みーばい亭ブログ

言いたい放題! 飲み放題!

かわもんの宴

2024-07-21 09:45:21 | 新・ほろ酔いキッチン
丑の日には少々早いけど、当日はどうしても客足が集中して多忙になるだろうから、土用入りそうそう馴染みのかわもん屋さんに、蒲焼きを注文。
ちなみに「かわもん」とは川魚のことでございます。


というわけで、まずは「鯉のあらい」に芥子の効いた泥酢を添えて、ほどよく冷やした「杣の天狗」をほろほろと。


続いて「うざく」で、気持ちよく冷えた「杣の天狗」をほろほろと。


そして、前半戦のハイライト!
おまけにもらった「鮎の塩焼き」を、炙り直して頭から骨も残さずボリボリと囓りながら、キュンッ!と冷えた「杣の天狗」をほろほろと。


さらに「肝串」を炙って、原了郭の粉山椒を振りかけてハフハフと噛みしめつつ、清冽に冷えた「杣の天狗」をほろほろと。


そしていよいよ締め!
炙り直してふんわりじゅわわわの蒲焼きで、炊きたての白ご飯をわしわしとかきこむ。
ちまたでは、やたらと甘いタレでせっかくの白米を汚したりするのが主流みたいだけど、やっぱりカンテキで炙りながら、じゅわわわ~~~とにじみ出す脂の甘みを口中に感じつつ白ご飯を頬張る!!
これに勝る暑気払いはありまへんな。

さあ、全身にしみわたった「かわもんパワー」で激烈的令和の厳夏を乗り切ろう!


コメント

ふぅ・・あゆぅ

2024-07-13 21:43:57 | 新・ほろ酔いキッチン
梅雨明けを待たずして酷暑の訪れを感じる令和6年。

温暖化ニモ負ケズ、異常気象ニモ負ケズ、今年も恙無く鮎が来た!
宴のオープニングに畑から捥いできたシシトウを焼き、一番搾りをグビッ!

遠火の強火でじっくりじっくりと焼きあげた主役に娶せるのはもちろん「杣の天狗」をもっきりで。


初鮎で杣の天狗、20年来変らぬ、みーばい亭の良習でございます。

締めはもっちろん「鮎ご飯」



若鮎に鯨飲悔いなしみーばい亭

・・・って、翌朝悔いが残るかも(酔死)
コメント

上陸!

2024-06-30 13:48:27 | 生き物の話
メダカ池から上陸した仔ガエルを、今年初めて確認。
ずいぶんとせっかちな個体のようで、尻尾が長めに残っていたので陸上での活動に支障がないかと心配したのだけど、けっこう身軽に跳ねていたのでひと安心。

さてここからが正念場。
小虫はたっぷりと居るから、早く大きくなって天寿を全うしてくださいね。


今から2億年前、三畳紀に登場した原初のカエルは、こんな姿でシダの茂みを這い回っていたんじゃないかな?
と、裏庭から中生代の地球に想いを馳せる梅雨の午後。
コメント

狂熱の苺月

2024-06-22 21:01:58 | 生き物の話
今宵、梅雨空に隠れているけれどストロベリームーンでございます。
というわけで、大潮サービスのアサリを投入。
ホンヤドカリたちの小気味のよい食いっぷりを眺めながら、よく冷えたビールをくいっ!


ホンヤドカリを追い散らして参戦した、アゴハゼ、イソスジエビ、スジエビモドキの連合軍の活躍を眺めながら、鷹の爪をきかせてマイタケと炊き合わせた蒟蒻を肴にもう一杯!

マイペースなホシゾラホンヤドカリに癒やされつつ、一杯一杯復一杯 。

そんな饗宴に参加できずに隅っこでぼんやりしてるヒライソガニ。
立派に成体まで成長したくせに、あいかわらず「あかんたれ」なのね。

もちろん飼い主も宴に参戦。
この季節だから脂とろりの食感は望むべくもないけれど、そのかわり身が締まって歯ごたえモチモチの「きずし」でございます。
酒はもちろん夏の定番酒、「梵 特別純米」。
「ぼん ぼんじゃござんせんか」と、無法松の一生でひととおりボケたあと、冷やでぐいっ!!

ぷっは~~~
日本の酒文化、ここに極まれり!


コメント

クーブイリチー

2024-05-18 21:45:55 | 新・ほろ酔いキッチン
暑い日が続くと、若い頃からダイバーとして20回以上訪れた沖縄が恋しくなる。

というわけで、今週はクーブイリチー。
長年の間に、どんどんオリジナルの要素が加味されて、本場のクーブイリチーとは別物になっているような気もするけど、自分たちの好みで改変したのだから、これはこれで良し。
なんかオリジナル・・なのだ。

酒はもちろん「泡盛」!
ダイビングのホームゲレンデは慶良間だったけど、酒はやっぱり石垣島に限りますな。


BGMは「うないぐみ」

さて今年の夏は、どんな冒険が待ち構えているのかな?
コメント (2)

連休後半

2024-05-04 21:11:37 | 新・ほろ酔いキッチン
みーばい亭サイトを開設して23年。
このブログも早18年。
季節の食材を紹介することが多いこのカテは、20年以上同じネタを繰り返しているわけで、真正「水戸黄門」サイトである。
ま、イマドキの若者は「水戸黄門」が、ピンとこないか。
老婆心ながら解説しておくと、江戸幕府初代将軍徳川家康の孫にして御三家水戸藩初代藩主である徳川頼房の跡を襲って二代藩主となり・・あ~めんどくさい。
興味のある人はAIに尋いてね。
ま、「水戸黄門」だろうが「サザエさん」だろうが、酒飲みが同じ話を延々と繰り返すのは、日本開闢天岩戸以来の伝統であるからして、今年も繰り返す。

というわけで連休後半。
酢に漬けて冷凍しておいた「きずし」を解凍し、シーズン最後の「ササガレイ」を焼き・・。
はい、思いっきり遠火の強火で上手に焼けたので記念撮影。
ひれを焦がさずに身をぷくっと膨らませるスキルを習得するのに、どれだけの魔物を捕食したことか。
頭もひれもサクサクといただき、老後の骨貯金。

カンテキに火を熾したついでに、木の芽醤油を塗りながら筍を焼き、


赤蒟蒻を焼き、越前岬をほろほろと。


さて・・と、まだまだ休みは続く。
明日はこどもの日だから小鮎の天ぷらかな。

年経れど季節は果てぬ酒のアテ


コメント (8)

ひと月遅れの桜鯛

2024-04-27 21:11:18 | 新・ほろ酔いキッチン
シャガがシャガシャガ咲き乱れる鯖街道を若狭まで北上。
とりあえず、定番の若狭ぐじと若狭サバは確保。
ぐじは背開きにして塩を当て干物籠で熟成中。
これは明日のお楽しみ。
サバは三枚におろして塩で締め酢に漬けて、いったん冷凍。
近頃、日本海にもアニサキスが増えているようなので念のため。
これは連休後半の肴に。

というわけで、本日の魚(肴)は、遅ればせながら「桜鯛」。
とりあえず三枚におろしてサクにとり、刺身に。

一尾分は多いかなと思ったけど、桜色の柔身は楽勝完食。

頭は半割にして塩焼き。
中落ちは鯛飯に。
ひと月遅れの桜鯛。
骨の髄まで堪能させて頂きました。
娶せる酒は越前岬の純米酒。

なかなか手に入らないけど、これ好きやわ、俺。

もちろん甲殻軍団にもお裾分け。

ヨモギホンヤドカリは休眠に入ったようで、残念ながら宴には不参加。
桜鯛の季節がずれ込んじゃってごめんなさいね。
コメント

春のホタル

2024-04-06 19:41:04 | 新・ほろ酔いキッチン
花見酒の肴に魚が食いたい!
というわけで、花曇りの週末、一路日本海へ激走・・いやいや交通安全週間であちこちに制服が見え隠れするので、法定速度を守ってほどほどに走行(笑)

収穫はノドグロにサバ、そして旬もそろそろ終わりのホタルイカ。

さっそく塩茹でに。

こればっかりは、自分で茹でんと話になりまへんな。
ボイルで売ってるホタルイカなんか、味が抜けてて食えたもんやおまへんわ。

定番酒、梵の特別純米をガラス盃で飲みながら、花を愛で寄居虫を愛でる。

磯の甲殻軍団へのお土産はアオサとノドグロのアラ。

実り多き春の日本海
サクラサク 春もほろほろ みーばい亭 
コメント

最初の一輪

2024-03-30 19:03:35 | 日々の戯れ
花曇りの週末。
ポンッ! てな感じで、今年最初のゆすらが開花。
この一枚を撮るために、わざわざ物置から脚立を出してきたりして(笑)

春うらら
今日も平和だ、みーばい亭。

コメント

イサザ豆

2024-03-23 19:51:32 | 新・ほろ酔いキッチン
なごり雪も降る時を知ってか知らずか寒い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
寒くても雪が降ろうとも、暦の上では立派な春!
というわけで、産卵期を目の前にして、旬もそろそろ終わりのイサザ豆。


ついでにモロコも焼いてみたりして。

寒かろうが雪が降ろうが春は来るのだ!

コメント

ブログ村 リンクバナー

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村