むらいむらいとです。 

「らいむらいと」「CARO」所属 お嬢の 日々反省日記。

4月18日 五反田 ロッキー

2015年04月29日 09時43分11秒 | りさいたるレポ
名古屋なんや公演終えてちょうど一週間。18日は恒例の五反田ロッキーにてCAROリサイタルでした。
お越しくださいました皆さまどうもありがとうございます!!
遠方から見えられた方や、今回初めていらっしゃった方も。どうもありがとうございます!!
いつも素敵な差し入れやビールのご馳走も、恐れ入ります。。


4月も後半に差し掛かってようやく春らしくなってきた。ちょうどよい気候だったので9階のベランダで日光浴しました。

旅をひとつ終えますと。
なんとなく自分が少し成長して次の舞台に立つ事ができる・・そんな気になるんです、思い込みかもしれませんが。
この日、実際モッキーと2人非常にリラックスして穏やかな気持ちで最後まで演奏できたのは本当なのだけれども。
そんな思い込みからというわけではないですが(笑)今回CAROのオリジナル曲をGAROの曲と曲の間に織り交ぜながら・・という進行に挑戦してみました。
「愛のない世界」と「時の魔法」をDm関連で並べてみたり、「一枚の楽譜」から「ロージー」へとGS風味に続けてみたり。
実は今までやった事なかったのです。これまでは「愛のない世界」と「ロージー」、その2曲が1セットだった。
で。我々、演奏していて「あら!!この流れ、思ったより違和感ない!!」と感じました。
マークさんが作曲された曲なのだから違和感がないの当然なんだよねー(*´ω`*) と改めて後から思ったり。


<一部>
1. 一人で行くさ
2. 二人は友達
3. 二人だけの昼下がり
4. たんぽぽ
5. 美しすぎて
6. 愛のない世界
7. 時の魔法
8. ロマンス
9. 一枚の楽譜
10. ロージー
<二部>
1. 忘れていたもの
2. 木馬
3. やさしい詩を歌える人になりたい
4. 散歩
5. 君の誕生日
6. 花の伝説
7. 虹色のラベンダー
8. 君の肖像
9. ひまわり
10. 吟遊詩人
11. 涙はいらない
12. 暗い部屋

お送りした曲です。
↑ CAROの新曲「やさしい詩を歌える人になりたい」「ひまわり」も今回GAROとGAROの間にこっそり織り交ぜてる(*´ω`*)
「君の肖像」は今回初挑戦の曲でした。
レパートリーも少しずつ増えてきているので、近いうちに今まで演奏してきた曲をリストにしてあげてみようと思っています。あたし自身も気になります。

そしてこの日は、一部と二部の間にロッキーのマスターと我々とのトークタイムがありました
マスターならでは、マークさんとの学生時代の思い出話なんかが聞けてとても楽しい時間だった。
昭和のあの・・高度経済成長期に青春時代を送られた方のお話って我々からするとやはりとても興味深い内容で。また、今後も色々とお話聞きたいなぁ!!


今月も。皆さんと一緒にマークさんの曲を唄いながら、皆さんと一緒にマークさんとの思い出話をわいわい楽しみながら過ごせる素敵な一日となりました。
いつもありがとうございます
コメント (2)

4月11日 名古屋 なんや

2015年04月24日 23時08分37秒 | りさいたるレポ
4月7日、8日。弾き語りとらいむギグを終えたあたくし。
今度は頭をCAROに切り替え、11日の朝。モッキーと2人で名古屋へと車を走らせるのでありました。

向かう先は御器所にある音楽居酒屋「なんや」
2013年と2014年。春から初夏にかけて・・気候もちょうど良い時期に、マークさんと3人で演奏しに訪れた場所です。
我々にとってはマークさんとの思い出いっぱい詰まってる「なんや」でのライブ。
やっぱり無意識にもあたしたち。引き締めた気持ちで現地へと向かっていたと思います。ライダース着て。

今回モッキーの提案でね、行きは中央自動車道を使いました。ユーミンの♪ちゅーおーふりーうぇーえー♪あたし実は初めて乗ったのだけれど、いい眺めだった!!
ちらほらと残っている桜も見れたし。山間の道の感じがとっても気に入りました。
そして。東京を出る時は雨空だったのが、名古屋に近づくにつれ次第にお天道さんが顔を出してくれまして。
「マークさんが一緒についてきてくれてるんだろーなー」なんて思いながら。だってCARO2人ん時は大抵雨だから(笑)
あとね、不思議だったのが。
いつもドライブ時、iPodをシャッフルにしてステレオで鳴らすんだけど。
今回名古屋へ向かう途中、数千曲の中からGAROの曲があまりにも多く流れたのです。ほんとに!!ありえないくらい!!で。モッキーと2人「ぜーったいマークさんついてきてるよ!」などと言い合うのでした。
因みに、会場着く寸前には「冬の花火」が流れた(*´ω`*)


そして。
実際にマークさんに見守られながら「なんや」にて我々最後まで心地よく演奏いたしました。
<一部>
1. 一人で行くさ
2. 学生街の喫茶店
3. 時の魔法
4. 忘れていたもの
5. 花の伝説
6. Maybe Tomorrow
7. 二人は友達
8. ひまわり
9. やさしい詩を歌える人になりたい
10. 散歩
<二部>
1. 美しすぎて
2. 木馬
3. 愛のない世界
4. ロージー
5. 君の誕生日
6. ロマンス
7. 人は生れて
8. 吟遊詩人
9. たんぽぽ
10. 涙はいらない
11. 暗い部屋

有り難い事にこの日名古屋以外にも、滋賀から岐阜から・・勿論東京からのお客さまもお見えになりまして。
マークさんとの思い出話交えながら、非常に和やかでリラックスした雰囲気のもとライブをお送りさせてもらう事ができました。
お会いした皆さま、本当にどうもありがとうございます。
新しい音源「ひまわり」も沢山ご購入くださいまして、誠に恐れ入ります。


今回、演奏後宿泊はなしで東京へと戻る予定でしたのでノンアルコールで。ですがここ「なんや」のお料理はどれもとっっっても美味しく。
沖縄うどんとたれ餃子と特製カレーご馳走になり、お腹いっぱい元気いっぱいで我々東京へとまた車を走らせるのでありました。
スタッフの皆さまには今回もたいへんお世話になりました。
また、今後もここ「なんや」にCAROとして演奏しにゆきたいです。
なんだか。二階の壁にはマークさんとの3人の声が染み付いてるような気がします(*´ω`*)
コメント

4月8日 東高円寺 U.F.O.クラブ

2015年04月19日 13時40分16秒 | りさいたるレポ
甲斐よしひろトリビュート・ナイトの明くる8日はU.F.O.クラブにてらいむギグでした。
4月なのに雪が散らつくといったたいへん寒い1日だったけれど、熱気溢れる東高円寺の地下室で我々いつものように絶望節奏でました。
寒い中駆けつけてくれた皆さん、どうもありがとう。

あたし東京に出てきて何度か4月に雪降ったのを記憶してるんだけど。その度に「jewel julie」というジュリーのアルバムの中の1曲「四月の雪」を口ずさんでしまう。大好きな曲なんです。
で。たまたま、この日のギグで我々ジュリーの曲演奏しまして。
数年前U.F.O.クラブで初めてらいむのワンマンした時(確か通算らいむギグ100回記念)にカバーした「時の過ぎゆくままに」を今回唄いながら「あたし東京に出てきてもう何年になるんだろ。。あたしほんと何も変わんないな。相変わらずこうやって唄ってるの、なんか不思議だな。。」などとセンチメンタルな気分に浸ってしまうのでありました。


お送りしたのは
1. 訣別
2. 挽歌
3. 泥濘
4. 自己嫌悪
5. 時の過ぎゆくままに
6. 堕落を憐れむ唄
7. 希望の花
8. ママリンゴの唄
9. この世の果て
でした。

それからこの日、素敵なおみやげをいただきました。

ATNTIQUE JUANでまた舞台に上がる事があるとすれば、使っちゃおうかなぁ・・とか。
最鋭輝ワンマンへ持ってゆき、これで大いに客席で楽しむ事ができるなぁ・・とか。
いろいろ考えてます(*´ω`*)
コメント

4月7日 歌舞伎町 ソウルキッチン

2015年04月18日 14時04分38秒 | りさいたるレポ
遅くなりました。
4月に入り、先ずあたくしは7日「甲斐よしひろ Birthday トリビュート・ナイト」なるイベントに参加してきました。
お集りくださいました皆さまどうもありがとうございます。

賀句さんのお店ソウルキッチンにて開催されたのですが。昨年もあたくし参加させていただきとても良いイベントだったので、今年も数ヶ月前から楽しみにしておりました。

選曲に関して、この日の出演者の皆さんと被らないよう(笑)事前に確認取り合ったのだけれど。
意外と、あまり調整せずとも皆さんの唄いたい曲がうまい具合に分散されていて少しびっくりしました。
と同時に。流石 甲斐バンドならびに甲斐よしひろ、長きに渡り高い人気を誇るバンド及びシンガーなのだなぁ!!と妙に納得もしたり。
んー この日も非常に盛り上がったなぁ。。「嵐の季節」や「HERO」なんかは否が応でもぎゅうぎゅう詰めの店内で大合唱になったし。
「からくり」や「異邦人の夜」や「黒い夏」といった、あたくしも大好きな隠れた名曲も聴けて感激しました。
あたくしは、甲斐さんがハードボイルドに突き進む前の・・どこか内向的で・・苦悩や憤りを唄っているような時代の楽曲が特に好きなので。
悩んだ末、潔く今回はデビュー当時のアルバム「英雄と悪漢」からのみの選曲でゆこうという結論に至りまして。

1. ポップコーンをほおばって
2. 東京の冷たい壁にもたれて
3. 光と影
4. 裏切りの街角
5. 風が唄った日
6. かりそめのスウィング
7. 絵日記
8. そばかすの天使
を弾き語りでお送りしました。
↑ レコードの曲順どおり、A面は全曲唄い切りました♪
B面は要所要所って感じになったのだけども、今後 機会あれば「狂った夜」や「昨日のように」あと「薔薇色の人生」も唄ってみたいです(*´ω`*)
最後は歌舞伎町で甲斐バンド唄うならやっぱりあたいはこの曲かなぁ。。って事で「そばかすの天使」やらせていただきました。

この日は、お客さまもやはり甲斐バンドに特別な思いを持ってらっしゃる方が多く。貴重な当時のツアーパンフレット等持って来ていただき、それを拝見させてもらって「うおー!!この写真、かっこいいー!!」と更に感激する夜になりました。
で。あたしもまた甲斐バンド熱が一気に上がってしまい(笑)最近お家のプレーヤーでは甲斐バンド関係のレコードばかり回転しています。

我がらいむらいとのドラマーみっちゃんも筋金入りの甲斐バンド好きであるため、この日は甲斐よしひろ62歳のお誕生日をお祝いしに駆けつけてくれました。

「甲斐よしひろ Birthday トリビュート・ナイト」
願わくばこの先ずっと続けてゆきたいなぁ。。
皆さんの甲斐さんに対する愛情店内にいっぱい溢れる本当に素敵なイベントなので
コメント

3月28日 五反田 ロッキー

2015年04月03日 23時23分24秒 | りさいたるレポ
3月、最後の舞台は五反田にてCAROのレコ発でした。
お越し下さいました皆さまどうもありがとうございます。
我々にとって4枚目にあたる新たな2曲入りシングル盤発売日だったのですが、多くのお客さまにご購入していただきまして非常に感謝しております。
気の利いた差し入れやビールのご馳走も、いつも恐れ入ります。

今回の2曲。
モッキーもあたしも、実は以前に作ってここ最近各々のステージであまり披露していなかったという曲なの。
あたしが作った「ひまわり」に関してはらいむらいとやる前・・ANTIQUE JUANの末期に作ったので、恐らく15年くらい前の曲!!
なのですが。
お互い「昔作ったんだけど、いまなぜか唄いたいっていう曲あるんだ」みたいな話になって。
それで、もう一度そのお互いの曲を2人でアレンジし直して作品にしてしまおう!という流れになったのです。
あたしたち、ここ数年間マークさんとの活動を通してGAROの曲を沢山唄ってきました。
それよりももっともっと以前。やっぱりあたしもモッキーもGAROが大好きで、その頃に作った曲にもGAROの影響力が出ているのを今回再確認しまして。
2人ともそれが本当に嬉しかったのです。
モッキーの「やさしい詩を歌える人になりたい」あたし大好きな曲だったし。
もう一度唄う事ができて・・ほんとに良かった!!

ジャケット写真の撮影は、ライブ前日(笑)いつも使っているスタジオのすぐ近くで行いました。
昭和の趣を未だ残す素敵なビルの一角でなんだけど。今回初めて足を踏み入てみて2人ともこの場所凄く気に入って。

もーう。普段毎週目の前を通ってるのに意外とこういった場所、気付かないもんですね。少し目を向けるとこんなにも雰囲気の良いスポット見つけ出せるんですね。
撮影もなんだか嬉しかったなぁ。。


本番は、今回もほんとにあたたかな空間で。

チーフの作ってくれた炒飯を美味しくいただいて、ほっこりした気分で舞台に上がりました。
<一部>
1. 一人で行くさ
2. 時の魔法
3. ピクニック
4. 花の伝説
5. 忘れていたもの
6. Maybe Tomorrow
7. 愛のない世界
8. ロージー
9. たんぽぽ
10. 吟遊詩人
<二部>
1. 木馬
2. 二人は友達
3. 君の誕生日
4. ひまわり
5. やさしい詩を歌える人になりたい
6. 散歩
7. 二人だけの昼下り
8. 美しすぎて
9. 風に乗って
10. ロマンス
11. 暗い部屋
12. 涙はいらない

一部二部合わせて22曲。皆さんと一緒にマークさんの曲を大いに楽しみながら唄い上げました♪
そうそう。初めてCAROとして披露した「ひまわり」では、なんと黄色い紙テープが乱れ飛び。お客さんの粋な計らいに感激いたしました(*´ω`*)

マークさん。あたしたちの今回の2曲、喜んでくれてるかなぁ。。。

そしていよいよ4月11日はマークさんとも2度訪れた事のある 名古屋御器所なんや でのレコ発ワンマンです。
マークさんとの思い出の場所なので、モッキーと2人心込めて演奏して来ます。
何卒よろしくお願いいたします。

●4月11日(土)名古屋御器所 なんや
「ロンドンブーツを脱がさないで!第3話」
出演:CARO
料金 2,500円(D別)
開場 18:00 / 開演 18:30
ご予約→motoki4510@gmail.com 薔薇屋敷レコードまで。
※CARO第4弾シングル「ひまわり」発売記念ライブ
コメント