みーばい亭ブログ

言いたい放題! 飲み放題!

オカダンゴムシを喰らう!

2017-05-27 21:03:02 | 2017年ムラサキオカヤドカリ繁殖記録

孵化79日目のムラサキオカヤドカリ。
しっかりとした歩脚で力強く歩き、眼柄の側扁も顕著になってきた。

この急激な成長の糧となっているのが「虫」。
母乳のおもな栄養素はタンパク質とカルシウム、それに各種ビタムン類。
虫の栄養成分はタンパク質とカルシウム、それに各種ビタミン類。
うん、理に適っている(笑)

夏場なら網戸に貼りついた蛾や、飼い主に集る蚊などを手あたり次第に与えるのだけど、この季節はまだ羽化した昆虫が少ないので、手ごろな栄養食品として、陸生甲殻類のワラジムシやダンゴムシを与えている。

管理人がカメラを構えて覗き込んでいても、まったくお構いなしに齧りつく仔ヤドカリ。
どんどん貝殻を着替えて、どんどん脱皮して、どんどん虫喰って、どんどん・・いや、ほどほどに大きくなってくださいな(^^;




コメント (4)

渇く!

2017-05-20 20:29:07 | 新・ほろ酔いキッチン

2017年5月20日
日中の気温は30℃に達したんじゃないかな?
加えて空気は庭木の梢も萎れるほどからっから。
さすがにオカヤドカリ槽も稚ヤドのケージ以外はヒーターOFF。

こちらご両親。

あ~、年とると寒さより暑さの方がこたえるの~。


2015年生まれの若ヤドも珍しく水浴び。
やっぱり暑かったようで。

で、文明人の飼い主は、この高温低湿の過酷な環境を、人類の英知で乗り切る黄昏時。

はい、ウワサの真空断熱タンブラーでございます。
これ、10分や20分放っておいても温まらない、思った以上の優れもの!
ま、本格的に暑くなったら、温まる間もなく一気飲みするんやけどね(^^:


で、暮れれば本格的に暑気払いの酒宴。
まずは、絹ごしの奴と冷製茶碗蒸しで口中を冷やして、梵の純米吟醸ときしらずを涼冷えでキュッ!
続いて、間引いた青紫蘇をたっぷり散らした鰹のたたき!

〆は、旬のえんどう豆を炊きこんだ豆ごはん。

獲りたての豆が甘い!

さあ、かかって来んかい、夏!
あと10年くらいは、受けて立ったるで!

コメント

稚ヤドカリの向こう側

2017-05-13 15:10:24 | 2017年ムラサキオカヤドカリ繁殖記録

成熟した卵が海水に触れた刺激で孵化してゾエア幼生となり、海中でプランクトン生活を送りつつ脱皮を繰りかえして成長し、5回目の脱皮でグラウコトエに変態する。
グラウコトエは変態後数日目くらいから着底することが多くなりプランクトンからベントスへ移行、やがて適当な貝殻に入って「ヤドカリ」形態となる。
貝殻に入ったグラウコトエは順次上陸を開始し海岸近くで陸上生活への適応を進め、陸上で脱皮し稚ヤドカリとなる。

つまりオカヤドカリの稚ヤドカリとは、上陸したグラウコトエが脱皮変態した次のステージにおける呼称なんだけど、稚ヤドカリがもう一回脱皮した次の次のステージになると、もう稚ヤドカリとは呼べないのかな?
そうだとすると、厳密に稚ヤドカリと呼べるのは、ほんの数日間だけのことになる。
長い長いムラサキオカヤドカリとの付き合いの中で(20年以上の飼育実績も報告されている)稚ヤドカリと触れ合えるのは、ほんの一瞬に過ぎない、この上なく貴重な時間なのだ。

そんな貴重な時間を、溜りに溜まった仕事のおかげでストレスを溜めに溜めて無為に過ごしてしまった一週間。
今年の連休は曜日並びが良い・・などといった人もいるが、最終日が日曜日ということは、連休明けからフルに出社しないといけないわけで、ある意味最悪の並びである。おまけに月末月初を跨ぐしね(- -;

そんなわけで、ようやく迎えたこの週末、ご褒美のビール片手に陸上槽を覗いてみると・・・。
孵化後65日にして、貴重な稚ヤドカリの時期はとっくに過ぎ去り、ダンゴムシの死骸に齧りつく「小さなオカヤドカリ」の群れが(笑)
ま、順調に成長しているのは喜ばしいことか。
と、いうわけで だいぶ乾燥にも耐性がついてきたようなので、床材の「濡れ砂」を「湿り砂」に移行。
海綿に含ませて与えていた真水も、ハマグリ殻の水入れに切り替え。
つまり、ミニチュアながら成体と同じ飼育環境での飼育スタートである。
やれやれ、これでちょっとは楽になるかな?

ちなみに下の画像、左側が脱ぎ捨てた産着、つまり上陸時に背負っていた貝殻。
そして右側が現在背負っているのと同サイズの貝殻。
毎度の事ながら、この時期の成長スピードには瞠目させられる。

とはいっても、まだまだご飯粒サイズだし、ちょこちょこと素早く動き回るから、カメラで追いかけてもなかなかピントが合わない。
実物はもっと可愛いんですけどね(笑)


一方こちらは、孵化後1年と10ヶ月を迎えた(たぶん)お姉さん。
最近、影が薄いんで久しぶりに上げときますか。


こうしてみると、この子たちもまだまだ可愛いなぁ・・って、ゾエアからここまで育ててきた飼い主の欲目かな(笑)

コメント

上方日本酒ワールド 2017

2017-05-04 20:01:32 | 新・ほろ酔いキッチン

爽やかに薫る五月の風に吹かれて・・・、暑苦しい人混みに身を投じる連休ど真ん中。
今年こそ何も言うまいと思ったけど、やっぱり愚痴ではじまるなぁ、このイベント。
やれやれ(^^;


興味のある方はブログでもSNSでも、お好きにご検索くださいませ。

今年は久しぶりに、埼玉の「神亀」が来ていたので、「ひこ孫」でスタート。
金の亀も悪くはないけど、やっぱり神ってる亀は迫力が違う!

続けて五月にぴったり、爽やかな香りの「山形正宗 純米吟醸 雄町」
水戸部酒造はお初だったけど、今後要チェック。
山形の吟醸は好きやな。
あては「庄内アスパラ昆布巻&穴子煮」
美味かったんやけど、もうちょっと穴子を奮発してほしかった(^^;

あとなに飲んだっけ?
印象に残ったのは・・「裏仙介(兵庫)」、「奥能登の白菊(石川)」、「蒼空(京都)」、「二世古(北海道)」・・
こうやって並べていくと、なんやかんやと文句言いながらもよう飲んだなぁ・・。

あれ、もしかして楽しかったんか?俺(笑)

コメント

稚ヤドカリ

2017-05-03 20:34:08 | 2017年ムラサキオカヤドカリ繁殖記録

陸上への移行に成功した後の幼体の成長過程に関する研究は、まったく行われてこなかった。野外で発見される幼体は種や性の判別が難しく、研究対象として扱い難いと考えられる(下田,2001)

と、いうわけで、研究者泣かせの琴絵さんなのだけど、性の判別はともかく、うっとこの個体は両親ともにムラサキオカヤドカリだから、紛うことなきムラサキオカヤドカリの幼体である(笑)


5月3日現在で孵化から55日目。
上陸して約2週間。

グラウコトエは加齢とともにますます乾燥に耐え、乾燥抵抗に対する行動的・形態的機能強化がオカヤドカリ類の陸への移行を促進した(Brodie,2000)

ここまで、しっかりしてきたら、もう「稚ヤドカリ」と呼んでいいかな?
身体も宿貝も、一回り大きくなってるし。


本日、陸上で6匹の生存を確認。

コメント (2)

ブログ村 リンクバナー

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村