京のたんぽぽ日記

海外旅行や日本旅行を中心に、京都の美味しいお店や家族の記録も。
穏やかで自分を活かせる日々にしたい。

北野天神 合格お守り

2017-02-18 00:15:00 |  京都散策

今、まさに受験シーズン真っ只中ですね。

内は、息子たち二人ともいわゆる学校受験は終わっていているし
孫もまだお受験には早いしで、
今は、このシーズンも穏やかないつもの日を送っています。

でも、家に受験生のおられる方は、体調の管理も含めて
一日一日がピーンと張り詰めた緊張の中におられると思います。
無事に受験が終わって、嬉しい春を迎えることができたらいいですね。

北野神社

家に受験生はいないと言いましたが、
実は、数日前、久しぶりに北野神社へ行ってきました。

平日の北野神社は、とっても静か。

北野神社は、菅原道真公を祀った神社で
受験の神様と言われています。

私も息子達の受験の度、何度この神社に合格祈願で
通ったことか。。

なんだか、あの頃の必死の気持ちが
懐かしい気がします。

今日、ここに来たのは、親しくしている女の子の
高校受験の合格を祈るため。 

女の子は、早くに母親を亡くし、
大切に育ててくれた祖母もその後亡くし
今は、祖父と叔母とともに暮らしています。

素直で、優しくてとってもいい子なんだけど、
ちょっと心配症で緊張してしまうタイプなのです。

女の子のおばあさんに、私は仲良くして貰っていたので
女の子の祖母代わりの気持ちで。。

どうか、体調を整えて、上がることなく、
実力が出せますようにと祈ってきました。 

北野神社学業御守

そうだ。。お守りも買って帰ってあげよう~
と思って社務所に寄ったら。。

なんと、びっくり。
北野神社の学業御守は、今2000円もするんですね~。
桐箱には入っているけれど。。
1000円のもありましたが、すっごく小さいのです。
昔は800円位で普通の合格お守りがあったのに。。

でも、おばあさんだったら、絶対に桐箱入りを買われるだろうと思って
ここは奮発して高い方を。。

こんな所で節約したら、御利益も減ってしまうような気がしますもんね。。
なんとしても無事に受験を乗り越えてほしいのです。

 

帰り道、ふとみると梅の花が咲きかけていました。

 ピンクと白の可愛い梅の花。

 

外は寒くて寒くて、とても花が咲いているなんて
思いもしませんでしたが、

 間違いなく季節は、暖かな春に向かっているようです。

 こんなに厳しい季節の中でもせいいっぱい咲こうとしている梅の花。

この辛い季節を乗り越えたら、女の子にも
暖かで嬉しい春がやってくるはず。。

どうか、あともう少し頑張って~

そんな思いで、北野神社を後にしました。

 

いつもご訪問ありがとうございます。
応援クリックを押して頂けたら嬉しいです。 

 

こちらです。  

 



 ありがとうございます。

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

バレンタインのチョコレート

2017-02-15 00:25:00 | 家族

昨日は、バレンタイン。
皆さまどんなバレンタインを過ごされましたか。

私はいつものように主人や息子たち家族、
それに今年は小さなチョコもいっぱい用意しました。

主人に

用事があって、高島屋に行った時、
バレンタインフェアーを見たのですが、

でも、正直言って何を買っていいのか。。
あまりにもあり過ぎてわからないんですよね~。

で、そんな中で主人に選んだのは、
スイスチューリッヒのチョコレート、レダラッハ。

スイスの工房で作られ、航空便で届けられる
チョコレートだそうです。 

ヘーゼルナッツやアーモンド、ドライクランベリーが
ごろごろ入ったフレッシュチョコレート。

なんか、すっごく美味しそうで、
私も味見させてもらおうっと。

息子家族に

こちらは、息子たち家族に買った、五感のカカオサンド。
若い人達が並んで買ってられたので
人気なのかな~と思って買ってみる事にしました。 

 チョコレートサブレで、濃厚なチョコレートクリームをサンド。
1個だけ味見用としてオレンジを買いましたが、美味しかったです。

ロイズのポテトチップチョコレートは、
主人と息子たち家族それぞれ1個ですよ。

 

 なーちゃんには、のりもののチョコ。 


まーちゃんとれーちゃんにはキティーちゃんのチョコ。
 

みんな、わ~って喜んでくれるかな~。

 お仕事で

今年は仕事の日とバレンタインデーが重なったので、
ちょっとだけ皆さんにもプレゼントしようと思って。。 

100均で買った袋にチョコを詰めていきました。
これ、主人も手伝ってくれたんですよ~。

おかげで、こんなに可愛いチョコ詰めパックが
たくさんできました。
すっごく小さいけど、みんな喜んでくれるかな。

 

 スタッフの方にも。。猫ちゃんがなんとも可愛いチョコレート。

それから、これは自分用かな。
鼓月のバレンタイン限定姫千寿煎餅です。


 

普通の千寿煎餅の半分位の大きさですが、
中が木苺の酸味が効いたチョコレートクリームなんですよ。

なんだかすっかりバレンタイン商戦に乗せられている
感じかな~。

皆が喜んでくれれば。。と、

皆の嬉しそうな顔を思い浮かべながら
チョコを選んだり送ったりしているけれど、
そんな準備をしている自分自身が
一番楽しんでいるのかもしれませんよね。

なんて、思っていたら。。。

私もバレンタインのチョコやお菓子を貰ってしまいました。

このひょうきんなおかめとひょっとこは、
煎茶チョコとほうじ茶チョコなんですよ。
辞められない止まらない。。とっても美味しいです~。

そして、こちらは、京の桜パイ。
パイ生地で桜色の餡が包まれています。
優しいほっとする味のお菓子。

嬉しいな、嬉しいな~。

両方とも女性からもらった物ですが、
やっぱり、貰う方が嬉しいかしら。。

 

いつもご訪問ありがとうございます。
応援クリックを押して頂けたら嬉しいです。 

 

こちらです。  

 



 ありがとうございます。

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バルト3国26 エストニア・タリン・カドリオルク公園

2017-02-13 14:48:07 | 海外旅行2016バルト3国

 バルト3国旅行記の続きです。

 バルト3国とヘルシンキ8日ツァー日程

バルト3国1 リトアニア・ヴィリニュスへ
バルト3国2 リトアニア・ヴィリニュス夕暮れ散歩
バルト3国3 リトアニア・杉原千畝公園・ケルナヴェの丘
バルト3国4 リトアニア・トラカイ城・昼食
バルト3国5 リトアニア・聖ペテロパウロ教会・三つの十字架の丘
 
バルト3国6 リトアニア・ヴィリニュス旧市街地観光1
バルト3国7 リトアニア・ヴィリニュス旧市街地観光2
バルト3国8 リトアニア・ヴィリニュス旧市街フリータイム1
バルト3国9 リトアニア・ヴィリニュス旧市街フリータイム2
バルト3国10 リトアニア・杉原千畝旧日本領事館
バルト3国11 リトアニア・カウナス観光1
バルト3国12 リトアニア・カウナス観光2
バルト3国13 リトアニア・シャウレイ~ラトビア
バルト3国14 ラトビア・リガ市内ホテル
バルト3国15 ラトビア・リガ1ユーゲントシュティール建築
バルト3国16 ラトビアリガ2聖ペテロ教会・市庁舎広場
バルト3国17 ラトビア・リガ3ドゥァマ広場スェーデンの門
バルト3国18 ラトビア・リガ4リーブ広場・中央市場
バルト3国19 ラトビア・ルンダーレ宮殿
バルト3国20 ラトビア・ルンダーレ庭園
バルト3国21 ラトビア・ラトビア伝統料理レストラン
バルト3国22 ラトビア・朝の旧市街地散歩
バルト3国23 ラトビア・ガウヤ国立公園トゥライダ城
バルト3国24 ラトビアグートゥマニャ洞穴・スィグルダ城跡


バルト3国25 ラトビア~エストニア・バースディーパーティーの続きです。

5月2日(月)

 一夜明けて。朝食はホテルのレストランで。
いつもと同じビュッフェ、ハムにチーズに野菜。。

でも、ほら、美味しそうなワッフルがありましたよ~。

バターを塗って、はちみつを少し垂らして。。
甘~い、美味しい~です。 

朝食後、朝の散歩も兼ねて、もう一度近くのスーパーへ行ってみました。
もうちょっと、お土産用のお菓子を買おうかなと思って。。

そしたら、スーパーで同じツァーの方達たくさんに会ってしまい。。
やっぱり考えることは一緒なんですね~。

 カドリオルク公園

さて、今日のツァーの始まりです。

まずは、カドリオルク公園に行って、その後
世界遺産のタリン旧市街の観光です。

 タリン市内をバスで走り、

 もうすぐ、カドリオルク公園へ到着ですよ。

カドリオルク公園

公園には「白鳥の池」と呼ばれる池がありました。
白鳥の池なんだけど、白鳥がいない。。

この池には本当は黒い白鳥がいるそうなんですけど、
ちょっと見当たりませんでした。

このカドリオルグ公園は、ロシアのピョートル大帝の命により建設された
イタリア・バロック様式の公園。

 設計はイタリア人のニッコロ・ミケッティだそうです。

この銅像の人ではないですよね。

。。って、こういうのはたいてい、本物の人なんですが。。

 でも、最後まで全然動かなかったので、
え。。。??どっちかな~。。 

さて、そろそろカドリオルク宮殿のようです。

 カドリオルク宮殿

北方戦争(1700~1721年)の後、バルト海東岸を獲得した
ロシア皇帝ピョートル1世は、妃エカテリーナのために夏の離宮を建造。 

それが、このカドリオルク宮殿です。

カドリオルグ宮殿の名前も、エストニア語で「エカテリーナの谷」を
意味しているそうで、ピョートル大帝の后エカテリーナ1世に
対する思いの深さが伝わってきますね。 

 

白とクリーム色と小豆色がかった赤の建物。
それに緑のラインが効いています。

 

現在はカドリオルク美術館になっているそうですが、
私達は中には入りませんでした。。せっかく来たのにちょっと残念かな~。 

 

1991年から、歴史的な文献を参考にして修復されたというカドリオルク城。
そうでしょうね~。1700年代の建物にしては、綺麗過ぎると思いました。

オリジナルのデザインのまま、色合いにもにもこだわったそうですが、
余りにも綺麗に塗ってあって、ちょっとテーマパークっぽい感じもしたかな。。

でも、フランス式平面幾何学式庭園は、とても綺麗でしたよ~。 

フランス、ヴェルサイユ宮殿の庭庭園や 2004 ベルサイユ宮殿~帰国
オーストリア、シェーンブルン宮殿の庭園
         
2013 オーストリア・ウィーンシェーンブルン宮殿 
それについ最近見たばかりのラトビア、ルンダーレ宮殿の庭園
                 2016 ラトビア・ルンダーレ庭園
と同じ
ですね。

 お花にはちょっと早すぎたけれどね。。

カドリオルク地区の大統領官邸

次に行ったのは、大統領官邸。

ここでは1時間おきに衛兵交代式が行われんですって。
でも、次の衛兵交代にはかなり時間がありそう。。

 誰かが、衛兵さんの真似をしていますよ。。って、主人か~。

市民の為の公園

ピョートル大帝は、この公園を作った時、
多く市民にもこの公園を楽しんで欲しいと望んでいましたが、
市民の誰もカドリオルグ公園にやって来ないことを
不思議に思っていたそうです。

でも、それもそのはず、
将校が、市民の誰もをこの庭に寄せ付けていなかったのです。

それを知った大帝は、誰もが美しい公園を楽しむ権利があり、
その秩序を見守るのが兵士の役目であると市民に公表。 

それ以来、マロニエ並木の公園は市民の憩いの場になり、
今もこの公園はタリン市民の休息地として愛され続けています。

公園には、もちろん無料で入れますよ。

週末になると散歩を楽しむ家族やカップルがいっぱい、

それに、こんなに可愛い遊園地もありましたよ。

こんなに小さくて可愛い観覧車を見たのは初めてかな~。

マロニエの花が咲く6月頃に訪れたら、
きっと綺麗でしょうね~。

ドッグステーション

そして、最後に、こんなドッグステーションを発見。

ワンちゃんのうんちの為に、黒いビニール袋が用意され、
用済みのビニールをほかすこともできるようになっています。

 

日本では、見かけないですよね。

犬の散歩の時は、自分でビニールを持って行って、
持ち帰るのが日本のルール。

エストニアは、なんだか、
人にもわんちゃんにも優しい国だな~って思いました。

 

さて、次は、世界遺産のタリン旧市街地に行きます。

バルト3国27 タリン・アレクサンドルネフスキー聖堂
へ続きます。

 

 いつもご訪問ありがとうございます。
応援クリックを押して頂けたら嬉しいです。  

こちらです。   



 ありがとうございます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バルト3国25 ラトビア~エストニア・バースディーパーティー

2017-02-11 12:05:00 | 海外旅行2016バルト3国

この所、確定申告の用意で大忙しでした。
私のような零細企業が申告なんてすることもないのに。。
なんていつも思いますが、でも、仕方ない。
決められた義務ですもんね。
でも、ようやくひと段落かな。

昨日は、山陰地方や京都北部で大雪が降ったようですが、
皆様の所はいかがでしたか?
京都市内は、夜の9時頃を過ぎてから、
白い雪がはらはらと降ったくらいでした。

今朝の京都はいいお天気ですが、すご~く寒いです。

今日は、実は夜に、仲間達との久々の食事会があるのですが
これから雪、大丈夫かな~。。と心配。
せっかく皆で会おうと思っていたのにね。

京都北部からのお仲間からはキャンセルが入りました。
そりゃ、もちろんその方が賢明。
先月の大雪を超える大雪になるかもしれないみたいで
駅までの車の運転なんて、もっての他。危ない危ない。。
こんな時は、じっと家にいるのが一番です。
会えないのは残念だけど。。

他の人たちは来れるかな~なんて思いつつ、
私達もタクシーで行く以外方法がなさそうですが、
タクシーも捕まえられるかどうか。。
早めに予約しておかないといけませんね。。


 さて、バルト3国旅行記の続きです。

 バルト3国とヘルシンキ8日ツァー日程

バルト3国1 リトアニア・ヴィリニュスへ
バルト3国2 リトアニア・ヴィリニュス夕暮れ散歩
バルト3国3 リトアニア・杉原千畝公園・ケルナヴェの丘
バルト3国4 リトアニア・トラカイ城・昼食
バルト3国5 リトアニア・聖ペテロパウロ教会・三つの十字架の丘
 
バルト3国6 リトアニア・ヴィリニュス旧市街地観光1
バルト3国7 リトアニア・ヴィリニュス旧市街地観光2
バルト3国8 リトアニア・ヴィリニュス旧市街フリータイム1
バルト3国9 リトアニア・ヴィリニュス旧市街フリータイム2
バルト3国10 リトアニア・杉原千畝旧日本領事館
バルト3国11 リトアニア・カウナス観光1
バルト3国12 リトアニア・カウナス観光2
バルト3国13 リトアニア・シャウレイ~ラトビア
バルト3国14 ラトビア・リガ市内ホテル
バルト3国15 ラトビア・リガ1ユーゲントシュティール建築
バルト3国16 ラトビアリガ2聖ペテロ教会・市庁舎広場
バルト3国17 ラトビア・リガ3ドゥァマ広場スェーデンの門
バルト3国18 ラトビア・リガ4リーブ広場・中央市場
バルト3国19 ラトビア・ルンダーレ宮殿
バルト3国20 ラトビア・ルンダーレ庭園
バルト3国21 ラトビア・ラトビア伝統料理レストラン
バルト3国22 ラトビア・朝の旧市街地散歩
バルト3国23 ラトビア・ガウヤ国立公園トゥライダ城


バルト3国24 ラトビアグートゥマニャ洞穴・スィグルダ城跡 の続きです。

 5月1日(日)

お昼ご飯

スィグルダ城址を後に、バスが次に向かったのは
お昼ご飯のレストランです。 

ラトビアの国旗が掲げられているレストラン。
ラトビア料理のお店みたいですね。

 玄関前の白いお花が清楚です。

 中は、シックで落ち着いた雰囲気。 

今日の私達の飲物は、コーラーとスプライト。
飲みなれた味に、美味しい~。

サラダはボリュームがあってドレッシングも美味しかったです。

ラトビア風ローストポークは、これまたボリューミー。
オーロラソースとサワークリームをつけて頂きます。

。。が、お肉の苦手な私はお野菜だけを。。ごめんなさい。
でも、お肉のこのボリュームを見ただけで、手が出ませんでした。

デザートは、美味しくて、完食しましたよ~。

エストニアへ

さて、ここまででラトビアは終わり。
これから、バスで国境を越えて、バルト3国最後の国
エストニアへと向かいます。

エストニアへは、ここから280キロ。
バスで約4時間の行程です。

車窓からは、可愛い公園が見えたり、

広~いゴルフ場が見えたり。。
主人が羨ましそうに見ていましたよ。

 広い川の上を、白い雲が流れる景色をみたり。。

 なんだか心が和む景色ですね~。

 ラトビア~エストニア国境

そして、ラトビアとエストニアの国境にやってきました。
これは、国境ゲート跡。

昔はここで通関チェックがあったのですが、今はノーチェック。
パスポート提出も何もありません。

 

エストニアって

エストニアは、バルト三国の内一番北にあり、
フィンランド湾をはさんでフィンランドのお向いの国です。



首都タリン旧市街は世界遺産。
Skypeが開発された国としても有名ですよ。

エストニアは、国土は九州程度、人口140万人ほどの小国ですが
ITの先進国であり、電子行政が進んでいる国としても知られています。
世界で唯一国政選挙がネット投票で行われている国なんだそうですよ。

ドライブインで休憩

 国境にはドライブインがあって、ここでちょっと休憩。

 

ドライブインにも可愛いお土産がいっぱい。
どれを買おうかな。。

 そして、その後、エストニアを2時間ほどバスで走り。。 

 

 もう一度ドライブインで休憩。 

ドライブインの裏庭で、皆で写真撮影。

ほら、もうすぐエストニアの首都タリンですよ~。 

 

 エストニア・タリン

そして、タリンに到着。

もうすぐホテルに到着という時、ぱっと目に入った建物。
青と黄色とピンクが可愛い~、マンションなのかな~。。 

ホテルヨーロッパ


さて、今夜のお宿は、ホテルヨーロッパです。
タリン港からわずか150mのところにあるホテルヨーロッパ。
4つ星のホテルだそうですよ。

 ロビーでしばらく休憩です。

とうとう3ヵ国目になってしまいましたね~。

バルト3国の中でも、エストニアのタリンは、
すっごく人気の可愛い街だと、旅行前から聞いていました。

北欧のフィンランド・ヘルシンキに行った方も、
日帰りでタリン小旅行に出かける人が多いそうです。

リトアニアのヴィリニュスも、ラトビアのリガも、
エストニアのタリンも、それぞれ旧市街地は世界遺産ですが、

エストニアのタリン旧市街地、
どんな世界遺産の街なのか楽しみです~。

 

さて、お部屋はこじんまりしているけれど、
花柄のベッドカバーが可愛い~。

 ベッドの上のこの子は、サービスではありません。

10ユーローのマスコットちゃんです。


10ユーローならいいか。。なんて思って置いてきてしまったけど、
今思えば、日本に連れて帰ってあげればよかったかな~。。

バースデーパーティー

本日の夕ご飯は、ホテルのレストランで。

実は、本日は主人の誕生日。

今までもこの時期に海外旅行に行った時には
主人の誕生日を海外で迎えたことが何回かあるのですが、

たいていは、たまたま同じ席に座った方たちに
実は今日誕生日なんです。。と言って
おめでとう~と、一緒に乾杯してもらうくらいでした。

ところが、今回は、添乗員さんが、食事の前に
誕生会を開いて下さったんです。

皆さんに、誕生日おめでとう~と拍手してもらい。。
よかったね。こんなにたくさんの人に誕生日を祝ってもらえて。

しかも、添乗員さん、主人の為に誕生祝いまで
買って下さっていたんですよ。

リガのリーブ広場猫の家の貯金箱。
リガの街のショットグラス。
それにチョコレートも。

いっぱいお祝いを貰ってごきげんの主人です。
とっても素敵な誕生日になりました。ありがとうございました。

今回の添乗員さんは、ツァーにお誕生日の方がおられたら
いつも、こんな風にお祝いされるそう。
すごいですよね~。

旅先での誕生会、忘れられない素敵な思い出になった方々が
たくさんおられたことでしょうね。

さて、本日のディナーは、サーモンのソティー。
久々のお魚料理、嬉しいです~。
誕生日にふさわしい、お洒落で美味しいディナーでした。

 

そして、こちらは、旅先で買った私から主人へのプレゼント。

何かないかな~。。って、お土産屋さんに行くたびに探していました。
でも、何にしていいのか、全然わからなくて。。

とりあえず、リトアニアで買ったマフラーと
ラトビアで買った猫のトートバッグです。
 

 

Iパット用のカバーが欲しいと、主人は言っていたので、
これは、ヘルシンキのデパートで探すつもりです。

近くのスーパーへ

その後、ホテル近くのスーパーでお買い物。
このタリンというチョコレート菓子は、
バラまき土産にいいよ~とツァーの方に教えてもらったので、 
ちょっとまとめ買いをしました。

こちらのスーパーは、かごから商品を全部出して
棒と棒の間に置きます。

ヨーグルトとか、ラフランスとか、結構いっぱい
買ってしまいましたね~。

夕暮れ時

 夜の8時も過ぎているのに、まだまだ夕暮れ時。
少し港の辺りを歩いてみることにしました。

 ピンクに染まりゆく空がきれい~。

こんな素敵な所で、誕生日を迎えられた主人、いいな~。

そういえば、私の誕生日は9月の最後なので、
たいてい息子たちの定期考査と重なり
慌ただしい中での誕生会だったけど、

昔から主人の誕生日は連休に絡んでいるので、
いつも楽しくゆっくりお祝いできたんですよね。

今年は結婚35周年。

そんな記念の年に、バルト3国の旅行中、
本当に素敵な誕生日を迎えることができましたね。

だんだん日が落ち、オレンジ色の夕焼けが海に映っています。

いつまでもお互い健康で一緒にいられたらいいな~と
思いました。
。。なんて、口には出しませんけどね。

バーでお祝い

散歩から帰ってきて、お部屋に行く前に
1階にあるバーに寄ってみました。

ちょっとだけ乾杯しようかと思って。。

 何をたのんでいいか分からなかったけど、
とりあえずカクテルを。。

と、そこへ、添乗員さんが、たまたま来られて、

あら。。二人でお祝いですか~と。

よかったら一緒にどうですか?とお誘いして、
3人でまた、わいわい。

添乗員さんのお話って、旅好きな者にとっては
とっても興味のあるお話ばかり。。 

 

いつか、旅でのお話をエッセイに書きたいと
言ってられる添乗員さんだけあって、

面白くて楽しいお話に花がさきました。

 

バルト3国26 エストニア・タリン・カドリオルク公園
に続きます。

いつもご訪問ありがとうございます。
応援クリックを押して頂けたら嬉しいです。 

こちらです。  

 ありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バルト3国24 ラトビアグートゥマニャ洞穴・スィグルダ城跡

2017-02-07 00:22:00 | 海外旅行2016バルト3国

バルト3国旅行記の続きです。

バルト3国とヘルシンキ8日ツァー日程

バルト3国1 リトアニア・ヴィリニュスへ
バルト3国2 リトアニア・ヴィリニュス夕暮れ散歩
バルト3国3 リトアニア・杉原千畝公園・ケルナヴェの丘
バルト3国4 リトアニア・トラカイ城・昼食
バルト3国5 リトアニア・聖ペテロパウロ教会・三つの十字架の丘
 
バルト3国6 リトアニア・ヴィリニュス旧市街地観光1
バルト3国7 リトアニア・ヴィリニュス旧市街地観光2
バルト3国8 リトアニア・ヴィリニュス旧市街フリータイム1
バルト3国9 リトアニア・ヴィリニュス旧市街フリータイム2
バルト3国10 リトアニア・杉原千畝旧日本領事館
バルト3国11 リトアニア・カウナス観光1
バルト3国12 リトアニア・カウナス観光2
バルト3国13 リトアニア・シャウレイ~ラトビア
バルト3国14 ラトビア・リガ市内ホテル
バルト3国15 ラトビア・リガ1ユーゲントシュティール建築
バルト3国16 ラトビアリガ2聖ペテロ教会・市庁舎広場
バルト3国17 ラトビア・リガ3ドゥァマ広場スェーデンの門
バルト3国18 ラトビア・リガ4リーブ広場・中央市場
バルト3国19 ラトビア・ルンダーレ宮殿
バルト3国20 ラトビア・ルンダーレ庭園
バルト3国21 ラトビア・ラトビア伝統料理レストラン
バルト3国22 ラトビア・朝の旧市街地散歩


バルト3国23 ラトビア・ガウヤ国立公園トゥライダ城の続きです。

5月1日(日)

ラトビアのスイス・スィグルダ

赤いレンガ造りのトゥライダ城・芸術の庭から
グートゥマニャ洞穴・スィグルダ城跡へやってきました。 

バスで5~10分くらい、あっという間の到着です。

この辺りも、木立がすっと伸び、緑が綺麗な
気持ちのいい場所。

グートゥマニャ洞穴

まずは、グートゥマニャ洞穴へ。
「グートゥマニャ洞穴はあちら」の案内板が。。

赤い屋根が可愛いお家。
インフォメーションと販売店のようです。
カフェも併設しているのかな~。
ちょっと寄ってみたいけど、無理ですよね。。

こんなベンチに座って、ゆっくり本も読んでみたいけど。。やっぱり無理。
写真をカシャって一枚撮るのがせいいっぱい。
この辺がツァー旅行の辛い所です。

 なんて思っていたら、もうすぐグートゥマニャ洞穴に到着です。 

 ほら、あの洞窟がグートゥマニャ洞穴ですよ。
山の中にぽっかり空いた洞窟なんですね~。

奥行き19m、幅12m、高さ10m
ラトビア最大級の洞窟という事ですが、思っていたよりは小さいかな。

この洞窟が、マイアと青年が逢瀬を重ね、
マイアがポーランドの脱走兵に刺されたという洞窟なんですね。。

 

洞窟の至る所に何やら文字のようなものがびっしり。。

なんて書いてあるんだろう。。皆見上げてみています。

これは実は。。

マイアの純潔の精神に感銘を受けたカップルが
自分たちの愛も永遠にとこの洞窟に足跡を残しているんです。

二人の名前と訪れた年号と、ハート形なんかも。。

なんと、1648年という年号も彫られていました。
370年前の恋人達か。。なんか、すごいですよね。。

洞窟からは清水が湧き出ています。
癒しの力があるそうですよ。

洞窟の入口で、サックスを演奏している
白いお髭のおじさんがいました。

私達の為に「百万本のバラ」を演奏して下さいましたよ。

 スィグルダ城跡 へ

さて、次はスィグルダ城跡 です。

先ほどトゥライダ城の塔から、はるか向こうに小さく見えていた
あのスィグルダ城跡ですよ。

途中、こんな可愛い虫たちのオーケストラが。。
地元美大生が作ったのだとか。。

 

そして、こちらは笛の練習をしている小学生。。と思いきや、
彼の前には、チップ用の帽子が置かれています。

なんだか一生懸命に笛を吹く姿が可愛くて
結構の人が、帽子にちゃりんとお金を入れていました。

さっきのサックスのおじさんよりも儲かっている感じでしたよ~。

 そして、この門を入っていくと。。

スィグルダニューキャッスル

 何やら、可愛い建物が向うに見えています。

これが、スィグルダ城跡
いやいや、スィグルダは城あとですもんね。

この可愛い建物は、スィグルダ ニューキャッスル。
元貴族の館だそうです。

今は、市庁舎とレストランなんですって。

へぇ~、いいな~。こんな素敵なレストランで食べてみたい。。

 スィグルダ城跡

そして、こちらがスィグルダ城跡。

スィグルダ城は、13世紀初めにリボニア帯剣騎士団により、
リーガ城に次いで建てられたお城だそうです。

城門には、騎士団の紋章の石板が埋め込まれています。

20年の月日をかけて建てられたお城ですが、度重なる戦争で壊され、
18世紀の北方戦争でほとんどが破壊されたのだとか。。。


 現在は城門と城壁の一部が残っているだけなのです。

城壁の一部には登ることもできます。

 こちらは、展望台。

向うの方に赤い小さな建物が見えてますよね。

ちょっと、ズームしてみると。。
はっきりとトゥライダ城だと分かりました。

やっぱり、こちらからもトゥライダ城が見えるんですね~。

スィグルダ教会・お土産屋さん

 スィグルダ城址からの帰り道、これは、スィグルダ教会です。

 そして、お土産屋さん。

可愛いリュックサック、孫たちに買おうかな~。
でも、使わないかな~。。。

なんて、悩んでいる間に時間が。。

こちらの絵も、主人が買おうか買うまいか悩んでいる内に
集合時間が来てタイムアウト。。

でも、これが欲しい!と思ったものがなかったそうで、
また、きっと素敵な絵に巡り合えるでしょう。

さて、次は昼食。
そして、その後、ラトビアにさよなら。
バルト3国3番目の国、エストニアへ行きます。
では、出発~。

 

バルト3国25 ラトビア~エストニア・バースディーパーティー
へ続きます。

いつもご訪問ありがとうございます。
応援クリックを押して頂けたら嬉しいです。 

 

こちらです。  

 



 ありがとうございます


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バルト3国23 ラトビア・ガウヤ国立公園トゥライダ城

2017-02-04 10:39:39 | 海外旅行2016バルト3国

2月も4日になってしまいました。

昨日の節分、皆さん恵方巻は食べられましたか。
私は昨日は仕事で忙しかったのですが、
お気に入りのお寿司屋さんに予約しておいて
夜、遅いながらも北北西を向いて皆で恵方巻を食べました。

コンパスを置いて。。という人もいるみたいですが
うちは、なんとなくの北北西。
しかも、皆が今年も健康でありますようにと祈った
初めの一口だけは無言でしたが、

その後は、おしゃべりも始めてしまって。。

恵方の神様、適当ですみません。。
でも、どうぞよろしくお願いします。 


さて、バルト3国旅行記の続きです

 バルト3国とヘルシンキ8日ツァー日程

バルト3国1 リトアニア・ヴィリニュスへ
バルト3国2 リトアニア・ヴィリニュス夕暮れ散歩
バルト3国3 リトアニア・杉原千畝公園・ケルナヴェの丘
バルト3国4 リトアニア・トラカイ城・昼食
バルト3国5 リトアニア・聖ペテロパウロ教会・三つの十字架の丘
 
バルト3国6 リトアニア・ヴィリニュス旧市街地観光1
バルト3国7 リトアニア・ヴィリニュス旧市街地観光2
バルト3国8 リトアニア・ヴィリニュス旧市街フリータイム1
バルト3国9 リトアニア・ヴィリニュス旧市街フリータイム2
バルト3国10 リトアニア・杉原千畝旧日本領事館
バルト3国11 リトアニア・カウナス観光1
バルト3国12 リトアニア・カウナス観光2
バルト3国13 リトアニア・シャウレイ~ラトビア
バルト3国14 ラトビア・リガ市内ホテル
バルト3国15 ラトビア・リガ1ユーゲントシュティール建築
バルト3国16 ラトビアリガ2聖ペテロ教会・市庁舎広場
バルト3国17 ラトビア・リガ3ドゥァマ広場スェーデンの門
バルト3国18 ラトビア・リガ4リーブ広場・中央市場
バルト3国19 ラトビア・ルンダーレ宮殿
バルト3国20 ラトビア・ルンダーレ庭園
バルト3国21 ラトビア・ラトビア伝統料理レストラン

バルト3国22 ラトビア・朝の旧市街地散歩の続きです。

5月1日(日)
スィグルダへ

リガの町にさよならして、バスはラトビアのスイスと呼ばれる
スィグルダ目指して走り出しました。

今日もいいお天気。
私達がバルト3国に来た前日まで、
北ヨーロッパは大雨と寒波だったと聞きましたが、
ほんと、そんな事がうそのような暖かくていいお天気です。

今回はお天気にほんと恵まれましたね~。

でも、寒波を予想して持っていっていた厚手のコートは
正直暑すぎてちょっと邪魔でしたが。。

 

もうすぐスィグルダ。
ガウヤ川沿いの谷にある手付かずの自然が残るガウヤ国立公園にあります。

リガからおよそ50キロ。バスで約1時間くらいです。



まずは、トゥライダ城へ向かいます。

トゥライダ

トゥライダとは、リーヴ語で「神の庭」という意味だそう。

この辺り一帯は、トゥライダ博物館保護区となっています。
添乗員さんと現地ガイドさんが案内して下さいますよ。

トゥライダ・ルァザ・マイラの墓

まず行ったのは、トゥライダ・ルァザのお墓。
菩提樹の木の下に眠っているのは、
トゥライダのバラとよばれた美女マイア。

マイアのお話を少しすると。。


1601年、トゥライダ城でのポーランド軍との戦い後
農夫が一人の女の子の赤ん坊をお城で見つけました。
マイヤと名付けられたその女の子は農夫に育てられ、
薔薇のような美しい娘になったそうです。

マイアは村人の青年と恋に落ち、グートゥマニャ洞窟で
逢瀬を重ねていました。

ところが、マイアに恋したポーランド軍の脱走兵が、
マイアをだまして洞窟に彼女を誘い出しました。

マイアに迫る脱走兵、覚悟を決めたマイアは
青年から贈られた普通のスカーフを見せて、

「これは、剣で突き通すことのできない
 魔法のスカーフです。不思議でしょう~、さぁ試しみて」と。

脱走兵は、魔法のスカーフの魔力を信じ、
スカーフの上からマイアを突き刺しました。

でも、もちろんそのスカーフに魔力などあろうはずもなく
マイアは、そのまま19歳の生涯を閉じたというお話なのです。

恋人への純潔を貫いて死を選んだマイア、

その気高く清らかな心に感銘し、
人々はマイアを偲んで、今も花を添え続けているそうです。

特に週末には、お隣のトゥライダ教会で結婚式を終えた
たくさんのカップルが花束を添えに来るそうですよ。

 

青年との逢瀬を重ねたというグートゥマニャ洞窟にも
あとで行くそう。。どんな洞窟なんでしょうね。

 トゥライダ教会

こちらが、お隣のトゥライダ教会。

1750年に建てられたトゥライダ教会は、
ラトビアで最も古い木造建築教会の一つだそうです。
民族衣装を着た可愛い女の子が教会の中に。。

教会の内部は質素ですが、ほぼ当時のまま残っていて、
建築文化財に指定されているそうですよ。

トゥライダ城 へ

 次は赤いレンガ造りのトゥライダ城へ向かいます。

お年寄りのご夫婦が、向うからゆっくりゆっくり歩いてこられました。
なんだか、こののどかな景色にぴったり、

このご夫妻も、トゥライダ教会で結婚式を挙げられたのかな~。

庭師の家

トゥライダ城の手前に、19世紀中期に建設されたという
庭師の家があり、

ここにも民族衣装の女性がおられました。

ネックレスがなんとも豪華。。
でも、ちょっと重そうですよね。

ここでは、ラトビアの先住民族リーヴ人の文化遺産を見ることが
できました。

 庭師の家の窓からは、赤レンガのトゥライダ城が見えています。 

 トゥライダ城 

 そして、いよいよトゥライダ城に到着です。

トゥライダ城は、1214年に建築が始まったリガ大司教区の要塞です。

 これは、荒廃してしまったお城を20世紀初頭に修復したものだそうです。 

主塔

主塔の高さは38m。
階段を登って塔の上に行くことができます。

 中には、ここから入りますよ。

 塔の上まで登るのは自由でしたが、
そりゃ、私達はもちろん登りますよ。

結構 急な階段、1段1段が高いです。
手すりを持って、よいしょよいしょ。。

途中、こんな展望スペースも。。

元々は、大砲か銃で攻撃するためのものだったのでしょうね。
今は、武器に代わって望遠鏡がおいてありますが。。

 

 

一番上まで登ると、そこには360度のパノラマが
広がっていました。 

うわ~、気持ちいい~。やっぱり登ってきてよかった。

 遠くはるかに小さく、これからいくスィグルダ城址も見えています。

豪華なお城ではないけれど、この中世のお城にも色々歴史があり、
その時々の人々が、この景色を色々な思いで見てきたのでしょうね。

 

 緑の森の中をとうとうと流れるガウヤ川。 

なんか、一瞬時が止まって、何百年も前の景色を見ているような
そんな気持ちになりました。

 

 ダイナスの丘(彫刻の庭)

 さて、ここから帰り道はフリータイム。

まっずぐ、バスの待つ広場へ戻ってもいいし、 

 

横道にそれて、ダイナスの丘に寄ってもいいし、
自由に時間までに広場までお帰り下さいという事で。。

もちろん、私達はダイナスの丘に寄ってみることにしました。

緑の芝生の中、一筋の白い小道。

こんなに気持ちのいい丘があるのに、
行かないのはもったいないですよね~。

青い空と緑の芝生と可愛い小花。
ベンチに座っているだけでも、なんだかほっとします。
ここで昼寝がしたい。。

ダイナスの丘は、彫刻の丘ともよばれ、
至る所にユニークな彫刻があります。 

25もある石像は、彫刻家インドゥリス・ランカによるもので
愛や美徳、ラトビアを支える人々をモチーフにしているそう。

どれも、本当にユニークなんですよ。

民俗伝承の収集家として有名なラトビアのクリスヤニス・バロンスが
この丘に祀られているそうですが、

これらの石像は、バロンスの栄誉を称えて造られたものだそうです。

 

 赤レンガのトゥライダ城も見えていますよ。

さて、そろそろ広場へ向かわないと。。

このくねくね道を通って広場へ向かいます。
途中、このツァーに一人で参加されている女性の方と一緒になりました。

あんまりツアーの方を見かけなかったので、

素適なところね~。
どうして皆さん来ないんだろうね。。

なんて言いながら、お互いに写真を撮り合ったり。。

トゥライダ教会が見えてきました。

 そして、広場に到着。

多くの方は、まっすぐ戻ってこの広場でゆっくりお買い物したり、
休憩されていたみたい。。
だって、もう、歩き疲れたし。。って。

え~~、そうだったの

私達はというと。。あんまり時間がないので、大急ぎで買い物。
あれも見たいし、これも見たいけど。。
ゆっくり見ている時間はなく。。

それでも、思い出の一品をお店で探して
なんとかゲットしてきました。

ふぅ~、疲れた~。

でも、緑と彫刻の丘、ほんと、気持ちよかったですよ~。

さて、次は、同じガウヤ国立公園内の
グートゥマニャ洞穴とスィグルダ城跡へ行きます。

トゥライダ城の塔から、はるか向こうに小さく見えていた
あのスィグルダ城跡ですよ。

バルト3国24 ラトビアグートゥマニャ洞穴・スィグルダ城跡 
へ続きます。

 

いつもご訪問ありがとうございます。
応援クリックを押して頂けたら嬉しいです。 

 

こちらです。  

 



 ありがとうございます


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バルト3国22 ラトビア・朝の旧市街地散歩

2017-01-31 11:35:00 | 海外旅行2016バルト3国

1月も最終日になってしまいました。

10周年を記念してコメントを頂いた方々
本当にありがとうございました。

パソコンの四角い画面の向こうに、
あなたの笑顔を見れて嬉しかったです。

それに、先日、ブログランキングで2位になりました~と
書きましたが、

その後、なんと、一瞬ではありますが、1位になったんですよ。

たまたま、ランキングを見た時、1位になっていたのでびっくり。


主人に、見てみて~、1位になっているよ。言うと、

主人も、へぇ~すごいな~。
    でも、最近は僕も頑張って押してたんやで。

って、協力をしっかりアピール。

でも10年間も頑張ってきたんやし、何かお祝いしてあげんとな。
って言ってくれました。 やった~。

 

でも、この1位は皆さんの優しさですよね。
本当に、ありがとうございました。

コメントの中には、気楽に自分の事もかけるので
また、こういう機会を作ってくださいねというものも
いくつかありました。

じゃあまた、来年、11周年の記念の時にもやろうかな~
なんて思ったりして。。

2月になったら、もとのコメント欄に戻しますが
また、あと少し時間はありますよ~。
お時間のある方は、よかったらコメントして下さいね。

2月からもよかったらコメントお待ちしています。
お返事書くのは遅くなってしまうのですが、
必ずお返事しますので。。


さて、長い間、ほったらかしにしていたバルト3国の旅。
続きは、ラトビア・朝の旧市街地散歩です。

 バルト3国とヘルシンキ8日ツァー日程

バルト3国1 リトアニア・ヴィリニュスへ
バルト3国2 リトアニア・ヴィリニュス夕暮れ散歩
バルト3国3 リトアニア・杉原千畝公園・ケルナヴェの丘
バルト3国4 リトアニア・トラカイ城・昼食
バルト3国5 リトアニア・聖ペテロパウロ教会・三つの十字架の丘
 
バルト3国6 リトアニア・ヴィリニュス旧市街地観光1
バルト3国7 リトアニア・ヴィリニュス旧市街地観光2
バルト3国8 リトアニア・ヴィリニュス旧市街フリータイム1
バルト3国9 リトアニア・ヴィリニュス旧市街フリータイム2
バルト3国10 リトアニア・杉原千畝旧日本領事館
バルト3国11 リトアニア・カウナス観光1
バルト3国12 リトアニア・カウナス観光2
バルト3国13 リトアニア・シャウレイ~ラトビア
バルト3国14 ラトビア・リガ市内ホテル
バルト3国15 ラトビア・リガ1ユーゲントシュティール建築
バルト3国16 ラトビアリガ2聖ペテロ教会・市庁舎広場
バルト3国17 ラトビア・リガ3ドゥァマ広場スェーデンの門
バルト3国18 ラトビア・リガ4リーブ広場・中央市場
バルト3国19 ラトビア・ルンダーレ宮殿
バルト3国20 ラトビア・ルンダーレ庭園

 

バルト3国21 ラトビア・ラトビア伝統料理レストランの続きです。

5月1日(日)

朝起きてカーテンを開けると。。今日もいいお天気。

 朝食の為、レストランへ行きました。

昨日の夜旧市街地に行けなかったので、
朝食後、二人でぶらりと旧市街地まで散歩しようと
早めに朝食へやってきました。

 

 ツァーで一番かな。。なんて思っていたけど、全然。。
朝食を終えた人にすれ違ったり、
お散歩帰りの人に会ったり。。皆、早~い。

私達も大急ぎで朝食を食べて、

 

 朝の散歩へ向かいました。

橋の上から

ホテルを出て、橋を渡ると昨日観光した旧市街地。
旧市街地まで歩いて10分~15分ほどだそうです。


橋の手前の白いホテルが、私達の泊まっているホテルです。 

 

もうすぐ橋も終わり。
反対側に、ほら、旧市街地が、もうそこに見えてますよ。 

朝の旧市街地

まず行ったのが市庁舎広場。だ~れもいませんね。。
朝のブラックヘッドハウスも、なんだかひっそりとしています。

まだ、眠っているみたい。。。

リガ旧市街の中では最も大きいリーブ広場。

昨日、たくさんの人で賑わっていた広場も、し~んとしています。

静かな静かな朝の街。

空気は澄んでいて、これから始まるあわただしい一日を
息をひそめて待っている感じかな~。

でも、眠りから覚め一日の始まりを待つこういうひとときって好きです。

 ひっそりとした街を二人でぶらぶら。。 

 

昨日も見た、鶏の石像ですよ。
当然ながら、まだ売れ残っています。

だって、見て下さいよ。
2150ユーロ、日本円で25万ほど。。 なぜ

買っても、こんなのどうやって持って帰えばいいの?
。。って、もちろん買う気はありませんが。。

 

空の色が少し濃くなってきました。

朝のこの時間、静から動へ移る時間帯。
それぞれの家々で朝ご飯を作ったり、食べたりしているんでしょうね。

どこからか、またいたの上のネギをとんとんとんとんと叩く音や
ご飯の湯気の匂いがしそうな。。

。。って、ここはラトビアでしたね。

お店もまだ開いていませんが、でも、
ウィンドーショッピングは楽しめますよ~。

 可愛いお店や素敵なお店がいっぱい。

なんだか、この町を今二人だけで
占領してしまっている感じです。

ドゥァマ広場のリーガ大聖堂前には、車が停まっていて
何かの用意が始まりかけていました。

今日は、何かのイベントがあるのでしょうか。
ライブでもあるのかな。。

今日ここを発つ私達はみる事はできませんけど。。

今日一日、多くの新たなお客さんを迎えて、
この町もまた大いに活気づくのでしょうね。

 英国教会の見える路地を歩き、

素敵な石畳を歩く朝のお散歩。
なんか、いいですよね~。

ロマンティックで、映画の中に入ったみたい。

ちょっと早起きしたご褒美をもらった感じです。

でも、もうそろそろ帰らないと。。
川の向こうに、私達の泊まっているホテルが見えてます。

素適な気分で橋の上を歩いていたら、
なんだか主人がどんどん速足になって。。

どうしたん?って聞いたら、

いやぁ。。ちょっとお腹が。。。

え~。。大丈夫?

とりあえず、小走りでホテルに帰る二人でした。

 

 リガの町にさよなら

無事ホテルに戻って、最後にもう一度お部屋からの眺めを。

今回の旅行は、リトアニア・ラトビア・エストニアとそれぞれ2泊ずつ。

同じホテルに連泊できるのは、楽ですよね~。

今日は、これからラトビアのガウヤ国立公園へ行ってから
バルト3国最後の国、エストニアに向かいます。 

さて、ツァーバスがお迎えにきましたよ。

これから、約1時間かけてガウヤ国立公園へ向かいます。

 

バルト3国23 ラトビア・ガウヤ国立公園トゥライダ城
へ続きます。
 

 

コメント欄を元に戻しました。
皆さま、本当にありがとうございました。
これからもどうかよろしくお願い致します。

 

いつもご訪問ありがとうございます。
応援クリックを押して頂けたら嬉しいです。 

 

こちらです。  

 



 ありがとうございます。

 

 


 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

三国温泉おおとく 献上蟹と誕生日

2017-01-29 01:01:00 |  国内旅行

三国温泉おおとくへの続きです。

お料理の始まり

いよいよ蟹料理の始まりです。
まず持って来られたのが、蟹鍋の用意。

へぇ~、蟹鍋から始まるんだ。。とびっくり。

他の旅館だと、蟹鍋はたいてい最後の方に出てきて
もう一杯であんまり食べれない。。という感じになりがちですが、
ここでは、カニしゃぶから始まるのだそう。 

仲居さんがお鍋の用意から、蟹の身のしゃぶしゃぶに至るまで
すべてやって下さるのですが、

お鍋の用意ができるまでの間、せこ蟹や魚の子、
ズワイ蟹の酢の物などをちょっとずつつまみます。

う~~ん、美味しいね~。

どれも美味しくて、冷酒をちびりちびり。。飲みながら
至福のひとときですね~。

蟹味噌しゃぶしゃぶ

私知らなかったのですが、ここの蟹しゃぶは、
なんと蟹味噌のしゃぶしゃぶなのだそうです。

本当にお鍋の中に蟹味噌がたっぷり入っています。
蟹味噌のしゃぶしゃぶなんて、初めて~。

 絶妙のタイミングでしゃぶしゃぶされた蟹を
仲居さんが、それぞれのお皿に置いて下さって。。

あつあつ。。ふぅ~。。うまい

花が開いた蟹の足、何とも言えない甘さでおいしいです。
次は、蟹足に蟹味噌をたっぷりつけて頂くんですよ。

おいしくないはずがない。。ですよね。 もう、これ絶品。

そして最後は、この蟹味噌に日本酒を入れて飲みます。

。。なんて書いたら、すっごく飲んべいのように聞こえますが
そんなにたくさんは飲めないんですよ。。ちょっとだけ。

でも、誰だってやっちゃいますよね~。
蟹味噌入りのお酒なんて、こんな時にしか飲めないですもん。。

 

そして、こちらは蟹のお刺身。
つるつるの甘~い蟹足のお刺身です。

 献上蟹の登場

いよいよ、献上蟹が運ばれてきました。

献上蟹とは、皇室に献上する蟹の事で、
福井県の三国港水揚げの越前蟹を、
三国町内の4店の鮮魚店が持ち回りで担当し、
毎年この頃に、両陛下、皇太子家、秋篠宮家、
常陸宮家、三笠宮家に届けられるのだそうです。

越前ガニは、寒流と暖流のぶつかり合う三国漁港で獲れるため
身が引き締まり旨味が強いのが特徴だそうですが
その中でも、献上蟹の大きさは1.2キロ前後と
決められているそう。

うわ~、さすがに大きな大きな蟹です。

蟹と蟹の間に置いたグラスは一口のぐい飲みではありません。
ちゃんとしたグラスなんですよ~。 

こんな大きな蟹は見たことがありません。。
すごい。。 

越前蟹のタグ

越前港で獲れた蟹の足には黄色のタグが付いていて
水揚げ港である「越前港」の名前が書かれています。

この黄色のタグが付いた蟹が、皇室に献上される唯一の蟹
ということなんですよね。

 

さて、その皇室に献上されるのと同じ献上蟹を、
仲居さんが手際よく解体していって下さいます。

所作が決まっているかのように、流れるように美しく
解体していく仲居さん。

 甲羅には蟹味噌もたっぷりですよ。

大きな大きな蟹の足。

 

身もしっかり詰まっていて、甘くてとっても濃厚な蟹の味です。

これが献上蟹なんやね~って4人で感激。

お腹はかなりいっぱいだけど、献上蟹だけは残さず
皆食べきりました。
二人で1匹ですけど、もう、本当におなかいっぱい。。

越前ガニの皇室献上は2017年で91回目だそうで、
なんと100年近くもの長い間続いてきた三国町の誇り高い行事。

今年は、つい先日献上されたので、今頃は

皇室の方々も召し上がっておられるかもしれませんよ。。
なんて、仲居さん。

え~~、そうなんですか~。

献上蟹が頂けて、美味しくて幸せで、
でも、そう聞いて1瞬、恐れ多くて、
ちょっと背筋が伸びてしまいました。

蟹雑炊だけは

それから、焼きガニにモズクに、越前そばと続き、
おおとく名物、大きなじゃがいもの肉じゃがが出てきました。 

いや~、もう無理。。でも、手をつけないのももったいないし。。

 

それに、最後にこれだけは食べないと。。
蟹の身がたっぷり入った蟹雑炊です。 

 美味しい。。。苦しい。。でも、美味しい~。

こんな時でも、デザートは別物で、
お腹に入ってしまうのは不思議です。

母の92回目の誕生会

テーブルの上をすべて片づけてもらってから
(お腹が空くための時間稼ぎです。

預けておいたケーキを持ってきてもらいました。

いちごたっぷり、生クリームのケーキです。

ろうそくに灯をつけてハーッピバースディーの歌を
みんなで歌います。 

お宿からコーヒーのサービス。
誕生日のプレゼントかな~。ありがとうございます。 

このケーキ、生クリームが甘すぎず美味しくて
スポンジもふわふわ。
美味しいケーキ屋さんというのは本当でした。

なんと、皆、完食してしまったんですよ~。

1月22日(日)

 一夜明けて、朝8時からのゆっくりめの朝ご飯です。

ずら~っと並んだ朝ごはん。
お店手作りのラッキョウやへしこもあります。

干物もお豆腐も美味しい~。
でも、一番の御馳走はお味噌汁だったかも。
おだしの優しい味、辛過ぎずうまみのあるお味噌
とっても美味しいお味噌汁でした。 

お世話になりました。
献上蟹、きっと一生の思い出になりますね。

おおとくには、海沿いにレストランもできていて、
ランチだけでも食べれるそうですよ。

また、美味しい魚や蟹を食べに行ってみたいおおとくさんでした。

大型ショッピングセンターLpa

この日は、雪は降らなかったけど、朝からあいにくの雨模様。

久々にお出かけした母が買い物をしたいというので
大型ショッピングセンターに寄ってみました。 

 

福井名物ソースカツを今晩の夕ご飯様に買ったり、
フレッシュ生ジュースを飲んだり。。

その後は、母のお買い物タイム。
私は、母について、洋服や鞄を取ってあげたり返したり。。

その間、主人と弟は店内のベンチに座って休憩、
時々、二人で何か話しています。

そして、どうなった~。。?と聞きに来たり。。

結局1時間くらいかけて、母は、赤と青のカーディガン2枚、
赤のトートバッグと茶色の鞄を買いました。
 

 いくつになっても、女性にとって買い物は楽しいもの。

それをベンチでじっと待っていてあげた主人と弟、
なんだか、二人ともとっても優しいな~と思いました。

ピッザ ピソリーノ

お昼は、どこにしようと悩んだのですが
雨も降っているので、ショッピングセンター敷地内の
イタリアンピソリーノへ。 

結婚人気のお店の様で人が並んでいます。

この窯で、ピザを焼いてくれるんですね。 

でも、このお店なんと食べ放題のお店だったのです。

食べ放題といわれても。。
50代、60代と90代のメンツ。
どう考えても一番元の取れそうにないメンバーです。

でも、母もピザは好きなので、ま、それなりに頑張りましょう。 

 

 帰り道は雪

北陸から京都に帰るにつれ、雪が多くなっていきます。
これって、どういう事??

でも、道路には雪もなく、車はスタットレスなので安心。
しかも今回は運転手が二人いるので、
主人と弟が、眠くなったり疲れたら交代で運転してくれて
楽だったようです。

私はいつも楽ですみませんねぇ。。 

 京都大原志野

大原の志野で、ゆず白味噌ドレッシングと
ぴり辛ごまだれを買って帰りました。

私の中で、ゆず白味噌ドレッシングは
今ブームなのです。 

 美味しいお土産

今回は、食べ物のお土産がいっぱい。
弟が、これもうまいよ、これもうまいよと色々と教えてくれるんです。

 この他にも、小芋や干しシイタケ、さつま芋。。

久々の弟も一緒の旅、献上蟹を食べて母の誕生祝をして、
そして、美味しいものをいっぱい持って帰った旅でした。

やっぱり、旅は楽しいものですね~。


 

さて、この次からは、ながらくほうっておいた
バルト3国の旅の続きです。

 バルト3国とヘルシンキ8日ツァー日程

バルト3国1 リトアニア・ヴィリニュスへ
バルト3国2 リトアニア・ヴィリニュス夕暮れ散歩
バルト3国3 リトアニア・杉原千畝公園・ケルナヴェの丘
バルト3国4 リトアニア・トラカイ城・昼食
バルト3国5 リトアニア・聖ペテロパウロ教会・三つの十字架の丘
 
バルト3国6 リトアニア・ヴィリニュス旧市街地観光1
バルト3国7 リトアニア・ヴィリニュス旧市街地観光2
バルト3国8 リトアニア・ヴィリニュス旧市街フリータイム1
バルト3国9 リトアニア・ヴィリニュス旧市街フリータイム2
バルト3国10 リトアニア・杉原千畝旧日本領事館
バルト3国11 リトアニア・カウナス観光1
バルト3国12 リトアニア・カウナス観光2
バルト3国13 リトアニア・シャウレイ~ラトビア
バルト3国14 ラトビア・リガ市内ホテル
バルト3国15 ラトビア・リガ1ユーゲントシュティール建築
バルト3国16 ラトビアリガ2聖ペテロ教会・市庁舎広場
バルト3国17 ラトビア・リガ3ドゥァマ広場スェーデンの門
バルト3国18 ラトビア・リガ4リーブ広場・中央市場
バルト3国19 ラトビア・ルンダーレ宮殿
バルト3国20 ラトビア・ルンダーレ庭園
バルト3国21 ラトビア・ラトビア伝統料理レストラン
の続きですよ~。

 

いつもご訪問ありがとうございます。
応援クリックを押して頂けたら嬉しいです。 

こちらです。  



 ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

三国温泉おおとくへ

2017-01-25 15:00:00 |  国内旅行

只今~。蟹旅行から22日夜帰ってきました。
心配した福井の雪は全然なくて、
え。。?と雪がない事にびっくりするほど。

京都の大原からの途中越えは結構雪が残っていて
この分だと福井は大雪か。。と心配したんですけどね。

でも、おかげさまですっごく美味しい蟹も頂いて、
母の92歳の誕生日をお祝いする事もできました。

1月21日(土)

昨年末、恒例の蟹旅行に行けなくて、
新年早々出かけた蟹旅行。

いつもは主人と母の3人で行くのがほとんどなのですが、
今回は弟も参加して4人旅です。

母にしてみたら、自分の子供達2人が一緒で
ちょっと嬉しそう~。
なかなかこういう機会は作れませんもんね。。

京都大原

京都の大原辺りは雪景色。なんだかひっそりとしています。

この辺りが一番雪が多かったかもしれません。
この後、私達の心配をよそにどんどん雪はなくなっていきましたから。。

 杉津パーキング

杉津パーキングで休憩。
冬の敦賀港が見えています。 

寒そうな日本海。でも、冬の海にしては穏やかそうかな。
雪も少ないですよね。。

 実は、最初14日15日で行こうかと思っていたので
21日22日に変えて大正解でした。
先週だったら、大寒波と大雪で三国温泉までたどり着かなかったかもしれません。

私も母も大好きな五月ケ瀬(さつきがせ)煎餅、ありました~。
もちろん、ちゃんとゲットしましたよ。

 武生ナイフビレッジ

北陸自動車道を武生ICで降りて武生ナイフビレッジへやってきました。
武生は包丁やナイフで有名な町だそうですよ。

年末に蟹鍋をする時、いつも主人が蟹を包丁で切ってくれるのですが
いまいち切れ味がよくなくて大変そう。
それで、蟹用の包丁を買うつもりでやってきたのです。

この円柱形の建物が、包丁の売店と越前打刃物の資料展示館。
建物の2階からは鋳造工場内も見ることができるんですよ。

 こちらは刃物作りの体験工房だそうです。

まず、武生ナイフビレッジ内の鍛造工場見学です。
車椅子でも見学ができて、母も面白そうに見ていました。

刃物に焼を入れる職人さん。刃先が赤くなっています。
こんな風にして刃物を作っていくんですね。。

 

展示場で見た包丁の一部。。

キャベツ切りにレタス切り、白菜切り。。とあって、
すごい。。野菜ごとに包丁があるの??とびっくり。

家ではとても区別なんてできませんよね。。

 蟹用の包丁

さて、本日の目的、蟹用の包丁です。
蟹なら、片刃包丁がいいですよと勧められて1本購入。

1本2~3万する包丁もずら~っと並んでましたが、
私達が購入したのは七千円程のもの。
それでも、結構思い切って買ったんですけど。。

展示品には、可愛いくてお洒落なナイフもいっぱい。

 蟹用の包丁以外にも、野菜千切りができるビューラーや
足の爪切りなども買いました。

母は、今も自分で足の爪切りができるのですが
やりにくそうなので母にも一つプレゼントです。

 

 めん房つるつる

お昼ご飯は、お蕎麦のめん房つるつる。

古民家を利用したお店で、越前そばが食べられるそうですよ。

 中は広くて、落ち着いたいい雰囲気。

仕切りの大正ロマンっぽい赤や白・緑のガラスが素敵です。 

 頼んだのはおろしそば。
 福井名物越前そばを大根おろしの入ったおつゆで食べます。
こしがすっごくあって、美味しいお蕎麦でした~。

ケーキ屋ペルシュ

お蕎麦屋さんで、

近くにケーキ屋さんってありますか?と聞いてみました。

母の誕生会の為のケーキを買いたかったのです。

若い女の店員さんが、
ここはおいしいですよ~と教えてくれたケーキ屋さんは、ペルシュ。

ありました~、ここがペルシュの様です。

 店内はお客さんでいっぱいで人気のケーキ屋さんの様子。

いちごの生クリームの小さなホールケーキが一つ残っていたので
それを購入。

おばあちゃんでなく、〇子さん、お誕生日おめでとう~
と書いてもらいました。
ろうそくは、2本だけ。
まさか、92本は乗らないですもんね。 

さて、ケーキも買ったし、いよいよ
本日のお宿おおとく目指して走ります。

 おおとくへ

途中、雲間から太陽の光が漏れ、
地上に太陽光線の柱が降り注ぐ「天使のはしご」が見れました。

新年から素敵な天使のはしごが見れて感動です。

 雪の全くない東尋坊を越え、

 日本海に沈もうとする夕陽をみて、

 ようやく、三国温泉おおとくへやってきました。

三国温泉おおとく

おおとくは弟おすすめのお宿。
小さなお宿ですが、お料理が抜群で、弟たちは何度も行っているようです。

この辺り、まったく雪がありませんでした。
ある程度の雪を覚悟していたのですが、
助かったような、でもちょっと残念なような。。

 

 実は私達も、10年前に息子たちと一緒に家族4人で来たことがあるんですよ。
その時も、弟においしいよ~と勧められて。

越前の旅1 2007年8月三国温泉おおとく

 今回、ここに来たのは、一つ目的がありました。

同じ越前蟹でも、ここ三国の蟹には
献上蟹と言って、天皇家に毎年献上される蟹があるのです。 

 このお店では、その献上蟹が食べれるのだとか。。

一生に一度でいいから献上蟹が食べてみたい。。と、弟と私達。
母の92歳の誕生日でもあるし、

では、ここは献上蟹を張りこんでみましょうかという事になり
ここにやって来たのです。

 

増築やリフォームされていて、
10年前のおおとくとは全然違っていました。

10年前に来た時は民宿というイメージでしたが
今は、しっかりお宿おおとくです。

お部屋は、母が大浴場には入れないので、
お部屋に温泉風呂の付いた椿の間をお願いしておきました。

母のタイミングでゆっくり着替えて、ゆっくり入れるので
助かりました。

主人と弟は2階の展望風呂に入り
私と母は、お部屋のお風呂に。。

それぞれお風呂から上がり、ビールを一口。

 

 お風呂上がりのビールはおいしいね~。

でも、これだってゴクゴクは飲めませんよ。

なんたって、献上蟹が待っているんですからね~。

 

 三国温泉おおとく 献上蟹と誕生日へ続きます。

 

 いつもご訪問ありがとうございます。
応援クリックを押して頂けたら嬉しいです。 

こちらです。  



 ありがとうございます。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年新年会

2017-01-21 09:00:00 | Weblog

新年会

先日、仕事関係の新年会に行ってきました。

あんまり大きな新年会には行かず、
例年、友人とこじんまりと新年会をすることが多かったのですが、
今年は、皆でちょっと参加してみる事にしたのです。

演壇の上で話されるお偉方のお話を、まず聞いたのですが、
皆さん、やっぱりお話が上手。
話慣れておられるのでしょうね~。

蓮の台

その中に、蓮の台(うてな)の話をされた方がおられました。

蓮の台(うてな)とは、お釈迦様が座る台座の事だそうです。
いつか人が死んで、蓮の台(うてな)に座るお釈迦様の前に行った時

お前はあの世(この世の事ですよね)で何をしてきたのかと聞かれたら、
いったいどう答えるのかという話をされていました。

僕は、こういうように答えられるようにしたい。。と、
具体的に力強くお話をされていましたが、

私だったらどう答えるだろう。。。

と、私はちょっと考えてしまいました。

私は、これをしてきました~と自信もって言えるような事
この世でできるんだろうか。。

そりゃ、困っている人は助けてあげたいと思うし、
人に優しくだってしたい。
人の為に何か役立てることがしたいとも思っている。。
でも、それは、人並みなことで特別な事ではないし。。

でも、これからの残された人生、

お釈迦様の前で、顔をあげて自信たっぷりに言えなくても
ちょっとだけ、こういう事で貢献できたかもしれません。。

ってつぶやけるくらいの事、ちょっと頑張ってみようかな~。。

そんな事をふと思った年の初めでした。

お食事

さて、新年会のお食事は、フレンチのコース。

大人数なのに、ホテルのホールスタッフの方が
きびきびと給仕されていました。
帆立を使ったお魚料理が美味しかったですよ。


そして、皆さん、コメントをありがとうございます。

10周年記念の面白企画にお付き合い頂いて感謝しています。

それに、もう一つびっくりしたことも。
私は、今、ブログランキングのヨーロッパ旅行に参加しているのですが、
(最近、ヨーロッパ旅行の事は全然書いていないのにも関わらず。。

それが、数日前、なんと2位になったんです。

すご~い。。と、びっくり。

きっと、コメントはしなくても、ランキングのポチは
押しておくねという方がおられたのではないかと
勝手に想像しています。

ポチを押して頂いた方、ありがとうございました。

コメントの承認制は、今月いっぱい取らせて頂きますので
その間に、もしよかったらコメント下さいね。

あ。。もちろん、2月になってからもお待ちしていますね。

 

さて、今から1泊で蟹旅行に行ってきます。
雪、大丈夫かな~。。

ちょっと心配ですが、美味しい蟹が食べれますように。
では、行ってきます。

 

いつもご訪問ありがとうございます。
応援クリックを押して頂けたら嬉しいです。 

こちらです。  



 ありがとうございます。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加