みーばい亭ブログ

言いたい放題! 飲み放題!

時代がまわる・・・のかな?

2017-02-25 21:00:08 | 生き物の話

前回の脱皮で歩脚をバッサリと落としてから、そろそろ一年。
右鉗脚を落として、左鉗脚一本になったのが去年のお盆頃だから、そろそろ半年。
イソガニ爺さん、まだ生きております。


おまけに、再生芽が膨らんできたりして、ひょっとしたら・・と、期待も膨らんだりするのだけど・・。
数日前から、お気に入りの居場所を離れていたのでどうしたのかな?と思っていたら、どうやら新進のミツビシ君に追い出されたようで(^^;


去年の初夏には砂粒ほどの稚ガニだったミツビシ君も、いつの間にか立派な「カニ」に成長して、そうなると60㎝水槽ではニッチを分け合えるはずもなく、いつまでも居座るイソガニ爺さんに業を煮やして討って出たようで。
さて、どうなりますやら磯水槽。


一方こちらのムラサキオカヤドカリも、孵化から一年半を経て、生殖能力があるのかどうかはわからないけど、見た目はほぼ成体である。


で、みーばい亭暮らし16年のお父ちゃんもこの通りご健在(笑)
ま、こっちはケージが分かれているから問題ないし、せいぜい長生きしてくださいな。

コメント (2)

うすいろ☆ヨモギ

2017-02-18 20:18:15 | 新・ほろ酔いキッチン

少し寒気が緩んだので、裏庭の土を掘り返して、庭木に寒肥を入れてやった。
先週の雪がやっと消えたばかりなのに、落ち葉の下に羽化した羽虫が蠢いていたりして、そこはかとなく春の気配が伝わってくる週末。
春草が萌えるのももうすぐかな?
そんな管理人の思いを察したのか、磯水槽では水槽ボケして少々色褪せたヨモギホンヤドカリが活性アップ!
水槽暮らしもそろそろ2年。
レアなわりには丈夫なのね(笑)

さて、春の香りと言えば七草の筆頭を飾る「芹」。
芹と言えば当然「鴨」。
と、いうわけで今宵は鴨鍋!
満を持してレシピ公開と行きますか。

まず、鴨ガラ出汁を塩で味決めし、純米酵母培養槽の「うば」を投入。
煮えたところでつみれ団子をたっぷり入れてちゃんこ風に。
ここで、偏執的にアク取リする鍋奉行もいるけど、アクも味のうちなんでほどほどに。
出汁が出たところで、鴨肉を入れ芹をドバッ!

以上!

合わせる酒は地元民の特権、昨日届いたばかりの「琵琶の長寿 純米吟醸 しぼりたて生原酒」。


香り高く生きよう
喜びにあふれ!

コメント

雪ごもり

2017-02-12 12:01:16 | 日々の戯れ

巷では、スマホのアプリで操縦できる高価な玩具が話題になっていたけど、これはただの容れ物なので、もちろん動かないし、お地蔵さんと会話したりもしない。
ちなみに中身は、少々気の早いチョコレート。

それにしても、この雪なんとかならんかな。

というわけで、みーばい亭ただいま冬眠中。

コメント

春が立つ

2017-02-04 21:04:49 | 新・ほろ酔いキッチン

これでも混じりっ気のない純粋な日本人だから、昨夜は焼きイワシをアテに燗酒を飲み、巻き寿司を齧り、年の数だけ炒り豆を食って・・・、寝た。
そして、一夜明ければ春が立っていた。
暦の上ではスプリングである。

おおっ、冬が終わってしまう。
冷蔵庫の食材を確認せねば!
と、ひと騒ぎして発見したのが、これ。

言うまでもなく頂き物。
もったいながって置いときすぎたなぁ。
早よ飲まんと!
八海山やったら魚やろ!
というわけで、脂ののった鯛(のアラ)を大奮発。


3年寝ている間に、少~しヒネがでて甘みも加わり、八海山とは思えない穏やか風味だったから、鯛(のアラ)はシンプルな酒蒸しにしといて正解。
満足満足。鯛は胸鰭とほっぺたの身が美味いのだ!

もちろん豪気な管理人は、ヤドカリたちにもおすそわけ。

さすがに食いっぷりのいいこと。

ほんで、こっちも。

前回の脱皮で脚を落としたのが、昨年の3月だったから、そろそろ一年。
この食いっぷりやったら、まだまだ生きそうですな。

コメント (2)

ブログ村 リンクバナー

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村