花ごよみ

映画、本、写真など・

マリー・ローランサン展

2008-03-30 | 美術
サントリーミュージアム天保山
(大阪市港区)

青春時代、ピカソ等、
パリのモンマルトルの
仲間達との親交。
アフリカ美術の影響を経て、
フォービズム、キュビズムの中にあっても、
独自の道を歩み出す。


(パブロ・ピカソ)
マリー・ローランサンにとっては、
珍しい男性の絵。
キュビズムの画家達と
親交があった時期の絵。


(白い羽根飾りの黒帽子を被った乙女)
グレー、ピンク、水色、
単純な色彩を駆使し、
ローランサン独特の、
世界観を感じる画風へと移行。

 
(チェロと二人の姉妹)

初期の作品は、
うすく描かれた特徴ある眉と鼻、
卵形の顔の女性像。

後期の絵は黄色、朱色など
明るい色彩を用いて華やかで、
生命力なあふれた絵。

白い肌、柔らかな肩の線。

微妙な色彩がミックスして
柔和で繊細な印象を受ける。

舞台美術、衣装デザインなど多彩な才能。

水彩画、版画も展示されています。


 
(三人の乙女)
晩年は赤、黄を使用して
筆のタッチも大胆。


73歳の生涯、
優しい女性像を、
独自の色彩感覚によって、
描き続けた画家。

色彩の明るさ美しさ。
ローランサン特有の優しく、
淡い色合い。

目の保養になりました。

3月8日(土)~5月11日(日)



コメント (4)

Sweet Rain 死神の精度

2008-03-29 | 映画
伊坂幸太郎の連作短編集の映画化。

主役の死神は金城武 。
小西真奈美 、富司純子 、
光石研 、石田卓也等が出演。



本は読んでいます。
でも、読んでからかなり経っているので
おおまかな内容しか憶えていません。

映画を見て徐々に
記憶が甦ってきました。

死神が、自分の担当する
人間を観察して死の判定する。

死神の名は千葉。

ミュージックが大好き。
本人は真面目に仕事をしていても
他の人から見るとちょっぴり不思議男。

原作を実写化、そして主人公が金城武。
そのことを知った時は、
ちょっと意外でしたが、
彼の、のほほんとした雰囲気が、
原作の死神によくマッチしていて
イメージに適っていました。



金城武のような優しい死神。
死ぬときにはこんな
死神に出会いたいものです。

クスッと笑う場面もあります。

3っつの連作のつながりも
無理なく感じられました。

本でも体験しましたが
映画でも同じ様な感じで、
なんともいえない
フワフワッとした、
ファンタジックな空気感が
漂っています。

本の感想は→コチラです。







コメント (2)   トラックバック (21)

大阪城公園近辺に咲く春の花々☆

2008-03-28 | 古寺(花など)
白木蓮が満開。

OBP(大阪ビジネスパーク)の、
光景も華やかな春の明るさに彩られます。




川岸に続く白木蓮。
豪華です!!


クリスタルタワービルを
背景に咲く白木蓮。



桜も開花し始めました。
春本番!!








こちらも白い花、
川岸にさく雪柳。
コメント (12)   トラックバック (3)

大阪城公園の桃園

2008-03-26 | 古寺(花など)
大阪城公園で途中下車、
別に期待もしていなかったのに
もう桃園では桃の花が咲いていました。

予想外でうれしかったです。

曇っていて、
バックに青空がないのが少し残念…。

ここは色々な種類の桃が楽しめます。

白、ピンク、紅、
春にぴったりの
優しい色合いのハーモニー。



















コメント (8)   トラックバック (2)

ナリキンソウ(成金草)の花&虹の玉

2008-03-24 | 家の植物たち
ナリキンソウの花。

次々咲き出しています。
本当に小さな花ですが、
アップで見ると星のようで、
愛らしい花です。




ナリキンソウの全体像です。


赤く色づいた多肉植物、虹の玉。

根を付けながらよく伸びた茎、
強い生命力を感じます。



コメント (17)

明日への遺言

2008-03-21 | 映画
主役の岡田資中将を、
演じるのは藤田まこと。

その妻に富司純子。

田中好子、西村雅彦、蒼井優、
頭師佳孝が、証人役で
出演しています。

ナレーションは竹野内豊。
これはエンドロールを見るまでは
気づきませんでした。

藤田まこと演じる岡田中将は
何事にも動じない精神力、
全て一人で背負っていく。

 

責任感も強く、
欠点のない立派な、
人間という感じに
描かれています。

検事さえも岡田中将の人間性に触れ
次第に中将を見る目が
変化していきます。

富司純子演じる夫人、
言葉は少なくても、
夫を見つめる顔の表情、
態度で、落ち着いた、
慈愛に満ちた心を感じさせました。

 

この映画は法廷内と、
巣鴨プリズンの映像が、
大部分を占めています。

岡田中将の主張は
一般市民に対する
執拗な無差別攻撃について
問題視しています。

捕虜として食事を与え
情報を引き出すなんてことは
荒廃した精神の中では
思い至らない状況。

戦闘場面は描かれず、
大空襲はニュースフィルムで表すといった
技法が採られています。

この映画に加えて
少し前に見た、
テレビドラマ[東京大空襲]なども、
今まであまり知らなかった、
戦争の事実について、
再認識させられました。

中身が濃厚な作品でした。

たった60年前にこんなことが
あったなんて…。







コメント (2)   トラックバック (9)

水仙&サヤエンドウ

2008-03-20 | 家の植物たち
いつ球根を土の中に入れたのか分からない
ラッパ水仙が開花しました。

多分3、4年ぐらい前、
越前で買ったのだと
思うんですが…

 


サヤエンドウの花が咲きました。
思いがけなく可愛い花が咲いてうれしいです。
実が成ったら食べよう。
w楽しみ♪





コメント (6)

百合の花を絵に‥

2008-03-18 | 水彩画

↑クリックで拡大できます


以前アップしたゆりの花を絵にしてみました。

移りゆく季節、
もうすぐ本格的な春。

楽しいはずのこの頃、
花粉が邪魔をします。

憎き花粉!!
 
コメント (8)

城南宮に咲く椿 (京都市伏見区)

2008-03-17 | 古寺(花など)
↑の椿、不思議な花びらです。


真紅のあざやかさな椿。

つやのある葉が椿の美しさの
アップに貢献しています。


明るい春の日差しをうけ
咲く椿。

優雅な色、
静けさを感じるたたたずまい。
その花の、うちに秘められた、
和の情緒に惹かれます。




馬酔木の花

鈴のような小花が
房になっていて可愛い!!
コメント (8)

城南宮神苑の枝垂れ梅

2008-03-15 | 古寺(花など)

(京都市伏見区)


ピンクの枝垂れ梅が重なり合い
見事な景観を成しています。

その美しさに圧倒されます。





前日の雨のせいか、
地面に散り敷かれた花びらによって、
照らされているように明るく、
華やかさを増しています。


前方の赤い散り椿が、
彩りを添えています。






コメント (14)   トラックバック (2)