みーばい亭ブログ

言いたい放題! 飲み放題!

遊ぶ!

2014-02-22 23:04:09 | 新・ほろ酔いキッチン

小学生の頃、担任のアホ教師が、「人間と動物の違いは道具を使うことだ」と宣ったことを、憶えている。
生き物大好き少年だった管理人は、活字本からガラパゴス諸島に棲息するダーウィン・フィンチでさえ道具を使うという知識を仕入れていたから、偉そうな顔で間違ったことを教えるおばはんを思いっきり軽蔑したものだ。
それ以来・・・というか、生まれてこの方、教師という人種を敬った記憶が一切ない。
今日も新聞の片隅にあったが、女子学生のスカートの中を盗撮したり体を触ったり・・・・。
やっぱり、教師ってのは、まともに就職できない変態の仕事なんやなぁ・・・と、書いたら露骨すぎるかな。
ま、言いたい放題、飲み放題の酔い酔いブログですから(笑)

実際のところ、加工した木の枝や草の茎でシロアリを釣るチンパジーなんかはよく知られているし、肉食動物の狩猟本能が根底にあるとはいえ、オタリアの幼獣で遊ぶシャチや、毛糸玉にじゃれるイエネコもそうだろう。
カラスなんかも、近所の水路でよく「デススター攻撃ごっこ」をやっているのを見かける。
系統は違うけど、コイツらもやっぱり遊んでるんだろうな、カニちゃんの脱皮殻で。

生攻殻・・じゃなくて甲殻だし。
原寸大タチコマってとこか(笑)
ちまみに、ホンヤドとクロシマっていうのも珍しい2ショット。
同じ磯でも棲息域が微妙に違うから水槽ならではのスナップである。


こちらは、脱皮殻の主。
図鑑には甲幅40㎜とか載ってるんやけど・・・・。
とっくに越えてるよねぇ。
只今ソフトシェル状態。
唐揚げにしてレモン搾って、キンっと冷やしたカッツェなんかを・・・いやいや(^^;

さてさて飼い主はというと、分厚い攻殻を攻略して剥き身にしたマガキを、熱く煮やした大根おろしに沈めて、八海山を一杯・・・ではなく一盃と、行きたかったのだが、小人さんが飲んじゃって一合ぽっちしか残っていなかったので(一盃は約四合)、足りない分は「多賀」の原酒を熱めの燗で。
20度の原酒だから冷やで飲むとちょっと重いのだが、熱めに燗をつけるとキリっと立って魚介との相性も悪くない。
大根と白菜もそろそろ終わりだし、みぞれ鍋も今シーズン最後かな。

大根の甘味をたっぷり吸いこんだマガキと、マガキの旨味をたっぷり吸いこんだ白菜に、自家製のポン酢をたっぷりかけ回し、原了郭の一味を利かせてはふはふ。
多賀をぐびっ!
美味いっ!
昨年は裏庭の花柚が豊作で、ポン酢も一升くらい仕込めたから、贅沢に使えて満足満足。
スーパーの棚に並んでいる大手メーカーのポン酢使うと、舌に気持ちの悪い後味が残って、酒が物凄く不味くなるしね。
海外で日本酒の需要が伸びているのに国内で低迷しているのは、化学調味料の蔓延も原因の一つやと思うんやけど・・・。
なんとかならんかね、味○素。

さあ明日は伏見銘酒組合の今シーズン最後の蔵開き。
最後の原酒を仕入れてきますか。
そろそろ干潟の貝も太ってくる季節やし、月が変われば初桜も仕入れに行かないと・・・。

春遠からじ。

コメント (2)

アジの丸かじり

2014-02-15 21:56:47 | 新・ほろ酔いキッチン

・・・と、どこぞの食エッセイみたいなタイトルをつけてしまったが、正しくは「アジの頭の丸呑み」である。
イソギンチャクには歯がないしね(^^;
画像では解り難いけど、手前のグレーがアジの頭。
満月大潮特別サービスのアジの頭を触手で引き寄せてごっくん。

「俺、まだ食ってないし!」 と、怨嗟の声渦巻く磯水槽。
自然は厳しいのだよ、ホンヤド君。
それにしても、ごっくんと呑んで消化して、ペッと吐きだす全身胃袋。
シンプルでいいなぁ、磯銀ちゃん。

さて、管理人はというと・・・。
この週末、ワニチョコやカメチョコ(卵付き)と一緒に、浅茅生やら越乃寒梅やら鮒ずしやらが集まってきて、ちょっと幸せ気分。
近頃、みーばい亭のおっさんは、浅茅生飲まして阪本屋の鮒ずし食わせとけばご機嫌さん・・という風評がリアル社会に広まったようで・・(^^;
ありがたいことである。
コツコツ言うてみるもんやね(笑)

兎にも角にも、まずは黄金の卵たっぷりの腹身をぱくっ!
ぬるめに温めた浅茅生をぐびっ!
美味いっ!
けど、美味いのは当たり前。
続いて、卵の入ってない尻尾の身を噛みしめる。

乳酸菌の酸味が薄れて鮒の旨味が口いっぱいに広がったところで、再び浅茅生をぐびっ!
嗚呼、大津に帰ってきてよかったぁ・・・。

箸休めに黒豆をぱくっ!
浅茅生をぐびっ!

蒸し物は冬の定番「蕪蒸し」。
ふうわりと蒸しあげた蕪に出汁餡をかけ回し、すりおろした山葵をたっぷり。

匙でぐしゅぐしゅするとほど良く蒸しあがった海老がぷりっ。

浅茅生をぐびっ!

箸洗いには湯豆腐。
土鍋の湯が沸いたところで火を止めて豆腐を入れ、ぴったり5分。
豆腐の食べごろを見極める技にはいろんな流儀があるけれど、酒が進んだ時は、これが一番間違いない(笑)
もちろんここでも、浅茅生をぐびっ!
やっぱり一升瓶やと心が豊かになるなぁ・・。

週5日せっせと働いて、週末は美味いもん食って美味い酒飲んでへらへら笑って・・・。
突き詰めれば人間もイソギンチャクも同じ全身胃袋。

名もなく貧しくシンプルに!

みーばい亭は今日も飲むのだ!

コメント (2)

Tooth extraction

2014-02-08 22:18:46 | 新・ほろ酔いキッチン

ず~と前
一念発起して、親知らずを一気に抜いてしまおうとしたのだが、3本まで抜いたところで気が萎えてそのままになっていた
以降、定期健診の度に抜きましょう抜きましょうと勧められながらも、のらりくらりと逃げているうちに、いつの間にか十数年が経ってしまった。
ところが、今回はいつになく熱心で、噛み合わせる下の歯がないから浮いて隙間ができていて、遠からず虫歯か歯周病になると脅された。
口臭と体臭はきつい御法度のご時世だから、歯周病になると言われては年貢を納めるしかない。

と言うわけで、今夜は噛むのが面倒なので、湯豆腐にしようと思ったのだが、鱈くらいなら大丈夫かな?・・・となると白菜もいるな。水菜もそろそろ終わりだし、やっぱりエノキも・・・っと、気がつけば「鱈ちり」になってしまった(^^;
酒は買い置きの八海山を温めて、ほんの一合ばかり。
腰を据えて「雪見酒」といきたいところだけど、今日はこのくらいにしといたろ。
賢者は経験から学ぶのだ!
前に親知らずを抜いた時、痛み止めじゃ~と、バーボン喰らって寝たら、朝、枕が血塗れやったもんで(爆死)

コメント (4)

活菌!

2014-02-01 22:03:46 | 新・ほろ酔いキッチン

森鴎外が、ドイツ留学で得た半可通な知識とエリート意識から、脚気細菌説を主張して、陸軍内の脚気患者に適切な治療を施さず、結果日露戦争時、戦闘による死者を遥かに上回る病死者を出した・・というのは、よく知られた話だが、100年以上が過ぎて医学や細菌学が格段に進歩した現代においても、細菌=病原体みたいな偏執的な思考の方々が少なからず居られるらしく、糞も味噌も一緒くたに「殺菌」だの「消毒」だのと姦しい。
大体、地球上に存在する原核生物(細菌(バクテリア)と古細菌(アーキア))のバイオマスは真核生物(バクテリアとアーキア以外のすべての生物ね)を遥かに凌駕するのだから、そんな相手に挑むのは、蟷螂の斧というかラマンチャ的というか、とにかく愚かな行為であることには違いない。
我々真核生物は地球上に現れた瞬間から何億年もの間、数多の原核生物と共存してきたのだから、多少の病原性を持つ原核生物に対する抵抗力をつけるために、美味しい物をたっぷり食べ、何もかも忘れてのんびり休める社会環境を調えることが先ず大切なのではないかと、・・・久しぶりに真面目に語ってみたりして(^^;
要するに、週休3日くらいで、夏にひと月くらい夏休みが取れて、美味いもん食いながら美味い酒が飲めて、ついでにきれいなねえちゃんにかこまれて・・・書いてて虚しくなってきたので以下略すが、そんな世の中になればいいなぁ・・と、ますます虚しさが募る今日この頃(笑)
例によって微妙に話がずれてきたが、つまりバクテリアもアーキアも同じ地球に住む仲間なのだから、目の敵にするより上手く共存する方が肩はこらないかと。
まあ、世の中にはバクテリアからクジラまで生きとし生けるものすべてが気に入らない人も居るみたいだけど・・・。

それはさておき、
バクテリアも生物である以上蛋白質で出来ているから当然食えるわけで、だいたい発酵食品なんてのは、生死を問わずバクテリアをそのまま食っているのに等しい。

うっとこのオカヤドカリたちも冬場は落ち葉ばっかリ食ってるが、枯葉そのものはほとんど消化されずに排泄されるらしいから、付着したバクテリアや菌類から栄養を取っているのだろう。
ちなみに湧水に棲むニホンザリガニは、ほとんど落ち葉由来のバクテリアや菌類だけで生きているそうだ。

もちろん飼い主も、鮒ずしやらへしこやらスクカラスやら・・バクテリアをバクバク食いながら日々楽しく酒を飲んでいる。
その酒だって(バクテリアじゃないけど)酵母菌の排泄物なのだ。
そういえばウチにも酵母の飼育槽があったっけ。
ちょっと増えすぎたみたいなんで間引かないといけないのだけど、飼育している生物を捨てるのは飼育家としてのモラルを問われるので絶対に出来ない。
かといって、無益に殺してしまうのもかわいそう。
仕方がないので、活きのいいうちにごっくん!

カンテキに供養の送り火を灯し、ついでに旬の葱を焼く。
今の時期の葱は塩ふって炙っただけで絶品のアテになるのだ。

火が残っちゃったので、もひとつおまけに京地鶏のモモ肉なども焼いてみたりして。

皮はパリッ!
中はジュワー!
焼き鳥屋の焼き鳥って押し並べて焼き過ぎなんよな~。
大きめに切って中は桃色くらいで食べるんが最高!
健康な動物の筋肉の内部は無菌だって小学校で習ったでしょ。

そして、お待ちかね(?)みーばい亭新メニュー「焼き味噌豆腐」!

実は、田楽にしようと思ったのだけど、水きりが甘くて串が効かなかったもんで、急遽アルミホイルに味噌を塗ってカンテキにかけ、その上に崩した豆腐を乗っけて、香ばしく焼けた味噌を適度に温まった豆腐に絡ませてぱくっ!
もちろん味噌には酵母の食べ残しを混ぜてあるから、アルコール発酵した酵母菌の排泄物とは文句なしに同調する!
いや~濁醪・・じゃなくて、酵母ちゃんが進む進む。

嗚呼、真核生物って罪深い(爆)

※麹とか酵母はバクテリアじゃなくて菌類(≒真核生物)なので、念のため

コメント

ブログ村 リンクバナー

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村