花ごよみ

映画、本、写真など・

とよのコスモスの里

2012-09-30 | 写真(花など)

自然がまだまだいっぱいの豊能町。
亀岡に向かう途中、
ピンク色のコスモスの里が出現。
秋の風情いっぱいのコスモスの里。
優しい秋の風を受けて、
ゆらゆら揺れるコスモス。
秋を満喫できるうれしいスポットです。

























大阪府豊能郡豊能町

9月29日





コメント (10)   トラックバック (1)

稲淵棚田の彼岸花

2012-09-29 | 古寺(花など)

黄金色の稲穂に
朱色のラインが映える稲淵の棚田。
「日本の棚田百選」に選ばれています。

秋の風情を感じる美しい景色です。




この人、案山子です。
その奥の人も
リアルすぎ!!








あちらこちらで
案山子さんの出迎えを受けます。




迫力のある大仏さん?観音さん?

奈良県高市郡明日香村稲渕

9月26日





コメント (6)   トラックバック (1)

仏隆寺の彼岸花

2012-09-28 | 古寺(花など)

石段の両脇に咲きそろう
真っ赤な彼岸花、
仏隆寺の美しい秋。








石段の上から見た景色


「千年桜」と呼ばれる桜の巨樹の
下で咲く彼岸花




境内に咲く黄色と白の彼岸花


奈良県宇陀市榛原赤埴

9月26日撮影





コメント (8)

笠の蕎麦畑

2012-09-26 | 写真(花など)

桜井市笠の蕎麦畑に行ってきました。
見頃になっていました。
一面に広がる白い蕎麦の花畑
素晴らしい風景です。



















彼岸花、ススキ、コスモス
風に揺れる秋を感じる、
草花との出会いは
うれしい季節のプレゼント。


奈良県桜井市笠





コメント (2)

終の信託  朔 立木

2012-09-24 | 本 さ、た行(作家)


終の信託 (光文社文庫)

「終の信託」「よっくんは今」の
二編で構成された小説。

元々のタイトルは「命の終わりを決めるとき」。

「終の信託」は周防監督によって、
映画化されるということで読みました。

「終の信託」
18年来、自分の担当した患者である
重症の喘息患者、江木秦三に
「最期を、長引かせないで」と依頼され、
安楽死するように操作し、
罪に問われた呼吸器科の医師・折井綾乃。

信頼される医師と患者の関係から、
深い心の絆を結ぶようになった、
折井綾乃と江木秦三。

最期を楽にと患者に願いを託された
彼女が、罪を負うことになる。

安楽死、尊厳死、
彼女の行為は罪なのか?
深刻なテーマについて
書かれています。

検事と被疑者。
裁く側と裁かれる側、
どちらも不完全な人間
でも罪を犯した側は裁かれる。
真実を伝えても採用されなければ
事件の本質は闇に葬られてしまう。

「よっくんは今」
悲しみを流し去るために
愛した人の命を断ってしまった万里。

この本の作者は現役の弁護士で
実在の事件をもとにしたということです。

心の動きが細かく描かれていて
どうしようもなくやりきれない思いになります。
重い物語でした。
それにしてもこの終わり方は…?

判決の結果が書かれていないので
宙ぶらりんな気持ちになってしまいます。









コメント (2)   トラックバック (1)

天地明察

2012-09-22 | 映画

冲方丁作の同名小説の映画化。

監督は滝田洋二郎。

江戸時代、それまで使われてきた、
中国の暦に変わって、
新たな暦を作った人物である、
安井算哲を描いています。

岡田准一が安井算哲を演じます。
その妻には宮崎あおい。

徳川家に碁打ちとして、
仕えてきた算哲(岡田准一)。

会津藩主の保科正之(松本幸四郎)の命令で
改暦事業のリーダーに。

共演は中井貴一 松本幸四郎 佐藤隆太
市川猿之助 笹野高史 岸部一徳 渡辺大 
白井晃 横山裕 市川染五郎等、豪華メンバー。

本を読むだけでは分かりにくい、
天文機材、北極星の観測の様子等
映画を見てよく分かりました。

コンピューターもない、
江戸時代に改暦という困難な大仕事を
成し得た算哲。

利権故、立ちはだかる朝廷。

大きな夢の実現のため、
挫折、失敗を乗り越え、
突き進むチャレンジ精神。
岡田准一の眼差し、
きらきらしていました。

算哲の誠実な人柄が、
周囲の人々の温かい支えを生みます。
ユーモラスなシーンもあって
楽しく見ました。



宮崎あおいのなごみの表情は
心がほんわかとなります。

原作よりも感動の度合いが
増してきました。
上映時間、 141分もあります。
でも時間の長さは感じなかったです。

本の感想は→こちらです。





コメント (4)   トラックバック (23)

上高地

2012-09-20 | 写真(花など)

あこがれの地、
上高地を訪れました。

まずは大正池
きらきら光る水がきれい!!




公園の鳩並に人なつっこい野生の鴨




現在活動中の焼岳
筋状に見えるのは土石流跡






田代池








ウエストン碑
近代登山を日本にもたらした
イギリス人宣教師








梓川
水が冷たすぎ!!


河童橋
この辺りになると人がいっぱい。

帰りのバスやタクシーの待合いも
多くの人で混み合っていました。






コメント (10)

新穂高

2012-09-20 | 写真(花など)

奥飛騨温泉郷の奥にある新穂高ロープウェイ
展望台までは、新穂高温泉駅から、
第1ロープウェイと、
第2ロープウェイを乗り継いで行きます。

第2ロープウェイは、
日本初の2階建て。


ロープウェイ内から見る景色




展望台から見る北アルプスの絶景。




標高2156m
展望台にある郵便ポスト


3000m級の山々が
目の高さより少しだけ上に見えます。

かなり寒いかと思い防寒服を
用意していましたが
無駄に終わりました。
寒くなかったです。
今の季節は紅葉、新緑、雪景色もないのに
意外と人が多くてびっくり!!

山頂駅では定番のいわくらげを買いました。




岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高






コメント (6)

白川郷の秋景色

2012-09-18 | 写真(花など)

三角屋根の合掌造りの家が並ぶ、
白川郷。
世界文化遺産になっています。

初秋の純和風の
のどかな風景は心が和みます。

今年の冬にも訪れています。
冬の風景は→こちらです。

冬の雪が降り積もった
幻想的ななかにも
きびしさを感じる風景とは、
うってかわった柔和で優しい景色です。






















岐阜県大野郡白川村








コメント (8)

郡上八幡

2012-09-17 | 写真(花など)

岐阜方面に行ってきました。
行き先は
郡上八幡→白川郷→新穂高→上高地です。

まずは郡上八幡
町の至る所で
水風景がある郡上八幡、
またその水も透明感のある水で
川遊びしている人も…





多くの人が散策している古い町並


郡上八幡旧庁舎記念館




登録有形文化財の倉庫




郡上八幡城
昭和八年に再建されたもの


郡上八幡は踊り、水に加えて
食品サンプルが盛んな町
色々な商品サンプルが売っていました。
作品作りも体験できます。
見るだけでしたが…


リアルな食品サンプル


郡上八幡といえば、
郡上おどりで有名な町。
30夜余に渡って踊るそうです。
すごい体力!!





コメント (4)