花ごよみ

映画、本、写真など・

平安神宮の睡蓮&花菖蒲 (5/30)

2009-05-31 | 古寺(花など)

紫陽花が次の季節の準備のため
色をつけ初め、
存在感を示し始めています。

平安神宮の花菖蒲、
まだ満開までしばらく期間が
あると思います。
でも池に浮かぶ睡蓮は見頃で
可愛い姿を見せてくれました。




睡蓮と花菖蒲、
雅の世界!!










臥龍橋。
飛び石、三条大橋と
五条大橋の橋脚の石を
再利用したということです。
渡るのはちょっぴり、
危なっかしい感じでした。 


サツキも色をたしてくれます。

この日は平安神宮→安楽寺→詩仙堂、
という順に訪れました。
順次アップしていきます。

花菖蒲、サツキとも
いずれの訪問先もまだ、
少し早いようでした。
でも人の数もかなりすくなく
ゆっくりと花を楽しむことが出来ました。

(京都市左京区岡崎)






コメント (12)   トラックバック (2)

時計草の花が咲きました!!

2009-05-30 | 家の植物たち
 

この状態から数分後、
今年になって一番最初の、
ベランダの時計草の花が、
開花しました!!


ウィンターコスモスの小さな花?
これって今頃咲く花ではないですよね。


白いデュランタも開花です!!


ペラルゴニウム。
絶対、覚えられない花の名前。
去年、教えていただいた
名前を探して記しました。






コメント (4)

重力ピエロ

2009-05-29 | 映画
伊坂幸太郎原作の同名小説の実写化

タイトルは重力ピエロ。
重さがのしかかった家族。
それでもふんわり楽しく生きていれば
地球の重力を感じない。

大学院生の兄、泉水(いずみ)(加瀬亮)は
ごく普通の学生、そして優しい性格。

 

弟の春(岡田将生)は
心の弱さと、加えて、
罪悪の遺伝子故の心の暗い闇をもち、
そして外見の際だった美しさも備えている。

穏やかな父親には小日向文世。
彼の語る「二人で遊んできたのか」、
このセリフ好きです。

 
この3人、ぴたりとはまった配役。

母親には鈴木京香。
そして渡部篤郎も出演。

ジンジャーエールの好みには、
ドキッとしました。

春を追いかけるから夏子(吉高由里子)、
夏子さんもいい感じでした。
体の動きがユーモラス。

 

2年半前に読み終えて
日数がかなり経過しているので、
原作の内容は
かなりあやふやになっています。

でも記憶していた父親の言葉。
春は俺の子、おまえの弟、
そして最強の家族、
ここで泣けました。

映画でも同じシーンで、
ジワリときました。

春の正義感。
それとは裏腹の行為。

兄との確かで深い絆。

家族、遺伝、反社会的な遺伝子。
暗く悲しい背景なのに、
ほのぼのとした雰囲気。
不思議な柔らかい風を感じる映画です。 


本の感想は→こちらです。




コメント (8)   トラックバック (24)

公園に咲いていた花

2009-05-29 | 写真(花など)
山法師の立派な木を
見つけました。

白い花をいっぱいつけています。
この花は横に一列に、
花を咲かすのですね。



 

 


キンポウジュ―金宝樹(ブラシの木)
不思議な花。
コップを洗うブラシみたいです。

 
白い葉。

 
こちらも白い葉。




コメント (6)

マザーリーフ&メダカ君

2009-05-27 | マザーリーフ
久しぶりのマザーリーフ(ハカラメ)の登場。
今年、180㎝位、
大きく伸びたマザーリーフに
つぼみがいっぱいつきました。


シルエットみたいですが…。
これで全体の1/2くらいです。


先端が赤く色づき、
開花を待つ、つぼみです。

不思議な植物、マザーリーフ。
今までの記事は
カテゴリー分け(マザーリーフ)で…。




花空間けいはんなで
頂いたメダカです。


もう何代目かになっていると思います。
3㎝ぐらいの巨大なメダカなんです。

ところが今日ショックなことが
起こりました。
水を張りすぎて、
溢れた水から3匹ぐらい脱走してしまい、
後で見つかったときには、
お気の毒にも乾物状態になっていました。

また増やさなければ…。`






コメント (10)

百合を描いてみました。

2009-05-26 | 水彩画

5年経ってやっと咲いた百合の花。
絵に描きました。

↑クリックで拡大できます





 
アボガドの木。
もう7年目ぐらい、
背丈は150cmくらいある思います。
友人からもらった種から、
ここまで成長しました。
食べた後の種ですよ♪



コメント (8)

天使と悪魔

2009-05-24 | 映画

「ダ・ヴィンチ・コード」の続編。

監督は前作と同じロン・ハワード。
主演はトム・ハンクス。
前作と同じく宗教象徴学者、
ロバート・ラングドンを演じます。

4人の枢機卿が拉致される。

バチカンの古文書を頼りにしながら
ロン・ハワードは犯人捜しと
爆発物処理のため忙しく走り廻ります。

秘密結社イルミナティのバチカンへの復讐を
阻止できるのか?

タイムリミットまでに爆発物の
処理が成されなければならない。

「反物質」の使用目的は、
大司教選挙中のバチカンを爆破すること。

凶器は原爆一個に相当する、
破壊力をもつ「反物質」。

「反物質」とはエネルギー物質。
物質と反物質が接触することによって
膨大なエネルギーが発生する。

映画の宇宙戦艦エンタープライズの
燃料になっているということが
小説の中で書かれていました。



原作を下の初めまで読んでいます。
あまり進展がないので途中で、
中断して映画を観る事にしました。

本と映画は多少違っていました。
映画はスピード感もあって楽しめました。

ヒヤヒヤしながら何秒か前に助かるという、
よくあるパターンのストーリーですが…。

でも犯人の顔と目的は最後まで見えない。
最後のどんでん返しがあります。

 



ロケ地となるバチカン、ローマの、
美しい観光名所、
芸術的な建物、彫刻を背景にして、
物語は展開されます。
旅行に行った気分が味わえます。

これは本は空想だけですが
映像が視覚にくる映画ならでは。

TOHOシネマズ梅田で観ました。
インフルエンザ流行のため
インターネットチケット販売での
席の予約ができなくなっています。
休館を要請ということになったら
払い戻しが面倒だからということなのでしょう。

この映画、シネマイレージで、
ポイントをため無料で観ました。






コメント (8)   トラックバック (28)

ユリが咲きました!!

2009-05-23 | 水彩画

毎年芽が出るのに
5年ぐらい
花が咲くことはありませんでした。
それが今年は咲きました。
それも3つも花が咲いたのです!




茎は短いですが…




ユリということでユリの絵を。

↑クリックで拡大できます








コメント (12)

ハイノキ科 ハイノキ属の花?

2009-05-23 | 古寺(花など)

磐之姫命(いわのひめのみこと)陵で
咲いていた珍しい白い花の名前は?

今の季節、
木に咲く小さな白い花って、
一見よく似た花がいっぱいあります。

この花は多分ハイノキ科ハイノキ属の花。
候補としては
ハイノキ、サワフタギ、
シロサワフタギ=クロミノニシゴリ(クロミノサワフタギ)
検索してみて近いのは
サワフタギのような感じ。
とにかく識別するのは、
ややこしくってむずかしいです。





よりりんさんcibaさん
花の名、いつもお世話になり、
ありがとうございます。




コメント (8)

磐之姫命(いわのひめのみこと)陵の杜若と?の花 (5/17)

2009-05-22 | 古寺(花など)

不退寺、法華寺の次に訪れたのは
仁徳天皇の皇后。 
磐之媛命陵(いわのひめ)の御陵。

嫉妬深いといわれた磐之媛、
でも裏をかえせば、それだけ愛情深い
女性ということなんでしょう。

濠にはカキツバタ、もう少し日数が経れば
睡蓮がきっと美しい花を咲かすはず。







この白い花、
結構目立ちます。
一体何の花なんでしょう?


拡大。


さらに拡大。
きれいです!!
離れて眺めると
おしべが白い綿毛のよう、
フワフワしたイメージ。







(奈良市佐紀町)


近所の植木鉢の紫陽花が、
小さな緑色のつぼみを
つけているのを見ました。
次の季節ももうすぐ。
           
インフルエンザのひろがりも気になります。
目に見えない不気味さと
自分だけの問題に終わらず
周囲の影響の大きさが気がかりな
やっかいものです。

  

           



           







コメント (8)