「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

インフルエンザ予防接種開始致しました。/病児保育鋭意実施中、幼保無償化対象事業です。

ニュースを読みには、想像力のスイッチを入れて!「①まだわからないよね?(結論を決めつけない)」「②事実かな、意見・印象かな?」「③他の見え方もないかな?」「④隠れているものはないかな?」

2018-05-05 10:37:54 | メディア・リテラシー
 メディアリテラシーの大切さを、いかに子ども達に伝えていくべきか。教育で最も重要な事項のひとつと考えています。

 そのわかりやすいまとめが書かれていました。

 想像力のスイッチを入れて、ニュースに向き合う。

 そのためのポイントは、

 1「まだわからないよね?」

 2「事実かな、意見・印象かな?」

 3「他の見え方もないかな?」

 4「隠れているものはないかな?」


 光村図書 小学5年生の国語教科書(2015年)
 「想像力のスイッチを入れよう」という白鴎大学客員教授・下村健一さんの書き下ろしから。

*******朝日新聞20180422************
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13462433.html

 これだけスマートフォンやソーシャルメディアが広がる中で、子どもたちからそれを取り上げるのではなく、きちんと主体的な使いこなし方を覚えてもらう必要があります。

 「想像力のスイッチを入れよう」では、それを四つのポイントにまとめました。「まだわからないよね?」「事実かな、意見・印象かな?」「他の見え方もないかな?」「隠れているものはないかな?」

 特に「まだわからない」という、結論を決めつけない姿勢は大切です。

 「メディアはウソつきだから疑え」という行き過ぎた誤解。政府の言葉は全部批判する、というマスコミの姿勢。どちらも全否定の決めつけで、何でもうのみにしてしまうことと、同じ穴のムジナです。

 そうではなくて、視野を広げて物事を見ていくことです。

 自動車社会では事故を起こさないためにまず教習所に通います。ネット社会の安全運転も同じこと。子どもだけでなく、先生も保護者も、年代を問わず、今こそメディアリテラシー教育が必要だと思っています。
コメント   この記事についてブログを書く
« 自己責任ですませてしまう、... | トップ | 作家 島田雅彦氏が述べるヒ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

メディア・リテラシー」カテゴリの最新記事