むらいむらいとです。 

「らいむらいと」「CARO」所属 お嬢の 日々反省日記。

リメンバー1976年

2009年03月29日 22時31分55秒 | りさいたるレポ
昨夜土曜日の真夜中、新宿ジャムで「最鋭輝の朝まで生ムード」に参加して来ましたぁ~。

今回は1976年って事で。
まず、この年の主な出来事を振り返りながらその年のヒット曲を唄いました。
おっと、その前に例の1976年発売のお菓子をしゃちょうに配ってもらいました。

1. 青春時代(森田公一とトップギャラン)
2. あの日にかえりたい(荒井由実)
3. 春一番(キャンディーズ)
4. なごり雪(イルカ)

・・・うん、どれも口ずさめる曲やんなぁ。。。
「あの日にかえりたい」はね。
モッキーの長谷川きよし風のボッサ調ギターと、ぼくのえせボッサ調ギターでね(笑)。
ちょっとこ洒落た雰囲気になったんちゃうかなぁ。
コードも洒落ていてね。
さすがユーミン(笑)

そうそう、この日ぼくキャンディーズの1976年の映像も持って行って。
「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」のコント映像と、この年のヒット曲「夏が来た!」のスタジオ映像。
ひやぁ~やはり今観ても蘭ちゃんかわいいっす!!!
「春一番」も二人でなんだか気持ちよくアイドル気分で唄いました(笑)。
あ!!
この日、客席の方からタンバリンの音が聞こえて来て。
なんかむっちゃあったかい雰囲気になって、嬉しかった~!!
その後も、リズムのよい曲演奏してる時には客席からタンバリンが参加してくれて。
むちゃくちゃいい感じでした。
どうもありがとうございます。

次にモッキーと石田さんと3人で映像関係を観ながらトーク。

角川映画の第一弾「犬神家の一族」から。
ぼく子供の頃から横溝正史の小説好きでねぇ~(笑)とうちゃんの部屋の本棚から内緒でこっそり持ち出して布団の中で震えながら読むの。
金田一シリーズの映画も好きやったなぁ。。。
そうそう、いろんな俳優演ずる金田一耕助の中でも、個人的にこの「犬神家~」の石坂浩二と鹿賀丈史が好きやなぁ。
1976年、角川映画の華々しい幕開けの年です。

あと長谷川和彦監督の「青春の殺人者」。
水谷豊主演のこの映画。
実際に起きた親殺し事件をモチーフにした映画らしいのだが、重い内容であるしわりと強烈なシーンが描写されているにも関わらす、なんだか青春という儚さ切なさみたいなもが全編に感じられて、物凄くいい映画なんです。
デビュー当時のゴダイゴが手掛けた楽曲もこの映画に凄い合っていてねぇ~。
モッキーがこの後、待ち時間にその曲が収録されているゴダイゴのデビュー・アルバムかけたりしてくれましたよ。

その他、テレビ関係では石原プロ第一作「大都会」や中村雅俊の「俺たちの旅」、ショーケンの「前略おふくろ様」。
うーん、やはりこの時代のドラマには影響されたなぁ~(笑)。
石田さんの貴重なお話も聞けて、勉強になりました!!

で。
最後のコーナーはこの年のフォーク、ニュー・ミュージック関係をモッキーと唄いました。

1. 20歳のめぐり逢い(シグナル)
2. 春うらら(田山雅充)
3. テレフォン・ノイローゼ(甲斐バンド)
4. 新宿(甲斐バンド)
5. 帰らざる日々(アリス)
6. 遠くで汽笛を聞きながら(アリス)

いやぁ~もう、明け方この時間になるとトークもなんだか盛り上がって来て。
甲斐バンド~アリス唄ってた頃には、2人みょ~なテンションで(笑)。

「帰らざる日々」の最後、だんだん盛り上がるところなんかは、もうモッキーと2人、大笑いでした。
で、最後にしゃちょうが「遠くで汽笛を聞きながら」のムード溢れるギター・ソロで参加してくれて。
華やかなエンディングになりましたよ!!!
で、その勢いで(笑)オーラスみんなで「ビューティフル・サンデー」(田中星児)

今回もモッキー、石田さん、しゃちょう、新宿ジャムのみなさん、それから観に来て頂いたお客さまにほんとにお世話になりました!!!
楽しかった~。
差し入れも美味しく頂きました!!!
ありがとうございました!!!
コメント (2)

打ち合わせ

2009年03月24日 21時12分34秒 | 戯言
昨夜は新宿でしゃちょうと密会。

西新宿の吞み屋に二人で入るなり「あ!!まーいどぉ~!!」(←明らかに親しみ込めた感じ。)
その時初めて、我々どうやらここの常連になってしまっている事に気づく(笑)。

で。
今回、何の打ち合わせだったかというと。
実は今度の朝まで生ムードに、しゃちょうも特別飛び入りゲスト出演してもらう事になったのです!!
お待たせしました。
全国 しゃちょうファンのみなさん(笑)!!
ぜひぜひサタデー・ナイト・フィーバーは新宿ジャムでお願いします!!
コメント

日曜日

2009年03月22日 20時15分41秒 | 戯言
本日は一日、今度の生ムードに唄う曲を片っ端から聴いて練習しておりました。

1976年の曲。
普段鼻唄なんかで空で唄える曲とかもあるねんけどね。
しかし不思議なもんで、ちゃんと構えてコードとか歌詞とか捉えて行くと、「あ。ここ、こんなコードやったん??」みたいな新たな発見が結構ある。
改めて「おお~!ここ、こんなお洒落なコードなんやぁ~!!」とか。
一人で楽しんでました(笑)。
いや面白い。
唄い回しとか歌詞とか、完全に自分流で解釈して今まで唄っていたり(笑)。

実際、おいら今までどれだけの曲カバーして来たんやろ?
モッキーとやった曲、らいむでやった曲、一人でやった曲。
んー数え切れんわ。。。
でも毎回カバーやってみて、歌詞にしろメロディーにしろアレンジにしろ、何かしら自分なりの理解や発見が出来るので非常に勉強になります。

そうや。
いつかカバー・アルバム出したいなぁ。
徳永英明みたいに、受けへんかなぁ(笑)。
コメント (2)

お嬢です。

2009年03月20日 22時13分13秒 | 戯言
18日は阿佐ヶ谷にてモッキーと石田さんと今度の朝まで生ムードの打ち合わせ。
1976年をテーマに、映像関係、ヒット曲、文化等いろいろ3人で絞り出しました。
今回もなかなか濃いー内容になりそうっす(笑)。
28日真夜中新宿ジャム名物(笑)最鋭輝の朝まで生ムード、どうぞ皆様よろしくお願い致します。

19日はらいむ会議を新宿で。
今回わたくし10日の屋根裏ライブの後へばっておりましたので、10日以降3人初顔合わせでした。
今後の方針や計画を、ざっくり9月辺りまでいろいろ考え練りました。
いやー、今後なかなか面白い事企てているので、期待していて下さい。

あ。
そうだ、生ムード打ち合わせの日に、ラ・ママの西尾さんから連絡がありまして。
「28日、ぼくの個人的なスタジオ・ルームをラ・ママのステージ上に再現して、いろんなゲストを招くっていうイベントするんだけど、お嬢出て!!」っていうお話で。
29日、らいむでラ・ママ ギグなんだけど、面白そうなので了解(笑)。
また弾き語り、やります(笑)。
つう事で、むらいむらいと~らいむらいと ラ・ママ2デイズです。
両日ともまったく違った内容のイベントなので、皆様ぜひぜひ観に来て下さい!!

で。
本日は知り合いに引っ越しを頼まれて、中野で引っ越し屋さんやって来ました(笑)。
連休の初日って事でか、道がむちゃくちゃ混んでた。
ええ天気やったしね。
引っ越ししてる時間より、家と現地との車の往復に時間かかった(笑)。

いやぁー今日は引っ越しでいっぱい汗かいたな~。
うん、風邪の菌、完全にこの汗で流し切ったかも。
終わった後やけに清々しかったからもう大丈夫かも(笑)。

よし、今までへばっていた時間取り戻す為に、3月後半~4月にかけてのイベントに向けて頭フル回転させるぜ~!!!
コメント

真夜中の来客

2009年03月17日 21時04分21秒 | 戯言
いやーほんま風邪長引いたわ。
ようやく体が正常に戻って来た。
年齢重ねると、こうも回復が遅くなるんか。。。
ここんところ仕事から家に帰ってくる際、もう、倒れ込むように部屋ん中入るって感じでした。

でね。
その日もへとへとで家に戻り、ぼけーっとチューリップ聴きながらこたつでうとうとしていて。
すると夢うつつの中「ピンポーン」とチャイムが鳴るではありませんか。
目が覚めて「いま何時???」と時計を見るともう12時過ぎ。
「何だ、こんな時間に???」
「チューリップ、ちょっと音でかかったか???」
などとぶつぶつ言いながら恐る恐るドア越しの人を確かめてみると、若いアベック二人が立っております。
「おいおい、友達ん家ここ違うで。間違ってますよ!!」
と、なかばめんどくさそうにドアを開けると。
アベック「いや、こんな時間に大変失礼だとは思いましたが、ドアに鍵がささったままなのでお伝えしようと。。。」
ぼく「あれ!?まじっすか???あらー!!!すみませーん。わざわざ、あ、あ、ありがとうございます!!!」
・・・相当疲れてるのかな。家に入る際、鍵を抜くの忘れてる(笑)。

で。お礼言ってドア締めてからふと鏡に映る自分の姿を見ると、ちゃんちゃんこ着て長髪はぼっさぼさ、寝ぼけ眼にマスクという風貌。
チャイム鳴らして出て来た住人がこんなんで(笑)、ぎょっとしたのではあるまいか。
「まずいなぁ、ちょっとやばい人に思われたなぁ。。。」と恥ずかしくなったと同時に、
「親切な方が同じアパートの住人にいるんやなぁ。。。」となんだか嬉しくなりました。

そんな、ここ最近のちょっとええ話。
コメント (4)