みーばい亭ブログ

言いたい放題! 飲み放題!

祝!

2013-02-23 23:37:10 | 新・ほろ酔いキッチン

穂積先生の信奉者や純米酒至上主義者による、大手酒造メーカーへのバッシングに同調する気はさらさらないが、添加物まみれの屑酒を大量販売して、伏見のみならず日本酒全般のイメージを貶しめたG社やK社への心証が悪かったことは否定しない・・・、
・・・が、巷で千石規模の酒蔵が生き残りをかけ切磋琢磨しつつ、個性的な酒を醸して愛酒家を楽しませてくれている一方で、何十万石単位の大手の安定した技術力の高さは認めざる得ない・・・と、その大手酒造メーカーのブースで担当者相手にクダを巻きつつ悟った次第。
やればできるやん(笑)

京の酒米「祝」の復活20周年記念とかで、京都の酒蔵が「祝」で仕込んだ酒の、試飲、販売会が行われるというので、例によってのこのこ出かけてきた。
会場は、かつて関西のヤドカリ系老舗サイトのオーナーさんたちが一堂に会した「鴨川オフ」の集合場所。
川端御池から祇園に流れて始発まで飲み明かしたあの夜が、昨日のことのように思い出されるが、早いものであれから7年もたつのか・・・(遠い目)
未だに世間では子供の玩具としてオカヤドカリが嬲り殺されている。
サイト、BBSからブログ、SNS、twitterと、ツールは変化してきたけど、それを使う人間は、どう変わったのだろう・・・。少なくとも進歩はしていない気がする。

ま、それはそれとして、正午から夕刻まで、きき猪口片手にうろうろと、相方と二人で一升近く飲みまくり(帰ってから計算したら九合ちょっと飲んでた(^^;)、酔脳で思案に思案を重ねて、選んだのが松井酒造鴨川蔵の「神蔵」。
お気に入りの酒がまた一つ増えた。
酒を楽しみきるには、残りの寿命じゃぜんぜん足りまへん(^^;

で、ほろほろと帰宅して当然飲み直すわけだが、ここは気分を変えて、菊水の純米で。
アテは、途中寄った大丸で買ってきた、カンパチの刺身、雲子、ホタルイカ。
相方が早々にリタイアしたので、その辺にあった本(小林朋道センセイの先生シリーズ)を読みながら、ちびりちびりと一人酒。
さすがに10時間近くもだらだら飲んでいると、倦んでしまって、〆飯を用意するのも面倒なので、ご飯に、崩した豆腐、薄くかいた鰹節、それに味噌をのせ、煮やした昆布出汁をぶっかけてかき混ぜた、即席汁かけご飯をずるずるとすすりこむ。
お一人様のラストには、こんなテキトーな〆飯が似合うのだ。

は~、さすがに飲み疲れた。
おやすみやす。

コメント

黄金のすし

2013-02-17 15:07:44 | 新・ほろ酔いキッチン

惟任日向守が主君織田上総介に反旗を翻す端緒を開いたのが、湖国の至宝鮒ずし。
良くか悪くか、一品の郷土料理が日本の歴史を大きく変えたのだ
この世に鮒ずしが存在しなければ、関ヶ原の合戦も戊辰戦争も大東亜戦争もなく、日本は500年の安寧を貪っていたかもしれない・・・・、
と、書けば「悪の根源」みたいだが、「悪も味のうち」、悪い物は美味いのだ(意味不明^^;)

我々にとっては日常的なお惣菜・・と、言いたいところだが、手間も時間もたっぷりと掛かるうえに、材料の似五郎鮒の激減もあって、残念ながらお目に掛かれるのは、せいぜい年に二、三回という貴重品。
その、尊くも有り難いお宝が冷蔵庫に二尾(昨夜半身食べたので正確には一尾半)も入っている(^^V
一尾は、バレンタインデーのチョコレート代わりに頂いた、地元大津の老舗阪本屋の逸品。
管理人にとっては、子供の頃から食べ親しんだソウル・フードである。
もう一尾は思いがけず激安で手に入った沖島の漁師漬け。
どちらも極上品!
昨夜は、琵琶の長寿の純米吟醸と、先週伏見で仕入れてきた神聖のたれ口生原酒で楽しんだし、残りは阪本屋のすぐ近くの蔵元平井商店の浅茅生で大津の真髄に浸るか・・・、あるいは鮒ずしと相性のいい初桜の晴を合わせるか・・・、北島の純米酒をぬるめの燗で味わうか・・・、いや、いっそ岩間の湧水で仕込んだ濁醪を持ってくるか・・・、そうそう伏見の酒もまだ残ってるし・・・・、なんか考えているだけで豊かな気分になるなぁ。
これでまた一週間、世知辛い浮世の風に耐えられる!

パラダイスのような週末まで、残り150時間(^^;

 

コメント

おんな酒

2013-02-11 11:52:06 | 新・ほろ酔いキッチン

みーばい亭は、地元近江と北陸の酒がラインナップの中心で、伏見にはあまり目を向けなかったのだが、日本を代表する酒処が、数十分の近距離に隣接しているのだから、スルーするのはもったいない。
で、今夜の酒は伏見銘酒協同組合主催の酒蔵開きを覗いて購ってきた、豊澤本店の豊祝特別純米酒。
前日に、比較的馴染みのある玉乃光の純米吟醸で予習して、これを基準に試飲して選んだうちの一本。
特別純米酒と云えば、精米歩合が60%以下だから吟醸酒とかわらないわけで、丁寧に仕込まれた酒なら下手な吟醸酒より香りが豊かだったりする。
もちろん蔵ごとに、さまざまに工夫を凝らして個性的な酒を醸しているから、「伏見の酒」という括りで十把一絡げには語れないが、ほわっと華やかな・・・いわゆるはんなりとした香りが共通しているのは、伏見の銘水ゆえか。
この香りを楽しむための助っ人が、画像の盃。
信楽の土を使って三重で焼いたものだとか。
大ぶりの皿状なので、縁に口を当てると鼻の下に酒面が来る。つまり味と香りを同時に楽しめるのだ。
おまけに、ちょっとだけ平安の殿上人の気分を味わえたりもする(笑)

さてと、合わせる肴だが・・・・。
まずカンテキに火を熾し、土鍋をかけて湯豆腐からスタート。
鍋が終われば、よくいこった炭火で、短冊に切った粟麩をこんがりと焼き、味噌を塗って田楽に。
続いて干した笹鰈をさっと炙って、縁側の辺りからぽりぽり齧る。
面白いのは、アテによって酒の表情が変わること。
味噌にはきりっとした強さが前に立ち、魚の磯香は軟らかな香りで包み込む。
管理人は海産の魚介類には、キレ味のいい越後の酒で挑むのが好みなのだが、これはこれで悪くなかったりする。
色白でやわらかくてほのかな残り香が漂う・・・。
最後の江戸っ子と云われた池波正太郎先生が記した「京おんな」のイメージって、こんなんやなかったけ?
ま、隣県人に云わせると実際の「京おんな」って・・・・              以下略(^^;

それはともかくとして・・・、
寺田屋界隈の安っぽい観光地化はいかがなものか。

「うちは坂本はんより土方はんのほうが偉いと思いますえ」

コメント

反抗期?

2013-02-09 14:16:25 | 生き物の話

孵化後60日、上陸後約30日。
グラウコトエに変態して、40日くらい。

20数匹を陸上槽に移して20日が過ぎた時点で、上陸時に背負っていた貝殻を18個回収。
これだけのグラウコトエが、[ひと回り大きな貝殻に着替え]≒[稚ヤドカリに変態]したと、考えていいかと思う。
ただし、常時砂上で確認できるのは数匹程度。
2010年夏の大量上陸の時は、この時期もっと賑やかにワラワラしてた印象があったのだが、総個体数からすると、こんなものかな。
そろそろ警戒心が強くなってきたようで、覗きこむとそそくさと隠れてしまうようになった。
やれやれ、可愛い時期は、すぐに過ぎてしまうなぁ・・・。

管理人発案の「ナキオカヤドカリ・イヤー」で、換算すると現在一歳半くらい。
第一反抗期には、ちょっと早い気がするけれど・・・、おませなのね(^^;

 

コメント

子芋の炊いたん

2013-02-03 19:33:59 | 新・ほろ酔いキッチン

昔、仲間たちとよく上がった小料理屋があった。
代替わりしてから、あまりいい評判を聞かなかったので、しばらく足が遠のいていたのだが、昨年久しぶりに出かけてみて・・・。
どちらかと云えば、時代の移り変わりを楽しむ性質なのだが・・・、あの味と、もてなしの心は変わってほしくなかったなぁ。

そんな中で、ちょっと心に残ったのが「子芋の炊いたん」。
出汁で炊いた子芋を大鉢に盛っておいて、客に出す直前に味噌にからめる。
これは結構美味かった。
で、みーばい亭のメニューに取り入れたわけだ。

まず、出汁で子芋を炊いて煮含めておく。
煮汁を適量小鍋にとり、濁酒糟を加えてひと煮立ちする。
ここに白味噌を加えてよく練る。
ただし、我が家の糟は山廃仕込(笑)なので、そのままだと米の粒が触って食感が良くない。
そこで、一旦すり鉢に移して擂るわけだが、このすりこぎがポイント。
庭の山椒の木の剪定枝。つまり山椒の生木!
これでよく擂った味噌だれに、正月の雑煮用に奮発した、本田味噌本店の吟醸西京味噌を加えてはんなりとした風味をつける。
これを、炊いた子芋に絡めて馴染ませれば完成。
山椒の香が立ちすぎるかなと思ったのだが、思いのほか控えめで、西京味噌の吟醸香の邪魔をすることなく却って引き立ててくれた。

合わせる酒は、やはりはんなりとした伏見の女酒・・といきたいところだが、あいにくみーばい亭に伏見の酒の用意がないので、甲賀の純米酒をぬるめの燗で。
これはこれでまったく悪くない。
芋、味噌、酒・・・・、日本人に生まれて、ほんまによかった。
と、しみじみ思う冬の夜。

あ、ちなみにこれは昨夜の一品。
今夜の主役はもちろんこちら。
豆ぶつけられるだけの鬼より、丸焼きにされる鰯の方が、よっぽど災難な気が・・・(^^;

コメント

卒業試練

2013-02-02 20:38:09 | 生き物の話

手元の文献を紐解いてみる。

9日齢以降のグラウコトエは、いつ砂に移されたかに関わらず、グラウコトエ期の約22~24日後にすべてが(稚ヤドカリに)変態した。~中略~(陸上への)定着と変態との間の時間的ずれは、陸での生存に必要な形態的・生理的適応のための調節に要する時間を示唆し、変態時計が存在すると考えられた(Brodie,2002)

孵化後53日、上陸後22日。
と云うことは、すでに稚ヤドカリに変態済みのはずだが、現在砂上で確認できる4個体を見る限り、形状は未だグラウコトエっぽい。
ただ、上陸時より二回りほど大きな貝殻に着替えているし、身体も明らかに大きくなっている。
充実した内部組織が軟らかい甲殻を押し広げているのか?う~ん、判断が難しい。
ともあれ、幼生から幼体へ、最後の正念場を迎える・・・真冬(笑)

下の画像は、幼生期に別れを告げる脱皮穴。
成体には何のこともない珪砂なのだが、全長4㎜、前甲長1㎜程度の琴絵には、一粒一粒が一抱えもある漬物石みたいなものだろう。
それでも果敢に穴を掘る。
「蟹は甲羅に似せて穴を掘る」と云う諺があるが、この作業は明らかにグラウコトエの力量を越えている。
無事に変態すれば(もうしているかもしれないが)、同じ試練に耐えて生き延びた両親や叔父叔母たちのように、逞しいナキオカヤドカリに育つことだろう。

幸運を祈る!

コメント

ブログ村 リンクバナー

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村