花ごよみ

映画、本、写真など・

梅の花

2006-02-27 | 家の植物たち
 
 
植木鉢の梅がやっと開花しました。 
うれしいです!! 
 
外気はまだまだ冷たくても、
梅の花に春の訪れが感じられます。
コメント (6)

県庁の星 

2006-02-26 | 映画
 
 
民間企業との人事交流研修の為、 
 倒産寸前のスーパーマーケットに派遣される
 野村聡(織田裕二)。 
 
 200億円の「特別養護老人施設建設」の、 
 ビッグプロジェクトをステップアップに 
 さらなる上を目指す。 

 スーパーでの野村の教育係は 
 自分より年下のパート店員の二宮あき(柴咲コウ)。 

 織田裕二、柴咲コウの2大スターが初の共演。

 野村聡(織田裕二)は出世しか頭にない、 
 融通の利かない役所人間。 
 どこかにいそうです。 
 他の出演者もみんなどこかにいそうな人達。 

 柴咲コウのインパクトの強い大きい目、 
 目を細めて笑うとかわいい。
 髪の毛,いつの間にあんなに長く!!
 
 一番にお客さんのことを考えた、
 てきぱきした仕事ぶり。
 キリッとした印象で好感度UPです。  

 大型プロジェクト、箱物行政、業者癒着、 
 無駄な公共事業…。
 スーパーの内部事情。
 現実にもありそうな問題を提起しています。

 主人公の心の改革は出来ても、 
 役所の改革は?……。 

 役所と民間の考えかたの差に、 
 むなしさを感じてしまいます。 

 声に出して笑うことも、涙のシーンもなく、 
 割と淡々と物語は進行していきます。 

 日常の生活の中で起こりえる
 身近な事件に関わる、 
 普通の人々を描いてるので、
 ハラハラ、ドキドキのシーンもあまりなくて、 
 ラストもなんとなく想像できてしまう。 

 そして、やはり、思っていたとおりに 
 一応、ハッピーエンドで、 
 穏やかな物語でした。 

 でも、公務員、公共事業のあり方についても、
 風刺のきいた物語でもありました。
 



コメント (6)   トラックバック (45)

黒法師

2006-02-26 | 写真(花など)
                         
(淡路夢舞台温室)

変わった名前の多肉植物です。 
黒光りしています。

調べてみると日光にあたったら 
黒くなるのだそうです。
 
コメント (2)

PROMISE -無極- (2005) 

2006-02-23 | 映画
 
架空の時代のアジアが舞台。
 チェン・カイコー監督の 
 ファンタジーエンターテイメント大作。
 
 運命(プロミス)にもてあそばれる男と女。

 大将軍、光明には真田広之。
 奴隷役の昆崙にはチャン・ドンゴン、
 香港のセシリア・チャン。
 ニコラス・ツェーが出演。

 真田広之の流ちょう(だと思う)な中国語に 
 ビックリしました。
 スゴイです。 
 どんな学習方法をしたのか興味あります。 

 ニコラス・ツェーは 
 ヘアースタイルも現代的で 
 冷徹な目が魅力的でした。 
 所作にも優美さを感じました。 

 チャン・ドンゴンはヘアースタイル、 
 衣装的には損な役柄でした。 
 なんと言っても奴隷役ですから。 

 走るシーンは余りにも速すぎでしょう。
 とても人間技とは思えない。 

 そういえば白い羽の衣装を着て飛ぶシーン、 
 華麗なシーンでしたが、 
 あれも人間じゃなく鳥ですね。 
 この物語は人間世界の話じゃないのかも。
 鳥かごもあったし・・・
 
 イノシシ?牛?の駆け抜ける 
 特撮映像、迫力ありました。 
 ねずみの大群の大移動のようにも見えました。 
 
 この物語はいったい、 
 どの方向へ進もうとしてるのか?
 不安な気持ちで見ていましたが、 
 ラストには色々分かってきて、
 うまくまとまっていき、
 心の中で、一安心といったところです。 

 結局この映画は主役の三人、 
 大将軍(真田)奴隷(チャン・ドンゴン) 
 敵役(ニコラス・ツェー)の
 三者三様の一人の女性に対する 
 それぞれの愛の物語でした。

 (HERO)(LOVERS)ばりの映像美と 
 アクションのすごさ、  
 エキゾチックな音楽,
 それなりに面白く、楽しめる映画でした。
コメント (6)   トラックバック (21)

翡翠葛 (ヒスイカズラ)

2006-02-23 | 写真(花など)
 
                  (淡路島夢舞台温室)
 
フィリッピン原産のまめ科植物。
きれいなエメラルドグリーンの 
不思議な形の花です。 
垂れ下がっている姿は 
プラスティックで作った
藤の花みたい。 
神秘的な美しい花です。 

 
画像クリックで拡大します。
拡大画像右下に表れる黄色の四角をクリックで最大 

コメント (2)

淡路島夢舞台

2006-02-20 | 写真(花など)
  
             奇跡の星の植物館
                     (淡路島夢舞台ラン展2006)
 
 
 色鮮やかなラン、変わった形のランなど、
   色々な種類のランが展示され、
   その多彩さに驚かされます。
   日本最大級の温室だそうです。 

   
     
   
  
    
   
    
  

   

     

    

    
  
     
   
     
   



   
   
    
    
  
コメント (12)

淡路島 黒岩水仙郷

2006-02-19 | 写真(花など)
            
                   (兵庫県南淡町) 
  紀淡海峡に面した斜面に育つ、 
  自生の水仙の群落。 
   
  甘い香りを放ちながら 
  陽の光を浴びている。 
   
  ここはもう早春!!

   

   

   

    

   
   
  海上に見えるのは沼島。
    
    
    
   珍しい八重の水仙を見つけました。
コメント (10)   トラックバック (1)

眼薬…。

2006-02-15 | その他
 
 


目が充血して少し痛むので医者に行ったら 
  こんなに沢山の眼薬を頂きました♪   
  何も考えずにボーーッと注していたら
  どれを注してどれを注していないか、
  分からなくなってきます。 
  全部同時に注していいそうです。 
  目の中でミックスして化学変化起こしそう…。 
  
  詳細はドライアイ用、抗菌剤、ステロイド、
  花粉症予防2本です。
 
  
コメント (6)

シクラメン

2006-02-15 | 水彩画
  
   真っ赤なシクラメン、 
   可憐な美しさ
   特徴のある花弁と葉、
   描いていても楽しい気持になります。 


コメント (2)

シリアナ 

2006-02-13 | 映画
              
                     
   
地球は陰謀でできている。



 ジョージ・クルーニー(ボブ・バーンズ)…CIA諜報員。
 マット・デイモン(ブライアン・ウッドマン)…ジュネーブ在住の石油アナリスト。
 ジェフリー・ライト(ベネット・ホリデイ)…弁護士、アメリカの巨大石油会社の合併調査が任務。     
 マズハール・ムニール(ワシーム)…パキスタンから中東の油田で働いている。
                  出稼ぎに来た青年。 
 
 
シリアナとはCIAで用いられている 
 中東再建プロジェクトを指す専門用語。 

 中東、アメリカの石油業界と共謀した国家が 
 生み出すテロリズム。 
 
 元CIA工作員ロバート・ベアの実体験を参考。 
 
  監督はスティーブン・ギャガン

 ジョージ・クルーニー(ボブ・バーンズ)
 マット・デイモン(ブライアン・ウッドマン)
 ジェフリー・ライト(ベネット・ホリデイ)
 マザール・ムニール(ワシーム)
 主にこの4人を交互に描いていく。 
 この設定と、入り組んだストーリー展開は、 
 理解しようと気合いを入れて見なければ、 
 置き去りにされてしまう感じです。 
 
 ストーリーの概要は公式サイトで前もって 
 頭の隅に入れておいた方がいいかもしれません。
 でも、このあらすじだけにしても複雑です。

 弁護士ジェフリー・ライト(ベネット・ホリデイ)の役割が 
 映画をみただけではあやふやでよく分からない。 
 
 マット・デイモン(ブライアン・ウッドマン)の 
 子供の死は何を目的としてなされたのか? 

 ジョージ・クルーニー(ボブ・バーンズ)の終盤の行動の意味。
 危険を教えようとしたのか? 
 それとも、何かを仕掛けようとしたのか? 

 ??が一杯!! 
 大事な所が頭の中で整理されなくて 
 消化不良に終わってしまいました。 
 
 体重を13キロ増やし
 太っておなかの出たジョージ・クルーニーもみものです。 
 俳優って大変だと思います。 
 体壊してしまわないのでしょうか?   

 アメリカの石油戦略、 
 実在したストーリーをヒント、
 地球規模のスキャンダル、 
 という内容は衝撃的です。  
 
 じわーっと押し寄せる何とも言えない 
 灰色の不安感の 
 余韻を残す映画でした。 

 はっきりとこの映画を 
 理解出来ないもやもや感と、 
 重い内容との相乗で、
 暗い気持ちを引きずったまま 
 帰途に就きました。

 


コメント (8)   トラックバック (43)