パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

流浪の月★★★★

2022年07月10日 | アクション映画ーラ行

                  

2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうのベストセラー小説を、「怒り」の李相日監督が広瀬すずと松坂桃李の主演で映画化。ある日の夕方、雨の公園でびしょ濡れになっていた10歳の少女・家内更紗に、19歳の大学生・佐伯文が傘をさしかける。伯母に引き取られて暮らす更紗は家に帰りたがらず、文は彼女を自宅に連れて帰る。更紗はそのまま2カ月を文の部屋で過ごし、やがて文は更紗を誘拐した罪で逮捕される。

“被害女児”とその“加害者”という烙印を背負って生きることとなった更紗と文は、事件から15年後に再会するが……。更紗の現在の恋人・中瀬亮を横浜流星、心の傷を抱える文に寄り添う看護師・谷あゆみを多部未華子が演じる。「パラサイト 半地下の家族」のホン・ギョンピョが撮影監督を担当。

<感想>女児誘拐事件と発展してしまった10歳の少女更紗と19歳の大学生・佐伯文の物語。あの夏の真実は、二人だけの秘密となり、大人になって再会してしまった二人の秘密は、愛情へと変わり許されない二人の宿命は、愛よりも切ない。

あの時に、正直に本当のことを話しておけば良かったのに、帰れない事情を抱えた10歳の少女更紗にとって、彼は自分の複雑な家庭の事情を、警察に話しておけばこんなことにはならなかったに違いない。

大人になって二人はお互いに恋人が出来て、それなりの幸せに暮らしていたのだが、やはり昔の秘密の事件のことが頭から離れない。再会して昔のことが蘇り、二人はお互いに心に思っていることを少しづつ手を取り合って近づく。しかし、それは決して許されることではなかった。

松坂桃李が大人になった佐伯文を演じているが、心にわだかまりを持った暗い印象をうまく演技で演じている。彼はこういう役柄がとても巧く表現しているのだ。

この作品の重く、何とも切なく、もの悲しい物語。誰にも打ち明けないで大人になった女性と男性。女性の方は、子供のころに大人の男の性の虐待を受け、心に大人の男に対する嫌な思いを忘れずに今でも体が拒否をしてしまうのだ。心療内科で診察を受けて、少しづつ心から男性を受け入れるようになれば幸いです。

それと、切ない病気の身体(性器が子供のままの状態)をもった男が、大人になってもそのまま治療せずに、もしかして手術で男としての身体になるならば、普通の男と同じように生きて欲しい。

2022年劇場公開、鑑賞作品・・・14  アクション・アドベンチャーランキング

 

 

 


この記事についてブログを書く
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« トップガン マーヴェリック★... | トップ | ザ・ロストシティ★★★ »

アクション映画ーラ行」カテゴリの最新記事