俺はまだ本気出してないだけ」と強がっているものの、だからといって何か生産性のあることを始めるわけでもない。何よりも40過ぎて漫画家になろうという発想そのものが、実にオタッキーで世の中を舐めきっているのだ。

父親の石橋蓮司ならずとも「甘えるんじゃない!」などと、もはや映画評とは呼べない喝が飛ぶのは仕方がない。しかし、この大黒シズオって男は幸せな男だ。バツイチでも娘は一緒に住んでくれて、父親も一緒に住んでいる。この年で開き直って好きなことをしようとするには、かなりの決断がいる。それに父親にも娘にも見放されるのがオチというもの。
若いころはそこそこ不良で、それでも何とか大学まで進学して、ちょっとばかり音楽などもかじったりして、まだバブルが弾ける直前の就職戦線をくぐり抜け、とりあえずサラリーマンとしてやってきたものの、何故か突然会社を辞めて、朝からゲーム三昧の42歳、バツイチ子持ちの中年、大黒シズオ。

この設定だけで、同世代は何となく溜息をついてしまうところがあるのではないかと思う。しかも、この大黒シズオは、一念発起してめざすのが漫画家ときた日には、・・・女性からして見ると、もうこういう男はダメ人間で、奥さんに出て行かれても仕方ありませんね。「そういうことは独身時代にしろ」って言いたい。
それにしても、年頃の娘・鈴子の橋本愛ちゃん可愛いですよね。普通だったらこんなお父さん見捨てるか、母親の所へ行くかするのだろうが、優しいというか父親に対して好きなことしていいよ、なんて応援している。一家を支える大黒柱がこうでは、仕事だってファストフード店でバイトでは、安い賃金で生活も苦しいだろう。娘からお金を平気で2万円借りて、だらしない父親なのだ。だからなのか、それとも娘が外国に留学したいと資金稼ぎなのか、ヘルス嬢でバイトしているとは、これには参ってしまった。父親として落第ですから。それに、何度も漫画がボツになっているのに、諦めない精神力というか石頭なのか。自転車で階段から落ちて頭に大怪我したのに、どうってことないなんて信じられませんよね。

そして、また笑ってしまうのがシズオの周りにいる人間たち、例えば友人の真面目で気のいいサラリーマンの生瀬勝久、喧嘩は強いが無気力な人生からどう脱却すればいいのか、密かに悩んでいる茶髪の20代の青年山田孝之。無口なのか台詞がない役どころだ。そしてシズオの漫画の投稿を毎回チェックする、中学館出版社の編集者濱田岳などなど。彼らはいつしかシズオの何の根拠もない表向きの強がりに翻弄され、感化され、ついには己を見誤っていく。
いや、観る人によればあの人たちは前向きに自分の人生を歩み出したのだと思っている人たちもいるだろうが、世の中そんなに甘くはないのだ。現に生瀬と山田が立ち上げるパン屋さん。その店を出す物件がクワセモノだと、あの不動産屋ウサンクサイ予感したのだが、その先の不安を暗示しているようにも取れるのだ。

他人のことなんてどうでもいいと、脳天気な困った中年男シズオを堤真一が、意外なまでにハマリ具合で好演している。原作漫画は読んでないが、原作の主人公は、それこそ絵に描いたようなチビデブの中年男だという。それをイケメンの堤真一が演じると、「イケメンだけどダメダメな奴」って不思議なリアリティが面白おかしく醸し出されていくのだから。監督があの「HK/変態仮面」の福田雄一なのだから、こういう作品も難なく上手く演出できたのだろう。
2013年劇場鑑賞作品・・・209  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 華麗なるギャツビー ★★★★ | トップ | 奇跡のリンゴ ★★★★ »

あ行の映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

13 トラックバック

『俺はまだ本気出してないだけ』 2013年6月7日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『俺はまだ本気出してないだけ』 を試写会で鑑賞しました。 面白い と思える映画だった 【ストーリー】  子持ちで離婚歴がある42歳、大黒シズオ(堤真一)。ある日、彼は「本当の自分を探す」と何も考えずに会社を辞めてしまう。だが、ゲームばかりの毎日を送り、同...
劇場鑑賞「俺はまだ本気出してないだけ」 (日々“是”精進! ver.F)
そろそろ本気出そっかな… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306150002/ 映画 俺はまだ本気出してないだけ 本気音楽集ゴンチチ ERJ 2013-06-12売り上げラ...
映画・俺はまだ本気だしてないだけ (読書と映画とガーデニング)
2013年 日本 大黒シズオ(堤真一)42歳、バツイチ 「本当の自分を見つける」と勢いで会社を辞めて1か月 朝からゲーム三昧、バイト先では「店長」と渾名されてはいるけれど新人にさえ叱られる有様 父親(石橋蓮司)からは毎日のように何とかしろと言われるもど....
『俺はまだ本気出してないだけ』 (ラムの大通り)
(原題:Oblivion) 「今日は、ちょっと気楽な映画を…」 ----確かに。 この映画、 タイトル聞いただけで噴き出しそう。 これって原作、漫画ニャんでしょ? 「そうらしいね。 いつものことで、ぼくは読んではいないけど、 プレスに載っている絵を見る限り、 この主人公...
今でしょ~~いつやるんだよっ!~「俺はまだ本気だしてないだけ」~ (ペパーミントの魔術師)
確かにこのインタビュー記事の堤さんみたら 役者ってここまで違うもんが演じられるのかって思うね。 ま~これくらいのことは どこの家でもあるでしょうが。 さすがにこれはね~。 よく娘が見限らなかったなってそこはめっちゃ不思議だった。 お年頃になったら妙にお父さ...
『俺はまだ本気出してないだけ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「俺はまだ本気出してないだけ」□監督・脚本 福田雄一 □原作 青野春秋□キャスト 堤 真一、橋本 愛、生瀬勝久、山田孝之、濱田 岳        水野美紀、石橋蓮司、指原莉乃 ■鑑賞日 6月15日(土)■劇場 TOHOシネマズ...
[映画『俺はまだ本気出してないだけ』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆まあ、男の半分、つまり「ダメ人間」は、この主人公に「嫌な共感」を感じてしまうでしょう^^  仕事を辞め、家で家族に疎まれながらも、居間でテレビゲームに興じるなど、家でゴロゴロして、「俺はまだ本気出してないだけ・・・」と嘯く四十男の物語。  ご多分に漏...
「俺はまだ本気出していないだけ」 ヤバくね? (はらやんの映画徒然草)
タイトルからして痛々しい感じですが、同題の漫画が原作の映画です。 例によって原作
「俺はまだ本気出してないだけ」感想~♪ (★ Shaberiba )
こんなヤツ1人くらい周りにいてもいいかな~!?
俺はまだ本気出してないだけ (映画的・絵画的・音楽的)
 『俺はまだ本気出してないだけ』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)本作を見に今週の日曜日に映画館に行ったところ、上映およそ1時間前には満席状態で、前から2列目で見ざるを得なかったのには驚きました(邦画では久しぶりです!)。  さて、本作は青野春秋氏によ....
俺はまだ本気出してないだけ (単館系)
俺はまだ本気出してないだけ MOVIXさいたま 6/15公開 子持ちで離婚歴がある42歳、大黒シズオ(堤真一)。 ある日、彼は「本当の自分を探す」と何も考えずに会社を辞めてしまう。 だが、ゲームばかりの...
【俺はまだ本気出してないだけ】絶賛将来中 (映画@見取り八段)
俺はまだ本気出してないだけ      監督: 福田雄一    出演: 堤真一、橋本愛、生瀬勝久、山田孝之、濱田岳、水野美紀、石橋蓮司、秋元黎、指原莉乃、賀来賢人、ムロツヨシ、川久保拓司、ドナルド・アッシュ、蛭子能収、尾上寛之、小柳心、村松利史、池田成志、佐...
俺はまだ本気出してないだけ (銀幕大帝α)
2013年 日本 105分 コメディ 劇場公開(2013/06/15) 監督:福田雄一『HK/変態仮面』 原作:青野春秋『俺はまだ本気出してないだけ』 脚本:福田雄一 主題歌:SCANDAL『会わないつもちの、元気でね』 出演: 堤真一:大黒シズオ 橋本愛:大黒静子 生瀬勝久:...