むらいむらいとです。 

「らいむらいと」「CARO」所属 お嬢の 日々反省日記。

12月27日 五反田 ロッキー

2014年12月30日 10時31分04秒 | りさいたるレポ
12月27日。
いつものように五反田で、GAROの曲を思う存分に唄う!というイベントを行ってきました。
明らかに前回までの気持ちの面で異なるのは「マークさんの隣で演奏できないんだなぁ。。」といったところで。
前回までは「次、マークさんが戻ってきてくれる時までに頑張って2人で曲仕上げておこう!!」とかね。「もう・・・マークさん!体調完全に治してくださいよ!そこからまたがんがんやっていけばいいんですから!!」とかね。ほんと。そういった気持ちでいたから。
そしてロッキーは、あたしとモッキーが一番マークさんと長く時間を共にした場所だから。


当日。お客さまがレコードやお写真をいっぱいいっぱい持ってきてくだすって。皆でそれを飾り付けしていますと。
その時点であたしは「あ。。なんだ。そっか。マークさんと今夜も一緒なんだー(*´ω`*)」という気持ちになり。
いつもと同じようにGARO、マークさんの曲を皆で愛情込めて会場に響き渡らす事ができる!!と確信しました。
本当に。この日会場にお集まり下さいましたすべての方々と一緒に、マスター夫妻と一緒に。そして。天国のマークさんと一緒にイベントを作り上げる事ができました。
嬉しかった。ほんとに嬉しかった。
どうもありがとうございます。


<一部>
1. 一人で行くさ
2. 踊り人形
3. Maybe Tomorrow
4. 冬の花火
5. 二人だけの昼下がり
6. 忘れていたもの
7. 花の伝説
8. 愛のない世界
9. ロージー
10. 吟遊詩人

一部はモッキーと2人で、マークさんとの約束・・というか。誓いというか。トミーさんとの思い出の曲「Maybe Tomorrow」を2人で挑戦してみたり。
次回合わせましょうねー!と言っていた「忘れていたもの」を初披露してみたり。マークさんからいただいた2曲を、これからも唄い続けてゆこう!!といった思いだとか、前日リハーサルしながら曲を選んでね。そうした気持ちでCAROとして演奏させていただきました。
モッキーは1曲目の「一人で行くさ」から感極まって涙声になってしまったし、あたしも「忘れていたもの」・・マークさんから伝授してもらうはずだったじゃないかぁ!!って思ったらなんだか涙止まらず。
ですが。最後まで心込めて演奏する事ができました。
皆さんのあたたかい声援に助けられました。紙テープも!!
どうもありがとうございます!!!

<二部>
1. ロマンス
2. 木馬
3. ピクニック
4. 時の魔法
5. 虹色のラベンダー
6. 空中ブランコ
7. 風にのって
8. 涙はいらない
9. 学生街の喫茶店
10. たんぽぽ
11. 美しすぎて
12. 散歩

二部はイベントタイトルである「皆でガロを歌おう!」という事で、会場の皆さんにも舞台に上がっていただき。そしてフロアのお客さまも一緒に。会場の全員で1曲1曲奏でるといったステージになりました。
ベース、鍵盤パートも終始参加していただき「次、何唄いましょう?唄いたい方、ギター弾きたい方是非とも舞台で一緒に演奏しましょう!!」と、その場その場で大好きな曲を皆さんと一緒になって選んで。
あたし。この日何より嬉しかったのは、皆さん率先して一緒に唄ったり演奏したりしていただけて。で。ほんとに横で見ていて皆さん素敵な表情だった事。
勿論フロアの皆さんも心込めて一緒に参加していただいてるの、舞台から見ていてもわかりました。
マークさん、きっと喜んでらっしゃるだろうなぁ・・・
こんなにもマークさんの曲を愛している方々が、全員で声高らかにマークさんの曲を奏でているんですもの!!
マークさん「お客さんがGAROの曲を愛してくださるのが何よりも嬉しい」といつも言ってました。
きっと、マークさんもね。その場で一緒になって唄ってギター弾いていましたよ♪

当日。有り難い事に遠方からお見えになった方も大勢いらっしゃいました。
皆さんそれぞれ色んな思いを持ってロッキーに集まってくだすったんだと思います。お写真やレコード、思い出を沢山持ち寄ってくださいまして本当にありがとうございました。
マークさん「ロッキーがマークのホームだからね!!」と常々おっしゃってました。

これからも。CAROはここロッキーをホームとしてマスター夫妻に助けられながら、マークさん、GAROの曲を皆さんと一緒に継承してゆきたいと思っています。
これからも。何卒よろしくお願い申し上げます。


そして。これからも。あたしたちの打ち上げは平太周です(*´ω`*)
コメント (2)

12月25日 歌舞伎町 ソウルキッチン

2014年12月28日 14時25分58秒 | りさいたるレポ
今年、クリスマスの25日。
らいむらいととして久し振りにソウルキッチンで演奏してきた。
たぶん。らいむらいとで出演するのって1年以上振りだと思うの。弾き語りではわりとしょっちゅうお世話になっているのだけれど。
年の瀬のお忙しい中、お越し下さいました皆さま本当にどうもありがとう。
素敵なプレゼントなんかもいただきました。どうもありがとう。

この日ご一緒させていただいたシンガー、最近けっこう頻繁に共演させてもらってるマーキュリーの岩田ハロルドさん。
普段はギター+唄 対 ドラムスの一騎討ちという形で活動されていて、我々らいむらいとと近いスタイルというのもあってあたし親近感持ってる。
弾き語りにおいてもグラマラスな演出にこだわっていて、いつも派手目の衣装・・それから随所に古き良きブリティッシュロック・テイストを感じさせてくれるような楽曲で、いつも我々観る側、聴く側を大いに楽しませてくれます。
実は日本の70年代フォーク、歌謡曲に関してもたいへんお詳しく。その辺りのお話で2人盛り上がったりもするの。
それから。
最近賀句さんから「若いのに、ピアノの弾き語りで文学性ある言葉使って唄うシンガーがいる。どこか暗い唄が多くて、お嬢みたいに髪が長く・・それで綺麗な顔立ちなんだよ。らいむに合いそう。」とお聞きしていた7eo(レオって読むんだって)くんと初めてご一緒させていただいた。
ピアノの前に座り、鍵盤叩いた瞬間から思わず引き込まれるような世界観があった。素晴らしかった。
あたしも。7eoくんのその独特の詞、メロディに息をのみ、最後まで聴き入ってしまいました。
そんなお二方とともに音を奏でたクリスマスの歌舞伎町。あたくしにとってたいへん居心地の良い夜になりました。

我々の出番は。らいむらいとなりの年の瀬の雰囲気出せればいいなぁ、とぼんやり考え。

1. ひとつだけ
2. 愛の亡霊
3. 挽歌
4. 愛のない世界
5. 時の過ぎゆくままに(沢田研二)
6. 外は白い雪の夜(吉田拓郎)
7. 堕落を憐れむ唄
8. 希望の花
9. 安奈(甲斐バンド)
10. ママリンゴの唄(デイヴ平尾)
をお送りしました。

ここのところ。
みっちゃんのボンゴとのアコースティック形態のギグもなんとか形になってきてくれていて、嬉しい。
大掛かりなセットなしでも らいむらいとの世界観薄れる事なく表現できる事が、純粋に嬉しい。

この日。賀句さんの古くからの友人であるフランス人のおじさまがお店にお見えになり、我々の演奏も観てくれた。
その方 フランスのSONYレコードでプロモーションのお仕事をされている方らしく、なぜだからいむの事を凄く褒めてくださいました。
それで。アルバム差し上げたら大層喜んでもらえて!!で、後程連絡いただけるって!!
なんかね。言語の違う国の人にもあたしたちの表現する世界が少しでも伝わったのなら・・もう、こんなに嬉しい事はない。
ただ・・・あたし。フランス語は今からじゃあ大変にしても(それでも大学生の時第二外国語でフランス語とってたんですけど)
英語くらいはね。自由に話せるようになりたいなぁ・・と、強く感じてしまいました。
らいむらいと国際化に向けて、ちょっと英語勉強しようかなぁ
コメント

12月15日 下北沢 CCO

2014年12月21日 09時38分59秒 | りさいたるレポ
みっちゃんと2人の初企画ギグ、無事終えました。
当日お集り下さいました皆さまどうもありがとう。
それから、沢山の素敵な・・愛情こもった頂き物。本当にありがとうございます。

昨年の丁度12月15日。3人でのラ・ママ10周年ワンマン終えて、その後すぐに結成以来不動だったメンバーがひとり欠け。そこから・・もう未だにおっかなびっくり2人でやってるけれどね。
でも、やれる事精一杯やろうっていう姿勢で。みっちゃんには、あらゆる場所で表現できるように!と、パーカッションや慣れないコーラスなんかも無理矢理押し付けて。この1年、地方へも何度か演奏しに行ったし、なんとか2人だけで試行錯誤しながら頑張ってきました。
そして、なんとなく12月15日という日にね。イベントを組みたかったのです。

この日。あたしの中ではマークさんの事も重なって。
本番中にも再三言ってしまったけれど。ほんと、ひとなんていつ死んでしまうかわかんないからね。
とにかく、悔いのないよう。今日最後まで演奏できた事の喜びと、健康な身体で力一杯唄えた事の幸せを感じれる場にしたかった。
参加してくれた方に「今日、やっぱり来てよかったなぁ。。」と思っていただけるような、そんな場にしたかった。








<一部>
1. 雨降り
2. 桜吹雪
3. 白い夜
4. 愛の花園
5. 愛のない世界
6. 八月の濡れた街
7. 都会
8 不眠症の羊
<二部>
1. 訣別
2. 愛の亡霊
3. どうしようもなくブルース
4. 屋根の上の猫
5. 挽歌
6. 堕落を憐れむ唄
7. あ・り・き・た・り
8. ひとつだけ
9. この世の果て
10. 希望の花

「愛のない世界」3年前のあたしのお誕生日にマークさんがプレゼントしてくれた曲。
あたしが歌詞をのせると「お嬢らしいとってもいい歌詞だねー!!この曲にすごく合ってる!!」と言ってくださいました。
マークさんが残してくれた素晴らしい曲を、らいむらいとでも演奏したかった。
それから、いま作っている曲をこの日初披露したのですが。あたしは。創作意欲の尽きていない自分たちにこの上ない喜びを感じる。
音楽を創造してゆく事の喜びを、マークさんから教わったような気がします。
そして何より。健康な身体で最後まで演奏できる、唄える、という純粋な幸せを・・改めてマークさんから教わった気がするのです。

先日、渋谷の焼き鳥屋でワンマンの打ち上げも兼ねてみっちゃんと来年の夢を語り合いました。
まだまだ。らいむらいとは枯れていないよ!!と、2人思うところ一緒でした。
新しい曲、すごくよいものになったので沢山の方に聴かせたい。また地方へも演奏しに行きます。
これからも。希望の花にお水をあたえながら、あたしたちやってゆこうと思っています
コメント

マークさん

2014年12月12日 22時54分51秒 | 追悼
マークさんが天国へと旅立ってしまった。

モッキーも言っていたけれど、まだ正直実感がわかないのです。
昨日などは「あれ? 次回レパートリーに加える曲、まだ3人で合わせてないですよね。。」というなんとも不思議な気持ちで。
マークさんから " 次、この曲とこの曲もやるからよろしくね " と、いつものようにかわいい絵文字付きのメールが今にも届くような気がしていたんです。
ですが。少しずつ時間が経つにつれ「えっ。えっ。ロマンス、お決まりの岩崎宏美の歌でずっこけるの・・もうできないの???」
「最近世界が暗いんですよねーっていうお決まりのセリフに、それ、サングラスのせいじゃないですか??っていうつっこみ・・もうできないの???」って考え出すと、ぽっかりと胸に穴が空いたような気持ちになりました。
そして。これまたモッキーと同じく。今まだうまく文章にできずにいます。
だけれども。マークさんへの感謝の気持ちをここにどうしても綴っておきたい!!
ごめんなさい。上手に書けないかもしれませんが・・

モッキーとCAROをやり出したのはモッキーと知り合って間もなくだから、もう10年近く前になるなぁ。
ラ・ママの打ち上げで「どういったフォークソング好きなの?」と探り合うと、お互いガロを好きな事が判明して。
それからガロをリスペクトするユニットとして2人で活動し始めました。我が強くない2人というキャラ設定にした事からGをCに変えてCAROと名乗って。
で。しばらくして・・どういったご縁だかわかりませんが、光栄にもガロご本人さまのマークさんのサポートを務めさせていただく事になって。
まさか!!CARO立ち上げた時には考えもしなかった事でした。夢のような出来事だった!!
初めてMARK&CAROとして舞台に立ったのは、2010年暮れの青い部屋救済イベントでした。
その後。マークさん思い出の場所の江古田マーキー、モッキーのお誕生日に銀座タクトでやったり、あたしのお誕生日祝いにラ・ママに出てもらった事もあった。
今度らいむで企画ギグする下北沢CCOでもご一緒したし、G-arkにも来ていただいた。
そしてここ数年間は五反田ロッキーで毎月定期的にワンマンライブをさせてもらっていた。
車や新幹線で地方へも行きました。
どこへ行っても、ガロ、マークさんの音楽を本当に愛しているお客さまばかりで、会場、いつも皆さんの笑顔と唄声が絶えなかった。
あたしは。そんな皆さんに愛されているマークさんの隣で演奏できるのが幸せで幸せで仕方なかった。

マークさん。
言葉にすると陳腐になってしまうかもしれないけれど。こんなに優しいひと・・いるの??って思わず言っちゃうくらい優しいひと。
毎回楽屋で顔合わす毎に「調子どう?身体だけは気をつけてね!」とおっしゃる。その都度「マークさんこそ気をつけてくださいよ!」と言い返してた。
五反田のワンマンでは毎月レパートリー曲を増やし、その度毎にハーモニーのこつやギター奏法を事細かに丁寧に伝授してくれた。その当時の思い出・・レコーディング風景、楽屋風景話なんかも添えて。こんな無名でどこの馬の骨ともわからないようなあたしたちに!!
もう・・あたしはマークさんから直接こうやって教わるのが、いつも。驚きと発見と、それから喜びの連続でした。
数えてみるとね、今まで3人で演奏したの・・優に50曲を越えてました。凄いでしょ!!
そして、いつも「こんな3声でハモれるグループ、他どこ探してもいないよっ」と言ってくれて。嘘でもお世辞でもよいから。あたしはそのマークさんの優しさが嬉しくって嬉しくって、もう。
ちきしょー。今頃になって涙止まんなくなってしまった。

この先。マークさんからハーモニーやギター教わる機会がないと思うと・・やっぱり寂しいけれど。
マークさんと一緒に演奏したりお喋りできないと思うと・・やっぱり寂しいけれど。
だけど。
これからもね。マークさんが残してくれた素晴らしい音楽をあたしは精一杯唄ってゆきたい。モッキーも同じだと思います。

15日の下北沢CCOのらいむワンマンでは、マークさんからいただいた「愛のない世界」をらいむらいとで演奏したいと思っています。
それから。27日ロッキーでは。皆さんでマークさんの曲大合唱して、笑顔でお見送りしたいと思っています。









最後に。
マークさんと一緒に過ごした時間は、あたしにとって本当にかけがえのない宝物です。
これからも。マークさんから学んだ事、大切にずっと胸にしまって唄ってゆきます。
あたしがそちらに行った時には、また色々と伝授してください。
たぶん・・それまでも「マークさん。このフレーズ、これで合ってますかねー??」と、時々話しかけると思いますが(*´ω`*)
あ。でも、ちょっとゆっくり休んでくださいね。
ほんとに。ほんとに。お疲れさまでした。
ほんとに。ほんとに。ありがとうございました。愛してます
コメント (2)

11月30日 本八幡 ルート14

2014年12月07日 12時35分30秒 | りさいたるレポ
11月最終ギグは本八幡でらいむらいとでした。
お越し下さいました皆さんどうもありがとう。

何度か言ってると思うのだが。あたしここルート14って、大阪でやってた頃のバンドで関東遠征の際よくお世話になっていて。
思い出深い場所なんです。
らいむでも今までにもう何度かお世話になってる。
でね。
ずーーーーっとあたしの中で。ルートでライブする度にハーシーの板チョコ食べた記憶が残ってたの。
ライブ後に、疲れてるからチョコ毎回かじってた(笑)恐らくライブハウスのフードコーナーで用意していたと思うんだけど。ライブハウスに板チョコ置いてあるのって珍しいでしょ?
だけれども、もう10何年も前の記憶だから。思い違いかなぁ。。たまたま本八幡でチョコ買って食べてただけなのかなぁ。。と、幾分これまでもやもやしていたのですが。
なんとなくこの日。本番中、曲と曲との間で。
「以前、ハーシーの板チョコ、置いてたわよねぇ???」と、紅塗りながら言ってみたの。
すると音響さんが、大きく腕を上げて・・まる◯ってジェスチャーしてくれて。
もーーーーう。長年のもやもやがようやく解けました(*´ω`*)
それだけで、今回本八幡でギグした甲斐ありました(*´ω`*)
ありがとうございましたーーーー!!!


肝心のギグですが。
この日、みっちゃんと2人だけで今年の4月かららいむ名乗ってやり始めて・・1番良いギグだったのではないか?と思ってます。
熱くなりすぎず・・尚かつ冷めすぎてもない・・じっと目を据えて心を真っ直ぐに前へと投げ込む事ができた。
いつもあたし、よく全力投球、全力投球って言葉使うけど。
なんかさ。うまい表現見つかんないんだけど。全力投球ではない、心の込め方、唄い方、観せ方というか。そういうのが少しずつ2人の中に宿ってきているのかも。。
ハーシーの記憶が正解だとわかったのがよかったのかも(笑)
聴いてくだすった皆さんどうもありがとう。

お届けしたのは
1. 屋根の上の猫
2. 挽歌
3. どうしようもなくブルース
4. 愛の花園
5. 希望の花
6. 不眠症の羊
でした♪

それでこの日、気分よくした我々。
帰りに車を亀戸に停めて、小雨降るこの辺りを探索し。

こういった下町風情残る雰囲気なんかに胸ときめかせ。

お腹空いてたので・・油そば、食べました。
よい夜でありました。

いよいよ師走に入り、今年のらいむギグも残すところあと4回となりました。
15日は、みっちゃんと2人のらいむらいととして初めて企画ギグします。以前からよくお世話になっている下北沢CCOにてです。
アコースティック専門のお店ですので、パーカッション+アコギでの演奏になりますが、この日も目を据えて心を真っ直ぐに前に届けたいです。
いま制作中の新しい曲お披露目したり、この2人での音源プレゼントしようとも思っています。
年末のお忙しい最中かと存じますが、皆さまの御来場心よりお待ちしています。

●12月15日(月)下北沢 BAR?CCO
「12年目のらいむらいと」
出演:らいむらいと
前売り 2,000円+D / 当日 2,500円+D
開場 19:00 / 開演 20:00
※御来場者全員にプレゼントあり。

よろしくお願いします
コメント