木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

名古屋農業センターの花 (No 1834)

2018-09-09 08:00:00 | 庭園公園

 2018.09.06(木)、今日は名古屋の病院での定期点検の日であり、朝9時半に我が家を出発、途中渋滞など交通障害など全くなく、東名阪、名古屋高速などを、極めて順調に車は走り、名古屋の中心部に約1時間で到着した。

 今日は前に発見し早期に処置した癌の再発の有無調査と、前回、下血により、緊急入院した時の手術跡の確認であった。 内視鏡での調査の結果、癌の再発の兆候は無く、前回の手術跡はまだ癒えてはいないが、順調に推移との判定であった。

 全てが終了したのは12時過ぎであった。 朝、家を出たときは青空であり暑い日になる様相であったが、昼食後は青空は無くなったが、その分暑さも軽減され、折角名古屋まで来たのだし、診察結果も良かったので、欲が出てきた。

 思えば、カメラを持って外に出るのは、随分と久しぶりのこと。 足腰は充分とは言えないから、歩く距離が少なく、私の「花写真鑑」にまだ無い花(以下”新種”と言う)の確率が高いところと言う条件で探せば、ここしかなく、殆ど即決で行き先を決めたのであった。

「名古屋農業センター」   天白区天白町平針

正面の入口

 平日でもあり、まだ暑いから人の姿はほんのちらほら、全部で10人もいないのではと思わせるほどであるが、私には写真をじっくり撮らせて戴くためには、その方が好都合なのであった。

 

梅園の入口から梅園を見る。 ここはちらりとも見ること無く、畑や温室内を回った。

 

 帰って調べたところ、”新種”であり名前が書いてあるなどで判明しているのが、5点と、名前を書いたものがなく不明であるののが、キノコ1点を含め2点(計7点)を見付けることが出来た。 これらは、「花写真鑑」に登録後掲載するので、先ずは”新種”以外を下記する。

 

「キバナコスモス」

 

「オクラ」

 

 

「ストレプトカーパス」

 

「スイレン」

 

「セイヨウニンジンボク」

 

「ルリマツリ」

 少々日焼けしたように、色がうすくなっていて、青く透き通るような美しさは失われている。

 

                             以上

コメント