みーばい亭ブログ

言いたい放題! 飲み放題!

水無月さん

2019-06-29 11:08:31 | 日々の戯れ

ただいま水無月さん製作中。

6月に入ると、本番までに何回か試作するから、すでに何個も試食済みなんだけどね(^^;

さて、お次は半夏生のタコを仕入れないと。
こちらは酒の肴になるからウエルカム。

やれ、日本人って忙しい。

コメント

初春の風景

2019-01-01 13:23:52 | 日々の戯れ

明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします

うららかな陽射しに抱かれて、穏やかに新春を迎えたみーばい亭でございます。
とっておきの塗椀で雑煮を祝い、酒に合うようにだしをきかせて薄味に仕立てたお煮しめや、酒に合うように甘さを控えた芋俸や、酒に合うようにほろりとほどけるやわらかさに炊き上げた鯛子や、塩抜きをちょっとしくじって少々塩辛くなったけど、これがまた酒に合うかずのこなどをあてに朝っぱらからとっておきの吟醸酒をいただくいつもと変わらぬお正月・・と、言いたいところなのですが、今年は大きな大きな違いがあったりするのですよ、実は。
それがこちら。


例年なら本田さんの大吟醸味噌のお雑煮には、慶長小判を合わせるのだけど、今年は年末にきいた新酒の中でとりわけできの良かった豊祝に浮気。
祝米を白菊水で仕込んだ純米大吟醸!なんだから旨くないわけがないわけで、前述のおせち料理をあてにほろほろと度を過ごすのは例年通り。
酔いざましに赤樫の木太刀を振り回し、昨夜の鴨鍋に使った芹の根っこを庭に植えつけ(笑)、自室に戻って裏山の雑木林をぼんやり眺め・・・。
今年も平和だ2019年。

暮れれば雨垂れ石を穿つを燗につけて村田さんの湯豆腐でほろほろとやりますか。
飲んでも飲んでも酒の尽きない三が日。

宣言
思いっきり堕落するぞ!

コメント

お休み処

2018-12-29 11:40:32 | 日々の戯れ

貝殻マンションの外壁のアワビ殻からニョキニョキと生えてきた緑藻類。
唐松のような立派な枝ぶりで、スジエビモドキやイソスジエビお気に入りのお休み処となっております。

無事に仕事を納めた寒波の土曜日。
そんな水槽をのんびり眺めて緩んでいる管理人でございます。
明日からは怒涛の正月準備に取り掛からないといけないし、今日一日は骨休め骨休め。

というわけで、今年も場末の酔い酔いブログをご贔屓いただきましてありがとうございました。
来る年も変わらぬご愛顧を賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。
どっこい生きてるアシナガモエビ(モドキかも)。

コメント (3)

台風が来た!

2018-09-08 21:56:39 | 日々の戯れ

台風が来る 物凄いヤツ
台風が来る 記録破りだ
古い大木も倒され、根こそぎ飛ばされてしまう

というわけで、プラタナスの大木もこの通り。

台風一過さわやかな秋晴れ・・なら、少しは救われたかもしれないけど、この週末も朝から大雨。
仕方がないんで朝は寝床で過ごして、のんびりタコ焼きブランチ。
最近知ったんだけど、家庭にホットプレートがあるのは関西だけなんだとか。
余所の人はお家でタコ焼き焼かないのね。

ま、そんなことはどうでもいいんだけど、台風通過時、締め切った雨戸にバチバチ当たる音がうるさかったんでなんだろうと思っていたら、あちこちに青いドングリが・・・。
ダイダロスかいな(笑)・・って、笑ってる場合じゃないな。
この分じゃ今年は山の実りが不作で、獣に慣れていない移住民が鬱陶しく騒ぐ事態になるんやろな。
回覧板で注意喚起する程度で済めばいいけど・・・。

そんな秋の味覚にありつけないイノシシやリスやアカネズミやテンやその他大勢の獣さんや鳥さんたちには申し訳ないけど、麓のホモ・サピエンスは、秋の味覚満喫中。
毎年毎年飽きもせずに同じネタを・・、と呆れて物も言えない読者の皆様。
今年のみーばい亭はひと味違いまっせ。
はい、まずトマトを焼きましょ。
火が通ってぐしゅぐしゅになったトマトを焼いた秋刀魚の身に絡めてオリーブ・オイルをたら~り・・パクッ!

なんやこいつ、酒飲みの風上にも置けへんな・・と、お怒りのそこのアナタ。
まあ、やってみなはれ。
ちょっと辛め(日本酒度高め)の吟醸酒に合うんやわこれが。

 

コメント (2)

平和の酔い

2018-04-28 20:30:42 | 日々の戯れ

かつて地球侵略を目論む宇宙人の襲撃を受けた京都国際会館。
ウルトラセブンでさえ歯が立たなかった巨大ロボット兵器を人類の英知で撃退してから半世紀。
21世紀の国際会館は世界平和の祭典「サケスプ2018」で盛り上がっております。

月末業務に加えて、連休前に処理すべき案件やトラブルを抱えて、久しぶりに必死で労働に勤しんだ管理人。
夕方ようやく目処がたって、朝から無視し続けていた着信やメールに返信をはじめたら、女子職員がぼそりと一言。
「怖うて声かけられへんかった」
どうやら我知らず、この数日職場を冷んやりさせていたらしい(^^;
ま、その甲斐あって、2日は仕方なしとしても、何とかカレンダー通りに休めそうな大型連休。
そんな過重労働のご褒美は、日本中から集まった美酒の数々。
開場を待ちかねてお猪口片手にブースからブースへいそいそと飛び回る。
純米、吟醸、原酒ににごり、あれやらこれやらたっぷり飲んで、満足満足とほろ酔い機嫌で自宅へ戻り、ひと風呂浴びてさっぱりしたら、初夏の夕日に照る山藤を愛でながらの藤見酒。


というわけで、ほろほろと平和に黄金週間を迎えたみーばい亭。
皆様も、どうぞ酔い連休をお過ごしくださいませ。

コメント

2017年 大晦日

2017-12-31 12:18:03 | 日々の戯れ

ただいまお煮しめ進行中。

棒鱈、数の子、海老芋、鯛子、慈姑・・・。
普段でも手の出ない高級食材が年末価格でさらに恐ろしいことになっているので、料理に気ぃつかうこと気ぃつかうこと。
鯛子は弾けないようにガーゼに包んでそうろとそうろと鍋に入れ、棒鱈は崩さないように軟らかいプラスチックのフライ返しで慎重に慎重に扱い、数の子も砕けないように爪を立てずにゆっくりゆっくり薄皮をむき・・・、ああ~緊張する!

芋俸は何とか炊きあがったし数の子は漬け込んだし、あとは煮しめを仕上げてたたきごんぼに取り掛かってだて巻きにきんとんにごまめ・・、今年中に蕎麦までたどりつけるのかな?

というわけで、ばたばたしながらのご挨拶で恐縮ですが、今年も一年みーばい亭サイト並びにブログをご愛顧いただきましてありがとうございました。
来る年も、よろしくお願いいたします!

さて、2017年最後を飾るのは目力強力なこのヤドカリ。

何かと不穏なこのご時世、不埒な輩に睨みを利かせてやってくださいな。
睨んで世の中変われば世話ないですがね(^^;

コメント (2)

湖東の秋

2017-10-14 20:16:29 | 日々の戯れ

車窓から眺める田園風景の先には・・・、
懐かしい昭和の風情が。

と、いうわけで、今年も来ました岡村本家の蔵開き。


赤こんにゃくなどをつまみながら、なみなみと注がれた樽酒をすする。
湖東の秋、大満喫の週末!

先々週はきき酒モニター会、先週は地酒の祭典、そして今週の蔵開きと、昼酒イベント3連発!
といっても、まだまだ酒シーズン序盤。
伏見の酒祭りも近いし、銘酒組合の蔵開きもあるし、管理人の生誕祭も控えてるし・・・。
皆の衆、今年もほろほろとがんばろう!

もちろん、お土産には旨口のひやおろしを、しっかり(一升瓶で)ゲット。
さて、何に合わせて飲もうかな?
これから冬にかけて、野菜も魚もどんどん美味くなるし、やっぱり鍋かなぁ。

さあ、お楽しみは、まだまだこれからだ!

コメント

SHIGA JIZAKE FEST 33(酒蔵) IN びわ湖大津

2017-10-09 18:01:39 | 日々の戯れ

と、いうわけで、地酒の祭典でございます。
今年も、県内県外はもとより、国外からの参加と思しきガイジンさんもちらほら見えて大盛況。
それなりに年季の入った管理人は、ベテランの余裕を見せようと、先週のきき酒モニター会の採点表を基に、昨夜から計画を練っていたのだけど、今年高得点をつけた酒蔵はもちろん、馴染みの酒蔵もチェックしないと落ち着かないし、今年度の知事賞、びわ湖賞を獲得した酒も素通りできないし・・、ここまで来たら普段絶対飲めない大吟醸クラスも味見したいし・・・てなわけで、結局あさましく一通り(たっぷりと)飲んでしまった。
ま、例年のことか(^^;

いや~飲んだ飲んだ。
満足満足。

今年の収穫は、
●一博 純米 薄にごり
 蔵を復興して一時はどうなるかと思ったけど、安定感が出てきて一安心。
応援してるからね、一博くん。

●琵琶の舞 純米吟醸
今まで、みーばい亭ではノーマークだったけど、今回のきき酒会で各クラスとも高得点をつけた蔵。
さすが会長の貫禄。
湖西からは、ちょっと遠いけど、一度蔵も尋ねてみますか。

●波の音 ええとこどり 特別純米無濾過生原酒
こちらは市内の蔵ながら、市内故に地域的な偏見もあって今までノーチェックだったのだけど、きき酒で高得点を付けてしまったので、注目せずにはいられないわけで(^^;
この、ブラインド審査って気を張るから消耗してしんどいけど、まったく先入観なしで評価を下せるのがうれしい。
おかげで、お気に入りの蔵がどんどん増えて行くんだけど、それが良いのか悪いのか。

年を取って肝機能はどんどん衰えていくけど、飲みたい酒はどんどん増えて行く!

がんばれ酒蔵!
がんばれ俺!

コメント

夏の磯

2017-08-19 21:31:37 | 日々の戯れ

立秋はとっくに過ぎたけど、まだまだ気温30℃越えの浮世から、水温28℃の別世界へとエントリーし、ずんずんと潜って行く。
岩の隙間を縫うように泳ぎ、ケーブを抜けて眩しい水面を見上げると・・・。

おおっ!
そこにいるのはメバルさんじゃありませんか。
ごっちゃんです。

内陸では、磯物のコリコリした歯応えや、噛むほどに滲み出る滋味なんか、望むべくもなく。
こればっかりは、一週間の労働で疲れ果てた身体に鞭打って、早朝から海まで往復260kmを走破した御褒美やね。


もちろんアラはヤドカリたちにおすそ分け・・、なんやけど。
一度には食べきれないだろうから、細かく切って冷凍しておくんで少しずつね。
今日のところは、新鮮な緑苔を堪能してくださいな。

この夏は日照時間が短くて、タイドプールがお湯にならないせいか、この時期でも苔が腐らずに青々と茂っている。
「え~、メバルくれへんのかいな」
と、文句を言いつつも、夢中で苔を貪る青物好きのケアシさんたち。
どれくらい夢中かというと・・・。
まき散らかされた糞が雄弁に語っていますな(爆)

はい、お行儀!

コメント (2)

おなじみさんたちの海

2017-07-22 22:37:36 | 日々の戯れ

気温34℃  晴れ。
梅雨も明けたし、申し分のない「夏」なんだけど、季節の進みが少し遅れる海中は、未だ梅雨もよう。
・・にも関わらず、すでに水温28℃

どうなってるのかな?
近頃の日本海。

長年定点で観察していると、環境の変化に伴ってそれなりに住人の入れかわりもあるのだけど、毎度かわらぬ住人たちも少なからず居るわけで、なんとなくホッとした心もちになる。

磯の貴婦人キヌバリさん。
あいかわらずべっぴんやね。


面構えに似合わぬ上品な白身が持ち味、カサゴの旦那。
唐揚げにビールが最高!


みーばい亭サイトのリンクバナーにもなった、越前みーばいことキジハタの兄い。
やっぱり、もちもちの白身を刺身で・・かな。


さっと煮付けて、純米酒。
今年もお世話になります、メバルのおっちゃん。


磯の「なにコレ」、キュウセンおばはん。
いつ見てもお洒落やねぇ。


友情出演 イサキさん。
ごっちゃんです。


そして、もちろん夏酒一本義!
銀色のラベルに銀色で文字を刷る意味がよう解らんけど、なんとなく涼しげな純米吟醸の生酒でおます。

さあ、いよいよ夏本番!
皆の衆、この夏もよろしくね。

コメント

ブログ村 リンクバナー

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村