むらいむらいとです。 

「らいむらいと」「CARO」所属 お嬢の 日々反省日記。

9月18日 渋谷 ラ・ママ

2014年09月29日 23時13分22秒 | りさいたるレポ
今年の9月で12年目を迎えたらいむらいと、第1回目のギグをラ・ママで行ってきました。
駆けつけてくだすった皆さまどうもありがとう。

まず。12年目のスタートを結成当初から何かとお世話になってきたラ・ママでやれた事がよかった。
10年以上に渡り不動だったメンバーが今年に入って1人欠け。一時は「もうらいむらいとの看板下ろしてもええんやない?」と真剣に考えていた我々ですが。
ほんとに。なんとかかんとか。残った2人のメンバーでこれまでの世界観を崩す事なくやってゆく道を選び・・それにはやはり今までの最低1.5倍の結束力と気迫が必要なわけで。

この日。知り合ってから11年以上経つみっちゃんと、年齢顧みず相も変わらず丹念にメイキャップ施し。
あほ面下げて・・それでも胸張って絶望節を道玄坂の地下室に響かせました。


この日は、丁寧にと言いますか。言葉ひとつひとつを大切に、2人の呼吸感を大切に演奏したかった。
1. 訣別
2. 挽歌
3. 愛の花園
4. 自己嫌悪
5. 希望の花
6. 不眠症の羊
をお届けしたのだが。
久し振りに「訣別」と「不眠症の羊」をラ・ママの舞台で唄っていて、これまでの11年間の事が頭ん中にばーーーーっとフラッシュバックし。あたい思わず泣きそうになりました。
ですが。あたしたちはこれまでだって。言葉ひとつひとつを、お互いの呼吸感を、大事大事にするしかない!!と、やっぱり信じてやってきたのだと思います。
2人とも器用な人間でないし。決して演奏力が凄い!と言われるようなバンドでないし。
それでもなんとか自分たちが届ける事のできるのはそこなんだろうなぁ。。と、12年目に再確認した。それが嬉しかった。


後で撮っていただいたお写真見てみると、2人ともええ顔してた(*´ω`*)


というわけで。記念に今回の動画を、少しですがあげてみました。→ らいむ動画
お時間ある方は是非とも観てみてください。よろしくお願いいたします。

ではでは。これからもあたしたち らいむらいと。自分たちの世界観を信じて、わめきながらもがきながらあがきながらやってゆこうという所存であります。
がんばるーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月14日 渋谷 ソングラインズ

2014年09月27日 10時08分50秒 | りさいたるレポ
MARK&CAROワンマン明け14日の日曜日は、ソングラインズにて普段お世話になっている瀧さんのお誕生会にCAROとして参加してきた。
お会いした方々、どうもありがとう。
そこに参加した皆さんの非常に愛情こもった・・素敵な素敵なお誕生会でした
終始笑顔絶える事なく。音楽を通して、会場がほんわか幸せな空間に包まれていましたー。

我々CAROは、仲良くおそろいのおべべ着て。

1. 学生街の喫茶店
2. ロマンス
3. 愛のない世界
4. ロージー
5. 君の誕生日
6. 吟遊詩人
の6曲を演奏いたしました♪

CAROん時、あたしってよく笑う。・・・いや。ロマヒコん時もよく笑ってるわ!!そっか。らいむん時だけだ。笑わないのは(*´ω`*)

それから最近。モッキーとのコンビネーションも、マークさんに鍛えられてますますよくなってる。
演奏しながらそう感じました。それは演奏能力といった部分ではなく、例えば「ミストーンは3回までやり直しOKね♪」とか。そういう、けろっとした進め方ができてる(笑)
いやーー鍛えられてるなぁ(*´ω`*)


最後は出演者の皆さんと盛大にボブ・ディランの「天国への扉」をご一緒させていただき。(山影さんも右端にいるーー!)

素敵なサプライズでお誕生会はお開きとなりました(*´∀`*)

今年も瀧さんのお誕生日を皆でお祝いできてよかったなぁ。。
なんかね。音楽って素晴らしい・・・と、改めて感じさせてくれるよいイベントでした。
また今後も、我々の世代が好きな音楽(歌謡曲やニューミュージック、フォークソングなど)を絡めさせた色んな楽しい企画してゆきたいですねー!って楽屋でも話してたの。
これからも。楽しみだわ。

さて。
今夜は、今月2回目のMARK&CARO五反田ワンマンです。
新たなレパートリーもがんばって披露いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
●9月27日(土)五反田 Rocky
「MARK & CARO ワンマンライブ」
出演:MARK & CARO
料金 4,000円+2ドリンク
開場 18:00 / 開演 18:30 2ステージ
※お問い合わせ・ご予約 五反田Rocky Tel:03-3491-8170(17:00~24:00)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月13日 五反田 ロッキー

2014年09月23日 13時36分59秒 | りさいたるレポ
9月になりました!!(とっくに)

日中、蝉は最後の力を振り絞ってみんみんと鳴き叫び、変わりに夜になるとどこからともなく涼しげな虫の音が聞こえてくるこの季節。
やはりあたしは「あぁあぁ。。。夏がいよいよ終わってしまうんかぁ。。。さみしいなぁ。。。」などと、つい物思いにふけるのでありますが。
9月も色々とギグが入っており、あたしはそれに向けてまた元気に動き出しておる次第です。
子供の頃も「運動会に向けて気持ち切り替えよー!」と、ひとり自分に納得させてた(笑)

まずは13日、五反田ロッキーにてMARK&CAROワンマンでした。
お越しくださいました皆さま。どうもありがとうございます。
差し入れもいつもいつも本当に恐れ入ります。。
MARK&CAROのワンマンは遠くからお見えになる方も非常に多く。本当に有り難い事だなぁ・・といつも思います。
それだけマークさんの楽曲が全国で愛されているという事です。素晴らしい。そんなマークさんの横で毎月演奏させていただけている事は、改めて。自分自身物凄く幸せな事なんだと感じています。
応援、いつもありがとうございます。


<一部>
1. 一人て行くさ
2. オールド・ファッション・ラプソディー
3. 美しすぎて
4. 四つ葉のクローバー
5. ロージー
6. 愛のない世界
7. 時の魔法
8. 木馬
9. 涙はいらない
10. Love The One You're With
<二部>
1. Lalena (マークさんとお客まと)
2. A Whiter Shade of Pale(マークさんとお客さまと)
3. 遠い春
4. 花の伝説
5. ピクニック
6. ロマンス
7. 一人にしないよ
8. 一枚の楽譜
9. Maybe Tomorrow
10. Helplessly Hoping
11. Throw Down The Sword
12. 暗い部屋
今回はこういった曲でお送りいたしました♪

第二部の始まりにマークさん、お客さまの鍵盤に合わせてドノバンの「ラレーニア」とプロコル・ハルムの「青い影」を唄われたのですが。
個人的にマークさんが唄う「ラレーニア」あたし大好きで!!
ドノバンのあのビブラートかかった独特の唄い方、マークさんにぴったりだと思っているのです。
あと、加藤和彦さんの唄い方も恐らくドノバンに物凄く影響受けていると思います。実際「ラレーニア」ライブでも唄われていたし。
あの物悲しげな震えるような唄声。。。袖で聴いていてあたくしむっちゃ感動いたしました(*´ω`*)
あと。今回MARK&CAROで新たなレパートリーとして演奏したのは、イギリスのロックバンドであるウィッシュボーン・アッシュの「Throw Down The Sword ~剣を棄てろ~」でした。
マークさん、実はこういったツインギターのハードロックもたいへんお好きらしく。
長いギターソロもむちゃくちゃ気持ち良さそうに弾いてらっしゃいました!!
それから。この手のハードロックはやはりリフが要とういか。
不気味で重々しく・・更に途中からもう1本絡んでくるギターリフ、あたくしも弾いていてほんと楽しかったです(*´ε`*)
んーーー。今回のレパートリーもなかなかハードル高かったですが。。。モッキーと2人なんとかがんばりました!!


次回も、終演後の平太周おいしくいただけるよう・・あたくしたちがんばります。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

8月30日 歌舞伎町 ソウルキッチン

2014年09月13日 01時09分50秒 | りさいたるレポ
らいむロフトギグの明くる日。大阪に住む弟が、アルケミー・レコード関連でお世話になっている「非常階段 結成35周年記念イベント」に参加するのにこちらに出て来ていたので、初台まで観戦しに行きました。
この日。弟は、あたしも大好きな頭脳警察のPANTAさんと早川義夫さん交えたバンド編成の一員として数曲ベースを弾いたのですが。
羨ましい!!と同時に、なんて素敵な事やろぉ・・という、幸せいっぱいの気持ちであたし舞台を観ておりました。
で。その後久し振りに弟と夜な夜なお酒のんでいい気分になり。
新しいお家に泊まってもらい。
兄弟水入らずでよい時間を過ごせたーーー(*´ω`*)

そして。その明くる日は、普段お世話になっている賀句さんのお店ソウルキッチンに、なんと!!スパイダース、PYG、沢田研二、萩原健一サポート等、日本のロック界で大活躍された井上堯之さんが出演されるという事で、その前座をあたくし務めてまいりました!!!

もーーーーう。
あたくしの人生においてほんとに特別な日・・・生涯忘れる事のない素晴らしい1日となりました。
前日の弟もそうだけれど。長く音楽をやっていると、夢のような、憧れの音楽家とご一緒させていただける何とも光栄な機会に巡り会う事がある。
マークさんのサポート務めさせていただけている場、然り。
未だ音楽やっていて本当によかったぁ。。。

あたしが弾き語りしたのは
1. 四つ葉のクローバー(かまやつひろし、GARO)
2. もどらない日々(PYG)
3. 花・太陽・雨(PYG)
4. 今僕は倖せです(沢田研二)
5. 恋は邪魔もの(沢田研二)
6. 時の過ぎゆくままに(沢田研二)
でありました。
以前 ”悪魔のようなやつら” というジュリーのトリビュート・ユニットもやっていた事だし、今回沢田研二関連の曲を多く唄わせてもらったのだが。緊張したーーー(〃∀〃) 堯之さん、最初っからずっと観ていてくださいました(〃∀〃)
それと。
日頃マークさんから、「四つ葉のクローバー」の前奏のあのかっこいいリードは堯之さんが弾いてるんだよ♪というエピソードをお聞きしていたので、1曲目に「四つ葉のクローバー」やらせていただきました。3声ではないにしろ、心込めて多くの方へのリスペクトとしてお送りしました。
共演させてもらったJesseさんの「酒と泪と男と女」「前略おふくろ」といったショーケン関連の唄もすごくよかったし、「自由に歩いて愛して」や「チンチン電車」も素晴らしかった!!!

で。いよいよ井上堯之さんの本番。
もーーーう。ね。円熟味増した・・とか。そういう言葉ひとつで表現するのとは少し違う。
何というか、舞台における堯之さんは「しなやか」というか。
さすがスパイダースで活躍されていただけあって、冗談混じりのとっても楽しいお喋りや、「次、何聴きたい?」と、まさにその場限りの進行。そして何よりご本人が物凄く楽しそうに演奏されて唄われているそのお姿!!あたくし拝見していて涙出てきた。
その日演奏されたのは「愚か者よ」「Tender Night」「花・太陽・雨」「自由に歩いて愛して」「流浪の民」「奴等のロックン・ロール」「JOURNEY OF LIFE」等。
あと、リズム・トラックに合わせて「太陽にほえろ!」や「傷だらけの天使」のテーマや、「太陽を盗んだ男」の挿入曲も披露してくれました!!!
個人的には「傷だらけの天使」の最終回に流れる「一人」とか。もう、涙もんやったなぁ。。。
あぁ。。。「青春の蹉跌」のテーマ曲に歌詞付けた「息子よ」とかもリクエストすればよかったなぁ。。。


お写真も一緒に撮っていただきました(*´ω`*) 一生の宝物です(*´ω`*)


あれから。お家のレコード・プレーヤーには、このソロアルバムが回る事が非常に多いのですが。で。今もまだ夏の終わりの素敵な1日を思い出してひとりにやにやしてる。
この日、お会いしたすべての皆さまにお世話になりました。
心からありがとうございました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

8月28日 新宿 ロフト

2014年09月07日 15時58分56秒 | りさいたるレポ
らいむらいと、8月最終ギグはロフトにて死ね死ね団さまのイベントへの出演でした。
応援に駆けつけてくだすった皆さまどうもありがとう。
6月にCAROでお世話になって、引き続き今回らいむでお世話になりました。
いつも気さくにお声かけてくださる死ね死ね団の皆さまにほんとに感謝しています。

夏の終わりの・・なんとも儚げな一夜に、あたしたち歌舞伎町で絶望奏でてきたのでありますが。
というのも、みっちゃんもあたしも夏が大好きで仕方ないらしく。

毎年8月の終わりともなると、二人揃って「あぁ、、今年の夏ももう終わりかぁ。。」
みっちゃんに至っては「あと何度ビーチに繰り出して水着のおねえちゃん拝めるんだろう。。」などと、少しセンチメンタルな気分に浸ってしまうのであります。


というわけで、我々精一杯過ぎゆく夏を名残惜しむかのように
1. ひとつだけ
2. どうしようもなくブルース
3. 愛の花園
4. 挽歌
5. 自己嫌悪
6. 希望の花
の6曲、心込めてお届けしました。




今回も。ロフトの赤い照明に浮かび上がるあたしたちらいむらいとを素敵なお写真に収めていただきました。
そういえば!!
あたし10数年前京都からこちらに出て来てすぐに、歌舞伎町に移転して間もない出来立てほやほやのロフトに足運ばせた記憶がある。
確かスペース・カウボーイズとヒステリック・スージーズ観に行ったんだ(笑)
そん時はまだフロアもおトイレも「さすが新しいライブハウスは綺麗だなぁ。。」と感じたように思います。
この10数年でよい具合に小汚くなったロフトがなんとも心地よいです。
楽屋の使い込んだ感じとか。やっぱりあたし、ライブハウスは年季入って多少草臥れてる雰囲気が好きだなぁ!!

打ち上げにおいても、共演者の皆さまとわいわい楽しい時間を共にさせていただきました。
中卒さんに「やはり所沢ご出身なんですか?」とお聞きしたところ「おれは永遠に所沢市民だよ!」という力強い返答をいただき、あたし妙な感動をおぼえました。
今度、是非に西武遊園地に遊びにゆきたいと思います。

お世話になりました!夏の終わりにとても良い1日を過ごせました!ありがとうございました(*´∀`*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加