むらいむらいとです。 

「らいむらいと」「CARO」所属 お嬢の 日々反省日記。

3月19日 渋谷 ラ・ママ

2014年03月27日 00時42分03秒 | りさいたるレポ
3月19日。
ラ・ママにお越し下さいました皆さまどうもありがとう。

なんだかあれから数日間。
この10年間の事、くるくるくるくる ぽーーーっと考えながら・・センチメンタルに浸りながら過ごしました。
丁度この10年間のギグ映像をね、夜な夜なハードディスクに取り込む作業していたのもあって。
で。充分思い出に浸ったからね。
・・この日のギグの事、多くを語らなくってもいいかなぁ。。
とにかく。
いつも通り、いいギグにしたかった。
前日のリハーサルで、しゃちょうに「今回はさぁ。しゃちょうがやりたい曲やろうよ。選んで。」って言ったんだけど。
「いや、最近の・・いつもの感じでやろうよ。」って返されて。
それで。この日もあたしたちはいつものように舞台に上がり。いつものようにぶっきらぼうに演奏し終えて。でも。本当によいギグができたと思います。
しゃちょうのブルースギターも、いつも通りよい音してた。

お送りしたのは
1. ひとつだけ
2. 桜吹雪
3. 愛の花園
4. どうしようもなくブルース
5. 希望の花
6. この世の果て
でした。
普段ギグの最中。あたい唄っていて感極まり、泣いちゃう事多々あるんだけどね。
この日は泣かんかったなぁ。
だけれども。
本番直前、登場曲のグリーンスリーブスが流れ。3人で「よし。いつも通りやろ。」って手を取り合った時。泣いてしもたー。
あたしたち、いつもあの楽屋口で毎回「いつも通りやろ。」ってかわゆく手を取り合ってから舞台に上がってたんです。
今度からは、みっちゃんと2人で手を取り合ってがんばってゆかないとなぁ。。。

今回、お客さまに対してすべてが事後報告になってしまってほんとにごめんなさい。
らいむスタッフにすらこの事を告げておらず。
チェキ撮るのに、いつもなら3人一緒に写るのを何10枚のうち1枚~2枚「これ当たりにしよ!」って用意するだけなのに。
この日はやたら・・ほぼ半分くらいは(笑)3人一緒とか、しゃちょうと2人で・・とかで撮ってもらって。
おかしいなぁ???と思わせてしまったのかもしれないわー(*´ε`*)



またいつの日かね。
ラ・ママの楽屋口で3人かわゆく「いつも通りやろ。」って舞台に上がる日がくるのを期待して。
4月からはみっちゃんと2人で絶望讃歌奏でてゆきます。
2人になっても、全身全霊・・全力投球でやってゆく所存ですので。
皆さまどうか今後ともらいむらいとをよろしくお願い致します。
コメント (1)

3月15日 渋谷 ソングラインズ

2014年03月26日 01時15分59秒 | りさいたるレポ
遅くなっちゃってごめんなさい。

もう10日近く経つのかぁ。
3月15日は、恒例のミューブラにロマンチック飛行船で参加してきた。
お越し下さいました皆さまどうもありがとう。

この日は、Daisy Roxxのしょーへいちゃんやじんくん、ヒロノさんや・・ミュージシャン関係の仲間たちも多く遊びにきてくれたり。
大阪からやってきたHERSHEY'sの連中と初めてお会いしたり。(最鋭輝くんからあいちゃんの事は以前からよく話に聞いていた。なんか雰囲気があたしとよく似てるって。)
ユウジくんともミューブラではよくご一緒させていただくし。
マギー☆さんはじめ、フランソワ音楽隊の方々とも相変わらずわいわいお喋りできたし。
賑やかで・・・最後まで楽しかった(*´ω`*)


あたいたちがお送りしたのは
1. 桜吹雪(らいむらいと)
2. さよなら(オフコース)
3. お別れのKISSからもう一度やり直そう(LOVE MISSILE)
4.また逢う日まで(尾崎 紀世彦)
5. 卒業(尾崎 豊)
6. お世話になりました(井上 順)
でした。
春だからね。
なんとなく。卒業・・別れ・・門出・・感謝・・そんなキーワードの曲を灯りちゃんとスネちゃんと一緒に選んでみたの。
意外かもしれないけど、あたい中学生の頃ね。尾崎豊が大好きで。彼の曲に何度も何度も、それこそ勇気づけられました。
文字通り代弁者のような存在だったんだろなー。
その頃自分が感じていた何かに対する憤りみたいなものや、何かから解放されたい!という思いをね、尾崎豊の曲を通してあたしは放出させてたんだろなー。
で。いまこの年齢になったあたしが尾崎豊の曲を唄ってみてね。不思議と違和感なく唄えたのは。
結局のところ。尾崎豊は当時の若者の代弁者であっただけではなく、やはり音楽的に優れたシンガーソングライターだったんだ!!と思います。
なんか。
70年代初頭にフォークの神様と祭り上げられた岡林信康と存在が被るところあんのかもなぁ・・なんて思いました。

あ。この日ねー。前述した連中とけっこう遅くまで飲んでしまってね。
なので。お家帰ると、お布団もかぶらずバタンキューな感じだったんだけどね。
若干二日酔い気味でお料理仕込み出していざ挑んだ、次の日のG-ark。
なんとも有り難い事に開店から閉店までほぼ満席状態でね。
バファリンのみながら走り回って食器洗い続けていたら、けろっと二日酔い治りました(*´∀`*)
お料理もたくさん食べていただき本当にどうもありがとう。

次回は3月30日。
またお料理用意して・・あ!この日は、古いらいむらいとの映像いくつか持って行こうと思ってます。
どうぞよろしくお願い致します(*´ε`*)
コメント

先日19日のギグの動画

2014年03月22日 03時07分32秒 | お知らせ
お客さまが YouTube にあっぷしてくださいました。
一旦しゃちょう最後の舞台。どうかご覧になってください。

●ひとつだけ


●桜吹雪


●愛の花園


●どうしようもなくブルース


●希望の花


●この世の果て
コメント

ありがとう。

2014年03月21日 03時30分16秒 | 戯言
昨日のラ・ママのギグを終えて。
いまわりとおだやかな気持ちでいれてます。

あ。しゃちょさんのギター・アンプ。実はずっとあたいが管理していて。ギグの度に練馬から川崎からえっちらおっちら運んでたの・・・
それ、今後なくなっちゃうから。
しゃちょさんいつか戻ってくるって3人で約束したからね、一時は「今後もあたいが管理しておくから!!」って。子供みたいに「やだ。ずっとあたいが残しておく!!」って。だだこねたりしていたんだけど(笑)
だけどいまね。冷静に。使い手のいないアンプを放置しておくのはアンプにとってそりゃあ可哀相な事だわよねぇ・・という気持ちになれて。
しゃちょさんのお家にアンプ運ぶ日取りを考えたりしてる。

先月の大雪のミューブラの前日かなぁ。。
それまで何度も何度も3人で話し合いをくり返し。
1年に1度でもいい。1年に1度だけ3人揃ってらいむらいとのユニフォーム着てらいむらいと祭りが行われる状況すらも今は無い。という結論にいきついた時。
あたしはもう本当にらいむらいとの看板を下ろしてもいいかな。って思った。
絶望を押し売りにしてるバンドだけど、絶望に・・完全に負けそうになってた。
で。大雪の日のミューブラの帰り、打ち上げの席で熱燗いただきながら色んな事考えて。
皆とばいばいした後、なぜだかみっちゃんの働くスタジオ(その日みっちゃん午後から出勤だった)にあたし足が向いてしまい。
気がついたらそこで徐に新しい曲作ってた。
なんでそういう行動に出たのか自分でもわかんないんだけど、らいむらいととしての曲を作りたいっていう欲望がまだ自分の中に残っているのにまず驚き、そしてそれがむちゃくちゃ嬉しくなってしまった。
スタジオのロビーでみっちゃんに曲を聴かせ。
で。「2人で、まだ・・・もうちょっとやってみっか」って顔見合わせた。

勿論ね。いまのいまでもらいむらいとの世界観は3人でしかあり得ないし、3人じゃなきゃらいむらいとじゃねーだろ!!って気持ちには逆らえないよ。
らいむらいとって決して万人受けするバンドじゃなかったし、どんなライブハウスに行っても「つかみどころのないバンドだな。。他との組み合わせ難しいな。。」と言われ続け。
それでも10年間「おれたちいっつもはみだしものだけど、絶対他にないバンドだよね」って変な自信持って3人やってきたもの。
だから去年のラ・ママのワンマンは、あたしたちにとって。ささやかな自分たちへのご褒美だったのかもなー。
んーーー。そういった事をぜーーーんぶひっくるめてね。
それでもあたしはらいむらいとの曲をこれからも唄ってゆきたいし、作ってゆきたいんだと思います。
みっちゃんもそういう気持ちだと信じてる。
しゃちょさんも。絶対にいままで自分のやってきた事に自信持ってる、と。あたしは信じてる。

先日。19日用のリハーサルにも関わらず、無理矢理新しい曲合わせるのにしゃちょさんにも参加してもらった。
一旦はみっちゃんと2人で4月以降この曲奏でる事になるのだろうけれど。
いつの日かこの曲にしゃちょうのブルースギターが加わる事を想定して・・そんな風にしてこれからもあたしは曲を作り続けると思うから。
本当に。
10年間、らいむらいとにおけるインスピレーションに多くの力を与えてくれてありがとう。いまね。しゃちょさんに対してそんな気持ちでいっぱい。
またね。
落ち着いたらいつでも手ぇ貸しに来てよ。
みっちゃんと2人、課題曲いっぱい用意しておくよ。




で。
またこのスタジオで新しいアー写撮ろーぜー!!!
その頃、3人だいぶ老けてるかもしれねーけど(*´ω`*)
コメント (2)

大事なお知らせ

2014年03月20日 23時16分39秒 | お知らせ
3月19日のギグをもちまして、ギタリスト伊藤智彦が一身上の都合によりらいむらいとを離れる事になりました。
本人の意思の元、今回3月19日以降の発表という形になり、皆さまにはたいへん申し訳なく思っております。
そして、これも今年に入って何度も何度も3人で話し合った事なのですが。
いつの日か。またあの笑顔でふらっとギター担いでスタジオにブルースギターを弾きに現れる事を願って、4月以降、私と三科の2人でらいむらいとを名乗り活動を続けてゆく事にしました。
らいむらいとにおける今まで3人の力というのは本当に大きく、それが 2 / 3 になってしまうのは我々にとってとてつもなく不安で怖くもありますが、私にも三科にもまだらいむらいとの世界観を構築してゆく意思が残っています。
一旦。これから2人でらいむらいとの看板を背負って前に進もうと思っています。
ご理解のほど何卒よろしくお願い致します。
最後に。今まで伊藤智彦を応援して下さった皆さま、本当にどうもありがとうございました。

2014年3月20日 らいむらいと 村井直紀


三人でらいむらいとをスタートさせてから10年と数ヶ月。
メンバー募集で知り合ってからだとかれこれ12年に渡る年月を共に走り続けてきた朋友 ギターの伊藤智彦が19日ラ・ママでのライブを最後にらいむらいとから離脱しました。
あの人柄そのままの 他人に媚びることをしないギタープレイからほとばしるエモーション溢れるサウンドがらいむらいとから無くなってしまうのは大きすぎる痛手。
と同時に激しい寂しさに気持ちが押しつぶされてしまいそうです。
幾度も幾度も三人で話し合いを重ねました。
でも離脱という揺るぎない決心を持つ彼の今後の人生を尊重し 最大限のエールと共にらいむらいとから送り出すという決断を下しました。
村井直紀 伊藤智彦 三科孝夫 三人のらいむらいとを愛してくれた皆さん今まで本当にどうも有り難う。
そして第二章を迎えるらいむらいと 皆さんにこれまで以上に愛されるよう残った二人でどこまでも前のめりに転がり続ける決意をここに表明したいと思います。
全て事後報告になってしまったことをお許し下さい。
rolling stone gathers no moss
また伊藤智彦がらいむらいとでギターを弾ける日がくる事を願って・・・

2014年3月20日 らいむらいと 三科孝夫


この度、私 ギターの伊藤智彦は一身上の都合により、3月19日の渋谷ラ・ママのライブを最後に、らいむらいとから離れる事になりました。
今回、皆さんにお知らせするのが、最後のライブのあとになってしまった事、本当に申し訳ありません。
ただ、ラストだからとか関係なく、いつも通りの状態で演奏したかったので、お嬢とみっチャンに僕からお願いして、そうさせてもらう事にしました。
僕にとってはそれが本当の意味でのライブだと思うので。。
らいむらいとのこの10年間は、言葉にしてしまうと、なんだかすごくチープな感じに聞こえてしまうかもだけど、僕にとっても本当にかけがえのないものであり、だからこそ今回の決断も本当に悩んだうえでの事ですが、お嬢とみっチャン二人には、相当困惑させてしまったにもかかわらず、忙しい中、僕のために、何度も何度も話し合いの場を作ってくれて、なんとか続けられる状況を考えてもくれました。
本当に本当にありがとう。
ですが、今はとりあえず、まずはちゃんと自分と向き合わないといけないと思い、決断しました。
お嬢とみっチャンをはじめ、スタッフや、これまで応援してくれた皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいですが、言葉を並べれば並べるほど、うすっぺらになってしまう気がするのでこのへんにしときます。
今まで本当に本当にありがとう。
あ、でももうひとつだけ。
先日、19日のライブの為に、リハーサルした時、お嬢とみっチャンが、新曲を披露してくれて、お嬢が「せっかくなんでしゃちょうもいっしょに弾いてみて」
と言ってくれて、涙が出るくらい嬉しくて、僕も参加してセッションしたけど、ちゃんとらいむらいとの曲なんだけど、これまでとはまた一味違った、力強いすばらしい曲でした。
らいむらいとの一員でいれて本当に良かった。
皆さんこれまで本当にありがとうでした。

2014年3月20日 らいむらいと 伊藤智彦


コメント (1)