むらいむらいとです。 

「らいむらいと」「CARO」所属 お嬢の 日々反省日記。

10月22日 渋谷 ラ・ママ

2014年10月27日 15時49分30秒 | りさいたるレポ
22日はラ・ママでのハロウィン・パーティーに参加してきた。
お越しくださいました皆さまどうもありがとう。

例年より少し早いハロウィン・イベントだったのだが、今回は海老蔵ロックスでの参加となりました。
この日。本家本元の氏神一番さんもご自身のユニットで出演されるので、願わくば我々の演奏中に乱入していただけないかなぁ・・!と思っていたのだけど。
・・めでたく願い叶いました。最後、我々のO・EDO演奏時にさっそうと登場してくれました(*´ω`*)
嬉しかったぁ。。。
本番前も、「どんな小物使うの?これおれが(拙者が)普段使ってるものだけど、ひとつあげようか?」などと気をかけてくだすって本当に嬉しかったです。。。



今回は。昨年ぶっちゃけカバーナイトん時に洋太鼓担当だった市川醸造氏が酒造りに専念していて手が空かない状況であったので、急遽同じ白塗りトリビュートバンドに所属している東国原兄者氏に無理言って参加してもらいました。
実は、前日21日の夜にこの5人で初めてスタジオで音出ししたのだが。わりとすんなり馴染んでいる事で5人同時に顔を見合わし。
「これ・・大丈夫そうだな。いける。」と、2時間以降のスタジオ延長も予定していた当日リハーサルもすべてキャンセルしたのでありました。なんと潔いではあるまいか!!
さすが。数々の楽団で引っ張りだこという存在の東国原兄者!!本番も物凄く気持ち良い洋太鼓を叩いてくれました(*´ω`*)
前回と同じメンバーの市川海老じょん♪も市川蛇蔵も市川若蔵も終始楽しそうに演奏しているのが舞台の横で見ていてわかりました(*´ω`*)

お送りしたのは
1. 浮き世の夢に・・・
2. お夏狂乱
3. 虹の都
4. BYE BYE LADY~桜姫~
5. O・EDO~お江戸~
でした♪

あたし。個人的に普段はほとんどエレキギター(洋六味線??)弾かないため、こういったユニットの時はほんとひたすら楽しむ事に専念するの。
・・要は小難しい事出来ないから、ポーズだけで舞台立ってるようなもんなのだ。
ですが!!ほんとに楽しかったんだぁ・・・!!また海老蔵ロックスやりたいもん!!
お写真もたくさん撮っていただいたので、また機会見つけてどこかに載せようと思っています。
この日参加してくれた皆さん、本当にどうもありがとうございました。


ご本人さまと
コメント

10月20日 渋谷 ラ・ママ

2014年10月27日 09時01分24秒 | りさいたるレポ
20日は”osamu sakasai tribute night”というイベントにらいむらいととして参加してきた。
足を運んでくだすった皆さまどうもありがとう。

元々あたしは、所謂日本のロック創世記におけるバンド(こう呼んでいいのかな?GSブーム以降って解釈するならば)
その中で。ストーンズに影響されるような音楽性を持ち、べちょべちょにお化粧したり髪をやたらに伸ばしたり女物のブラウス着たりして・・なんか。おっかなくって危険な香りのする不良ロックグループというか。
村八分に外道に紅蜥蜴、サンハウス・・・こういったバンドに異常なほど憧れを抱いておりまして。
勿論Rougeも。
20年以上前に大阪で結成したANTIQUE JUANというバンドであたし。自分でこさえたハリボテのアンプに頭ぴょこんと出して唄ったり。男性ダンサーを舞台で踊らせたり。
おかま口調で喋ったり。ガターベルトに網タイツという恰好で舞台立ったり。
そういったシアトリカルな演出やってたのは、紛れも無く日本のRougeというバンドからの影響なのであります。
そのギタリストだった逆井オサムさんの命日という事で。生前凄くお世話になられたuedandの植田さん主催のイベントに我々らいむらいともお声をかけてもらったのです。
参加できてよかった。。。
最後まで、なんか良い意味で辛気くさくない・・リラックスしてロックンロールを楽しむっていうイベントだった。


我々が演奏したのは
1. どうしようもなくブルース
2. 挽歌
3. 愛の花園
4. 不思議の国のお話(Rouge)
5. 自己嫌悪
6. 希望の花
でした♪
「不思議の国のお話」・・・ついこの4日前の加藤和彦追悼イベントにあたし参加したばかりだったのだけれど。その加藤和彦が、ミカ・バンド崩壊寸前の頃に全面的にプロデュースした唯一のアルバム「The Best Of Rouge」からの1曲で。
あたし。20代の頃にそのアルバム、それこそレコードの溝が磨り減ってノイズだらけになるくらい聴きまくっていて。
で、らいむらいと結成して間もない頃。ラ・ママの定期的グラムロック・イベントだったLAD INSANEでもその曲カバーしたくらい大好きで。やはりあたしにとっても思い入れのある1曲なの。
この日、みっちゃんには精一杯不良っぽくふてぶてしく叩いてっ!って伝えて(笑)結果、いい感じに肩の力抜いてリラックスしてやれました。
聴いてくだすってどうもありがとう。


この日。同じくRougeのギタリストであった尾塩雅一さんのユニットThe Ding-A-Lingsも参加されたのですが。
もう!!!やはりロックンロールの醍醐味みたいなの・・むちゃくちゃ肌で感じる事のできる舞台で。さすがでした。
「ニューヨーク・ベイビー」演奏された時は、あたい思わず真ん前で踊りまくってしまった(*´ω`*)
最後。主催の植田さん率いるuedandも逆井オサムさんに向ける愛情たっぷりの舞台で。それでもひたすらに楽しく演奏されていて。
「ラブ・イン・フローラ」や「パフォマー」!!!
またしてもあたい真ん前で踊りまくってしまった(*´ω`*)
んーーーーー。
なんか。表現する世界はらいむらいとってまた違ったものだけれど。やっぱりとびっきりごきげんなロックンロールってあたし大好きだわぁ!!ほんと。参加できてよかった!!


終演後、同じくこのイベントに参加したDaisy Roxxのしょーへいちゃんと久し振りにじゃれあったりして。それもまた楽しかったです
コメント

10月18日 渋谷 ソングラインズ、五反田 ロッキー

2014年10月26日 09時17分35秒 | りさいたるレポ
18日。
この日はあたし朝から晩までギグ三昧でした。
お会いした皆さまどうもありがとう。

午前の部は江ノ島以来のロマンチック飛行船。久し振りのミューブラ出演でありました。
この3人って、なんか妙に息が合う。結束力とか演奏に対する集中力とか・・事前に練習する量とか。そういった部分ほとんどないくせに(笑)
要は人前で何か提示するのに「どんなのが面白いんだろ?どうやったら喜ぶだろ?」と。そこの部分だけをお互い求めてるんだと思います。
灯りちゃんのへんてこなフランス語やダンス、スネーキーの一目をひくとんでもない恰好も。すべてはお客さんを喜ばすための最大のエンターテイメントなのだ。
というわけで、今回も楽しくやりました!!



1. 虹の都(カブキロックス)
2. 屋根の上の猫(らいむらいと)
3. LOVERS ON BACKSTREET(THE YELLOW MONKEY)
4. アクメ(アゲハビスケッツ)
5. 眠れぬロマンチック(LOVE MISSILE)

選曲に関しては、普段お世話になっているライブハウス ラ・ママ界隈のバンド関係の楽曲という事にした。
カブキは。みっちゃんも在籍していて来年デビュー25周年というめでたい時期でもあるし。(数日後にラ・ママであたしとスネーキー海老蔵ロックスというカバー・ユニットやった)
イエローモンキーは。定期的にあたしとスネーキー、トリビュートバンドやってたりもするし。
ラブミは。灯りちゃん、みっちゃんともに未だ青木さんの楽曲表現する現在進行形のLOVE ME DOやってるわけだし。
あと。海老蔵ロックスでお唄担当しているじょん♪くん率いるアゲハビスケッツの「アクメ」。これが名曲だった。。もうじょん♪くんとはあたし知り合ってから長くって。らいむ立ち上げた頃から頻繁に一緒にやってきたから!今回灯りちゃんがこの曲やりたいって言ったんだけれど、なんだか物凄くイカす曲だったなぁ。。演奏していて燃えました(*´ω`*)

土曜日の優雅なひととき。お世話になっているマギー☆しゃん始め共演者の方々やお客さんと、とても楽しい時間をともに過ごしまして。
次に向かったのは五反田。毎月恒例のMARK&CAROワンマンへと、あたし傾れ込みました。


<一部>
1. 美しすぎて
2. 地球はメリーゴーランド
3. 西行き列車
4. 時の魔法
5. 木馬
6. 愛のない世界
7. ロージー
8. Helplessly hoping
9. You Don't Have To Cry
10. 惑
<二部>
1. 一人で行くさ
2. 四つ葉のクローバー
3. 心の鍵
4. Maybe Tomorrow
5. Because
6. GOOD VIBRATION
7. Love The One You're With
8. 吟遊詩人
9. 暗い部屋
10. 散歩

この日は、つい先日東北ツアー経験してきた3人ですから。ますます息の合った演奏披露できたのではないか?と思います。
参加してくださいました多くのお客さまと一緒にガロの名曲を目一杯楽しみました(*´ω`*)
今回新たなレパートリーとして加えたのは、マークさんのソロアルバムMARK BRIGHTからの1曲「GOOD VIBRATION」でありました。
三拍子のこの曲、ガロ・ファーストの「人は生れて」に通ずる雰囲気の曲なのだけれど。曲中における物凄くポジティブな言葉が、メロディーと相まってあたしの胸に響きまくって。演奏していて泣きそうになりました。
マークさんが作られた・・この3人で演奏していない曲まだまだいっぱいあるのですが、この先1曲1曲追加していくのが本当に楽しみです。改めてコードひろって歌詞を噛みしめて実際演奏してみると、本当に心が洗われるような気分になるのです。
次回、11月1日ワンマンも新たなレパートリー考えております。
楽しみだわぁーーーーー(*´ω`*)

というわけで。
あたしにとってこの日、とても長い1日となりましたが。とても充実した時間を過ごす事ができました。
よい人生だわ。
どうもありがとうございました。
コメント (1)

10月16日 歌舞伎町 ソウルキッチン

2014年10月19日 16時52分15秒 | りさいたるレポ
16日はあたし、ソウルキッチンでの加藤和彦5周忌追悼イベントに弾き語りで参加してきました。
お越し下さいました皆さまどうもありがとう。

一昨年前から、賀句さんと「何か加藤さんリスペクトの夕べみたいなのやろう!」と始めたのでありますが。
あたし。
やはりこの方からの影響って意識せずとも大きくて。
幼少の頃から「白い色は恋人の色」や「あの素晴らしい愛をもう一度」の・・なんともいえぬ優しいメロディーがね。もう。ずっっと身体に染み込んでるの。
で。あの囁くような震えるような声を聴くとね。涙がそれこそ知らずにあふれてくるのです。
加藤和彦さんご自身は作詞という作業されない方なんだけれど。
でもさぁ。。色んなところで(雑誌なりレコードのライナーなり)加藤さんの発する言葉読むとさぁ。。なんと申しますか。非常に品のある・・で。ユーモアセンスのある・・あたしからしてみれば非常に文才のある方だとやはり思ってしまうのであります。←この ~でありますってあたしたまに使うの・・恐らく加藤和彦の影響だわ(笑)
なのだけれど。時代時代で、本当に加藤和彦の作り出すメロディーの最高のよき理解者ともいえる作詞家がね。
もの凄く良い歌詞を添えているのよ。
北山修しかり松山猛しかり安井かずみしかり。

そんな、あたしなりの思いを込めてこの日。

1. 白い色は恋人の色
2. ハイ・ベイビー
3. あの素晴らしい愛をもう一度
4. 僕を呼ぶ故郷
5. アーサー博士の人力ヒコーキ
6. ネズミ・チュウ・チュウ・ネコ・ニャン・ニャン
7. 花のかおりに
8. 悲しくてやりきれない
を唄いました♪
去年と同様、あたしはミカ・バンドまで(年代でいうと1973年あたりまで)の選曲で。。
ちょうどここのところ風邪をこじらせてあまり絶叫系のお唄うたえぬ状況だっだので、加藤和彦の囁くような優しい声を表現するのに凄く気が楽だった。


これまた去年に引き続き今回もご一緒させていただいたピートさんグループは、アルバム「あの頃、マリー・ローランサン」や「パパ・ヘミングウェイ」あたりのムード溢れる楽曲を。
あとはミカ・バンドの曲をポップな感じに、更に「カフェ・ルモンドのメニュー」をセッション的に遊び心いっぱいで聴かせてくれました♪


ヨーロッパ三部作あたりが物凄く好きだという我がらいむらいとのドラマーみっちゃんもこの日、足を運んでくれました。

うん。
なんか。この年齢になってみて。自分の好きな音楽を、胸張って周りの方に「ねー!いいでしょーーー!ねーーー!」と、うんちくも含めながら語り出すという・・若干有り難迷惑なおっちゃんになってしまっているのも自分自身理解した上で(笑)
それでも。お酒を少しいただきながら・・大好きな音楽を理解し合える仲間と一緒に、その音楽を通して酔いしれる夜。というのは、自分にとってやっぱり物凄く幸せな事なのであります。
また来年以降も続けていきたい。と思っています。
コメント

10月4日 郡山 フォーク酒場6575、10月5日 仙台 Live inn 唄屋

2014年10月19日 13時30分15秒 | りさいたるレポ
遅くなりました。。

10月初っ端のギグ、MARK&CAROワンマン地方公演でした。
お越しくださいました皆さまどうもありがとうございました。

あたしにとって、郡山、仙台って人生で初めて訪れる地だったのですが。
どの場所も凄い新鮮で。。観光だけとってみてもとても刺激になりましたわ。。
それから。現地でお会いした多くのお客さまのあたたかな声援受けながら、両日とも非常にリラックスした演奏できたように思います。
気の利いた差し入れなんかもいただいてしまいました。どうもありがとうございます。

マークさんとモッキーと3人での電車移動も、今回ほんとに楽しい旅になりました。


◎10月4日 郡山 フォーク酒場6575

<一部>
1. 一人で行くさ
2. たんぽぽ
3. 美しすぎて
4. 四つ葉のクローバー
5. 愛のない世界
6. ロージー
7. 木馬
8. You Don't Have To Cry
9. Maybe Tomorrow
10. ロマンス
<二部>
1. 一枚の楽譜
2. 君の誕生日
3. 学生街の喫茶店
4. 花の伝説
5. 地球はメリーゴーランド
6. 時の魔法
7. Because
8. Throw Down The Sword
9. 吟遊詩人
10. Love The One You're With
11. 暗い部屋
12. 散歩
お店の方からご馳走していただいた・・

名物「学生街のナポリタン」、美味しかったぁ・・(*´ω`*)
今回マークさんが来店された事によって、ようやく胸張ってメニューとしてお出しできる!!と喜んでらっしゃいました(笑)

あと、個人的に。あたし奈良郡山市にある高校に3年間通っていたもので。。あ。浪人時分も郡山市の美術学校に通っていたので・・実質まるまる4年か。
同じ郡山という地名にものすごく親近感沸いたりしたのであります。以前から福島県の郡山市ってどんなところだろ??一度行ってみたいなぁ・・って思ってたの。
念願叶いました。また来ます!!!

◎10月5日 仙台 Live inn 唄屋

<一部>
1. 一人で行くさ
2. たんぽぽ
3. 美しすぎて
4. 四つ葉のクローバー
5. 愛のない世界
6. ロージー
7. 木馬
8. You Don't Have To Cry
9. Helplessly Hoping
10. Maybe Tomorrow
10. ロマンス
<二部>
1. 一枚の楽譜
2. 君の誕生日
3. 学生街の喫茶店
4. 花の伝説
5. 地球はメリーゴーランド
6. 時の魔法
7. Because
8. Throw Down The Sword
9. 吟遊詩人
10. Love The One You're With
11. 暗い部屋
12. Find The Cost Of Freedom
2日目は雨降る仙台の街でのワンマンでした。
お外は生憎の雨模様でしたが、ここでも多くの昔からガロファンのお客さまが集まってくださいました。
終演後もお酒頂戴しながら色々なフォーク談義に参加させてもらったりして・・楽しかったぁ(*´ω`*)
中には当時のロック、フォークコンサートの半券やガロの楽譜なんかを持ち寄られてる方もいらっしゃいまして。貴重なもの見せてもらったわぁ(*´ω`*)
それから。ご用意していたCDもたくさん買っていただきました。
本当にどうもありがとうございました。


帰り、心配していた台風による交通への影響もほとんどなく・・マークさんと仲良く無事東京に戻ってまいりましたよ♪
モッキーはその日お昼から用事があったので一足先に東京に戻っていたの。モッキー、タイトなスケジュールほんとにほんとにご苦労さま!!
マークさん、今回もほんとにほんとにお世話になりました。改めて。全国でガロを愛してらっしゃる方がこんなに大勢。生のマークさんの唄声を待ち望んでるんだなぁ・・と実感しました。
これからも何卒ご指導のほどよろしくお願いいたします。がんばってついてゆきます!!

今回、我々にとって充実した・・非常に実のある旅になったと思っています。
今後も。出来る限り多く、全国のガロファンの皆さまに3人のハーモニーお届けしにゆきたいなぁ。。
その為には、日頃の体調管理しっかりするようあたし心がけます
ご心配おかけして申し訳ございませんでした。。
コメント