むらいむらいとです。 

「らいむらいと」「CARO」所属 お嬢の 日々反省日記。

8月31日 吉祥寺 ブラックアンドブルー

2018年09月17日 15時10分25秒 | りさいたるレポ
2018年夏の終わり、らいむらいと吉祥寺に出演してきた。
お会いした皆さまどうもありがとう。
この夏 とんでもなく狂ったように暑い日が続き。それから各地で地震や台風や豪雨の災害が相次ぎ。更には 9月に入っても北の大地で大きな地震が起こった。
振り返ると。心配、悲しみ、やるせなさだらけの季節だった印象が強く残るのですが。
そんないたたましい夏の最後。吉祥寺の街の一角にあるライブバーで数々の獣たちが吼えました。


1. 八月の濡れた街
2. 泥濘
3. 堕落を憐れむ唄
4. どうしようもなくブルース
5. 不眠症の羊
6. 希望の花


我々も、この現状を どうしようもなくブルース にして心を込めて力いっぱい吼えた。
八月の濡れた街も 泥濘も 堕落を憐れむ唄も 不眠症の羊も 希望の花も。らいむらいと流のブルース。
憤りや嘆きや悲しみや憂鬱をそれらの曲たちに目一杯託して 唄い 演奏した。


今回このイベントに我々を呼んでくれたVOODOO MUFFINの花薬さん。個人的にはもう随分と長いお付き合いになりますが。
何故か、花薬さんとはこのけだるい夏の終わりにご一緒させていただく機会多いような気がするのだ。
とは言いつつ、昨年イベントのお誘いを受けたのは確か梅雨が明けたばかりの頃だった。
何故だろう?・・そうだ。いつぞや、同じような8月終わりに新宿御苑近くのライブバーでイベントご一緒させていただいた事があるんです。その日もけだるく蒸し暑い夏の終わりの夜だった。なんか、帰り ぼんやり悲しく切ない気持ちになったのを憶えてる。
あたくしは、花薬さんの それこそイベントタイトル美獣乱舞に相応しいワイルドで圧倒的なパフォーマンス!!自分にとってのカリスマであるくらいなんだけど。しかしそれと相対するセンチメンタルでロマンチックでやさしいメロディ、詞が大好きだ。
恐らく 花薬さんのそのメロウな部分が、物悲しい夏の終わりと結び付いてるのだろう。自分の中で。
この日もやはりぼんやり悲しく切ない夜だった。

今年も 美獣乱舞 ご一緒させていただけた事。とても嬉しく思っています。
コメント

8月25日 五反田 ロッキー

2018年09月11日 21時54分44秒 | りさいたるレポ
8月のCARO。25日、いつものように「カロとー うたおうー♪」という掛け声とともに始まりました。
よい1日となりました。お越し下さいました皆さまどうもありがとうございます。

この日は 前回会場でお約束したとおりGARO2の全曲演奏を我々試みたのですが。
なかなか!!B面の洋楽カバーに関しては今までほぼ手つかずであったので。難儀しました。
しかしモッキーもそうだったと思うが。やろう!と決めた事を実行するにあたり お家でひたすら打ち込む→悩む→くじける→後悔する→開き直る→閃く→再度打ち込む。といった繰り返しの作業は、苦しくはあったけども本当に充実した時間であり。
終えてみて いま純粋に、やってよかった。と思っています。
それは 恐らく2人とも不器用ながらも精一杯、一生懸命に練習して場に挑めたから。そして、時々天国のマークさんにも「これで・・大丈夫ですか、ね?」とお声かけさせてもらったから。
お付き合い下さいました皆さまどうもありがとうございました。


一部の始まりはいつものように先ずご挨拶がてら 一人で行くさ を。続き、GARO2をレコードの曲順どおりに演奏しました。

<一部>
1. 一人で行くさ
2. 美しすぎて
3. 水車は唄うけど
4. 学生街の喫茶店
5. 蝶が飛ぶ日
6. 四葉のクローバー
7. BABY I'M WANT YOU
8. LET IT BE
9. MY LADY
10. BECAUSE
11. GOOD MORNING STARSHINE


今回GARO2を聴き込み、演奏して改めて感じたのですが。
ほぼメンバー作詞作曲によるファーストと、外部の人(主にプロの作詞家作曲家)が手掛けたA面+洋楽の日本語カバーB面からなるセカンド。意外にも近い世界観を持つレコードだなぁと思ったのです。
アコースティックな音使いを基本として、幻想的で、透明感があり、瑞々しさを 2枚ともに感じます。
あと、例えばファーストの 人は生れて と、セカンドのカバー曲 LET IT BE の、人生をうたう壮大なスケール感とか。どこか共通するものを感じる。
この2枚のレコードって、きらびやかな装飾物がまだ存在せず。60年代終わりの反戦活動、ヒッピー文化、ウッドストック、フラワームーブメント。そんな時代背景から派生していった音。というか。
セカンドの最後で、GARO結成前にマークさんとボーカルさんが参加したミュージカルHAIRに使われたGOOD MORNING STARSHINEをカバーしてるのとか!なんかよいですよね!
誰もが知っているGARO最大のヒット曲 学生街の喫茶店 も。その時代背景を関連させて聴くと、ラジカルなメッセージが浮かび上がってくるような気がします。
そしてサード以降、キラキラとした装飾物がだんだんと曲の随所に散りばめられていく。だけど、それ以降の・・大衆性、都会的なイメージ、エレキギターでロック掻き鳴らしたり、更には大流行した四畳半フォークに便乗した時も、それぞれがGAROの魅力であったのだと思います。
なんか、色々思い巡らせてしまいました。今回。

一部が終わり、この日はワントリックポニーがゲストで演奏してくださいました。
生前マークさんがお二方のためにプレゼントした曲に詞をのせ、初恋のメロディ という曲が完成し。
この度そのCDが発売される事になったのです。マークさんとの思い出の場所ロッキーで是非ともレコ発を!という事で参加してもらいました。

モッキーの ロージー もそうだし、愛のない世界 はマークさんご本人もコーラスで参加してくださりCAROで音源作りました。更にはらいむらいとでも 愛のない世界 アルバムに入れさせてもらった。
こうして、マークさんの手掛けた楽曲が世に出るというのは本当に素晴らしい事だ。
初恋のメロディ。とてもやさしい曲で、とてもやさしい詞で、思わずマークさんの事思い出しました。
素敵な曲です。泣けた。

二部は、いつものように会場の皆さんと一緒にGARO、マークさんの名曲の数々をうたいました。
勿論、愛のない世界、ロージーも。心込めて演奏しました。
<二部>
1. 蒼いハイウェイ
2. ロマンス
3. 愛のない世界
4. 鳥のように
5. 君の誕生日
6. 吟遊詩人
7. ロージー
8. 風にのって
9. 散歩
10. 暗い部屋
11. 涙はいらない


最後は ワントリックポニーの皆さんにも舞台に上がってもらい、涙はいらない を。

8月も。GARO、マークさんの曲をそれぞれの思いで愛している皆さんと一緒に、こうして楽しいひとときを過ごす事ができた。いつも本当にありがとうございます。
次回、9月15日。いよいよGARO3を全曲演奏します。前述したような きらびやかさ、ポップな面も加えながら。大衆に受け入れられ 時の人となってゆくGAROの姿を表現できればなぁと思っています。
マスターコーナーもあります!!
何卒よろしくお願いいたします。

9月15日(土)五反田 Rocky
「CAROとうたおう!」
出演:CARO
開場 18:00 / 開演 18:30 2ステージ
前売り/当日 4,300円(2D付き)
お問い合わせ・ご予約 五反田Rocky TEL:03-3491-8170(17:00~24:00)
コメント

8月22日 高円寺 ショーボート

2018年09月01日 20時42分16秒 | りさいたるレポ
8月22日、高円寺Show Boatにてらいむらいとでした。
お集り下さいました皆さまどうもありがとう。

この日はサイケ、グラム、ニューロックというキーワードを掲げて活動しているバラナンブと我々との2組だけの共演。
ここでベースを担当してる山崎怠雅さんとは以前に我々何度かイベントでご一緒させていただいており。で、あたし個人としては彼と弾き語りでの共演があったり、お互いのGARO好きが高じて3声でハモるユニットやらせていただいたり・・と、ちょくちょく色んなところでお世話になっていた。
しかし、今回およそ1年振りにお会いするという事に気付き。あれ?そんな久しく会ってなかった?と少し意外な気持ちになりました。もうちょっと頻繁に会ってるような気がしてた!
更に。バラナンブとは渋谷のスタジオで遭遇する機会も多かったので このバンドの存在をいつも気にはなっていたし、共演をとても楽しみにしていたのだ。あたしは。





1. 八月の濡れた街
2. あ・り・き・た・り
3. 泥濘
4. マキシーのために
5. 堕落を憐れむ唄
6. 不眠症の羊
7. 希望の花
8. この世の果て

この日も前回に引き続き、自分としては非常に落ち着いた気持ちで舞台に立てた。ぴりぴりとした緊張感は、持たずだった。
いまのあたしには、ぶっきらぼうに叩き付けて黙って去ってゆくというやり方が 何となく重荷に感じてしまうのかもしれない。そういう時期なのだ。でも、それでよい。
バラナンブの素晴らしい演奏を聴いて、純粋に舞台で「今日は良き日だ」「彼らと一緒にイベントできる事がとても嬉しい」といった発言をしたのは、いまの自分にとってまったく無理のない とても素直な行為だったのだと思います。
バラナンブが演奏したPYGの もどらない日々 とてもよかった!!
後で思い出したのだが、怠雅さんも藤井さんも賀句さんのお店ソウルキッチンに出演されていた方で、PYGやジャックスの あの独特の時代の音楽をお互いリスペクトする共通点が見えたのも嬉しかった。
井上堯之さん、残念ながら今年お亡くなりになられましたが。あたし2014年の丁度同じような夏の終わりにソウルキッチンで光栄にも堯之さんの前座を務めさせていただいた事があって。その日の日記読み返すと、あたしも もどらない日々 唄ってた!!
そういう共通点が何だか凄く嬉しかったです。

それから今年もお盆を過ぎ、個人的には無事父の新盆を迎え終えて少しほっとしていた所なのだが。
11年前の暑い暑いお盆に旅立たれた二丁目ゴールドさんに向けて マキシーのために を演奏しました。
舞台で、心の底から 魂震わせて唄う二丁目さんのマキシーのために、13階の女、蛹化の女。あたしは大好きだった。
二丁目さんのように心の底から唄えるかどうかわからないけれど、毎年こうして彼が愛した曲たちを演奏させてもらっている。
空に向けて精一杯心込めて唄いました。



堀野くん、翌日に本業のナショヲナルの舞台が入っていたため、一足先に帰ってしまったのだが。
終演後、この日を名残惜しむかのようにバラナンブの皆さんとわいわい楽しいお話をさせていただき。

このようにとてもピースフルな記念写真まで一緒に撮ってもらいました。
次回までに グワシ!綺麗にできるようにしておくぞ。と固く心に誓うのでした。
またの機会を楽しみにしています。ありがとうございました!!
コメント

8月3日 新高円寺 カナデミア

2018年08月21日 21時37分14秒 | りさいたるレポ
8月に入り 畳み掛けるように暑い日が続いた。
8月3日も狂ったように暑い1日でしたが。新高円寺にお集り下さいました皆さんどうもありがとう。
この日もお誕生日のプレゼント沢山いただきました。ありがとうございます!!

MILKYが新たにエンリケさんと組んだアコースティックユニット。かつて知ったる仲間達を呼んで 5年前にオープンしたばかりの新しいライブバーで月に1度イベントを行っているという。
我々らいむらいともこの場に呼んでいただき、感謝しています。
終始 会場内リラックスした空気が流れていて、とても心地よい時間だった。


1. えれじい
2. 泥濘
3. 堕落を憐れむ唄
4. この世の果て
5. 挽歌
6. 希望の花


リラックスした空間の中で、それでも我々はいつもどおりやる!はずだったんだが。
ここ数年間における 舞台上でのぴりぴりした感覚みたいなものが この日は沸き上がってこなかった。
数年間、あたしには。お客さんの顔すら見ず只ひたすら全力で曲を叩き付け、終わると一礼して去ってゆく。というようなパフォーマンスが 与えられたらいむらいとの舞台としての理想だった。
故に演奏中メンバー間においてもどうしようもなくぴりぴりとした空気が流れる。終わって舞台下りてお互いおつかれさまも言わない。終わったら次の事だけを考える。それが理想だった。
しかしこの日の舞台、何故だか唄っていて楽しい気分になりました。らいむらいとの曲において実際楽しい感情というのは皆無のはずなんだけど。
楽しい?いや、それは「今日も 如何なる場にも溶け込む事なく、ひたすら叩き付けて終わらせなきゃ」という使命感みたいなものから解放されたような気持ちなんだと思います。
自分たちの曲を無理なく自然と身を委ねながら演奏した時の充実感。それを得れたのではなかろうか。
だから、逆にエモーショナルな演奏していたような気がします。この日。
このところの猛暑。出先の過剰に利き過ぎた冷房で鼻をやられてしまったあたしは 唄っていて鼻水が止まらなくなってしまい、希望の花 の出だしで「ちょっとたんま」と演奏中断。一旦ずるーっと鼻水吸い込んでから再度演奏し始めたのも、この日においてはOKだった。みっちゃんと堀野くんはOK出してなかったかもしれないが(笑)
MILKYとエンリケさんが作ってくれた とても和やかで・・出演者もお客さんもゆったり楽しめる場が、あたしのぎすぎすした気持ちを楽にしてくれました。
そういえば、舞台下りてメンバーに「おつかれさま」言えたなぁ。。


急遽、やろう。と決まった 最後皆さんとご一緒させていただいたT.REXの曲の演奏も、写真見るとなんだかとても楽しそう。
良き夏の思い出になりました。ありがとうございました!!

あ。珍しくここの日記、スケジュールに追いついた。なので 珍しく宣伝します!
明日です。
8月22日(水)高円寺 Show Boat
「deep into...」
出演:らいむらいと / バラナンブ
開場 19:30 / 開演 20:00
前売り 2,200円+D / 当日 2,500円+D

良き舞台にします。よろしくお願いします!
明日も、舞台下りて おつかれさま 言えるといいなぁ。
コメント

7月17日 渋谷 ラ・ママ

2018年08月13日 16時50分20秒 | りさいたるレポ
7月17日、La.mamaでらいむらいとだった。
お越し下さいました皆さんどうもありがとう。
この日もお誕生日のプレゼント沢山いただきました。どうもありがとう。

夏休みが始まるか 始まったかくらいの時期、必ず我々La.mamaに出演しているのではないか。
社長が用意してくれた素麺を毎年美味しくいただいているような気がするから。
しゃちょう(←かつてのメンバーの方のしゃちょう)がギター弾いてた頃。名曲喫茶と題し、挽きたてアイス珈琲用意して企画イベントを毎年この時期続けていた事もあった。
そうだ!マークさんにもこの暑い時期 名曲喫茶に出演してもらったんだ。「お嬢のお誕生プレゼントにこの曲あげますからね。歌詞付けてね。」と、舞台上で素晴らしい曲をいただいたんだ!
それから 名曲喫茶の明くる日ミューブラに出演する年があり。例によって入り時間が早いため、La.mamaの楽屋に泊まって(パンツ一丁で)そのままSONGLINESへ向かった事もあった。
昨年だったか。冷酒飲み放題をいい事に 暑いからくいくい飲んでへべれけになりました。。あたし。
7月のLa.mama。自分にとって思い出が沢山あるんです。


そんな 思い出いっぱい夏のLa.mamaの舞台で、今年もらいむらいとらしく演奏しました。

1. えれじい
2. 泥濘
3. あ・り・き・た・り
4. 八月の濡れた街
5. 堕落を憐れむ唄
6. 希望の花
7. この世の果て


我々、今年 結成15周年という節目の年なんだが。
確か 2003年9月にらいむらいとが初めて人前で演奏したの、知り合いのバンドに誘われて 六本木ライブハウスでのイベント出演においてだった。
その後 お友達のラーメン屋さんの厨房で演奏したり、アコースティックを意識して吉祥寺曼荼羅に出演したり、高円寺のサブカルの聖地 無力無善寺に出演したり。更には渋谷、新宿、池袋、中野と路上ライブを繰り返し。派手な宣伝はせず、地道な活動をあえて選んだ。
La.mamaにらいむらいとが出演したのって2003年の暮れが最初だった。
大掛かりなグラムロックのイベントの、それも昼の部。
当時の若手グラムロックバンドを何組か集め。夜の部の出演者や業界関係の方々、お客さんを審査員として バンドの演奏をジャッジし、その中から夜の部のオープニングアクトを選び出す。言わば勝ち抜き合戦でした。
みっちゃんもあたしも過去に何度もLa.mamaの舞台に立っており 既に若手ではなかったのだが、新しいバンドとして しかも今までやってきたぎんぎらのグラムロックとは明らかに異質となる らいむらいと をここでどう表現するか?自分たちにとって未知なる部分でもあったので、この場に挑んだ。
結果 ぶっちぎりで勝ち抜いてしまい、夜の部のオープニングにも出演する事となったのですが。
それ以降は、御存知のとおり ここに我々お世話になりっぱなしだ。
結局あたしの中で、らいむらいとの始まりって2003年暮れのLa.mamaからという気がします。
グラムロックから頑に距離を置こうとした、まったくもって得体の知れない らいむらいと というバンドが、この日この舞台で多くのひとに認知された事がやはりとっても嬉しかったから!!

2013年、結成10周年記念リサイタルを年末にここでやりました。それからアルバム「希望の花」発売記念リサイタルも2年前の年末にここでやった。
今回15周年という事で、やはり年末。2018年12月20日 同じくここ渋谷La.mamaで記念リサイタルをやらせていただく事となりました。
詳細は追ってまたホームページ等でお知らせします。
そして、昨年末からリハーサルを繰り返し 何度も構築しては壊し 構築しては壊し・・やっと出来上がった新しい「散り際」という曲を15周年記念盤として 年末にENGINEから発売する予定です。
こちらも追って詳細お知らせします。
15年。観に来てくれたり 聴いてくれたり CD買ってくれたお客さん。それからお世話になっているライブハウスの方々、関係者の皆さん、そして幾度もお酒のんで泣いたり笑ったり 楽しい時間を共に過ごした多くの音楽仲間に ありがとう の気持ち込めて。よい15周年記念になるといいなぁ。
何卒よろしくお願いいたします。
コメント