むらいむらいとです。 

「らいむらいと」「CARO」所属 お嬢の 日々反省日記。

11月21日 五反田 ロッキー

2015年11月29日 21時15分31秒 | りさいたるレポ
21日。渋谷で気の合う仲間と素敵な午後のひとときを楽しんだ後、次に五反田へと向かいました。
毎月恒例のCAROワンマン。
ワンマンと言えども、五反田ロッキーでは会場にいらっしゃるすべての皆さんと一緒にMARKさんの曲を唄いましょう!という心持ちなので。この日も楽しみたくさん抱えながら山手線に乗り込みました。
お越し下さいました皆さま誠にありがとうございます。
素敵な差し入れや、終演後のビールも。いつも恐れ入ります。。
遠方からのお客さまもいらっしゃいました。本当にありがとうございます。

11月、CAROとしては先ず13日に四谷のLive inn MAGICという場所でバーレスクダンスやボディペインティング、凄腕ミュージシャンによる即興ジャムセッションに混じって数曲演奏してきた。
音楽と様々な舞台表現の融合といった感じの素敵なイベントだったのだが、ご一緒させていただいた皆さんすごく気持ちのいいひとばかりで。2人とても楽しい時間を過ごす事ができました。
本番ですが。事前にモッキーと、やはりこうした我々を知らない方が多い場所では「学生街の喫茶店」やるのがいいよね。この曲はほとんどの方が耳にしてるはずだもんね。と意見し合って。
「学生街の喫茶店」久し振りにこの日 当時のレコードになっているイントロのアレンジで演奏しだすと、なんだか初めて2人でGAROの曲をやろう!と言った頃の事を思いだしました。
あれから何年経ったのか・・今でもやっぱり新鮮だった。
改めてGAROのセンス、偉大さに気づかされました。

ロッキーでも今回は「学生街の喫茶店」を取り入れながら、

そして新たに、MARKさんが残されたアルバム 時の魔法 からの名曲「アビーロードの青い空」にも初挑戦しました。
前々から多くの方のリクエストをいただいており、今回何とか2人でチャレンジしてみたのですが。。
やってみて、やはりこの現代においてもMARKさんの感覚って凄い・・!と痛感させられました。
躍動感、ポップセンス、メロディーセンス、センチメンタリズム、すべてが見事に凝縮されているような曲で。更にそこにのせられている言葉にぎゅっと胸を掴まれるような思いになった。
素晴らしいです。
また今後もアルバム 時の魔法 からの曲、少しずつ増やしてゆきたい。
我々の未熟な演奏ですが、MARKさんの楽曲を愛する方々と一緒にこれからも唄い継いでゆけると幸せだなぁと思っています。

<一部>
1. 一人で行くさ
2. 忘れていたもの
3. ひまわり
4. 虹色のラベンダー
5. ガラスの涙はもういらない
6. アビーロードの青い空
7. たんぽぽ
8. 時の魔法
9. 木馬
10. 吟遊詩人
<二部>
1. 学生街の喫茶店
2. 涙はいらない
3. 君の誕生日
4. 愛のない世界
5. 四葉のクローバー
6. ロマンス
7. ロージー
8. 風にのって
9. やさしい詩を歌える人になりたい
10. 散歩
11. 暗い部屋


今回も多くのお客さま、関係者の皆さま、ロッキーのマスター夫妻、相方のモッキー、そしてMARKさんTOMMYさんと一緒に素敵なひとときを過ごす事ができました。
どうもありがとうございました!!

来月ロッキーは12月12日。MARKさんの1周忌です。
皆さんとでMARKさんの曲、大いに唄って演奏して偲びたいと思っています。
何卒よろしくお願い致します。
12月12日(土)五反田 Rocky
「マーク1周忌追悼ライブ」
出演:CARO
料金 3,800円(2D付)
開場 18:00 / 開演 18:30 2ステージ
※お問い合わせ・ご予約 五反田Rocky Tel:03-3491-8170(17:00~24:00)
コメント

11月21日 渋谷 ソングラインズ

2015年11月27日 23時02分17秒 | りさいたるレポ
21日、恒例のミューズとブランチにらいむらいとで出演してきた。
お越しくださいました皆さまどうもありがとう。
素敵な差し入れや、CDご購入も。誠に恐れ入ります。


なんとも気持ちのよい冬の陽を浴びながらの演奏。
我々にはあまりにも似つかわしくない事、もう今までに何度も何度も出演してきているので充分に把握した上での舞台でしたが。
相変わらず罪悪感みたいなもの感じながら(髪ふぁっさぁっとなびく演出効果のある足元からの風をも感じながら)いつもどおりやらせていただいた。

1. ひとつだけ
2. 屋根の上の猫
3. 挽歌
4. 訣別
5. 愛の花園
6. 希望の花
聴いてくだすってありがとう。

この日はあたくし昼の部のらいむらいとと夜の部のCAROのふた現場。
朝起きていそいそばたばた身支度していると、昼の部の出演者の直行くんからLINEが届きました。
ふと目をやると 今日「サルビアの花」一緒にやりませんか?と。
以前直行くんがカバーしているのを拝見して いいなぁ!と思った事あるのだけれど、実は自分自身は今まで舞台で一度も唄った事ない曲で。大好きな曲なんですけどね。
ですが。とりあえず よろしくお願いします!とお返事しまして。

ぶっつけ本番だったけれど。非常に心地よくご一緒させていただきました。
今までにも色々とね、直行くんとは昔の日本のロック談義などさせてもらっていて。
今回一緒に唄えて嬉しかったなぁ。。どうもありがとう!!

そうだ
あたし、ミューズとブランチにはこれまでらいむらいとは勿論 弾き語りでの参加やモッキーとのCARO、灯りちゃん、スネーキーとのロマンチック飛行船でもお世話になっており。
でね。思い返すと、ミューブラではそれらのユニット以外でもマギー☆さんとアリスの曲ご一緒させてもらったり、ユウジくんのバンドでRougeの曲唄わせてもらったり。
なんか。ミューブラとおして様々な出逢い、共演があったりして・・本当に。この日 しみじみ嬉しくなったのです。
オギノくんともミューブラで知り合って、今では(勝手に)よき相談相手みたいな感覚でお話させていただいてるし。


第54回目、参加させていただきとても光栄でした!!
第0回目かららいむらいとで出演してきてるんだけど、今までいったいあたし何度ミューブラでお世話になったんだろう。。
今度時間ある時にカウントしてみたいと思います。
もう。数年前マギー☆さんから「今度こういう昼間のイベントやりたいと思ってんだけどさぁ!!」と、川崎市多摩区の道端で電話受けて以来あたしはここでお世話になりっぱなしだ。
なんか この日はそんな感謝の気持ちに浸りながらあたくし次の現場 五反田へと足を運ばせるのでした。
渋谷でお会いした皆さまどうもありがとう。

次回 11月最終らいむらいとは、ミューブラとは打って変わって対照的な 赤と黒の妖しい地下世界 夜のU.F.O.CLUBにて。です。
11月30日(月)東高円寺 U.F.O.CLUB
「悪い季節」
出演:竹花英就 / THE NEW SHELLBEEZ / らいむらいと
   / Brandnew Lips Avantgarde / ドラッグキャンディ
前売り 1,500円+D / 当日 1,800円+D
開場 18:30 / 開演 19:00
出演時間 21:00頃から
この日は罪悪感に苛まれる事なく真っ直ぐに絶望節投げ込みます。
どうぞよろしくお願いします。
コメント

11月8日 神戸 どん底 

2015年11月18日 10時05分37秒 | りさいたるレポ
今年も嶋田さんのイベントにお邪魔してきました。
神戸三宮センタープラザの地下にある洋酒喫茶どん底。

昨年チキンジョージでお世話になって以来 あたしにとってすっかりお気に入りとなった場所で、今年も素敵な出演者の皆さんとともによき時間過ごせたことたいへん嬉しく思っています。
お会いした皆さまどうもありがとうございました。

前日ひと仕事終えてから夜行バスに乗り込み、新宿から三宮へと向かったのですが。
最近はPC関係や楽器類は各自で管理して下さいというバス会社の方針で、ギターケース抱きかかえながらの長旅となり。
三宮に到着した早朝 この硬直した身体をほぐす手だてはないものかと考え。小雨降る中先ず近くの温泉へと足を運ばせた。
温泉にゆっくり浸かり、その後元町の中華街で肉饅ほおばりながらビール流し込むと 嘘のように身体しゃきっと元気になりまして。
本番、とても心地よく「どん底」で演奏させていただきました。

1. 愛の亡霊
2. 堕落を憐れむ唄
3. 愛の花園
4. 外は白い雪の夜(吉田拓郎)
5. 時の過ぎゆくままに(沢田研二)
6. 希望の花

「外は白い雪の夜」あたしとても好きな曲で 今までに何度も何度も唄ってきましたが、いつかここどん底で唄ってみたいなぁと思っていたのだ。
あるお店での男と女の別れ話・・・今までで一番感極まって唄ったかもしれません。
それはやはり、どん底の醸し出す古き良き時代の雰囲気が大きく手伝ってくれたのだと思います。
「時の過ぎゆくままに」は今回リクエストをいただいたのですが。やってよかった。
この曲もまたどん底の雰囲気に合っていたように思います。思わず「バー日蝕」で唄ってる気分になりました。


今回もJah-Rahさんが音響設備すべてご用意してくださり。皆で搬入手伝ったり、会場作りしたりして・・その共同作業、手作り感が凄くよかった。
素敵な照明も今回のイベントをよりドラマチックなものにしてくれました。


嶋田さんの舞台ではあたし「アンダルシアに憧れて」をご一緒させていただいたのですが。
港町である三宮でこの曲をやらせていただいて、これまた非常に感情込める事ができた。
赤いライトが、この曲によくお似合いでした。

終演後は出演者の皆さんと関係者の皆さんとで遅くまで美味しいお酒と料理をご一緒させていただき 色んなお話もさせてもらって、とても楽しいひとときとなった。
こうして長年音楽やっていて、素敵な仲間とふれあい ともに時間を過ごすというのは自分にとって本当に大切な事で。
勿論そうした仲間と作り上げる空間に参加して下さるお客さんにも感謝の気持ちしかないわけで。
今回はあたしの身内・・とおちゃんかあちゃん、弟夫婦も駆けつけてくれた。
心から恵まれた人生だなぁって思う。

すべての皆さんにどうもありがとう。
コメント

10月31日 五反田 ロッキー

2015年11月15日 11時41分58秒 | りさいたるレポ
11月に入り、空気も乾燥してきてすっかり冬めいてきました。
遅くなってしまいました。。10月の終わり、31日は恒例の五反田ロッキーにてCAROでした。
御来場下さいました皆さまどうもありがとうございます。
遠方から見えられたお客さまもいらっしゃいました。いつも本当にありがとうございます。
それから、素敵な差し入れもたくさんいただきました。いつも恐れ入ります。

10月31日。ぼんやり・・GAROが活躍したあの時代、恐らくハロウィンという西洋の風習はまだ今みたいに日本に深く浸透してなかったのではあるまいか・・などと一旦渋谷へ楽器関係取りにゆく際あたくし思いながら、それから五反田へと向かい。
なのでGAROをリアルタイムで好きだった方も恐らくハロウィンに関しては馴染み薄いのではなかろうか。と。そんな事考えながら。
ですが到着すると、なんとモッキーが可愛らしいグッズを用意してくれていて。

マークさんもトミーさんもそんな中でとても楽しそうにしてらっしゃるように見えました。

そしてあたくしの予想 見事に裏切られるといった形で、この日皆さん趣向を凝らしたとても可愛らしいお召し物でいらしてくれました!!
結果ここ五反田ロッキーにおいても、この夜とても素敵なハロウィン・パーティーとなったのです☆
お集りくだすった全ての皆さん、マスター夫妻、相方のモッキー、そしてマークさんトミーさんと一緒にハロウィンを楽しむ事ができて本当に嬉しかった。
我々も、持って来ていただいた身に付けるようなグッズ(ニャンコの耳みたいなの)お借りして演奏したり(マスターのマント姿が1番キマってた!)
お菓子たくさんいただいたり。
どうもありがとうございました


演奏した曲は
<一部>
1. 一人で行くさ
2. 惑
3. 僕のすべて
4. ひまわり
5. 愛のない世界
6. 花の伝説
7. ロマンス
8. 美しすぎて
9. 一枚の楽譜
10. 吟遊詩人
<二部>
1. ピクニック
2. 時の魔法
3. 水色の世界
4. たんぽぽ
5. 君の誕生日
6. やさしい詩を歌える人になりたい
7. ロージー
8. 木馬
9. 風にのって
10. 散歩
11. 暗い部屋
でした。
「花の伝説」から「吟遊詩人」への流れは曲名の頭文字並べてハロウィン絡ませ(ンから始まる曲はさすがにないので若干無理矢理感ありますが)
「惑」「僕のすべて」は、マークさんと3人で演奏した思い出の曲という事で今回初めて2人で演奏させていただいた。
今回も会場の皆さんと一緒にGARO、マークさんの名曲を大いに唄って楽しむ夜となりました☆

次回は11月21日。またここ五反田ロッキーで皆さんと一緒に素晴らしい名曲を共有したいです。
何卒よろしくお願いいたします。
あ。この日 お昼はあたしらいむらいとしてこれまた恒例の渋谷ソングラインズのミューズとブランチに出演します。
お化粧落としてから五反田へと向かう予定です。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

11月21日(土)渋谷 SONGLINES
「ミューズとブランチ Vol.54」
出演:マギー☆フランソワ / オギノタカヒコ / らいむらいと / 菅直行
ホスト:Maggy☆
前売り 2,500円 / 当日 2,800円 
別途必要 drink 500円 / ご希望 +500円にて月替わりランチセット
開場 12:00 / 開演 12:30
ご予約は10/18よりイベント専用フォームにて
※らいむらいとで出演します。

11月21日(土)五反田 Rocky
「マークとともに」
出演:CARO
料金 3,800円(2D付)
開場 18:00 / 開演 18:30 2ステージ
※お問い合わせ・ご予約 五反田Rocky Tel:03-3491-8170(17:00~24:00)
※CAROで出演します。
コメント (1)

10月29日 渋谷 ラ・ママ

2015年11月03日 15時01分53秒 | りさいたるレポ
29日はラ・ママでらいむらいとでした。
氏神さんや、最近よくお世話になっている黒崎ジョンさん、今まで何度もラ・ママでご一緒させていただいてる江上潤嗣さんらと一緒にパーティーを楽しみました。
お集まり下さいました皆さんどうもありがとう。
お菓子、たくさんいただきました。
ビールもたくさんいただきました。
物販関係もお買い上げ下さいまして誠に恐れ入ります。

あたしの記憶によるとここ数年間、この時期のラ・ママでは氏神さんとハロウィン・イベントをご一緒させていただいてる。はず。
昨年は海老蔵ロックスで。一昨年は確かANTIQUE JUANで。
違ったかなー。

どうもあたしの中でハロウィンってあまりぴんとこず。
お菓子をたくさんもらえるというのは、子供の頃 町内で行われた地蔵盆の方が馴染み深い。
そうだ、地蔵盆。調べてみると中部、関西地方独自の風習らしく・・どうりで。こちらでその事を言っても逆に誰もぴんときてくれず幾分寂しい思いをしていたところです。
ですがこの日のラ・ママ、皆さん趣向を凝らした素敵なコスチュームで参加してくれて。
終演後 じゃんけん大会や、社長の用意した毎年恒例の釣り大会や、その後のアフターパーティーや。
とても楽しいひとときとなりました。


本番。我々らいむらいとは、いつものように絶望的なうたを精一杯声張り上げて魂こがして舞台に叩きつけた。

1. 屋根の上の猫
2. 堕落を憐れむ唄
3. 愛の花園
4. 自己嫌悪
5. 挽歌
6. 希望の花

らいむらいと、12年もやってきてそれでも演奏終えて舞台から降りるなりいつも。肩で息しながら、ぽつりぽつりと「まだだめだね」「こんなんじゃあかん」「もっとやれるやろ」と言い合うのです。
この日もそうだった。
だけどこの日。うまく言えないが、ひとつ・・何か掴んだところがあったような気がします。
まぁすべて納得しきったら、それでらいむらいとは終わりなのかもしれません。
次回も何かひとつ。掴めるような舞台になればいいなぁ。
コメント