日々雑感 ~写真と思い~

今日と言う日は、二度と来ない。 
だから今日を大切に。そんな私のコンデジ散歩。 

* 雑感・・ *

2017年04月16日 | 雑感

 

 五年前に近所の八幡屋公園で撮った一枚。

なんか・・長年連れ添った夫婦の・・なんか・・感じて。

それともいつか来るかもしれない自分たちの姿を重ねたりしたのかも知れない。


 前に娘たちに言われた。

「今の時代、どちらが先にどうなるか分からない、父さんは自分のこと自分でするようにしないと後で困るよ」

 亭主関白? いえ、妻たるや尽くすのがあたりまえと母に言われ年を重ねた来た私の精。

私が夫の世話するつらつら、「自分たちは夫にここまでは出来ないし、旦那さんにはようしない」と言う訳だ。

しかし「親父としては最高だとの褒め言葉を付け加えた。


 あれから少しは夫に用事をしてもらうようにしたりはするが、なかなかね・・。

「まだ若いからよ。 私の身体が言うこと聞きにくくなった今、ご飯も炊くし掃除洗濯何でもしてくれるよ」

 
 やりたいことに益々意欲満々な夫に対し、やりたいことに消極的になり疲れやすくなった私がいる。

けど、これではあかんなぁと思い、ぼちぼち書いて行こうかなと。


この記事をはてなブックマークに追加

* 文月を迎えし候 *

2015年07月02日 | 雑感

 

『昨日を忘れ 今日を喜び 明日を楽しめ』

過去に思いをめぐらせず、昨日のことを今日や明日と持ち続けない。
来る明日や将来起こることにも不安がらず、
出来湧いてくることに不足や不満を言わず、すっぽりと受け入れ対応すること。

金光教を信仰されていたお母さん、今尚学ばれるおばさんからの受けうりだそうである。

分かってはいても、つい目の前のことに憂いたり腹を立ててみたり無駄な心をもってしまう。
そんなときは、自分の成長は止まっている。
感謝の気持ちを忘れている。

いつも聞いてくれて、アドバイスしてくれる友人に感謝。
一年の半分が終り、下半期の始めに入った。
気持ち、切り替えられそう。
明日の糧となるような、今日一日を過ごせるように

如月も弥生も好きだけど、文月・・言葉がかもしだす雰囲気、大好き。 
少しでも繋がる人々に、ご無沙汰を兼ねて私にとっての文の月なりますように。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

* ジャカランダ花情報2015 八幡屋公園(おわり) *

2015年07月01日 | 花や木


(花は散ってきてるやろうなぁ)
雨が降るたびに思いながら、行けないまま(行かないまま)10日を過ぎてしまった。

午前中も良く降った。
雨上がりの夕どき、公園には水溜り、あまり来る人もなく。
やはり終わっていた。 花びらがいっぱい落ちていた。 

昨年より花つきが少なかった気がするが、落ちた花に(ジャカランダさんお疲れさま)そんな気持ち。
世界三大花木のひとつですもの、年々来られる方が多くなってジャカランダも人疲れかなって。
今年は細やかに情報を伝えられなくて、申し訳ない。

そこでジャカランダファンの皆さまにご案内です。
今年の大阪ジャカランダ巡りをされた『芳郎のスペース』yoppyさんをご紹介します。
来年はご参考に、どうぞ大阪のジャカランダ咲く場所をお尋ねになられたらと思います。
今年こそ一心寺さんのジャカランダ見に行くぞ・・と思っていたのに。

ネジバナの枯れた群生の所々に、何本かの花が残っていた。
椿の実がいっぱいついていた。
大阪プールのそばにはラベンダーが、雨上がりの夕風に揺れていたりして。


ジャカランダの花はなかったけれど、そんな華やかさはひとつもないけれど、
ひっそりとそしてあちこちに群生する雑草扱いのヒメジョオンの花は、返って愛おしく思えた。

    

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

* 夏至 さむい勘違い! *

2015年06月22日 | 行事




北半球では、昼間が一番長い日。 よって夜が短い。

夏至・・夏至と、聞いたり見たりしているのに私、
どこでどうインプットされたのか?
(今日は冬至や・・かぼちゃ炊かないと・・)

夫にも
「冬至やし、かぼちゃ食べて無病息災、元気で過ごしましょう」
無理に食べてもらったわ。

記事に書くときはじめて気がついた!!
じぇじぇじぇ! (もうこんな言葉使う人はいない)

夏至やん! きゃー!!!
恥ずかしーーー!!

冬至はかぼちゃや、ゆず湯だけど、
ところで夏至って何食べるん?

それにしても思い込んではまってる私も私だけど、
冬至だからかぼちゃと聞いて、何も思わず食べる夫も夫だ。

夫婦、危うし!


この記事をはてなブックマークに追加

*三室戸寺 *

2015年06月20日 | 風景・お出かけ


TVでも新聞でも、京都の三室戸寺の紫陽花が見頃と紹介された。
夫は気になっている。 
私は昨年、長女が連れて行ってくれたので、それで良しと思っているのだが。

長女が始まったライトアップに行こうと言ってくれたが、宇治は夕方から雨の予報なので、
お昼行くことになった。 夫や次女親子と6人で。

えーー! すごい人やん!
そう言えば昨年はウィークデーだったからまだ少なかったのだ。

 
境内は言わずもがな、大勢の人・人・・多国籍の人・人・・




昨年も携帯の社務所で旦那さんのと私たちのためにお守りを買ってくれた。

 
50種1万株、紫陽花園。 人が後から後から来るので、ゆっくり写真は摂れない。 
人を避けるとお茶畑の静けさと杉木立バックに、紫陽花が映える。

 
昨年の方が落ち着いて撮れたし、今回は私いまいち。

 
前からばかりでなく、後姿もいいよね。




いくつあるだろう、ハートの形した紫陽花。

 
数ある中でこれかな、お気に入りの写真。

 

 
1時間40分の散策だった。
もう堪能。

宇治の甥っ子に電話、毎日食パンを予約していると言う行列の出来るパン屋さん「たまき亭」を聞いて立ち寄る。
やはり行列が・・、行く人は心なしか走っている~。 夫や娘たちも並んで、いくつも買ってきた。
写真を撮るのを忘れて、みんなで車の中で食べてしまった。

その後ナビが近くの流れ橋を拾ったのでそちらへ。
道の駅・・深緑そして紫陽花、最高に心潤った土曜の昼下がり。
 


上がろうと思ったら夫が先に「上がって来んでもいいで、何もないぞ」
私の足を気遣って言ってくれた。 でも見たかった、田園風景。
流れて無かったけれど、ロケにも使われる有名な流れ橋があったの


流れ橋交流プラザ、四季菜館 色んなお野菜、赤紫蘇があったので買った。 紫蘇ジュース作ろうっと。
帰りには雨がパラパラ、雨足も強くなりお昼にして良かったわ。


この記事をはてなブックマークに追加