みーばい亭ブログ

言いたい放題! 飲み放題!

香々

2020-02-22 20:04:16 | 新・ほろ酔いキッチン

2月22日は「にゃんにゃんにゃん」と読んでネコの日らしいけど、「ぶうぶうぶう」と読めばブタの日である!

ま、それはともかく・・。

昨年は餅米の糠が混じっていたせいで、妙なとろみが付いて往生した香々樽、今年は大根を干し過ぎたせいか塩が立って、節分に出した時には舌に触る感じだったのだけど、なんとか馴染んできたようでひと安心。
あとは、ショウジョウバエが発生するタイミングの見極めが勝負ですな。
今年は極端な暖冬だから、気を抜かないようにしないと!

というわけで、早くも春の気配を感じる令和二年の二月中日。
皮の下に「す」が入った蕪の芯だけを贅沢にすりおろした蕪蒸しを肴に、ぬるめに燗をつけたまごころ純米をほろほろと。
蕪蒸しも、この冬最後やろね。


そして〆はもちろん香々巻き。


三連休の中日は伏見の蔵開きで昼酒を堪能する予定だったけど、この騒ぎで中止に・・。
さて、明日の酒はどうしよう。
「ブタの日」だから、甲賀の山を越えて伊賀豚でも仕入れに行きますか。

そういえばコロナに埋もれちゃったけど、豚コレラはどうなったのかな?

コメント

春の予感

2020-02-15 19:42:37 | 生き物の話

めったに食べないチョコレートをつまみながら、遅くまでバーボンを飲んでいたせいか、なんとなく胃が重たい土曜日の朝。

ちょっと体を動かそうかと、愛用の木太刀を手に裏庭に出て、ふと足下を見ると水面から顔を出す芹の芽が。
春やな~と辺りを見回すと、こちらも春の七草ほとけのざ。

さらにはこべら。


調子にのって、朽ちかけた流木を返してみると、艶やかなK・G・B(コウ・ガイ・ビル)が!

その下には、冬眠中のオカダンゴムシ。

冬枯れの庭にあふれる生き物たちの息吹!

そういえば、ムラサキオカヤドカリの子供たちの宿貝が窮屈そうになってきたので、ついでに補充してやるかと、片隅の貝塚を掘り起こしてみると、ここにもK・G・Bが。

こっちはミスジかな。
そして奥にはダンゴムシ。

こちらのサザエにはコウラナメクジ。
啓蟄はまだまだ先だけど、春の予感いっぱいの裏庭。

♪  I’ve been mellow~ ♪

って、わかるかな~?
わからへんやろな(^^;

 

コメント

ホンヤドカリ!

2020-02-08 20:59:11 | 生き物の話

物くさ太郎、三年寝太郎、それにゲゲゲの鬼太郎だったかな?
某電気通信会社のCMキャラクターとしても、根強い人気の太郎君。
人間界の「名」の代表のみならず、ウルトラの星にも存在するありがたい名前である。

さて・・と、ヤドカリ界の種名の代表と云えばもちろん「ホンヤドカリ」。
「ホン」とは本物の「ホン」、本家の「ホン」、本元の「ホン」。
その属に含まれる数多の種を代表するものに与えられる名誉ある「冠位?」である。

その位に恥じることなく、どこの磯にも、それこそ掃いて捨てるほど居るのがホンヤドカリ。
実際、ホウキで掃いてチリトリで集めれば、バケツ1杯や2杯すぐに採集できるほど居るわけで、その辺の金魚屋の海水槽コーナーで1匹150円くらいで売られているのをみると、ついバケツ1杯で○○百匹だから、✕150円で・・・、などと、良からぬことを考えなくもない俗世に生きる管理人(^^)

ただ、いくら世俗に塗れても、「人」として捨てられない矜持があるからねぇ・・。この状況下でマスクを法外な値段で転売しているカスみたいに矜恃を捨てれば、もっと楽に生きられるのかもしれないけどね。ま、そんなカスどもは、はなから矜恃なんか持ち合わせてないか(笑)。

えっ?なにが云いたいのかって?
別になにも云いたくありません。

そろそろ終いの雲子と出はじめの菜花を肴に、熱めにつけた越前岬をほろほろとすごした、酔っぱらいの戯れ言でございます。


はい、話は戻って、こちら三太郎ならぬ三本寄居虫のひとり「ユビナガホンヤドカリ」。
干潟にはそれこそ掃いて捨てるほど居るのだけど、磯ではレアもの。
我が家の磯水槽でも、現在この個体1匹だけの希少種であります。

そして三男、ケアシホンヤドカリ。
これもどこの磯にでも居るんだけど、磯の帝王ホンヤドカリとの競合を避けて、潮下帯に生息しているから、濡れるのが嫌いな潮だまり派にとっては、ちょっと希少種かな?

そういえばホンヤドカリ界のトップアイドル、ヤマトホンヤドカリの姿をしばらく見てないけど、空の貝殻も転がってないから、どこかに潜んでいるのだろう。
ようやく節目の半年をこえたばかり。
無事を祈る!

コメント (8)

バリバリ鍋

2020-02-01 21:55:10 | 新・ほろ酔いキッチン

2月である。
もういっかい云う2月である。
ここに来て、ようやく冬らしい気候になってきたので、満を持しての「ハリハリ鍋」である。
が、ここまでのぬるい気候のせいで、肝心の水菜が育ちすぎて「バリバリ」に。
若い頃は、それなりに車好きだったけど、田舎ヤンキー文化が死ぬほど嫌いだった管理人には「バリバリ」などはおぞましき禁句。
とはいうものの、育ちすぎたものは仕方がない。
とりあえず、土を落として鍋に投入!
さっと出汁にくぐらせて、筋っぽいかな?と、警戒しながらサクッ!
サク、サク、サクサクサクサク~~~~!
先生!
おう!蕎麦屋か~!!!
旨い!
噛めば玉散るクロロフィル!
美白美顔のデトックス!

というわけで、ちょっとバリバリだけど「ハリハリ鍋」堪能!
冬来たりなば春遠からじだけど、もうちょっと冬を愉しませておくんなまし。
まだまだ、冬に食べないといけないものが、たくさん残っているしね。

はい、こちら、
青色LEDでクロロフィルたっぷりのヨモギホンヤドカリ。
いや別に光合成してるわけじゃないんだけど、緑の肌が若々しい。
これが、歳とるとこうなります。↓↓↓

はい、石蓴のクロロフィルで美白されてサファイヤ・ブルーに。
なんか、若いときより綺麗やん。

俺も、こんな風に綺麗に歳とりたいもんで・・・。
というわけで、今日も明日もクロロフィル(笑)

え?その前に、酒やめろって(酔死)

コメント

ブログ村 リンクバナー

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村