花ごよみ

映画、本、写真など・

ブルーベリーとラベンダー

2010-06-30 | 写真(花など)

バスツアーのコースに入っていた
園内食べ放題のブルーベリー狩り。
でも雨に濡れたブルーベリー、
そのまま食べる気はしませんでした。




 
この欧風の建物は、
あいとうマーガレットステーション、
道の駅です。
こちらでの目的はラベンダー見物、
といっても、
まだあまり咲いていません。

 
でも、とりあえずはさみを借り、
料金300円を支払い、
ラベンダーの花摘みを
してきました。

 
名物、ラベンダージェラートは
時間が迫っていたので
買いそびれました。
食べたかったのに…。

(滋賀県愛東町)

6月26日



コメント (6)

もりやま芦刈園の多彩な紫陽花

2010-06-29 | 写真(花など)

白、ブルー、藤色、ピンク…
形、色も多種多様、
雨に濡れた紫陽花が、
生き生きと色あざやかに
咲いていました。

額紫陽花の群生も美しく、
目を和ませてくれます。

 

 
この虫はなに!?

 
絞り模様。

 

 

 

 


 
ダンスパーティー
なんかそんな感じ!

 

 

 

 
フォーエバーピンク
ロマンチックな名前です。

(滋賀県守山市杉江町) 

6月26日




コメント (11)

もりやま芦刈園の紫陽花

2010-06-28 | 写真(花など)

こちらでは西洋アジサイ50品種5000本、
日本アジサイ50品種5000本、
計1万本が植えられてるということです。

雨が降ったり、止んだり…
弱く降ったり、強く降ったりの方が
正しいかな。
とにかく、はっきりしない、
天気の中の散策でした





 

 

 

 



 

 



紫陽花の種類も多種多様。

丁度見頃の感じで華やかで、
美しい光景を楽しませてもらいました。

結構、広いあじさい園。
色々な種類の紫陽花の出会いが
行く道、行く道にあって
どちらの方向に進もうか、
悩んでしまいます。

でも、バスツアーだったので
制限時間が短い(涙)

あまりじっくりと、
時間をかけて見られなかったのが、
心残りでした。

(滋賀県守山市杉江町) 

6月26日





コメント (9)

藤森神社 雨に濡れた紫陽花

2010-06-26 | 古寺(花など)

雨に洗われた紫陽花。
梅雨の湿度の高い空気を
すこしだけでも爽やかに
変えてくれそうな感じです。

 

 

 

 

 



 

梅雨に咲く花、紫陽花は、
雨が降っても、
全く平気。
それよりうれしそう。
雨に対し、丈夫にできているのかな?

紫陽花の花は散ることはなく、
いつの間にか枯れて行くのですね。


6月20日(日)

京都市伏見区深草





コメント (3)

藤森神社 蹴鞠に遭遇

2010-06-24 | 古寺(花など)

蹴鞠(けまり)の奉納を
たまたま見ることができました。

この行事を見るのは初めて。

8人が鹿の皮でできている鞠を
アリヤウオウの掛け声で蹴ります。

蹴鞠が開始されるまで、
結構時間がかかって
もう待つのを、
止めようかとも思いましたが、
こういった行事は、
これからもあまり見ることはないだろうし、
ここまで待ったんだからと
思い直して待つことにしました。

 

雨で地面がぬかるんでいるため
雅楽の舞台?で
演じていました。
滅多にないことだそうです。

 

 

 

 
鞠に紫陽花が添えられています。
帽子?にも紫陽花が…



 

6月20日(日)

京都市伏見区深草







コメント (7)

藤森神社の紫陽花

2010-06-24 | 古寺(花など)

雨の三室戸寺を後に
次は藤森神社に。

傘を用意して行きましたが
使わずに済みました。

雨上がりの紫陽花が、
しっとりとした、
花姿を見せてくれます。



参道の西と本殿後方に、
2つの紫陽花苑があって
青やピンクに色づいた紫陽花の花が
訪れる人を温かく迎えてくれます。















色とりどりの華やかな紫陽花を見ていると
なんだかうれしくなってきます。

心を穏やかにしてくれる花ですね。

6月20日(日)

京都市伏見区深草




コメント (1)

三室戸寺 蓮が咲いていた!

2010-06-23 | 古寺(花など)
蓮が咲いていました。
もうそんな季節なんですね。

 
「ようおまいり」
心がなごむ言葉です。

 
ふくらんだつぼみもたくさんありました。

 



 
ピンクの蓮の花で埋まる
盛夏まであと少し。

 
緑の中あざやかにたたずむ
三重塔。


 

 


(京都府宇治市)

6月20日(日)







コメント (5)   トラックバック (2)

三室戸寺 紫陽花

2010-06-21 | 古寺(花など)

大きな庭園には
観光客がいっぱい!!
ブルー、ピンク、白
色とりどりの紫陽花もいっぱい!!

人の多さにびっくり!!
紫陽花の目を瞠る美しさに、
これもびっくり!!
今回はしっとりとした空気の中で
特に美しく感じました。



 

 

 

 

 

 

 



 

 

雨に映える紫陽花。
…といっても途中でどしゃぶりに
なってきて雨宿り。
傘は車に残したまま、
まだ少し名残惜しい気持ちを引きずりながら
小雨の時にダッシュして
駐車場へ…。

この後、藤森神社に行きました。
もう傘があるので
雨が降っても平気。




追記
うわさの、ハート型に見える
紫陽花です。

(京都府宇治市)

6月20日(日)






コメント (12)   トラックバック (1)

ジーン・ワルツ (海堂 尊)

2010-06-20 | 本 か行(作家)

クール・ウィッチ(冷徹な魔女)と呼ばれる
産婦人科医・曾根崎理恵が主人公の物語。

理恵は顕微鏡下で行う、
人工授精分野での専門家。

理恵が週1で勤務する、
マリアクリニックという名の産婦人科医院。
その彼女のところに診察にくる
それぞれ事情をかかえた、
五人の妊婦が絡みます。

先輩である清川医師、
彼は理恵が代理母出産に
関わったとという噂を耳にし、
真実を知るため動く。

今回の作品、
崖っぷちの産婦人科の、
医療行政に対する、
問題を提起しながら
曾根崎理恵の信念を貫くストーリー。

理想とする医療を求めながらも
行政、医局の妨害に遭遇する理恵。

今の医療行政に対する問題を
理恵が代弁しているような感じ。
メッセージ性が感じ取られる作品です。

赤ちゃんポスト、代理母、
ヒトの生命の操作、
崩壊した地方医療など、
現代の産婦人科医療の状況に対する、
理恵の怒り、焦燥。

クールで強い理恵、彼女の起こす
倫理観を超えた、
ありえない行動。

大胆不敵、まさに魔女!

映画化されるそうです。
菅野美穂が主役ということです。
ちょっとイメージが違っていました。

映画化のことを読書中は、
知らずによかったです。


コメント (2)   トラックバック (9)

時計草♪

2010-06-20 | 家の植物たち
 

今年も時計草の花が咲きました。

全く世話をしない育て主に対し、
それでも私はこんなにきれいに
咲いたのよと、誇らしげに、
自慢しているような、
おすまし顔で…




 
可愛いランタナも咲き出しました。
この夏、長い期間、
楽しませてくれるようです。






コメント (8)   トラックバック (1)