みーばい亭ブログ

言いたい放題! 飲み放題!

老いらくの劣情

2012-06-23 22:39:07 | 生き物の話
時代劇・・・、と言えば、ユーザーは「おっさん」なわけで・・・、
だから、作り手もおっさんの嗜好に迎合しないと商売にはならないわけで・・・、
芸術意欲に燃える若手監督や新進俳優も、「お代官様・・そんなご無体な・・あ~れ~」的、お色気シーンを挿入しないことには、興行サイドが納得しないわけで・・・。
その辺りが、資本主義社会の非情なところであるわけで・・・。
原作に比すると、かなり健全路線で制作された雷蔵版「眠狂四郎」にしても、冒頭から女掏摸の帯を斬って丸裸にひん剥く場面などがサービス・シーンとして多々見られるが、ここら辺はもっと突っ込んでくれても良いのでは・・、などと、小学時代に「真田十勇士」を見て、中学時代からを「シバレン」を愛読していた管理人的には物足りないわけで・・・。
と、この辺でキタキツネが鳴いたりするわけで・・(笑)

まあ、眠狂四郎は当然として、「春雨じゃ、濡れていこう」の月形半平太にしても、「天下御免の・・」早乙女主水之介にしても、「おめえはもう死んでんだよ」の丹下左膳にしても、名の知れた時代劇キャラなら、それなりに婀娜っぽい姐さんや清楚なお女中と絡むシーンがあるのだが、昭和時代の保守的観念に囚われて「ええ思い」の出来なかった気の毒なキャラが、御存じ「水戸の御老公」である。
枯れたお爺ちゃんが主役故の、お色気不足に苦慮した製作者が、苦肉の策として編み出したのが、例の「入浴シーン」なのだろうが、「エスパイ」の頃ならねぇ・・・。

徳川光圀公の享年が71歳であるから、水戸黄門漫遊時代は60代だろう。
人生50年の時代ならともかく、人生80年の現世においての60代など、まだまだ生臭い。
60代の御老公が婀娜っぽい姐さんと絡んだところで、さして違和感はないと思うのだが、黄門さまは清純派(?)のイメージが固まりすぎているから、イメチェンでの復活は無理だろうなぁ。
ここはひとつ、超高齢化社会の到来を踏まえて、生臭いジジイが活躍する新感覚時代劇の登場を期待するわけで・・(笑)
例えば、松浦静山公なんかを主役に据えたらどうだろう?

それはともかくとして、みーばい亭生活12年目を迎えた、ムラサキオカヤドカリの御老公。
ここ2年ほどは、このブログでも報告していたように、不自由な体を回復させるべくリハビリに励んでいたのだが、五体満足に復活するや、今まで目もくれなかった小紫に果敢にアプローチしている。
もともと「相手役」として4年前からキャスティングしているメス個体なので、別に問題はないのだが、何で今さら・・というのが、正直なところ。

ま、色恋沙汰も若さを保つ秘訣とか。
命を縮めない程度にがんばってくださいな、ご老公。

コメント

弱く強かな者たちへ

2012-06-09 19:44:20 | 生き物の話
「強い動物」と言えば、多くの人がトラやライオンなどの大型肉食獣を思い描くだろう。
あるいは、ティラノサウルス・レックスかもしれない。
しかし、ご存じのようにトラやライオンは個体数を減らして絶滅に瀕しているし、T・レックスにしても、知名度は高いが完全な化石は僅か3体しか発見されていないことから、生息した時代においてその個体数は非常に少なかったと思われる。
彼らは、個体としては屈強だが、種としては弱く儚い者たちなのだ。

では真に強き者が誰かと言えば、意外なことに「ウサギ」・・なのだとか。
草原の少ない日本では、あまり一般人の目に触れる動物ではないが、ヨーロッパや(移入された)オーストラリアなどでは、農作物を次々に食い荒らし、あらゆる手段を講じても撲滅できない害獣とされているそうだ。
人類滅亡後の動物世界を予想したドゥーガル・ディクソンの「AFTER MAN 」(ダイヤモンド社)によると、ウサギの遠い子孫はラバックと名付けられた大型植物食動物に進化し、有蹄動物のニッチを奪って大繁栄を成し遂げるとか。
もちろん、その世界ではネコ科の大型獣などはとっくに絶滅している。
天空に太陽が輝く限り、植物はそのエネルギーを糖に変換し続ける。
そしてその糖を直接利用することのできる、植物食動物、中でも小回りのきく小型の植物食動物こそが、真に強き者なのだ。
がんばれ!草食系男子。

さて、大型植物食動物として磯水槽に君臨したアマクサアメフラシが滅びた後、そのニッチはクボガイやイシダタミ、コシダカガンガラ、そして新加入のバフンウニなどで争われるだろうと予想していたのだが、ここに意外な伏兵が現れた。
植物食ウミウシ「ブドウガイ」である。
ウミウシ類の飼育の難しさはよく知られているが、植物食系はその限りではないようで、昔、やどかり研究所のyam所長が、2匹のブドウガイが数百匹に爆殖したと報告されていた。
幸い、今のところ1匹だけなので殖えることはないと思うが、この地味なウミウシが荒磯水槽の疑似生態系にどう絡んでくるか?

この夏は彼の動向を地味~に楽しんでみようかと・・(笑)

コメント (2)

向かうところ・・・は、敵だらけ

2012-06-02 21:41:47 | 生き物の話
我々世代は、イソギンチャクやクラゲの類は「腔腸動物」という括りで馴染んでいたのだが、近年では、クシクラゲなどの有櫛動物とイソギン、クラゲを含む刺胞動物がそれぞれ別の門として扱われることが多くなって、腔腸動物という括りは廃れつつあるようだ。
同じイソギンチャクの記事にしても、「腔腸動物」と書くより「刺胞動物」と書く方がアグレッシブな印象になるので管理人好みではあるのだが・・(笑)
ちなみに「刺胞」とは毒液を注入する針を備えた細胞の事である。
クラゲやイソギンチャクは、もれなくこの飛び道具をフトモモ・・じゃなくて触手に隠し持っている峰不二子なのだ。(この辺も管理人好み(^^))
この毒針、種類よって強弱はあるが、生体のサイズから考えるとかなりの威力を持っている。
自慢ではないが、粗忽で好奇心旺盛でいちびり気味の管理人は、スナイソギンチャクやらシロガヤやらアナサンゴモドキやらエチゼンクラゲやらなんやらかんやらと、今まで無数の毒針を全身に浴びている。
その辺りの経験談は常人よりも多少の優越感を持って語れますので、興味のある方は是非酒席にお招きください。
タダ酒は一切遠慮しませんのでお気軽にどうぞ。
(中にはウンバチ(海蜂)イソギンチャクや、ハブ(波布)クラゲなど、笑い話ですまないのもいますので、管理人に対抗心を燃やしてタダ酒を狙う方はご注意を)

まあ、それはともかく、
我々外皮の軟らかい内骨格生物相手なら、(一部のスズメダイ科以外)向かうところに敵はない刺胞だが、全身に装甲をまとった甲殻軍団にはあまり有効な武器ではないようで、水温が上がってカニやヤドカリが活性化してきた磯水槽では、サルラックもホムンクルスもすっかり「いじめられっ子」キャラと化している。

上の画像は、呑み込みかけていた魚肉を、ケアシに横取りされたホムンクルス。
さらにそれを魔貝ことヒメヨウラクガイとセンチュウが狙っている。
厳しきかな荒磯。

下の画像は、意味もなくサルラックを踏みつけて遊んでいる(ようにしか見えない)イソガニ。

天敵ミノタウロスは滅びたようだが、イソギンチャクの苦難はまだまだ続く。


コメント (2)

ブログ村 リンクバナー

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村